家族が無くしたiPhoneを探す方法!ファミリー共有の設定・使い方を解説

iPhoneには「iPhoneを探す」機能がありますが、ファミリー共有すると家族のiPhoneを探すこともできます。この記事では、iPhoneのファミリー共有とは、どんな機能で、家族のiPhoneを探す方法はどうしたらいいのか、解説します。

家族が無くしたiPhoneを探す方法!ファミリー共有の設定・使い方を解説のイメージ

目次

  1. 1家族がiPhoneを探すことができるファミリー共有の設定方法
  2. 家族で管理者を決める
  3. 設定アプリからメンバーを追加
  4. ファミリー共有の解除方法
  5. 2ファミリー共有で家族のiPhoneを探す方法
  6. iPhoneを探すを起動してサインイン
  7. 家族を選ぶとiPhoneの位置が表示される
  8. 3ファミリー共有でできること
  9. iPhoneのファミリー共有とは?
  10. 4iPhoneを探すだけではない!ファミリー共有の便利な機能
  11. 位置情報を共有できる
  12. 写真や音楽・映画・電子書籍・アプリを共有できる
  13. カレンダーを共有できる
  14. 共有したくないものは共有Offにもできる
  15. 5家族のiPhoneはファミリー共有で探そう!

家族がiPhoneを探すことができるファミリー共有の設定方法

家族みんなでiPhoneを使っている場合、家族の誰かがiPhoneを失くしたときに、他の家族のiPhoneで探すことができます。家族のiPhoneを探す機能は、iPhoneのファミリー共有機能で利用します。この記事では、iPhoneのファミリー共有を利用して、家族のiPhoneを探す方法をご紹介します。

家族で管理者を決める

家族のiPhoneを探すには、ファミリー共有を設定します。ファミリー共有できるのは、iOS8以上を搭載したiPhone、iPad、iPod touch、OS X Yosemite以降を搭載したMacで、Apple IDにログインしていることが条件です。

ファミリー共有を設定するには、以下の手順で行います。

  • iPhoneの設定アプリを開き、「ユーザー名」>「ファミリー共有」へ進む

家族のiPhoneを探す

初めてファミリー共有を利用する場合は、ファミリー共有の初期設定が必要です。詳しい設定方法は、以下の記事をご覧ください。

ThumbiPhoneのファミリー共有のメリット/デメリットと家族での設定方法や注意点を解説!
みなさんはiPhoneのファミリー共有機能を知っていますか?使い方やメリット・デメリットを覚...
家族のiPhoneを探す

ファミリー共有の設定ができていれば、上記の画面が開きます。最初にファミリー共有を設定したら、自分が管理者になっています。

設定アプリからメンバーを追加

家族のiPhoneを探す

iPhoneでファミリー共有をするために、

  • 管理者のアカウントから、iPhoneを探すに追加したい家族を選ぶ
  • ファミリーメンバーの追加」をタップ

メッセージか直接会って家族に登録を依頼

家族のiPhoneを探す

  • 「iMessageで登録を依頼」「直接会って登録を依頼」「お子様用アカウントを作成」を選択可能
13歳以上であれば、独立したApple IDのアカウントを作成できるため、ファミリー共有への登録を依頼します。

メッセージで依頼する場合は、

  • メッセージ作成画面からメッセージを作成し、送信

家族のiPhoneを探す

直接会って登録してもらう場合は、

  • あなたのiPhoneの上記画面に、登録して欲しい家族のApple IDを入力してもらう

子供のApple IDを作って管理もできる

家族のiPhoneを探す

家族が13歳未満の子どもである場合は、子どものApple IDを作成し、親が管理できます。上記の画面から手順に従って、子どものアカウントを作成しましょう。

ファミリー共有の解除方法

ファミリー共有を解除したい場合は、

  • iPhoneの「設定」から、「ファミリー共有」へ進み、解除したいアカウントを選ぶ
  • 解除したい人をタップすると、次ページの下部に、「〇〇さんを解除」と表示される
  • タップすると、その人とのファミリー共有を解除できる

ThumbiOS13から「iPhoneを探す」は「探す」アプリに!追加機能や使い方を解説!
iOS13から「iPhoneを探す」は「探す」アプリに名称やロゴが変更されました。iOS13...

ファミリー共有で家族のiPhoneを探す方法

iPhoneのファミリー共有機能を使って、家族のiPhoneを探す方法を解説します。

iPhoneを探すを起動してサインイン

家族のiPhoneを探す

家族のiPhoneを探したいときは、

  • ファミリー共有しているiPhone、iPad、Macで「iPhoneを探す」を起動
  • Apple IDでサインイン
  • iCloudをインストールしているWindows PCで、Apple IDにログインしても、「家族のiPhoneを探す」を利用できる

家族を選ぶとiPhoneの位置が表示される

家族のiPhoneを探す

「iPhoneを探す」を起動すると、家族のアカウントを選べます。iPhoneを失くした家族のアカウントを選ぶと、その家族のiPhoneの位置が表示され、iPhoneを見つけられます。

iPhoneだけではなくMacやiPadも探せる

アカウントに紐づけられていれば、MacやiPadも探せます。大切なデバイスはファミリー共有に登録し、なくしてしまっても家族のiPhoneから探せるようにしておきましょう。

Thumb「iPhoneを探す」機能でPCからiOS端末を探す方法!設定・操作方法を解説!
大切なiPhoneを失ってしまった時に、便利な機能が「iPhoneを探す」ですが、PCを使っ...

ファミリー共有でできること

家族のiPhoneを探せる、iPhoneのファミリー共有とは一体どんな機能なのか、こちらでご紹介します。

iPhoneのファミリー共有とは?

家族5人まで登録できる

ファミリー共有には、管理者と家族5人、合計で6人を登録できます。

購入したコンテンツやiCloudのストレージなどを家族で共有できる

ファミリー共有を設定すると、iPhoneやiPadのさまざまなコンテンツを、登録した家族で共有できます。

また、iPhoneなどのアップル製品では、デバイスのストレージが足りなくなった時のために、iCloudを有料で増設できます。ファミリー共有を設定していれば、管理者が購入したiCloudのストレージも、共有できます。

iCloudは50GBは月額130円ですが、200GBは月額400円です。50GBを4人がぞれぞれ契約すれば520円なので、ファミリー共有で共有すればお得です。

iPhoneを紛失したらお互いに探すこともできる

この記事の中で見てきたように、誰かがiPhoneをなくした場合、ファミリー共有を設定していれば、家族のiPhoneを探すを利用できます。iPhoneは高額なので、なくす恐れがある場合は、ぜひ設定しておきたい機能です。

ThumbMacから「iPhoneを探す」機能を使う方法!設定・操作方法を解説!
Mac(OS X 10.7.4以降)でも「iPhoneを探す」機能を使えるのをご存知ですか?...

iPhoneを探すだけではない!ファミリー共有の便利な機能

家族のiPhoneを探すだけではなく、iPhoneのファミリー共有の機能を使えば、様々な便利な機能を使えます。こちらでは、iPhoneのファミリー共有の便利な機能をご紹介します。

位置情報を共有できる

家族のiPhoneを探す機能を利用するために、位置情報をオンにする必要があります。この機能を利用すれば、家族の位置情報を共有できます。あまり頻繁に位置情報をチェックしてしまうと、家族も息苦しくなってしまうかもしれません。しかし、子どもが返ってこなくて心配な時に、iPhoneの位置情報で場所を把握できます。

また、待ち合わせをするときに、相手がどこにいるのか把握できるメリットもあります。ぜひ位置情報の共有も、ファミリー共有で活用しましょう。

写真や音楽・映画・電子書籍・アプリを共有できる

家族で写真を撮影したり、誰かが音楽や電子書籍やアプリを購入する場合も多くあります。ファミリー共有を利用すれば、写真を共有したり、購入したコンテンツを共有して利用できます。Appストアにて、「ファミリー共有可」と記載のあるアプリは、ファミリー共有で利用できます。

有料アプリも、全員で購入しなくても、誰かが1人購入すればファミリー共有で全員が利用できます。有料ゲームなどを家族で楽しめます。

カレンダーを共有できる

家族の予定を、カレンダーで共有できます。iPhoneにはカレンダーアプリがあり、カレンダーアプリに登録した予定をファミリー共有しておけば、他の家族のカレンダーにも自動的に登録できます。

家族の誕生日や結婚記念日、親の出張の予定や、子供のテストや運動会の予定などを、カレンダーで共有し、家族全員で共有できるため便利です。

共有したくないものは共有Offにもできる

共有できるすべての情報を共有したくない場合も、あります。ある程度の年頃になった子どもは、いちいち親に購入したコンテンツや、友達と遊びに行った場所を把握されたくない場合もあります。

iPhoneのファミリー共有では、共有したくない内容をオフにする機能があります。子どものアカウントでは、自分勝手にオフにできませんが、13歳以上であれば自分の責任でオンオフを決められます。

Thumb「iPhoneを探す」は相手に通知でバレる!通知しない・バレない設定方法があるかを解説!
iPhoneを失くしてしまった時に便利な「iPhoneを探す」という機能。相手の現在地を確認...

家族のiPhoneはファミリー共有で探そう!

この記事では、iPhoneのファミリー共有の機能を使って、家族のiPhoneを探す方法を解説しました。iPhoneは現在販売されている最も安いものでも、新品なら4万円以上、最新版のiPhoneなら10万円以上します。万が一紛失したら、かなりの痛手です。

万が一紛失した場合のことを考え、PCからだけではなく、家族のiPhoneからも探せるように設定しましょう。ご紹介したファミリー共有機能を使って、家族のiPhoneを探す設定を活用しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ