ChromeのSoftware Reporter Toolの停止・削除方法!CPU使用率を抑えよう!

Google ChromeのSoftware Reporter ToolがCPUのスペックを大量に使用して、PCが重いときがあります。Software Reporter Toolとはどのようなもので、停止しても大丈夫なのかこの記事解説します。

ChromeのSoftware Reporter Toolの停止・削除方法!CPU使用率を抑えよう!のイメージ

目次

  1. 1Software Reporter ToolでPCが重い!停止しても大丈夫?
  2. Software Reporter Toolとは?
  3. 停止や削除しもて大丈夫?
  4. 2Software Reporter Toolを停止する方法
  5. タスクマネージャーから停止する
  6. Chromeの設定の変更で削除する
  7. 3Software Reporter Toolは必要に応じて停止しよう!

Software Reporter ToolでPCが重い!停止しても大丈夫?

週に1回くらい、特に新しいソフトウェアを立ち上げたわけではないのに、突然CPUクーラーが激しく回り始めて、PCが重くなることがあります。

その原因がSoftware Reporter Toolというアプリの起動の場合がとても多くあります。この記事ではSoftware Reporter Toolとはどのようなアプリで、PCを軽くするために停止するにはどうしたらいいのか解説します。

Software Reporter Toolとは?

Software Reporter Toolとはどのようなアプリなのかを解説します。

GoogleChromeの管理に重要なツール

Software Reporter Toolとは、Google Chromeを管理するのにとても大切なアプリです。

Google Chromeはユーザーの利用状況を収集して、不具合やエラーの改善や、悪質なサイトやプラグインなどのプログラムの情報を集めています。Software Reporter Toolはそういった情報をGoogleに送るためのレポートを作成して、送信するためのツールです。

稼働するとCPUのスペックを大量に使用して使用率が30%程度になる

Software Reporter Toolは安心してGoogle Chromeを利用するのには必要不可欠なツールです。しかし、起動するとCPUの使用率を大量に使います。

スペックの低いPCではSoftware Reporter Toolだけで30%以上の使用率になることもあり、PCが重い状態になる原因の一つとなります。

停止や削除しもて大丈夫?

Software Reporter Toolが起動するとPCが重い状態になってしまうので、停止や削除したいという方もいます。て停止や削除しても大丈夫なのか解説します。

安全なブラウジングには必要

Software Reporter Toolでは悪質なサイトの情報なども収集して、その情報を元に、悪質なサイトにアクセスしないための対策を練っています。安心してGoogle ChromeでWebサイトを利用するためには、停止しないほうが安心です。

どうしてもPCが重くなるのに耐えられないのなら削除や停止もOK!

しかし、どうしてもPCが重くなるのに耐えられないという場合には、削除したり停止しても、ブラウジングには特に支障はありません。どうしても耐えられない場合には削除しましょう。

ThumbChromeでエラーが頻発する時の対処法!拡張機能の設定変更で問題を解決!
Chromeでエラーが頻発する時の対処法を解説していきます。Chrome拡張機能の確認方法や...

Software Reporter Toolを停止する方法

こちらではSoftware Reporter Toolを停止する方法を解説します。Software Reporter Toolを停止する方法にはタスクマネージャーから提出する方法とGoogle Chromeの設定で提出する方法の二通りの方法があります。それぞれ解説します。

タスクマネージャーから停止する

まずはタスクマネージャーから停止する方法です。PCのタスクバーを右クリックしてタスクマネージャーを起動します。「Software Reporter Tool」を選択して右クリックします。表示されたメニューの中に「タスクの終了」があるので、そちらをクリックします。するとSoftware Reporter Toolが停止します。

再起動するたびに有効化するので注意

タスクマネージャーからSoftware Reporter Toolを終了する方法は、一時的にSoftware Reporter Toolが停止するだけです。PCを再起動するたびにSoftware Reporter Toolが起動するので注意しましょう。

Chromeの設定の変更で削除する

完全にSoftware Reporter Toolが起動しないように設定したい場合には、Google Chromeの設定から完全に削除してしまいましょう。

Software Reporter Toolについて

Chromeの右上の「」をクリックして「設定」を開きます。

Software Reporter Toolについて

Googleの設定」の「同期とGoogleサービス」をクリックします。

Software Reporter Toolについて

Chromeの機能と動作の改善に協力する」と「検索とブラウジングを改善する」をオフにします。するとSoftware Reporter Toolによるレポート作成が行わなくなるので、Software Reporter Toolが起動しなくなります。

ThumbChromeのダークモード設定方法!アプリ・ブラウザを黒テーマにするやり方!
Google Chromeにはダークモードと呼ばれるブラウザ画面の背景色を白から黒に変更でき...

Software Reporter Toolは必要に応じて停止しよう!

Software Reporter Toolは基本的に停止や削除をしない方が、安心できます。しかし、どうしてもPCの動作が重くなりすぎる場合には、必要に応じてこの記事でお伝えした方法で停止して、PCの動作を軽くしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ