Windows7のバージョン確認方法!32bitか64bitかを確認する方法は?

こちらの記事では、Windows7上で確認できる4種類のOS情報(バージョン番号、エディションなど)の違いを解説し、その中の1つであるWindows7のバージョンを確認する方法を3種類ご紹介しています。また、Windows7のbit数を確認する簡単な方法も同時に解説しています。

Windows7のバージョン確認方法!32bitか64bitかを確認する方法は?のイメージ

目次

  1. 1Windowsのバージョンとは
  2. Windows7のOSの情報は4種類
  3. 2Windows7のビット数を確認する方法
  4. 32bitと64bitの違い
  5. Windows7で32bitか64bitか確認する方法
  6. 3Windows7のOSのバージョンを確認する方法
  7. プロパティからバージョンを確認する
  8. プログラムとファイルの検索からバージョンを確認する
  9. ファイル名を指定して実行からバージョンを確認する
  10. 4Windows7のバージョンを確認しよう!

Windowsのバージョンとは

Windows7のパソコンでOSの全ての情報は、下記から確認することができます。これらのバージョンは混同しやすいため、違いをしっかりチェックして下さい。

Windows7のOSの情報は4種類

Windows7のOSの情報は4種類。この記事では、主に1.のWindowsバージョンを確認していきます。

⒈ Windowsバージョン
この項目では、Windows7やWindows10と言ったバージョンの確認ができます。

windows7

2. Windowsエディション
この項目では、所持しているWindows7がHome、Proなどどのようなユーザー向けなのかを確認できます。

windows home edition

3. OSのバージョン番号
この番号は、Windows7内のプログラムの機能や開発された時期などを示すためのものです。1のWindowsバージョンと混同して認識されてしまうことが多いので注意が必要です。

windows7のOSバージョン番号

4. OSのビルド番号
この番号はWindows7上の実行プログラムを識別するためにふられたものです。

Windows7のビット数を確認する方法

ここでは、Windows7のビット数を確認する方法をご紹介します。

32bitと64bitの違い

まずbitとは、コンピューター上で使われる情報の最小単位のことです。日本語では「二進数」という意味です。コンピューターは0と1を色々な形で組み合わせて情報を記憶、表現するため、bit数が多いほど、Windows7上での表現できる情報の幅が広がっていきます。

32bitと64bitは一見大した差がないように見えますが、実はWindows7上でかなり表現できる情報量の差が違います。ですので、メモリの上限も32bit版では4GBまで、64bit版では4GB以上と、コンピューターの使い方の幅もかなり違ってきます。bit数の違いによってWnidows7上で起動できるアプリケーションやプログラムにも違いが出てきます

Windows7で32bitか64bitか確認する方法

自分のWindows7のbit数は、これからご紹介する手順で確認することが出来るのでぜひチェックしてみて下さい。

1. この画面を開き、「コンピューター」を右クリック

windows7のスタート画面

2. 「プロパティ」をクリック

プロパティ画面

3.  「システム」が表示されるので、「システムの種類」という項目からWindows7のbit数を確認する

以上がWindows7での32bitと64bitの確認方法です。

Windows7のOSのバージョンを確認する方法

続いては、Windows7のOSバージョンの確認方法を解説していきます。先ほど説明したように、Windowsのバージョン番号とOSバージョンの番号は間違って認識しやすいため、注意してチェックしてみて下さい。

操作の方法は、「プロパティからバージョンを確認する」、「プログラムとファイルの検索からバージョンを確認する」、「ファイル名を指定して実行からバージョンを確認する」の3種類あるので、自分のやりやすい方法でバージョンを確認してみましょう。

プロパティからバージョンを確認する

はじめにご紹介するのが、プロパティからWindows7のOSのバージョンを確認する方法。
まず、この画面を開き、「コンピューター」を右クリック

windows7のスタート画面

以下の画面で表記されているバージョンを確認して下さい。OSバージョンは、以下の画面ではWindows7と表記されています。

windows7のバージョン

プログラムとファイルの検索からバージョンを確認する

次にご紹介するのは、プログラムとファイルの検索からWindows7のOSバージョンを確認する方法です。
まず、スタート画面から、「プログラムとファイルの検索」をクリック

windows7のスタート画面

以下の枠内に、「winver」と入力し、Enterキーを押す

プログラムとファイルの検索

表示された画面からWindows7のOSのバージョンを確認します。以下の画像の場合、Windows7と記されているのがOSバージョンです。

windows7のOSバージョン

ファイル名を指定して実行からバージョンを確認する

最後にご紹介するのが、「ファイル名を指定し実行」からWindows7のOSバージョンを確認する方法です。
まず、スタートの画面を表示し、「アクセサリ」をクリック。

スタート画面、アクセサリの説明

続いて、「ファイル名を指定して実行」をクリックする。

ファイル名を指定して実行

winver」と入力しOKボタンをクリック

ファイル名を指定して実行

表示された画面からWinodows7のバージョンを確認できます。この画面では、Windows 7と記されたものがOSのバージョンとなります。

Windows7のバージョンを確認しよう!

いかがだったでしょうか。Windows7には色々な表示やバージョンの種類があり、混乱することも少なくないですが、これまで解説した方法で、簡単に自分のWindows7のパソコンのバージョンを確認できます。どのアプリケーションやプログラムを扱えるかの目安にもなるのでぜひ確認してみて下さい。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
nyamy19

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ