Apple Watch初代を修理に出すとApple Watch Series 2と交換できる?

とある噂が広まっています。Apple Watch初代を修理に出せばApple Watch Series 2と交換できるのでは、というものです。その噂の審議について確認し、これを機にApple Watchの修理方法についても把握しておきましょう。

Apple Watch初代を修理に出すとApple Watch Series 2と交換できる?のイメージ

目次

  1. 1Apple Watch初代を修理に出すとSeries 2と交換できる?
  2. 2Apple Watchの修理依頼方法
  3. 3Apple Watchの修理料金・日数について
  4. 4Apple Watchの修理はAppleStoreへ依頼しよう

Apple Watch初代を修理に出すとSeries 2と交換できる?

修理に出した製品のモデルが新しくなって帰ってくる、そんな夢のような話が現実になっているかもしれません。

Apple Watch初代(Series 0)を修理に出すとSeries 2と交換できる、という噂がAppleユーザー間でささやかれています(2019年4月現在)。もちろんAppleの修理規定に、古いモデルを新しいモデルに変えるというものはありません。ですが噂が流れるには、それなりの理由が存在します。

2月から4月まで42mmモデルはSeries 2と交換できるかもしれない

Apple Watch初代(Series 0)がSeries 2に交換されるかもしれない理由として、Apple Watchの修理部品の不足が挙げられています。

Apple Watch初代(Series 0)とSeries 1の42mmモデルの在庫が極端に少なく、Apple社が42mmモデルの部品を求めているようなのです。つまり昔のモデルだろうと、Appleにとっては手元に置いておきたい必要な製品。そのため、Apple Watch初代(Series 0)を修理に出すとSeries 2と交換できる、という噂が広がったのです。

さらに、2月から4月までの間Series 0かSeries 1の42ミリモデルの修理をした場合、Apple Watch Series 2と交換可能という情報を、米メディアの報道が発表しています。この報道のおかげで、情報の信憑性は上がったと言えるでしょう。

米メディアでの報道だが日本での可能性は?

米メディアでの報道ですが、日本でもあり得ない話ではないでしょう。ただし、必ず交換してもらえるとは限らないため、Apple Watch Series 2目当てに、Series 0・Series 1の42ミリモデルを修理に出すのは止めておきましょう。もしかしたら交換できるかもしれない、程度の気持ちで修理に出すことをおすすめします。

Apple Watchの修理依頼方法

一度もApple Watchの修理をしたことがないという方は、これを機に修理依頼方法を把握しておきましょう。今は必要なくても、今後必ず必要になる知識です。万が一の時に備え、知識を蓄えておくことが大切です。

公式サイトから申し込む

Apple Watchを修理に出す時は、Appleの公式サイトから申し込みましょう。まずは、Apple Watchの修理サービス画面を開いてください(Apple Watch 修理と検索するだけで、検索結果の上位に現れます)。

watch 修理 - Apple サポート 公式サイト
Apple Watchの修理サービス画面

Apple Watchの修理サービス画面を下にスクロールし、「修理サービスを申し込む」をクリックします。

Apple Watchの修理サービス画面

Apple Watchの問題項目が並んでいるので、修理に出す原因を選択しましょう。今回は「修理と物理的な損傷」を選択してみます。

Apple Watchの修理サービス画面

「修理と物理的な損傷」をクリックすると、さらに細かな項目が表示されます。近しい問題をクリックし次に進みましょう、今回は「過失や事故による損傷、または物理的な損傷」を選択します。

Apple Watchの修理サービス画面

最終的に、どのような修理サービスが良いか選ぶことができます。「自分で配送の手配をする」「電話で修理の手配をする」「チャットで修理の手配をする」「ストアに直接持ち込む」「エクスプレス交換を申し込む」、以上5点から自分に合った方法を選びましょう。

選んだあとは、製品情報や最低限の個人情報(住所や電話番号など)を入力し、画面に従って進めば修理の手配は完了します。

Apple Watchの修理サービス画面

(エクスプレス交換サービスは、Apple Care+に加入してあり、さらにクレジットカードを持っていれば利用することができます。配送期間が非常に短くなるため、急ぎの方は利用してみるのも手です。)

Apple Watchの修理料金・日数について

Apple Watchの修理に出す際、気を付けておきたいのは修理料金と、配送修理にした場合の日数です。思っていたよりも高かった、もしくは思っていたよりも時間がかかった、などの悪いギャップが起きないよう事前に確認をしておきましょう。

モデルによって料金は異なる

Apple Watchのモデルによって修理料金は異なります。基本的には、新しいモデルの方が高くなりますし、製品に傷みがあれば傷みの内容によって金額が上がる可能性もあります。

Apple Watchの修理サービス画面の、「修理サービス料金は?」から料金の確認ができるため、一度読んでみることをおすすめします。

Apple Watchの修理サービス画面

Apple Care+ for Apple Watchに加入すると安くなる

Apple Care+に加入していたら修理料金は大きく変わります。

もしバッテリー交換を希望した場合、通常なら8800円かかりますが、Apple Care+保証期間内なら0円と無償で修理してもらえます。

少なくとも2万以上はかかる過失や事故による損傷も、Apple Care+に入っていれば8400円(もしくは9800円)で修理でき、さらには最大2回までこの料金で修理に出せます

Apple Care+に入っている方が、より大きなメリットを得られるのです。

修理にかかる時間は到着してから最大5営業日

当たり前ですが、配送修理には時間がかかります。最大で5営業日(土日は含まない)かかるため、1週間ほど製品が手元から離れるということを理解しておきましょう。

Apple Watchの修理サービス画面

Apple Watchの修理はAppleStoreへ依頼しよう

Apple Watchを修理に出したら、新しいモデルに変わって戻ってくるかもしれない、というのは非常に夢のある話です。今ならもしかすると、その夢が叶うかもしれません。丁度修理に出したいと思っていたなら、今修理に出してみるのも手です。

ただし、修理料金や修理期間をしっかりと確認し、後ほど問題にならないようにチェックしておきましょう。事前に確認しておくことで、スムーズにApple Watchを修理に出すことができるはずです。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
大和みやび
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ