iPhoneでバックアップできない対処法!iCloudやPCのiTunesで失敗するときは?

iPhoneをバックアップする際、失敗(エラー)というメッセイベントホールが表示され、バックアップできない状況で困っていませんか?本記事で紹介する対処法を実行すれば、iPhoneのバックアップができない問題がすべて解消されます。

iPhoneでバックアップできない対処法!iCloudやPCのiTunesで失敗するときは?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneをバックアップする方法は2つ
  2. 2iPhoneのバックアップができない原因
  3. iCloudの容量が不足してできない
  4. iTunesのバージョンが古くてできない
  5. 3iPhoneのバックアップができない対処法〜iCloudの場合〜
  6. iCloudのストレージを購入する
  7. 写真データをiCloudバックアップの対象外にする
  8. 「Googleフォト」にバックアップする
  9. 4iPhoneのバックアップができない対処法〜iTunesの場合〜
  10. 最新のiTunesをダウンロードする
  11. 5iPhoneのバックアップがiTunesで失敗するその他の原因
  12. パソコン上の空き容量が不足している
  13. セキュリティソフトウェアが問題でできない場合
  14. 6iPhoneのバックアップができない原因に合わせて対処しよう

iPhoneをバックアップする方法は2つ

iPhoneとパソコンをUSB接続している画像

新しいiPhoneに機種変更する際に必要になる、iPhoneデータファイルのバックアップ作成とデータファイルの復元には、2つの方法があるのをご存知でしょうか?

2つの方法とは、iPhoneとiTunesがインストールされたパソコンを接続してバックアップ・復元を行う方法と、インターネット接続を利用してiCloudと呼ばれるApple公式のクラウドサービスでバックアップ・復元を行う方法があります。

これらiTunesとiCloudつのバックアップ・復元ができない場合の原因と対処法を本記事ではご紹介します。iPhoneに保存されている写真や動画などの大切なデータを保護するためにも、バックアップができない場合の原因と対処法を覚えておくことは非常に重要です。

次の章ではiPhoneでバックアップをする際に失敗(エラー)が発生する原因をご紹介していきます。

iPhoneのバックアップができない原因

iPhoneのバックアップを行う上で、iCloudやiTunesでなぜ失敗(エラー)が発生するのでしょうか?

本章ではiTunesやiCloudでバックアップをする際に発生する失敗(エラー)の発生原因をご紹介していきます。バックアップが失敗(エラー)する原因を覚えておくことで、適切な対処をすることが可能になるので、失敗(エラー)の原因について詳しく解説していきます。

iTunesとiCloudでバックアップの失敗(エラー)が発生する原因は下記の通りです。

1.iCloudのストレージ容量が不足してできない
2.iTunesのバージョンが古くてできない
上記それぞれのバックアップの失敗(エラー)原因について紹介していきます。

iCloudの容量が不足してできない

iCloudロゴ

iCloudはApple公式のiOSデバイス専用のクラウドストレージサービスです。Apple IDを保有しているユーザーであれば、だれでも無料で利用することが可能で、無料プランの場合は5GBまでのストレージ容量を利用することが可能です。

Apple公式ページ【iCloudサポート】

現在販売されているiPhone 8やそれ以降のモデルのiPhone XやiPhone XSの最低ストレージ容量は64GBとなっており、5GBのiCloudストレージでは容量不足になる可能性が低いです。iCloudのストレージ容量が、iPhoneのストレージ容量よりも小さい場合は、iPhoneのバックアップが失敗(エラー)します。

本記事後半の【iPhoneのバックアップができない対処法〜iCloudの場合〜】で、iCloudでバックアップができない場合の対処法をご紹介していますので、iCloudを利用してiPhoneのバックアップを取る場合、そちらの章を読んでおくことおすすめします。

iTunesのバージョンが古くてできない

iTunes起動画面

パソコンにインストールされているiTunesを利用してiPhoneのデータファイルをバックアップする方法もあります。iTunesもAppleが公式に提供しているiOS専用のバックアップソフトウェアであり、Appleが提供するApple MusicやアプリをインストールするためのApp Storeを提供しているソフトウェアです。

iTunesバックアップ画面

iTunesのバージョンが古い場合、iPhoneのデータファイルをバックアップすることができないので注意が必要です。多くの場合は【バックアップに失敗(エラー)しました】というメッセージが表示されます。

本記事後半の【iPhoneのバックアップができない対処法〜iTunesの場合〜】では、iTunesでバックアップできない場合の対処法をご紹介していますので、iTunesをご利用の方はそちらの章を参照してください。

iPhoneのバックアップができない対処法〜iCloudの場合〜

iCloudロゴ2

本章ではiPhoneのバックアップができない対処法【iCloud編】をご紹介します。前の章でも述べたように、iCloudでiPhoneのデータファイルがバックアップできない場合、iCloudのストレージ容量が不足しているということになります。この場合の対処法は下記のリストを参照してください。
 

  1. iCloudの有料ストレージを購入してストレージ容量を増やす
  2. 写真データをiCloudのバックアップ対象外にする
  3. Googleフォトアプリを利用して写真ファイルをGoogleフォトにバックアップする

iPhone 1

上記それぞれの対処法を個別に詳しく解説していきます。iPhoneのバックアップ可能なデータファイルは写真や動画以外にもありますが、最も圧迫しやすい写真や動画ファイルをうまく他のクラウドサービスにバックアップをとっておくことで、iCloudの有料ストレージプランを利用しなくても済む場合があります。

次の章から紹介するiCloudでバックアップできばい場合の対処法を覚えておくことで、大切な写真や動画などの大事なファイルを保存し、iPhoneの機種変更や水没、故障に備えておくことが重要です。

iCloudのストレージを購入する

iCloud公式ページ

iCloudのストレージ容量付属でiPhoneのデータファイルがバックアップできない際、もっとも簡単な方法はiCloudの有料ストレージプランを購入することです。有料プランとはいっても値段的には非常に安く、すべてのファイルを一元管理することが可能なので、iCloudストレージ容量を増やすことがもっとも得策だと言えます。

iCloudの有料ストレージプランの値段とストレージ容量は下記のリストを参照にしてください。

50GB 200GB 2TB
月額130円(税込み) 月額400円(税込み) 月額1,300円(税込み)

iPhone 2

50GBのプランでも月額130円(税込み)と非常に安く、200GB以上のプランにはファミリー共有が可能なので、家族でiPhoneを利用している方におすすめです。iCloudのストレージ容量を新たに購入する方法は下記の手順を実行してください。
 

1.iPhoneを起動して【設定】アプリを開いてください。
2.設定メニュー一覧最上部表示されている【Apple ID(ユーザー名】をタップします。
3.表示されるメニュー一覧から【iCloud】>【ストレージを管理】と進みます。
4.続いて【さらに容量を購入】または【ストレージプランを変更】を選択してください。(iOSのバージョンによって表記の違いあり)
5.プランを選択して【購入】をタップし、支払い手続きを実行してください。

iCloudストレージ容量購入方法

MacやWindowsパソコンから、iCloudのストレージ容量を購入して増やしたいという方は、下記のリンクにアクセスして有料ストレージを購入する手続きをしてから、iCloudへのバックアップを実行してください。

Apple 【iCloud公式ホームページ】

写真データをiCloudバックアップの対象外にする

iPhone 3

iPhoneの写真データをiCloudバックアップ対象外にすることも可能です。写真や動画データだけをその他のクラウドサービスやiTunesを使ってパソコンにバックアップする際に有効な手段です。

写真や動画以外のデータファイルをiCloudのバックアップの対象外にすることで、iCloudの無料ストレージ容量範囲内に設定すれば、iCloudの無料プランだけでもバックアップをすることが可能になります。

iPhoneの写真データファイルやそれ以外のファイルをiCloudのバックアップの対象外にする手順は下記のリストを参照してください。

1.iPhoneを起動して【設定】アプリを開き【Apple ID(ユーザー名)】をタップします。
2.表示されるメニュー一覧から【iCloud】を選択してください。
3.【iCloudを使用しているAPP】項目から【写真】>【iCloud写真】のスイッチをOFFにします。

写真データをiCloudバックアップの対象外にする方法

【iCloudを使用しているAPP】項目でiCloudのバックアップから対象外にしたいアプリのスイッチをOFFにすれば、それらの項目はiCloudにバックアップされません。バックアップを取る必要のないアプリを除外することで、iCloudの無料ストレージ容量に収めることが可能です。

「Googleフォト」にバックアップする

Googleフォトロゴ

前の章で紹介した写真データや動画データをiCloudから除外するだけでは、iPhoneの写真データや動画データはバックアップできないので注意が必要です。そこで本記事で紹介するのはGoogleフォトを利用するという方法です。

GoogleフォトはGoogleが公式に提供している写真データ・動画データ専用のクラウドサービスです。Googleアカウント(Gmailアドレス)を持っている方は、無料でGoogleフォトが利用可能で、そのストレージ容量は無制限という優れたクラウドサービスとなります。

iPhoneユーザーの方でGoogleフォトを利用する場合は、GoogleフォトアプリをiPhoneにインストールする必要があります。下記のリンク先にアクセスして、Googleフォトアプリをインストールしてください。

App Store Googleフォトアプリ
‎「Google フォト」をApp Storeで

Googleフォトアプリの詳しい使い方は下記のリンクで詳しく解説しています。Googleアカウントも無料で作成できるため、完全無料でiPhoneの写真データと動画データのバックアップをとることが可能となります。

ThumbGoogleフォトのiPhoneアプリでの使い方!写真の同期・ダウンロード方法は?
GoogleフォトのiPhone版の使い方をご紹介します。iPhoneの写真や動画だけをGo...

機種変更時にも、新しいiPhone端末にGoogleフォトアプリをインストールするだけで、簡単にデータ復元できるのでおすすめバックアップ方法です。iCloudでバックアップできない場合の対処法として、GoogleフォトでiPhoneの写真データや動画データをバックアップするのが2019年現在最善の方法であると言っても過言ではありません。

iPhoneのバックアップができない対処法〜iTunesの場合〜

続いてiPhoneのバックアップができない対処法【iTunes編】をご紹介します。iTunesでiPhoneのバックアップができない場合は、本章の対処法を参照してください。

最新のiTunesをダウンロードする

iTunes公式ダウンロードページ

本記事冒頭でも述べたように、iTunesでiPhoneのバックアップができない場合は、iTunesのバージョンが古いことが原因です。下記のリンク先にアクセスして最新版のiTunesをインストールしてから、再度iPhoneとパソコンを接続してバックアップをとってみてください。

Apple【iTunesダウンロードページ】

iPhoneのバックアップがiTunesで失敗するその他の原因

iTunesを最新バージョンにアップデートしてバックアップができない場合があります。iTunesのアップデートを実行しても、バックアップできない場合の主な原因は下記の通りです。
 

  1. パソコン上のストレージ容量が不足しているためバックアップできない
  2. パソコンのセキュリティソフトが問題でバックアップできない

これらの原因の対処法を個別にご紹介していきます。iTunesでバックアップできない場合は次の章から紹介する対処法を実行してみてください。

パソコン上の空き容量が不足している

PC

パソコン上のストレージ容量が不足している場合、バックアップ途中に失敗(エラー)メッセージが表示され、バックアップできないという現象が発生します。この場合は、パソコンの上のストレージ容量を確保して再度iPhoneのバックアップを実行してください。

セキュリティソフトウェアが問題でできない場合

また別の原因としてパソコンにインストールされているセキュリティソフトウェアが問題で、バックアップできない場合があります。この場合は、お使いのセキュリティソフトウェアを起動して、iTunesをセキュリティ対象から解除する必要があります。詳しくはお使いのソフトウェアのヘルプ・サポートページを参照にしてください。

iPhoneのバックアップができない原因に合わせて対処しよう

iPhoneと女性

本記事ではiPhoneのバックアップができない場合の、iCloudとiTunesの原因と対処法をご紹介しました。iTunesではパソコンのストレージ容量を確保する必要があるため、一番のおすすめはGoogleフォトアプリを利用して写真データや動画データを保存しておくことです。Googleフォトを利用すれば、簡単にバックアップから復元することも可能です。

重要なことはiPhoneのバックアップが失敗(エラー)した場合でも、落ち着いて紹介した対処法からご自身に一番あった対処法を選択し、大切なiPhoneのデータをバックアップして保管しておくことです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ