iPhoneアプリがインストールできない原因と対処法!確認項目を紹介!

iPhoneアプリをインストール(ダウンロード)する際、うまくいかなかったことはありませんか。インストール(ダウンロード)できない原因は様々です。本記事では、iPhoneアプリがインストール(ダウンロード)できない原因と対処方法を解説していきます。

iPhoneアプリがインストールできない原因と対処法!確認項目を紹介!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneアプリがインストールできない原因を解説!
  2. アプリが新しくリリースする場合ダウンロードに時間がかかる
  3. ダウンロードしたいアプリに不具合がある可能性も
  4. 2iPhoneのアプリがインストールできない時に確認したい項目
  5. OSが最新版なのかを確認する
  6. 本体の空き容量が不足していないか確認する
  7. ネットの接続を確認する
  8. 設定から機能制限していないか確認する
  9. 日付と時刻が正確かを確認
  10. 3iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法!
  11. 機内モードをオンオフしてみる
  12. 本体を再起動してみる
  13. App Storeからサインアウトをしてみる
  14. ネットワーク通信をリセットしてみる
  15. アプリをもう一度ダウンロードし直ししてみる
  16. 本体を初期化してみる
  17. Appleのサポートに問い合わせてみる
  18. 4iPhoneのアプリがインストールできない時はまず対処法を行ってみる!

iPhoneアプリがインストールできない原因を解説!

iPhoneアプリがインストール(ダウンロード)できない原因を解説していきます。

アプリが新しくリリースする場合ダウンロードに時間がかかる

iPhoneアプリがインストール(ダウンロード)できない原因は、アプリが新しくリリースする場合ダウンロードに時間がかかるためです。新しくiPhoneアプリが出た場合、App Storeから検索しても見つからないことが多くあります。なぜかというと、新しく出たばかりのため、App Storeに反映されるまでに時間がかかるからです。

新しく出たばかりのアプリは、公式サイトなどでアプリのインストール(ダウンロード)先のURLが載っているケースがほとんどです。App Storeに反映されるまで待てない場合は、公式サイトなどからインストール(ダウンロード)するようにしてください。

iPhone

ダウンロードしたいアプリに不具合がある可能性も

iPhoneアプリがインストール(ダウンロード)できない原因は、ダウンロードしたいアプリに不具合が起こっている可能性があるためです。新しく出たアプリは、インストール(ダウンロード)が集中するため、サーバーで不具合が起こってしまうことがあります。サーバーで不具合が起こった場合は、アプリがインストール(ダウンロード)できない原因になります。

iPhoneアプリがインストール(ダウンロード)できない場合は、公式サイトなどで、不具合が起こっていないかを確認する必要があります。確認した結果、不具合が起こっている場合は、復旧するまで待つようにしてください。

iPhoneのアプリがインストールできない時に確認したい項目

iPhoneのアプリがインストールできない時に確認したい項目について解説していきます。

OSが最新版なのかを確認する

iPhoneのアプリがインストールできない時は、OSが最新版になっているかを確認する必要があります。iPhoneのバージョンが古い場合、アプリによりますが、古いバージョンに対応していない場合があります。

アプリが対応していないと、アプリをインストールすることはできません。iPhoneのバージョンを確認する方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「一般」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

バージョンが古い場合は、下のような画面になりますので、「ダウンロードとインストール」をタップして、バージョンアップしてください。バージョンが最新の場合は、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されています。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

本体の空き容量が不足していないか確認する

iPhoneのアプリがインストールできない時は、本体の空き容量が不足していないかを確認する必要があります。iPhoneの容量が不足している場合、アプリをインストールすることはできません。仮に容量があったとしても、容量が1GB未満の場合、アプリをインストールすることはできないのです。

iPhoneの容量を確認する方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「一般」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

「情報」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

使用可能に書いてあるのが、iPhoneの空き容量になります。空き容量が1GB未満になっている場合は、アプリをインストールすることはできません。その場合は、必要ないアプリなどを削除して、空き容量を増やしてみてください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

ネットの接続を確認する

iPhoneのアプリがインストールできない時は、ネットの接続を確認する必要があります。ネットに接続していないと、当然ですがアプリをインストールすることはできません。ネットの接続を確認する方法は、「サファリなど」でWEBページが表示されるかどうかを確認してください。

WEBページが表示されても通信速度が遅く、表示されるまでに時間がかかる場合は、通信制限がかかっている可能性があります。キャリアにもよりますが、月々の通信量は決まっています。

1ヶ月の通信量を超えてしまっている場合は、通信制限がかかります。通信制限がかかった状態では、アプリをインストールすることは難しくなります。一度、通信制限がかかっていないかを確認する必要があります。

iPhone

設定から機能制限していないか確認する

iPhoneのアプリがインストールできない時は、設定から機能制限していないかを確認する必要があります。機能制限がオンになっていると、アプリをインストールすることはできません。設定から機能制限していないかを確認する方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「スクリーンタイム」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

コンテンツとプライバシーがONになっている場合、アプリをインストールすることはできません。オンになっている場合は、「オフ」にしてください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

日付と時刻が正確かを確認

iPhoneのアプリがインストールできない時は、日付と時刻が正確かを確認する必要があります。日付と時刻が正確でないと、アプリをインストールすることはできません。日付と時刻が正確かを確認する方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「一般」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

「日付と時刻」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

「自動設定」がオンになっているか確認してください。オフになっている場合は、オンにしてください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の確認事項

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法!

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法を解説していきます。

機内モードをオンオフしてみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、機内モードをオンオフしてみることです。通信制限がかかっていないのに、アプリのインストールができない不具合が起こっている場合は、iPhoneの通信状態が悪い可能性があります。

通信状態をリセットするためには、機内モードをオンオフしてみてください。機内モードをオンオフする方法は、「iPhoneホーム画面」を下から上に指でスワイプしてください。そうすると、下からメニュー画面が出てきますので、「飛行機マーク」をタップして、機内モードをオンにしてください。もう一度タップすると、オフにできます。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

本体を再起動してみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、本体を再起動してみることです。再起動することで、インストールできない不具合を改善することができます。再起動する方法は、「iPhone本体右側面にあるボタン」を長押しします。

そうすると、下のような画面が表示されます。「画面を右にスライド」して、電源を切ってください。電源が切れたら、再度「iPhone本体右側面にあるボタン」を長押しして、再起動してください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

App Storeからサインアウトをしてみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、App Storeからサインアウトをしてみることです。不具合が起こっている場合、App Storeへうまくサインインできていない可能性があります。その場合は、App Storeからサインアウトして、もう一度App Storeにサインインする必要があります。

App Storeからサインアウトする方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

「Apple ID」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

「サインアウト」をタップして、App Storeからサインアウトしてください。サインアウトできたら、iTunes StoreとApp Storeiにある、「サインイン」をタップして、App Storeにサインインしてください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

ネットワーク通信をリセットしてみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、ネットワーク通信をリセットしてみることです。ネットワーク通信をリセットすると、ネットの接続設定がリセットされます。

リセットすることで、iPhoneのアプリがインストールできない不具合を改善することができます。ネットワーク通信をリセットする方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「一般」「リセット」をタップします。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

「ネットワーク設定をリセット」をタップすると、ネットワーク通信をリセットすることができます。リセット後、本体は再起動されます。再起動後、iPhoneのアプリがインストールできるか確認してみてください。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

アプリをもう一度ダウンロードし直ししてみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、アプリをもう一度ダウンロードし直ししてみることです。何らかの原因でアプリがインストールできない場合、アプリをもう一度ダウンロードすることで、うまくいく可能性があります。

本体を初期化してみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、本体を初期化してみることです。本体の再起動や、ネットワーク通信をリセットなどの対処法を試してもうまくいかない場合は、本体を初期化してみてください。

本体を初期化する方法は、iPhoneホーム画面にある、「設定アプリ」「一般」「リセット」「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。そうすると、本体を初期化することができます。

iPhoneアプリがインストールできない場合の対処法

Appleのサポートに問い合わせてみる

iPhoneのアプリがインストールできない時の対処法は、Appleのサポートに問い合わせてみることです。ご紹介した方法で改善できない場合、iPhone本体が原因になっている可能性があります。一度、Appleのサポートに問い合わせすることをおすすめします。Appleのサポートの問い合わせは、https://support.apple.com/ja-jp/contactからできます。

ThumbiPhoneアプリが削除(アンインストール)できない対処法!バツマークが出ないときは?
iPhoneのアプリが削除できない場合の対処法についてまとめました。3D Touch機能、プ...

iPhoneのアプリがインストールできない時はまず対処法を行ってみる!

今回は、iPhoneアプリがインストールできない原因と対処法を解説しました。インストールできない時は焦らずに、ご紹介した方法を試してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
leiyu
皆さんのお役に立てる記事を分かりやすく書いていくライターを目指しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ