Windows10 1903のダウンロード・アップデート方法を紹介!

Windows10は、1903アップデートで大幅な改善が見られました。まだ、1903バージョンへアップデートをしていない方もいるようです。この記事では、Windows10の1930アップデートのダウンロード方法や更新にかかる時間等を解説します。

Windows10 1903のダウンロード・アップデート方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1Windows10の1903バージョンへのアップデートで変わること
  2. 検索とCortanaが分離した
  3. アップデートを延期できる
  4. アクティブ時間が自動で設定される
  5. マイクを使用しているアプリの通知機能
  6. 標準アプリが簡単にアンインストールできるようになる
  7. Windowsサンドボックスが利用できるようになる
  8. 2Windows10の1903アップデートの更新方法
  9. 通常の更新方法は設定から行う
  10. 更新ファイルをダウンロードして手動でアップデートする方法
  11. 3Windows10の1903アップデートを実行するときの注意点
  12. 時間がかかる
  13. 低スペックPCは要注意
  14. アップデートができないときは?
  15. 4Windows10の1903アップデートを実行してみよう!

Windows10の1903バージョンへのアップデートで変わること

2019年5月にMicrosoftから配信された、Windows10の1903のアップデートの内容がすごいと、話題になっています。1903にアップデートすることで、今までのWindows10から、さらに進化したWindows10になります。話題になっている1903の変更点どのような点なのか、まずは解説します。

検索とCortanaが分離した

1903以前のWindows10では、検索と音声アシスタントのCortanaが一緒になっていました。しかし、1903では、検索とCortanaが分離しました。Windows10の中を検索しようと思っても、Cortanaが同時に立ち上がってしまい、使い勝手が悪いという声もかなりありました。

また、iPhoneのSiriやAmazonのAlexaに比べると、Cortanaは音声認識の精度も悪いといった意見もあります。検索と同時に立ち上がることで、PCの使い勝手が悪くなったと感じている方も多かったため、この変化は喜ばしいと感じている方が多いようです。一説には、Cortanaのリストラ説もあります。

アップデートを延期できる

1903以前のバージョンのWindows10では、Windowsアップデートが配信されると、どのような状況でも自動的にアップデートが始まりました。作業中のファイルを保存する間もなく、突然PCに再起動がかかり、泣く泣く完成間近だったファイルを0から作り直した経験がある方も多いことでしょう。

Windows10の1903アップデートでは、突然アップデートが始まって、作業途中でも容赦なく再起動がかかることはなくなりました。

また、大型アップデート後は、何かと不具合が起こりやすいものです。不具合の発生状況を見てから、バージョンのアップデートしたい方もいます。1903アップデートでは、Windows10 Homeで最大35日間、Proなら365日間アップデートを延期できます。

不具合が起きた場合は、小規模アップデートでの修正が繰り返されます。その様子を見て安定してから1903へアップデートする選択も、可能になります。

アクティブ時間が自動で設定される

Windows10には、アクティブ時間が設定されています。アクティブ時間とは、ユーザーがPCを使って作業しているアクティブな状態の時間のことです。アクティブ時間中は更新が終わっても再起動をかけない時間として、Microsoftが設定しています。

このアクティブ時間は手動で「設定」から設定しなくてはなりませんでした。しかし、1903ではPCの利用状況を自動で判断し自動設定されます。自分で設定しなくても、再起動してもいい時間をPCが勝手に判断してくれるようになりました。

ただし、昼間、会議や営業などで席を外すことが多いけれども、何らかの作業をPCに行わせているケースもあります。そんな場合は、昼間PCが非アクティブ時間だと判断されてしまうことがあります。働いている時間でも、PCから離れる時間が多い方は、アクティブ時間の自動設定を外しておいた方が無難です。

マイクを使用しているアプリの通知機能

以前、PCにインストールされたAmazon Alexaが自動的に会話を録音して、他の人に送信する事故が起こったことがありました。複数のマイクを使って録音できるアプリがPCに入っている場合は、いつ、どのアプリが起動して音を録音しているか、わからないと困ります。

そこで、1903からは、マイクを利用しているアプリが通知領域に表示されるようになりました。今まではマイクに音を拾われたくない場合は、設定からマイクの利用を禁止しなくてはいけませんでした。しかし、どのアプリが起動しているかわかるようになったことで、そのアプリだけを停止したり、マイクの利用の禁止ができるようになりました。

標準アプリが簡単にアンインストールできるようになる

Windows10の1903について

Windows10には、多くの標準アプリがあらかじめインストールされています。標準アプリの中には、必須アプリとは言えないものも多くあります。他のアプリの方が使い勝手がいいアプリもあります。Windows10の標準アプリには、できればアンインストールしたいアプリも多いことでしょう。

今までは、標準アプリのアンインストールは特殊なコマンドを使わないとできませんでした。しかし、1903では「設定」の「アプリ」から簡単にアンインストールできるようになっています。

特にCドライブのストレージがひっ迫している時は、標準アプリを簡単にアンインストールできるのは助かります。ぜひ必要ないアプリは削除して、PCの中をスッキリとさせましょう。

Windowsサンドボックスが利用できるようになる

Windows10の1903のバージョンへのアップデートでは、ようやくWindowsサンドボックスが利用できるようになりましたサンドボックスは、iPhoneやAndroidでは当たり前に利用されている仕組みですが、今まではWindowsには実装されていませんでした。

サンドボックスとは、あるアプリの動作を、1つのサンドボックスの中に格納して、他のアプリに影響を及ぼさないようにするセキュリティ上の仕組みのことです。1つのアプリを利用することでウイルスに感染しても、サンドボックス内に格納されていれば、他のアプリや端末全体へ影響を及ぼしません。

Windows10では、すべてのアプリの動作へのサンドボックスの適用はできません。しかし、新しいアプリを試してみたい場合に、サンドボックスを利用できます。万が一不具合が起きても、サンドボックス内で完結するため、PCには影響を及ぼしません。

ThumbWindows10のエディションの違い(Home/Pro/Enterprise/Education)を解説!
Windows10には、Home、Pro、Enterprise、Educationと4つのエ...

Windows10の1903アップデートの更新方法

Windows10の1903アップデートを更新する方法を、解説します。

通常の更新方法は設定から行う

Windows10の1903について

Windows10の1930アップデートへの更新方法は、通常はWindows10の「設定」からできます。「スタート」から歯車マークの「設定」をクリックして「設定」を開きます。「更新とセキュリティ」をクリックして「Windowsアップデート」を開きます。

Windows10の1903について

更新プログラムのチェック」をクリックしましょう。1903をダウンロードしてアップデートできるようなら、こちらに1903の更新プログラムが表示されます。「ダウンロードしてインストールする」をクリックすると、ダウンロードが始まります。ダウンロードが終了したら、自動的にインストールが始まります。

更新ファイルをダウンロードして手動でアップデートする方法

Windows10の1903アップデートを「設定」からではなく、手動で行いたい場合は、Microsoftのホームページからダウンロードも可能です。まずは以下のサイトを開きましょう。

Windows 10 のダウンロード

今すぐアップデート」をクリックすると、Windows10が最新バージョンにアップデートできます。「設定」アプリを利用しなくても、こちらからでもアップデートができます。

ThumbWindows10でExcelファイルが開かない場合の9つの対処法と操作手順を解説!
Windows10でExcelファイルが開かない場合の9つの対処法と操作手順を解説します。W...

Windows10の1903アップデートを実行するときの注意点

Windows10を1903へアップデートする場合の注意点を解説します。

時間がかかる

Windows10の1903バージョンへのアップデートは、Cドライブの推奨空き容量は32GBと、かなりの大容量です。アップデートファイル自体が32GBあるとは考えられませんが、ダウンロードとインストールにはかなりの時間がかかります。

アップデートしながらでも他の作業はできますが、アップデート中はPCの動作も重くなるため注意しましょう。

低スペックPCは要注意

メモリ8GBのPCでも、4時間ほど時間がかかります。メモリ4GBの低スペックPCの場合は、1903アップデートをするとその倍以上の時間がかかります。その上、かなりPCが重くなります。低スペックPCで1903アップデートをかける場合は、仕事が終わってから電源を付けっぱなしにしアップデートするなどの、工夫が必要です。

アップデートができないときは?

時々、1903アップデートができない不具合があります。アップデートができない不具合の原因は、いくつかあります。1903アップデートができない場合の原因と対処法は、以下の記事にまとめてあるため、参考にしてください。

ThumbWindows10 1903にアップデートできない不具合の原因と対処法を紹介!
Windows10の1903アップデートができない、インストールに失敗するという不具合が頻発...

Windows10の1903アップデートを実行してみよう!

この記事では、Windows10を1903バージョンにアップデートした場合の主な変更点と、アップデートの方法を解説してきました。

一部のユーザーには受け入れがたい変更点もあるようですが、おおむねほとんどのユーザーにとって、メリットになる変更点ばかりです。まだ1903へアップデートしていない方は、アップデートのスケジュールを早急に立て、アップデートしてしまいましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ