カレンダーアプリとiCloudを同期して他人と共有する方法を紹介

iPhoneには、カレンダーアプリがあります。iPhoneのカレンダーは、iCloudと同期することで他の人と共有できます。この記事では、iPhoneのカレンダーアプリをiCloudと同期し共有する方法や、便利な機能を詳しく解説します。

カレンダーアプリとiCloudを同期して他人と共有する方法を紹介のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのカレンダーアプリをiCloudと同期する方法
  2. iPhoneのカレンダーを同期させる方法
  3. iCloudに同期したカレンダーをPCで確認する方法
  4. 2iCloudのカレンダーを他の人と共有する使い方
  5. iPhoneのカレンダーアプリから操作
  6. 3iPhoneのiCloudカレンダーで覚えておきたい便利な機能
  7. 予定の色分け
  8. 表示・非表示の設定
  9. 繰り返し登録ができる
  10. 移動時間も登録できる
  11. 趣味のカレンダーを作れる
  12. Googleカレンダーとの同期も可能に!
  13. 4iCloudのカレンダーを同期して共有すればとても便利!

iPhoneのカレンダーアプリをiCloudと同期する方法

iPhoneやiPadには、カレンダーアプリがあります。iPhoneのカレンダーアプリは、iCloudに同期させることで、他の人と共有できます。この記事では、iPhoneやiPadのカレンダーアプリをiCloudに同期させて、他の人とカレンダーを共有する方法、カレンダーアプリの便利な機能を解説します。

iPhoneのカレンダーを同期させる方法

iCloudでカレンダーを活用するには

まずは、iPhoneのカレンダーをiCloudに同期する方法を解説します。iPhoneのカレンダーをiCloudへ同期させる操作は、iPhoneの設定アプリからiCloudの設定を開いて行います。

  • iPhoneの「設定」を開いて、一番上の「Apple ID」をタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • iCloud」をタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • iCloudと同期するiPhoneのコンテンツを、選択できる
  • カレンダーをオンにすると、iCloudにカレンダーアプリを同期する

iCloudに同期したカレンダーをPCで確認する方法

iCloudでカレンダーを活用するには

iCloudに同期したiPhoneのカレンダーを、PCで確認する方法も解説します。PCでiPhoneのカレンダーを確認する方法は、

  • PCでiCloudを開く
  • iPhoneと同じApple IDでログイン
  • カレンダーを開く

iPhoneと同じApple社から販売されているMacなら、iCloudがプリインストールされています。そのままiPhoneと同じApple IDでログインすれば、カレンダーを確認できます。

Windowsの場合は、ブラウザでiCloudを開いても構いませんし、Windows用のiCloudアプリを利用しても大丈夫です。iCloudを開いたら、iPhoneと同じApple IDでログインします。

iCloudでカレンダーを活用するには

iCloudにログインすると、カレンダーがあります。iCloudからカレンダーを開きます。

iCloudでカレンダーを活用するには

iPhoneのカレンダーで設定した予定が、PCのiCloudでも確認できます。

Windows PCがiCloudと同期できないときには?

正しいApple IDを入力しているのに、Windows PCがiCloudに同期できず、カレンダーが確認できない場合があります。この原因は、Apple IDに二段階認証を設定しているためです。セキュリティを強化するために必須の二段階認証ですが、WindowsなどのApple製品ではないデバイスを利用する場合は、対処が面倒になります。

Apple IDに二段階認証を設定すると、WindowsではApp用パスワードが必要になります。こちらのApple ID管理サイトでApple IDを入力することで、App用パスワードを発行できます。

Apple ID
ThumbiPhoneのカレンダーアプリで日本の祝日を表示!休日設定方法を解説!
iPhoneのカレンダーアプリで日本の祝日を表示する方法をご存知ですか?祝日と自身の休日のス...

iCloudのカレンダーを他の人と共有する使い方

iCloudに同期したカレンダーは、他の人と共有できます。iCloudのカレンダーを共有する方法をご紹介します。

iPhoneのカレンダーアプリから操作

カレンダーを共有したい場合は、iPhoneのカレンダーアプリで操作をします。その手順を解説します。

カレンダーの種類を選択

iCloudでカレンダーを活用するには

カレンダーを「家族用のカレンダー」「職場用のカレンダー」「趣味のためのカレンダー」と必要に応じて分けて作成している方も多くいます。カレンダーの種類ごとに共有したい相手は変わるため、カレンダーごとに共有する方法を解説します。

  • iPhoneのカレンダーアプリを開き、アプリの下にある「カレンダー」をタップ
  • カレンダーアプリに作成している、カレンダーの種類が表示される
  • iCloud」の中から共有したいカレンダーを選び、右側の「i」マークをタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • 共有相手」の「個人を追加」をタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • 個人を追加」の画面で「宛先」の横の「」をタップ

連絡先から共有したい人を追加

iPhoneに保存されている連絡先が開きます。連絡先に登録されている人の中で、カレンダーを共有したい人を選びます。カレンダーを共有したい相手は1人だけでも構いませんが、複数の人を同時に追加できます。

  • カレンダーを共有したい相手を追加できたら「完了」をタップ

共有したい相手が参加してくれたらOK!

カレンダーを共有するために連絡先から、選んだ相手に招待状が送られます。その相手が、招待状からそのカレンダーに「参加する」のリンクを押して参加することで、カレンダーを共有できます。

イベントだけでも共有できる!

iCloudでカレンダーを活用するには

このカレンダーの共有方法は、カレンダー全体の共有だけではなく、イベントごとに招待できます。

  • カレンダーの中の1つのイベントだけ共有したい場合は、カレンダーからイベントを選んでタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • カレンダーの詳細が教示されたら「編集」をタップ

iCloudでカレンダーを活用するには

  • 予定出席者」をタップ
連絡帳から出席予定者を追加できる画面が開きます。こちらから、カレンダーのイベントごとに招待できます。

ThumbiPhoneカレンダーの共有方法!他人とスケジュールを共有・管理する方法を解説!
本記事ではiPhoneのカレンダーアプリの共有方法をご紹介します。iPhoneのカレンダーア...

iPhoneのiCloudカレンダーで覚えておきたい便利な機能

iCloudに同期できるカレンダーは、予定の同期や共有の他にも様々な便利な機能があります。こちらでは、カレンダーの便利な機能をご紹介します。

予定の色分け

iPhoneでカレンダーの予定を入力、編集すると、「カラー」を選べます。予定ごとに色分けすることで、よりカレンダーを見やすくできます。

iCloudでカレンダーを活用するには

家族のカレンダーでも職場のカレンダーでも、カレンダーに入力する予定は、様々な種類があります。「家族の誕生日」「学校行事」など、予定の種類によって色分けすることで、どのような予定が入っているのか一目でわかりやすくなります。

表示・非表示の設定

iCloudでカレンダーを活用するには

iPhoneのカレンダーでは、複数のカレンダーを表示できます。仕事中はプライベートなカレンダーは必要ない、プライベート中は仕事の予定は見たくない場合は、カレンダーごとに表示と非表示を切り替えられます。

カレンダーアプリを開いたら、下の「カレンダー」をタップします。「iCloud」に表示されているカレンダーの種類の中から、表示したくないもののチェックを外すと、そのカレンダーが非表示になります。

繰り返し登録ができる

iCloudでカレンダーを活用するには

毎日8時には家を出る、毎週火曜日の9時から会議があるといったように、定期的に繰り返す予定がカレンダーにある場合は、カレンダーに繰り返し登録すると便利です。カレンダーに繰り返し登録した場合は、イベントの編集画面で「繰り返し」をタップします。

iCloudでカレンダーを活用するには

毎日なのか、毎週なのか、毎月なのか、選択することで繰り返し登録できます。

iCloudでカレンダーを活用するには

カスタム」を選択すると、カレンダーの繰り返しの頻度や曜日などをカスタムできます。

移動時間も登録できる

iCloudでカレンダーを活用するには

iCloudのカレンダーに登録した予定やイベントの編集画面を開くと、移動時間を登録できます。

iCloudでカレンダーを活用するには

移動時間」をタップすると、移動するのにどの程度の時間がかかるのか登録できます。

iCloudでカレンダーを活用するには

移動時間を登録すると、カレンダーに反映されます。

電車の乗り換え情報も登録可能に!

乗換案内のアプリを利用していれば、経路検索の結果をカレンダーに反映できます。乗換案内アプリで検索した電車やバスの情報を登録すると、カレンダーに登録できます。ぜひ乗り換え案内アプリを利用してる方は、カレンダーに電車の時刻表を登録してみましょう。

趣味のカレンダーを作れる

プロ野球やJリーグの観戦、映画を映画館で見るのが好きな方のために、趣味のカレンダーを作る機能もあります。映画情報やスポーツの日程を、iPhoneのカレンダーに登録できる機能のあるサイトにログインして、スケジュールをiPhoneにダウンロードします。

そのスポーツや映画の日程がカレンダーに反映されるため、ぜひ趣味を持っている方は活用してみましょう。

Googleカレンダーとの同期も可能に!

iCloudでカレンダーを活用するには

カレンダーアプリといえば、Googleカレンダーを使っている方も少なくありません。GoogleカレンダーならAndroidスマホとも共有しやすく、PCでも同期や共有が簡単にできるメリットがあります。

iPhoneのカレンダーアプリは、Googleカレンダーとも同期できます。iPhoneにGoogleカレンダーを入れなくても、Googleカレンダーとの同期を設定しておけば、他の方の共有も可能です。

Googleカレンダーと同期する方法は、

  • iPhoneの「設定」から「パスワードとアカウント」と進み、「アカウントを追加」からGmailアドレスを登録

iCloudでカレンダーを活用するには

  • 前のページに戻り、Gmailを開いて「カレンダー」をオンにする
  • iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーが同期できる

ThumbiPhoneのおすすめカレンダーアプリ9選!スケジュール共有や同期ができるアプリは?
iPhoneのカレンダーアプリにこだわりがないという方、それはとても勿体ない考え方です。iP...

iCloudのカレンダーを同期して共有すればとても便利!

この記事では、iPhoneやiPadのカレンダーアプリをiCloudに同期して共有する方法を解説しました。カレンダーアプリをiCloudに同期できれば、PCやタブレットなど他のデバイスでも確認が簡単にできて便利です。

プロジェクトやイベント情報の管理も、共有できると捗ります。ぜひiCloudへカレンダーを同期して、活用してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ