Apple Watchの防水/耐水性能はお風呂OK!防水ロック機能や海での使用について解説!

第1世代から進化を続けてきたApple Watchの防水性能について、シリーズによる防水性能の違いや、Apple Watch Series 2から新たに追加された防水ロックとは何か、また海での使用方法も注意点を踏まえて解説しています。

Apple Watchの防水/耐水性能はお風呂OK!防水ロック機能や海での使用について解説!のイメージ

目次

  1. 1Apple Watchの防水性能について
  2. 2Apple Watchの防水ロック機能の使い方
  3. 3Apple Watchの防水性能をふまえた海での使い方
  4. 4Apple Watchの防水性能を把握して正しく使おう

Apple Watchの防水性能について

今までの腕時計とは一線を画すデジタルの腕時計、「Apple Watch」。時計としての機能はもちろん、iPhoneと連動させることで通話・メッセージ・電車の利用など、様々な機能を持っています。しかし一方で、高性能であるが故に防水性能について不安に思われる方も多いでしょう。本記事ではApple Watchの防水性能についてご紹介します。

Apple Watchの防水性能

初代でもお風呂や短時間の水泳くらいは問題なさそう

一口にApple Watchと言っても、iPhone同様にApple Watchにもシリーズがあります。最初に発売された第1世代の時点からある程度の耐水性能は兼ね備えており、公式の推奨はされていませんが、お風呂やシャワーでも短時間であれば問題ないという実例もあります。

Apple Watch Series 1 および Apple Watchの耐水性

Apple Watchの耐水性はApple Watch(第1世代)・Apple Watch Series 1と、Apple Watch Series 2以降とで分かれます。前者はIEC規格という国際規格で耐水性能が保証されています。これは「一時的な一定水圧に水没しても内部に浸水しない」という内容で、日常動作での耐水性を保証するものとなっており、能動的な水没は推奨されていません。

しかし実際には風呂場等で使用している方も少なくはないようで、Apple社からは推奨されていないものの、故障せずに使用できている方もいました。Apple社からもApple Watch、Apple Watch Series 1が濡れてしまった際はしっかり乾燥させるようにとのことですので、濡れた後のケアは必要になってきます。

Apple Watch Series 2以降の耐水性

Apple Watchシリーズの防水性能の真骨頂はSeries 2以降のモデルで発揮されています。Apple Watch Series 2以降のモデルの耐水性は、ISO規格という国際規格で50メートルの耐水性があり、プールや海で泳いだり、シャワーや風呂でも安全に使用できることを保証しています(スキューバダイビング等の高水圧・低水深は不可)。

しかしこれはApple Watch本体のみの耐水性・防水性ですので、腕に装着するために必須のベルト部分はゴム製やレザー製などがあり、ベルト部分の耐水性についてはそれぞれの素材によります。

公式は真水以外の取扱に注意喚起している

Apple Watchの防水機能はあくまで真水に対する防侵機能であり、石鹸・シャンプー・コンディショナー・ローション・香水などは付かないようにApple社は注意を促しています。万が一付着した場合は速やかに綺麗な水で洗浄し、糸くずの出ない布出拭き取る必要があります。

Apple Watchの防水ロック機能の使い方

Apple WatchはSeries 2以降から防水となったため、それに伴い画面に水滴や水圧がかかった際の誤動作を防ぐため、「防水ロック」という機能が備わっています。ここで注意したいのは、この機能は「水滴・水圧による誤動作を防ぐ」ためにあるので、防水ロックをしないと防水性能が落ちるわけではありません。

防水ロックの設定方法

Apple Watchの防水ロックは、自動で設定する方法と、手動で設定する方法の2つがあります。まずは手動での設定方法になります。手動で設定をする場合にはApple Watchのコントロールパネルから操作します。

ウォッチフェイスを上にスライドさせるとコントロールパネルが表示されるため、赤枠の水滴アイコンをタップすることで防水ロックが完了します。これで画面上部に水玉マークが表示され、その間は防水ロックとなり画面操作がロックされた状態となります。

Series 2以降はワークアウト「スイミング」でもロックされる

38191592 239202436728212 4654472564234518528 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
fekephoto

Apple WatchのSeries 2以降のモデルは完全防水となっており、風呂やプール、海での使用が可能となっています。特にプールでの使用に関してはワークアウトに新しく「スイミング」が追加されており、そちらを開始することでも防水ロックが自動で設定されるようになっています。

ワークアウト「スイミング」は、ワークアウトリストから選択できます。スイミングでは泳いだ距離やかかった時間を、泳いだ種目に応じてこのようにアクティブカロリーや心拍数を計測し表示してくれますが、スイミング時の心拍数計測についてはあまり正確ではないようです。

26151911 143275973056890 1003352107497029632 n.jpg? nc ht=scontent lax3 1.cdninstagram
nagisa_ldnwim

防水ロックの解除方法

防水ロックの解除

出典: https://twitter.com/jetdaizu/status/1046373653833641984

防水ロックを解除するには、Apple Watch本体の右上にある「Digital Crown」というネジを回すことで排水の準備が行われ、ロックが解除されます。その時解除と同時に「ブーッブーッブーッ」と小さな音が出て、自動で排水が行われます。

ワークアウトの終わり方

ワークアウトを終了するには、防水ロックを解除した後に他のワークアウト同様に画面を左側にスワイプし、×アイコンをタップすることで終了できます。

手動での排水方法

防水ロックをした状態でApple Watchが水没した場合はロック解除で自動排水されますが、防水ロックをしていなかった場合は、手動で排水作業を行う必要があります。前述の手動で防水ロックを設定する方法でロックをかけ、そのまますぐにDigital Crownを回すことで手動で排水が行えます。

Apple Watchの防水性能をふまえた海での使い方

Apple Watchの防水性能は、本記事でご紹介した通りとても高性能なものとなっており、公式から推奨はされていないものの第一世代からでもお風呂やプールも短時間であれば問題なく使用できている例もあります。更にSeries 2以降では耐水から防水となり、その防水性能はプールに限らず海でも問題なく使用できるものとなっています。

Apple Watchを海で使う

しかし一口に海と言っても、プールと比べ海での楽しみ方は海水浴からサーフィン、スキューバダイビングと多岐にわたります。前述の通りApple Watchは海でも使用できますが、防水と言っても制限があり、水深が深いところで楽しむダイビングなどのアクティビティでは、Apple Watchの防水性能は保証されていません。

そこでこの項では、海で使用する際にどのような点に気を付けてApple Watchを使用すればいいのかを解説していきます。

Apple Watchを海で使う

出典: https://twitter.com/gizmodojapan/status/930739718286913536

誤動作防止のため防水ロックしておく

Apple Watchを海で使用するにあたり、プールと同様に防水ロックをかけておくことで、誤操作を防ぐことができます。また海から上がるときに速やかに排水を行うためにも、防水ロックの設定が必要となります。

しっかり排水して海水を真水で洗い流す

海水にはプールとは違い砂なども混じっているため、Apple Watchの小さな穴に入り込みやすくなっています。放っておくと劣化の原因となることもあるため、海から上がったら排水をし、流水でマイク等の穴やDigital Crownの隙間をしっかり洗い流します。乾かすときには糸くずや埃の出にくいタオル、布等で水気をしっかりとるといったケアが必要になります。

Apple Watchを洗う

出典: https://twitter.com/spotryme/status/591964765062213632

特にDigital Crownを洗浄する際にはいくつかの手順があり、

  1. Apple Watchの電源を落として充電器から外す。
  2. バンドの素材がレザー等の非防水素材の場合はApple Watchから取り外す。
  3. 蛇口から弱めの流水でぬるま湯を出し、Digital Crownの上に10~15秒ほどかける。
  4. Digital Crownと本体の隙間に流水をしっかりかけ、Digital Crownを回したり押したりして汚れを出し切る。
  5. マイクロファイバークロスのような糸くずの排出が少なく、摩擦の少ない布でApple Watchを吹いて乾かす。この時Digital Crownの付近に水滴が残りやすいため、残らず拭き取る。

といった要領で確実に洗浄してください。

Apple Watchの防水性能を把握して正しく使おう

本記事ではApple Watchの耐水性・防水性についてご紹介してきました。Apple WatchにはSeries 2を境にそれ以前のモデルが耐水、Series 2からが防水となっており、どちらも国際規格で保証されています。ただ第一世代とSeries 1でも短時間のお風呂やプール等での使用であれば、問題なく使用できることもあるようです。

しかし公式が推奨していない用途で使用したことが原因で故障してしまっても保証が効かないことも多く、一般的な防水性能の時計に比べてOSやバッテリー等の問題から寿命も短い傾向にあるため、修理費用も高額になってしまいます。買ってすぐに「防水性能を超えた使い方をして故障してしまった!」とならないよう防水性能を正しく理解して使用しましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
Tenneko_iriq
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ