「iCloudストレージがいっぱいです」の対処法!iPhoneの空き容量不足を解消する方法!

iCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。この記事ではiCloudがいっぱいになって空きストレージがなくなってしまう場合の原因と、空き容量を作る方法について解説します。

「iCloudストレージがいっぱいです」の対処法!iPhoneの空き容量不足を解消する方法!のイメージ

目次

  1. 1iCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまう?!
  2. 2iCloudの容量がいっぱいになったときの対処法【空き容量を増やす】
  3. 3iCloudの容量がいっぱいになった時の対処法【写真・動画を移す】
  4. 4iCloudの容量がいっぱいにならないようにiPhoneを設定する
  5. 5iCloudの容量がいっぱいになる前にできれば対処を!

iCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまう?!

iCloudにiPhoneのバックアップや写真を同期させている人も多いことでしょう。iCloudにバックアップやアップロード出来れば、いちいちPCに接続しなくても大丈夫なのでとても便利です。しかし、iCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまった、という人もいます。

iCloudのストレージ容量がいっぱいになってしまう原因にはどんなものがあって、ストレージに空き容量を作るためにはどうしたらいいのか、この記事では見ていきましょう。

iCloudの無料ストレージ容量は?

iCloudは無料で利用できますが、ストレージ容量には制限があります。iCloudで無料で利用できるストレージ容量は5GBと決まっています。iPhoneのバックアップファイルを含めて、5GBを超える容量はiCloudには無料で保存できません。

容量がいっぱいになってしまう主な原因は?

iCloudの容量がいっぱいになってしまう原因にはどんなものがあるのか、こちらでは主な原因になるものを見ていきましょう。

iPhoneのバックアップファイル

意外に容量をいっぱいにしているのがiPhoneのバックアップファイルです。バックアップファイルには、iPhoneに万が一のことがあったり、機種変更するときに完全に乗り換えるためのデータが全て入っているので、長く使えば使うほど容量が大きくなります。

また、何度もバックアップを繰り返していると、バックアップファイルは削除しないといつまでも蓄積していくのでiCloudの容量をいっぱいにする原因になります。

写真や動画などの容量の大きなファイル

バックアップファイルと同じかそれ以上にiCloudの容量をいっぱいにする原因になるのが写真や動画です。iPhoneでは写真を撮るのが本当に楽しいので、気軽にいろいろな写真や動画を撮影する人もたくさんいます。

iPhoneの写真アプリに保存した写真や動画は、iCloudに同期してバックアップするように設定しておけば、自動的にバックアップされます。しかし、写真や動画はファイルの中でも容量が大きなファイルになるために、ファイルの数が増えたらiCloudの容量をいっぱいにする原因になってしまいます

iCloudがいっぱいになるとどんな不都合が?

iCloudがいっぱいになるとどんな不都合が起きるのか見ていきましょう。

バックアップやファイルの同期に失敗する

iCloudがいっぱいになると、バックアップやデータの同期に失敗します。バックアップや同期をしたくても、受け入れる側のiCloudに受け入れる余裕がなくなってしまうからです。バックアップやファイルの同期に失敗内容にするためには、常にiCloudに十分な余裕を持たせておくことが大切です。

iCloudの容量がいっぱいになったときの対処法【空き容量を増やす】

iCloudの容量がいっぱいになった時の対処法を見ていきましょう。まずは空き容量を増やす方法についてみていきます。

有料ストレージを購入する

iCloudの空き容量を増やすためには、有料のストレージ容量を購入する、という方法があります。iCloudの有料ストレージの容量は、50GB、200GB、2TBから選ぶことができます。月額料金はそれぞれ次の通りです。

・50GB 130円
・200GB 400円
・2TB 1300円

50GBあれば無料の容量の10倍も利用できます。それが月額130円で利用できます。iCloudの空き容量不足に悩んでいるのであれば、有料版の利用も考えましょう。

不要ファイルを削除する

有料版を購入したくない、ということであれば不要なファイルを削除して空き容量を増やすしかありません。写真や動画は無料で無制限容量が利用できるほかのクラウドサービスに移して、古いバックアップファイルを削除すれば、かなり空き容量を増やすことができるはずです

ThumbiPhoneでのiCloudの設定・登録方法!
iPhoneには『iCloud』という機能があります。事前に設定・登録しておけば写真や連絡先...

iCloudの容量がいっぱいになった時の対処法【写真・動画を移す】

iCloudの容量がいっぱいになってしまったときの対処法には、容量が大きな写真や動画のファイルを他のクラウドサービスに移す、という方法もあります。iCloudを利用しなくても、写真や動画を保存できるクラウドサービスはいろいろとあります。

iCloudを運営しているApple社に匹敵する大きな企業が運営しているクラウドサービスもたくさんあるので、そういったものを利用することで安心して写真や動画を保存できます。

容量無制限で利用できる画像用クラウドサービスを利用する

クラウドサービスの多くが有料でストレージ容量を購入する必要があります。しかし、中には無料で画像や動画のデータを容量無制限でアップロードできるサービスもあります。無料で利用できる画像用のクラウドサービスを利用することで、経済的な負担もなく、容量も気にすることなく、写真や動画を心置きなく保存できます。

Googleフォト

無料で容量無制限で画像や動画を保存できるクラウドサービスにはGoogleフォトがあります。iPhone用のアプリもあるので、ぜひ利用してみましょう。Googleフォトではアップロードする画像のサイズを、「元のサイズ」と「高画質」から選択できます。「高画質」を選択すると、容量無制限で無料で画像をアップロードできます

「高画質」では閲覧するのには支障がない程度に画像が圧縮されますが、スマホやパソコンから見たり、Lサイズでプリントしたりするのには全く支障がない程度の圧縮率です。

iCloudがいっぱいになった時の対処法

Amazon Photos

Amazonには送料無料やAmazonプライムビデオが利用できるAmazonプライムという有料会員サービスがあります。月額500円で様々なサービスを利用できるAmazonプライムには「Amazon Photos」というサービスがあります。

「Amazon Photos」では写真保存用のストレージが、Amazonプライム会員に容量無制限で提供されています。Googleフォトとは違い、画像が圧縮されることもありません。元のサイズのままで保存できます。Amazonプライムの会費だけで利用できるので、Amazonプライム会員ならぜひこちらも利用してみましょう。

iCloudがいっぱいになった時の対処法

iCloudの容量がいっぱいにならないようにiPhoneを設定する

iCloudの容量がいっぱいにならないように、iPhoneの方でiCloudへのバックアップの設定をする、ということも大切になります。iPhoneでiCloudへのバックアップの設定をどのようにすればいいのか、見ていきましょう。

写真や動画の同期をオフ

iPhoneからiCloudへバックアップするのに、最もデータ容量を圧迫するのは写真や動画のファイルです。どうしても写真や動画のファイルは容量が大きいので、自動で同期する設定にしておくと、すぐに5GBに達してしまいます。

iCloudがいっぱいになるのが困るという人は、写真や動画の同期をオフにしておくことをおすすめします。iCloudへの同期のオフの設定方法は次の通りです。まずはiPhoneの「設定」を開きます。「設定」の一番上のユーザーの名前をタップして、「iCloud」をタップします。iCloudの設定画面を出したら「写真」をタップします。

iCloudがいっぱいにならないように

iCloud写真」がオンになっていたら、こちらをオフにします。これでiPhoneのカメラで撮影した写真や動画の自動同期がオフになります。

iCloudがいっぱいにならないように

自動バックアップをオフ

また、iPhoneのバックアップを自動でiCloudに取る設定もオフにしておきましょう。長く使い続けているiPhoneの場合には、一度に取るバックアップファイルの容量もかなり大きくなってしまいます。5GBのiCloudの容量では全く足りないほどです。

無料で使える5GBだけで済ませたいのなら、iPhoneのiCloudへの自動バックアップもオフにしておきましょう。オフにするためには、iPhoneの設定からiCloudの設定を開いて、「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudがいっぱいにならないように

iCloudバックアップ」をオフにすると、自動的にiPhoneのバックアップがiCloudに作られなくなります。この場合には、PCにライトニングケーブルでつないだ時に、iTunesにバックアップされるので、こまめにPCへバックアップを取るようにしましょう。

iCloudがいっぱいにならないように

iCloudの容量がいっぱいになる前にできれば対処を!

この記事ではiCloudがいっぱいになってしまう原因と対処法についてみてきました。iCloudはとても便利ですが、無料では5GBしか使えない、という点は気をつけたいところです。有料プランを使いたい人は有料プランを使ってみてもいいでしょう。

無料プランで使い続けたい人は、ぜひこの記事でご紹介した対処法を試してみて、限られた容量をうまく使うようにしましょう

ThumbiCloudストレージの解約方法!有料プランのダウングレード方法も解説!
iCloudストレージの解約方法、有料プランのダウングレード方法について紹介していきます。i...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ