Amazonの商品を返品・交換する方法!条件や注意点・手順を解説!

Amazonの商品を返品・交換する方法!条件や注意点・手順を解説します。Amazonの商品の返品と交換する方法は条件があり間違えるユーザーが多くいます。Amazonに返送するのも配送方法が異なります。記事を参考にAmazonの返品を知っていただけたら幸いです。

Amazonの商品を返品・交換する方法!条件や注意点・手順を解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazonの商品を返品するには?
  2. 返品に対応している商品
  3. 返品に対応していない商品
  4. 自分の都合による返送
  5. 2Amazonの商品を交換するには?
  6. 初期不良による不良品の交換
  7. 交換できない商品はある?
  8. 3Amazonの商品返品・交換の手順と流れ
  9. 返品・交換のやり方
  10. 商品を梱包する
  11. 配送方法の選択の仕方
  12. 4Amazonの商品の返品・交換する際の注意点
  13. 返送の期限がある
  14. 返送料金
  15. 5Amazonの商品返品・交換方法を知ろう!

Amazonの商品を返品するには?

検索の画像

Amazonの商品を返品の仕方には、さまざまな方法があります。返品に対応している商品、返品に対応していない商品、自分の都合による返送の3つがあります。返品に対応している商品とは商品が届いても返品ができる商品で、商品のカテゴリーによって返品できる商品とできない商品があります。返品に対応していない商品もカテゴリーによって異なっており、Amazonギフト券などの金券やイベント関係のチケットは返品ができません。

自分の都合による返品の場合は、商品の状況によって返品内容が異なります。返送料負担するのはもちろん、開封済みの商品は50%が返金されるなどの条件があります。また、初期不良品の場合は返品の仕方流れが変わることもあります。わからないことがある場合は、電話でAmazonカスタマーサービスに連絡がおすすめです。

返品に対応している商品

Amazonの画像

返品に対応している商品は多くあります。返品できる商品にいくつかの条件があり、30日以内に届いた商品、Kindleなら注文から7日以内で返品可能です。しかし、Amazonのカスタマーサービスに連絡の必要があります。Dash Buttonを利用して購入した商品も返品ができます。この返品方法もカスタマーサービスに連絡の必要があります。

返品に対応していない商品

stopの画像

Amazonでは返品に対応していない商品も多くあります。返品できない商品はAmazonギフト券などの金券やイベントのチケット、プリペイドカード、ゲームのソフトでダウンロードの商品など、例外のある初期不良品などは返品ができません。また、Amazonが商品を出品している場合とAmazonとは別の出品者が販売している場合で、返品ができる商品とできない商品があります。

出品者がAmazonの場合は、返品ができないケースがあるので注意が必要です。

自分の都合による返送

配達の画像

Amazonには自分の都合による返品もあります。自分の都合による返品とは、商品が届き、思っていたのと違っていたり、商品を開封したが思っていたものと違う場合に利用できる返品のサービスです。しかし、返品の際の返送料を自分で支払う必要があるので注意が必要です。

ThumbAmazonで注文した商品のキャンセル・返品方法!手続きや注意点を解説
Amazonで注文した商品は注文をキャンセルしたり、届いた商品を返品したりできます。この記事...

Amazonの商品を交換するには?

検索の画像

Amazonの商品を交換するには、いくつかの条件が必要になります。交換の条件として、商品の到着から30日以内に商品を交換する方法があります。また、30日を過ぎても商品の交換はできますが、返金される金額が減ります。そして交換の対象外の商品もあり、販売が出品者でAmazonが発送する商品は交換に対応していません。そして、Amazonでは交換できない商品もあります。

それは並行輸入の商品と、デジタルのミュージック、ダウンロードして遊べるゲームのソフトなどがあります。また、本の交換も受け付けていません。

初期不良による不良品の交換

Amazonの画像

Amazonでは、初期不良による不良品の交換のサービスを提供しています。このように初期不良の商品には交換するか、全額返金するかの選択があります。ほとんどのケースで初期不良の交換には対応しているので便利です。また、この初期不良で返品する場合は、返送料金がかからず、着払いで返送ができるので便利です。

交換できない商品はある?

削除の画像

Amazonでは商品の交換ができないケースも多くあります。交換できない商品は並行輸入品の商品やイベントやサービス関係のチケット、プリペイドカードなどが挙げられます。その他にお金庫や本などの商品も交換ができません。さらに、Amazonが出品している場合とAmazonとは別のユーザーが出品している場合で、返品が可能な商品と不可能な商品があります。

Thumbd払いでAmazonのギフト券を購入できない!それでもd払いでお得になる理由を解説
d払いでAmazonのギフト券を購入したいという人も多いですが、残念ながらd払いを含むケータ...

Amazonの商品返品・交換の手順と流れ

Amazonの画像

Amazonの商品返品・交換の手順と流れは簡単です。商品の返品と交換の方法はいくつかあります。それは、電話でAmazonのカスタマーサービスに連絡を入れる方法と、問い合わせでAmazonに連絡を入れる方法です。その他にも商品の返品、交換の際には商品を返送する必要があるため、商品の梱包や配送方法の選択などを選ぶ必要があります。また、商品によっては返送の返品や商品の交換に対応していないケースも多くあるので注意が必要です。

返品・交換のやり方

配達の画像

返品・交換のやり方はシンプルで簡単です。商品の返品と交換をするには商品の返送が必要になります。この返送には梱包が必要で、配送の選択によって返送料金が大きく変わります。また、この商品の交換や返品のやり方は滅多に起きない問題でもあるので対処法を覚えておく必要があります。また、返品、交換の際のやり方はAmazonカスタマーサービスの電話番号に連絡をいれて返送の仕方を知ります。

また、電話だけでなく、WEBサイトを利用した返品、交換もできるのでおすすめです。

電話でも返品できる

電話の画像

Amazonの商品の返品の手順に電話番号とメールを利用した返品のやり方があります。このやり方は、一番シンプルですが、全ての商品が返品と交換ができるわけではないので注意が必要です。また、Amazonが出品者で発送をする場合と、他のユーザーが出品する立場でAmazonが発送する手順では配送がことなるので注意が必要です。電話の仕方はAmazonのカスタマーサービスに連絡をするのみです。

音声のガイドに従って操作をして返品、交換の仕方を知ることができます。

メールで問い合わせ

macの画像

Amazonの商品を返品、交換する場合の方法にメールでの問い合わせがあります。メールで返品の手続きをする場合は、商品の購入履歴から自分が購入した商品を確認します。そして、返品、交換の理由を入力してAmazonに連絡を入れる必要があります。ほとんどのケースが問い合わせた後に電話でAmazonのカスタマーサービスに連絡をすることになります。

商品を梱包する

梱包の画像

商品を梱包するのは簡単です。梱包する際に注意が必要なのは丁寧に梱包をする必要があります。さらに、商品の梱包には返品用のラベルが必要なので注意が必要です。

配送方法の選択の仕方

配送の画像

Amazonで購入した商品の返送の仕方、流れは多くあります。不良品も返送する際には梱包が必要なのと不良品の返送でも返送料金がかかる場合もあります。しかし配送業者の指定の必要はないので自分がよく利用する配送業者で返送ができます。また、不良品の場合は着払いで配送指定ができる場合もあるのでお得です。

ThumbAmazonのポイント残高を確認する方法!見方や有効期限を解説[PC/スマホ]
本記事では、Amazonで獲得できるポイント残高を確認する方法や、Amazonポイントを有効...

Amazonの商品の返品・交換する際の注意点

注意の画像

Amazonの商品の返品・交換する際の注意点は多くあります。注意点として挙げられるのが返送には期限があるのと、返送料金などがあります。返送の期限は返品と商品・不良品の交換で異なります。商品の返送の流れも異なるので注意が必要です。

返送の期限がある

カレンダーの画像

Amazonの返品、交換のやり方に返送の期限があります。返送の手順と流れは簡単ですが、多くの人が返送の期限を覚えていなくて、返送を忘れる人が多いです。返送できる商品は不良品と初期不良品です。返送のやり方は電話でAmazonのカスタマーサービスに連絡を入れるだけなので手順、流れはスムーズに終わります。

返送料金

お金の画像

Amazonで購入した商品や初期不良品の返送料金についての手続きの仕方は簡単です。初期不良品の場合は自分で返送料金を支払う必要がありませんが、自分の都合で返送の流れの場合は、返送料金がかかります。返送料金の設定ができるのかわからない場合は、Amazonのカスタマーサービスに電話をして確認する必要があります。

ThumbAmazonの返品をラベル印刷でやる方法!自宅にプリンターがない対処法も解説!
本記事ではAmazonで購入した商品を返品する方法や、ラベルを印刷して返送する方法を紹介しま...

Amazonの商品返品・交換方法を知ろう!

いいねの画像

Amazonの商品返品・交換方法の仕方は簡単ですが、返送にはさまざまな条件があります。この条件はとは、返品ができる商品や返品ができない商品などさまざまです。また、返品の手続きの方法は電話でカスタマーサービスに連絡を入れるか、WEBでAmazonの注文履歴を開いて返品の手続きをするのと2つの方法があります。この記事を参考にAmazonの商品返品、交換の仕方を知っていただけたら幸いです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hika418hika
海外で長期のインターンシップ経験があり、海外の流行にかなり敏感です。デザインツールやプログラミングコードなど開発環...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ