Windows7のバックアップと復元方法!自動での設定や外付けHDDへの保存は?

Windows7でバックアップでは自動でバックアップを取るように設定することができます。ファイルだけのバックアップではなく、システムイメージとしてWindows7全体を外付けHDDにバックアップすることもできます。詳しい方法についてみていきましょう。

Windows7のバックアップと復元方法!自動での設定や外付けHDDへの保存は?のイメージ

目次

  1. 1Windows7のファイルをバックアップ・復元する方法
  2. ファイルをバックアップする
  3. バックアップしたファイルを復元する
  4. 2Windows7のシステムイメージをバックアップするには
  5. バックアップの種類
  6. バックアップに用意するもの
  7. 3Windows7のシステムイメージをパックアップ・復元する方法
  8. 外付けHDDへパックアップする
  9. 外付けHDDから復元する
  10. 4Windows7でバックアップを自動で行う方法
  11. 定期的なスケジュールでバックアップ
  12. 次回のスケジュールを確認する
  13. 5Windows7でバックアップをとろう!

Windows7のファイルをバックアップ・復元する方法

PCを使っていると、何が起こるかわかりません。ある日突然、Windows7のハードディスクが壊れて保存してあったファイルが全滅する可能性もあります。雷が落ちて、PC自体が全滅してしまうこともあります。

何が起こるかわからないWindows7の中の大切な中身を守るためには、こまめにバックアップを取るしかありません。この記事ではWindows7のPCでファイルのバックアップを取る方法について詳しく見ていきましょう

ファイルをバックアップする

Windows7でファイルをバックアップするにはどうしたらいいのでしょうか。Windows7でバックアップを取るためには、まずはバックアップを取るバックアップ先をPCに接続します。今回は外付けHDDにバックアップをしてみましょう。バックアップ先となる外付けHDDをWindows7のPCにまずは繋ぎます。

外付けHDDをWindows7のPCにつないだら、コントロールパネルを開きます。コントロールパネルの中の「バックアップと復元」を使います。コントロールパネルを開いたら「システムとセキュリティ」の中の「バックアップの作成」をクリックします。

Windows7でバックアップを取る方法

バックアップ先を確認したら「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。

Windows7でバックアップを取る方法

バックアップしたファイルを復元する

外付けHDDにバックアップしたファイルを復元するにはどうしたらいいのでしょうか。Windows7でバックアップをした時と同じコントロールパネルの「バックアップと復元」の画面を下にスクロールします。すると「復元」が下の方にあります。バックアップした外付けHDDを接続した状態で「ファイルの復元」をクリックします。

Windows7でバックアップを復元する方法

バックアップファイルを選択する画面が出てくるので、「フォルダの検索」をクリックするとバックアップが作成されている場所が表示されます。外付けHDDは今回はGドライブとなっているので、Gドライブを選択します。Windows7全体をバックアップしてある場合には「C:のバックアップ」と表示されるので、そちらを選択して「フォルダーの追加」をクリックします。

Windows7でバックアップを復元する方法

バックアップを復元するファイルを確認したら[次へ]をクリックします。

Windows7でバックアップを復元する方法

バックアップを復元する場所を洗濯したら「復元」をクリックすると、バックアップしたファイルをWindows7へ復元することができます。

Windows7でバックアップを復元する方法

Windows7のシステムイメージをバックアップするには

ここまでお伝えしてきた方法は、通常のWindows7のバックアップと復元方法ですが、システムイメージを作成してバックアップする方法もあります。システムイメージとはそのままWindows7の中のファイルや設定をコピーしてバックアップするのではなく、丸ごとデータ化した上でバックアップすることです。

通常のバックアップと違い、システムイメージを作成した上でのバックアップは、Windows7の設定や状態を全て同時にバックアップすることができます。再セットアップを行う前には、システムイメージを作成することをおすすめします。

バックアップの種類

システムイメージを作成したバックアップの種類には次の2つの種類があります。

システムイメージ

システムイメージを作成するバックアップというのは、Windows7の中身をすべて丸ごとコピーすることです。ファイルだけではなく、Windows7の設定やアプリケーションソフトまで全て丸ごとコピーされることです。

システム修復ディスク

システム修復ディスクというのは、万が一Windows7のシステムが全く動かなくなってしまった時に、Windows7を起動させて修復するためのものです。CDなどにシステム修復ディスクを作っておくと、万が一HDDからWindows7が起動できなくなってしまっても、システム修復ディスクのCDから起動することができるようになります。

バックアップに用意するもの

バックアップに必要なものは次のものです。

外付けHDD

システムイメージでWindows7のバックアップをする時には、バックアップファイルのサイズが大容量になります。外付けHDDを用意しましょう。Windows7のバックアップには1TBも必要ありません。500GBあれば十分です。

CD-R

Windows7のシステム修復ディスクは光学ディスクにしか作ることができません。USBメモリや外付けHDDには作れないので注意しましょう。DVD-Rでも作れますが、容量はCD-Rで十分です。DVDではもったいないのでCDを用意しましょう。

ThumbWindows7の初期化方法!PCをリカバリする方法は?
Windows7の調子が悪くなる前に、その状態を修復させるデカバリ方法は覚えておいて損するこ...

Windows7のシステムイメージをパックアップ・復元する方法

Windows7のシステムイメージをバックアップ、復元する方法についてみていきましょう。

外付けHDDへパックアップする

まずはバックアップを作成します。

システム修復ディスクの作成

システム修復ディスクの作成方法です。システム修復ディスクを作成するCD-RをPCへ挿入したら、Windows7のコントロールパネルを開きます。「バックアップと復元」を開いたら左のサイドバーから「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

Windows7でシステム修復ディスクを作成する方法

ディスクを作るドライブを選択する画面が出てきますが、DVDドライブしか選択できないのでこちらを選択します。「ディスクの作成」をクリックするとシステム修復ディスクが作成されます。

Windows7でシステム修復ディスクを作成する方法

バックアップイメージの作成

システムイメージを作成するためには、バックアップ先となる外付けHDDをPCへ接続してから「バックアップと復元」の左サイドバーから「システムイメージの作成」をクリックします。

Windows7でシステムイメージを作成する方法

バックアップ先を選択します。今回は外付けHDDになります。

Windows7でシステムイメージを作成する方法

バックアップに含める内容を選択します。よくわからない時には全て選択すれば良いでしょう。

Windows7でシステムイメージを作成する方法

バックアップする内容を確認したら「バックアップ開始」をクリックします。するとバックアップが始まります。

Windows7でシステムイメージを作成する方法

外付けHDDから復元する

バックアップを復元する方法です。

システム修復ディスクの挿入

Windows7が起動しない時には、システム修復ディスクを使って起動させます。Windows7が起動しないPCの電源を入れていったんシステム修復ディスクをPCのDVDドライブへ入れてから、電源ボタンを長押ししてPCの電源を切ります。

10秒ほど待ってから電源を入れると、システム修復ディスクが立ち上がります。指示に従って設定を進めていくと、Windows7を立ち上げることができます。

システムイメージの選択

システムイメージから復元させる方法は次の通りです。コントロールパネルから「バックアップと復元」を開いたら、画面を一番下にスクロールして「システムの復元またはコンピューターの回復」をクリックします。

Windows7でシステムイメージから復元する方法

「高度な回復方法」をクリックします。

Windows7でシステムイメージから復元する方法

「以前に作成したシステムイメージを使用してコンピューターを回復する」をクリックして、指示に従って進むと、システムイメージからWindows7を復元することができます。

Windows7でシステムイメージから復元する方法

Windows7でバックアップを自動で行う方法

Windows7では定期的にバックアップを実行するように設定することもできます。

定期的なスケジュールでバックアップ

定期的に自動でバックアップするように設定しましょう。

自動に設定する

コントロールパネルの「バックアップと復元」「バックアップ」「スケジュール」を確認しましょう。「設定の変更」をクリックすると自動でバックアップするスケジュールを作成することができます。

Windows7で自動バックアップを設定

バックアップ先を選択して[「次へ」をクリックします。

Windows7で自動バックアップを設定

「バックアップの対象」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows7で自動バックアップを設定

バックアップの内容を確認したら「スケジュールの変更」をクリックします

Windows7で自動バックアップを設定

バックアップの頻度を設定する

バックアップスケジュールは「頻度」から選びます。頻度は「毎日」「毎週」「毎月」から選ぶことができます。それぞれ、曜日や日にち、時間を選択できます。スケジュールを設定したら「OK」をクリックします。

Windows7で自動バックアップを設定

「設定を保存して終了」をクリックすると、決めたスケジュールで自動でバックアップを取る設定が保存されます。その時間にPCを立ち上げて、バックアップ先と接続されていたら、必ずバックアップが実行されます。

Windows7で自動バックアップを設定

次回のスケジュールを確認する

自動バックアップのスケジュールは「バックアップと復元」「スケジュール」から確認することができます。

Windows7で自動バックアップを設定

Windows7でバックアップをとろう!

この記事ではWindows7でバックアップを取る方法と、復元する方法についてみてきました。Windows7のサポート終了が間近になる中、Windows10へアップグレードするためにバックアップを取る人もいることでしょう。Windows7をバックアップする手順はそれほど難しいものではありません。

バックアップや復元の方法を間違えないようにして、しっかりとバックアップを取って、万が一の事態や、OSのアップグレードに備えるようにしましょう。

ThumbWindows7の起動が遅い時の高速化方法!PCの立ち上がりが遅い対処法は?
PCの立ち上がりが遅いと気になっている人も多いようですが、Windows7が重くて起動が遅い...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ