SNSを使った集客(宣伝)で効果的な活用方法は?使い分けとコツを解説!

SNSを使った集客(宣伝)で効果的な活用方法は?使い分けとコツを解説します。SNSを使った集客、宣伝はとても効果的で多くのユーザーに拡散されています。活用方法も企業、SNSによってさまざまです。記事を参考にSNSを使った集客の仕方を知っていただけたら幸いです。

SNSを使った集客(宣伝)で効果的な活用方法は?使い分けとコツを解説!のイメージ

目次

  1. 1企業がSNSを活用する目的
  2. 商品・キャンペーンなどの情報を拡散
  3. 集客の拡大方法
  4. 宣伝・広告以外の集客
  5. 2ビジネスとしてSNSで集客するメリット・デメリット
  6. メリット
  7. デメリット
  8. 3SNSの使い分け!集客に効果的な活用方法
  9. Twitter
  10. Instagram
  11. Facebook
  12. LINE
  13. アクティブ率が高い
  14. 4企業のSNSアカウントが炎上した時の対処
  15. アカウントが炎上する原因
  16. 企業アカウントが炎上した例
  17. 炎上に対しての対処
  18. 5SNSのマーケティング初心者が心得ておくこと
  19. 市場で一番を取るくらいの投稿をする
  20. 投稿の他に交流を大事にする
  21. クオリティ重視
  22. 6SNSの集客に頼りすぎるのはNG
  23. 投稿を続けなければいけない
  24. 過去の記事はアクセスされない
  25. 7SNSを活用した集客の事例
  26. 成功例
  27. インスタ映えのポイント
  28. 失敗例
  29. 8SNSでの集客のコツ
  30. 目的の選定
  31. 集客に使うSNSの運用の仕方
  32. フォロワーの増やし方
  33. SNSの優先順位
  34. 専門の知識を身に着ける
  35. 炎上の対処
  36. 9SNSを使って集客を伸ばそう!

企業がSNSを活用する目的

iPhoneの画像

企業がSNSを活用する目的は多あります。また、その目的は、商品・キャンペーンなどの情報を拡散、集客の拡大方法、宣伝・広告以外の集客などの多くの目的があります。商品・キャンペーンなどの情報を拡散というのは、主に企業が売り出したい商品や、ポイントの還元率倍増キャンペーンなどを拡散するために、SNSは多く使われています。その他にも、情報の拡散の仕方は多くあり、SNSに商品のことや、お店、企業のことを宣伝してもらうことで、拡散効果が大きく見込めます。

集客の拡大にSNSは重要で、SNSは使い分けて利用します。使い分けの内容としてあるのが、気軽に投稿、宣伝できるSNSや少し硬くてビジネスフォーマルな投稿、宣伝などのSNSもあります。他には、動画のクオリティを上げて宣伝、活用するSNSは、投稿を見た人に、想像させる効果があり、購入につながります。これらのSNSの使い分けによって拡散していきます。他にも宣伝・広告以外の集客も重要です。

これは、投稿や宣伝の効果以外の集客方法で、SNSを使ってユーザーの体験を共有することや、面白い情報を提供して、ユーザーに口コミや投稿をしてもらうことで、集客につながります。

商品・キャンペーンなどの情報を拡散

Twitterの画像

商品・キャンペーンなどの情報を拡散するのがおすすめです。これらの商品やキャンペーンの拡散方法がSNSの利用につながります。多くの企業がSNSのアカウントを持っており、自分たちの人気商品やキャンペーンを宣伝しています。SNSにはフォロワー、フォローの関係があるので、その企業のSNSが何人のユーザーにフォローされているのか分かるようになっています。実際、この企業のSNSで集客に成功している企業のアカウントは多くのフォロワーで賑わっています。

また、いいねや引用送信もされることで、もっと多くのSNSユーザーに拡散されます。他にもSNSのユーザーも一緒に楽しめるような拡散の仕方をしている企業も多く、引用返信で特典がもらえるなどの拡散方法もあります。

集客の拡大方法

iPhoneの画像

集客の拡大方法にSNSは効果を大きく発揮します。集客する際に一番役立つのは、投稿です。SNSの投稿は大きな役割があります。投稿の際に、どれだけクオリティの高い投稿ができるのかが重要です。多くのSNSで使い分けて投稿ができます。Twitterなら気軽に面白い内容が多くのユーザーから高評価です。Twitterのユーザー層は若者で、リアルタイム検索がポイントです。そのため、投稿のタイミングが重要になります。Facebookはビジネスマン向けのフォーマルな投稿が主流です。

ビジネスマンの多くは自分がどのような仕事をしているのか、共有したくてたまりません。そこで、ビジネスマンに特化した企業がFacebookで投稿すれば、必然と集客になります。InstagramはTwitterやFacebookと違い、おしゃれな思考のユーザーが多い印象です。そのため、投稿の際には、クオリティの高い写真が必要になります。Instagramの投稿を一枚一枚確認しているユーザーはほとんどいません。その中で、指を止まらせるような投稿が必須になります。

LINEでは、[email protected]が人気です。この機能は、1日に送信できるメッセージに金額がかかりますが、日本では、一番拡散しやすいSNSです。

宣伝・広告以外の集客

ビジネスの画像

宣伝・広告以外の集客も人気です。SNSでは、ただ投稿するだけの広告だけでなく、ユーザーに楽しんでもらえるよな仕組み作りが大事になります。企業によっては、投稿を引用返信したら特典がもらえたり、宣伝の投稿をする代わりに、特典をゲットできるなどは、よくゲーム会社がしているマーケティングです。企業も毎日管理して投稿するのは、ネタがつきます。そのため、企業では、投稿に対してのリアクションの数で、特典を用意したりと、さまざまな手法でSNSを効果的に活用しています。

ThumbSNSを全部やめた理由!SNSは時間の無駄で辞めるメリットが多い?
Twitter、Facebook、Instagram等のSNSを1日どれくらいやってやってま...

ビジネスとしてSNSで集客するメリット・デメリット

デメリットの画像

ビジネスとしてSNSで集客するメリット・デメリットはあります。メリットには、無料で運用できることや、ターゲットを絞ってマーケティングができる、顧客を定着させることができるなどがあります。一方で、デメリットも多くあり、SNSmの投稿があ炎上する可能性が上がる、フォロワーが最初は少ないため。集客に時間がかかる。運用の管理に手間がかかり、専門知識がないと、運用は難しいなどのメリット、デメリットがあります。

メリットの無料で運用できるという内容は、どのSNSもアカウントの作成は無料で作れます。そして、広告で宣伝する際や、DMなどを送る際に、お金が発生するケースが多いです。他にもターゲットを絞れるというメリットはSNSを使い分けることで、多くのユーザーに的確に情報を提供できます。Twitterなら若者、Facebookならビジネスマンなど、SNSで使い分けができます。顧客を定着させるという面では、SNSは必須のツールです。顧客は企業のSNSを活用して情報を得ます。

そのため、多くのユーザーがSNSを開いて情報を入手するというのが今のマーケティングです。一方、デメリットは、企業のアカウントが炎上することがあるというデメリットがあります。最近では、芸能人の発言でSNSが炎上するなどの問題は多く発生しています。企業も芸能人と同じで。不適切な発言をすれば、ユーザーの反感を買うことになり、問題に発展します。他のデメリットに、集客の問題があります。企業でも、有名でない小さい企業は、知名度が低いため集客に時間がかかります。

iPhoneの画像

つまり、SNSアカウントのフォロワーが増えるのに時間がかかるという問題が発生します。そのため、多くの企業がSNSの運用に挫折してしまう傾向にあります。運用の管理もデメリットの一つです。SNSでのマーケティングは知識が必須です。そのため、SNSの運用経験がある社員がいないと、円滑にスムーズに管理できないというデメリットがあります。

メリット

メリットの画像

ビジネスとしてSNSを活用して集客をするのは、メリットもあります。SNSならではの強みは、無料で運用できる、ターゲットを絞れる、顧客を定着できるというメリットがあります。無料で運用できるというのは、SNSのアカウントの登録は基本無料で登録できます。そのため、広告の宣伝などの投稿機能を使用しない限り、無料で運用ができます。

一部のSNSアカウントでは、特殊な宣伝でお金がかかることがありますが、一般的な投稿ならば、無料で投稿でき、無料で集客などのデータの解析までできます。ターゲットを絞れるというメリットは、SNSのアカウントを運用していくのに、必須です。ターゲットが絞れるということは、投稿の使い分けができます。若者向けの投稿をビジネスマンに投稿しても共感を得るのは難しいです。そのため、SNSを使い分けてそれぞれ内容の異なる投稿が必須になります。

顧客の定着もSNSのメリットです。顧客を定着させるには、頻繁にSNSを更新する必要があります。更新をすることでユーザーは投稿を確認して新商品やキャンペーンなどの情報を入手します。

無料で運用できる

iPhoneの画像

無料で運用できるというメリットがあります。どのSNSも基本アカウントの登録、シンプルな投稿は無料です。しかし、ユーザーに直接宣伝を送れる広告機能や、ダイレクトメッセージなどの機能は、お金を払って使用することもあります。投稿に対しての分析結果や、反応などは全て無料で確認できるので、費用がかかりません。

ターゲットを絞れる

ビジネスの画像

ターゲットを絞れるというメリットがあります。SNSによってそれぞれユーザー層が異なります。Instagramならおしゃれに敏感な人が多く、Twitterなら、気軽に投稿できる、若い世代など、FacebookはビジネスマンなどSNSによって使い分けができるようになります。ビジネスマンが多い、Facebookに向けてTwitterで投稿するような緩い文を投稿しても、ひっかかりません。そのため、SNSを使い分けて投稿ができるようになります。

顧客を定着できる

顧客を定着できるというのも大きなメリットです。SNSでは、多くのユーザーが少なからず、その企業の投稿や情報やキャンペーンに興味があり、アカウントをフォローしています。そのため、定期的に投稿を続けてえいれば、ユーザーは逃げていきません。SNSで顧客を定着させるのは、人件費削減にもなります。

デメリット

デメリットの画像

ビジネスとしてSNSを活用して集客をするのは、デメリットも多くあります。デメリットには、炎上する可能性がある、集客に時間がかかる、運用に管理が必要などのデメリットがあります。炎上の可能性とは、ユーザに反感を買う投稿や、不適切な内容の投稿は、すぐに炎上してしまいます。炎上すると、問題が多く発生します。まず、アカウントの凍結や、フォロワーの減少などがあります。他のデメリットに、集客に時間がかかるというデメリットがあります。

このデメリットは、大きな問題で、小さい企業や知名度の低い企業はSNSのアカウントを作成しても、フォロワーが少ないのでSNSの効果を得られないケースが多くあります。SNSの運用に管理が必要というデメリットは、知識のある人でなければ、上手に運用ができないというデメリットです。そのため、SNSの初心者がアカウントを運用しても結果は現れにくいというデメリットがあります。

炎上する可能性がある

PCの画像

SNSの運用は、炎上につながるデメリットも多くあります。炎上は、ユーザーの反感を買う行為や不適切な投稿をすることで、始まります。企業のSNSアカウントが炎上すると、アカウントの凍結やフォロワーの減少と、マイナスな要素しかないので、注意が必要です。

集客に時間がかかる

時計の画像

ビジネスでSNSを活用すると集客に時間がかかるというデメリットがあります。集客に時間がかかるのは、小さい企業、知名度の低い企業などのSNSに対して関心のない企業です。まず、フォロワーがいないと集客もスタートできないので、注意が必要です。フォロワーや集客に力を入れるなら、とにかく投稿をして、関心を持ってくれるユーザーを増やす必要があります。

運用に管理が必要

ビジネスでSNSを活用するには、運用に管理が必要です。しかし、この運用をSNSに関して知識のない人が管理をすると、成長はしません。ただ投稿するのは簡単ですが、意味のある投稿をする必要があるので、SNSの知識持った人が管理をする必要があります。

ThumbSNSのTwitter・Facebook・Instagramの使い分けは?違いや特徴を比較して解説!
SNSのTwitter・Facebook・Instagramの使い分けは?違いや特徴を比較し...

SNSの使い分け!集客に効果的な活用方法

PCの画像

SNSの使い分け、集客に効果的な活用方法を身に着けるのは必須です。現在、Twitter、Instagram、Facebook、LINEと多くのSNSがあり、集客に効果を発揮しています。それぞれのSNSを使い分けることで多くのユーザーを獲得しています。Twitterなら、リアルタイム検索に特化しているのと、比較的気軽に投稿できるのも特徴の一つなので、文章も面白さのある文章にしたりできます。Instagramは写真や動画に特化したSNSで、おしゃれなユーザが多くいます。

Instagramでは、企業向けにビジネスプロフィールの設定ができるので、データの分析も楽にできるのと、ハッシュタグを設定することで、投稿が検索されやすくするなどの工夫もできます。Facebookはビジネスマン向けのフォーマルなSNSです。Facebookでは、Facebookページを活用することで、多くのユーザーに自分たちの取り組みを見てもらえます。また、画像よりもテキストの方が重要で、お金を払って広告を利用した宣伝も可能です。

LINEは日本で一番ユーザーが多いSNSで、コミュニケーションには必須のアプリケーションです。LINEの特徴はとにかくアクティブ率が高いというメリットと、LINEを活用してお店の予約が取れるなどができます。メッセージの配信で集客もできますが、メッセージの送信には限度があるので、注意が必要です。

Twitter

Twitterの画像

Twitterの使い分けは簡単で、効果的に活用するのも簡単です。Twitterには、文字制限があり、140字までしか投稿できません。そのため、投稿の際には、文字制限に注意いて投稿する必要があります。インフルエンサーの活用は集客につながります。Twitterはインフルエンサーが多いことでも有名で、拡散力の強いSNSでも有名です。

しかし、Twitterはリアルタイム検索が主流なので、自分が投稿するタイミングを考えて投稿しないと、自分の投稿はどんどん過去の投稿になり、見られる確率が減ります。

文字制限が140字

文字制限が140字という決まりがあります。Twitterで投稿できる文字の数は、140字でその数を超える文字数は投稿できません。そのため、短い文でまとめるのと、もし140字を超える場合は、他のSNSと使い分けての投稿になります。

インフルエンサーの活用

PCの画像

Twitterは拡散力が強いSNSで有名です。そのため、インフルエンサーを利用してさらに集客を見込めます。これには、インフルエンサーに企業の商品を使用してもらうや、その他多くのインフルエンサーの活用方法はあります。

リアルタイム検索に注意

Twitterのリアルタイム検索に注意が必要です。このリアルタイム検索とは、投稿したらその瞬間からユーザーのツイートの中に投稿されて時が経つにつれて過去の投稿になっていく仕組みです。そのため、時間を考えて、一番人がTwitterを閲覧している時間を予測して投稿する必要があります。

Instagram

Instagramの画像

Instagramの使い分けは簡単で、効果的に活用するのも簡単です。Instagramの機能には、ビジネスプロフィール、投稿スポットの活用、ハッシュタグの設定、インスタ映えなどがあります。これらを使い分けることで、Instagramを有効活用できます。ビジネスプロフィールとは、Instagramのビジネス利用で多くのデータを分析して、Instagramの集客に役立てる効果があります。

投稿スポットの活用とは写真の撮影地や投稿地を定める機能で、投稿スポットから検索するユーザーも多くいます。ハッシュタグの選定も重要で、Instagramは、ほとんどのユーザーがハッシュタグから検索しているため、的確に情報を獲得するためにも、ハッシュタグ設定は必須になります。インスタ映えとは、クオリティの高いInstagramの写真のことを指します。

ビジネスプロフィール

ビジネスの画像

ビジネスプロフィールとは、Instagramでは必須の機能です。通常のInstagramアカウントの違いは、ビジネスアカウントはデータの分析ができるというメリットがあります。そのため、自分たちの投稿に対してどのようなユーザーが反応してくれているのかを分析することができます。投稿の確認だけでなく、どこの地域のユーザーが投稿を見ているのかまで分析できるようになります。

投稿スポットの活用

地図の画像

Instagramdでは、投稿スポットの活用が便利です。自分が投稿した地域や、撮影した地域を共有できる機能があります。この機能があれば、ユーザーが写真をみてどこの地域で撮影したのかまでわかります。さらに、Instagramの検索機能は投稿スポットで絞って投稿もできるので、おすすめです。

ハッシュタグの設定

Instagramでは、ハッシュタグの設定も重要になります。ハッシュタグはInstagramの検索の方法で最も利用されやすい検索方法の一つで、多くのユーザーがハッシュタグで検索をしています。この検索方法を利用して、よく使われているハッシュタグや、独自のハッシュタグを混ぜることで多くのユーザーの集客につながります。

インスタ映え

インスタ映えとは、Instagramの投稿に適している投稿のことで、写真や動画のクオリティが高いことを表しています。インスタ映えのしている写真の多くはいいねの数も多く、ハッシュタグの設定も上手にできています。インスタ映えする写真の撮り方は自分の腕次第なので、ユーザーを引き付けられるような写真撮影の技術が必要になります。

Facebook

Facebookの画像

Facebookの使い分けは簡単で、効果的に活用するのも簡単です。Facebookはビジネスマン向けのSNSで、フォーマルな投稿が特徴です。Facebookの主な機能は、フォーマルな投稿、Facebookページの活用、画像よりもテキストが重要、広告を使った宣伝、ファンを集めることが必須などがあります。フォーマルな投稿というのは、ビジネス用語を多く使った内容や硬い文などが特徴の投稿です。

Facebookページの投稿というのは、ビジネスに特化したページで多くの企業が利用して分析にも役立ています。画像よりもテキストが重要というのは、画像はInstagramがSNSでは特化しているので、Facebookでは、どれだけユーザーにプラスの情報を与えられるのかが重要です。広告を使った宣伝もできます。投稿の宣伝だけでなく、ターゲットを絞った宣伝にも特化しています。自分たちの企業のファンを集めるのも重要です。

ファンを集めなければ、投稿、宣伝を見てくれるユーザーも少ないので、注意が必要です。

フォーマルな投稿

Facebookの画像

Facebookはビジネスで、フォーマルな投稿に特化しいてます。そのため、Twitterのような気軽に投稿するような文では相手を引き付ける力はありません。Facebookでは、ビジネスの要素を含んだ投稿が必須になります。

Facebookページの活用

Facebookページの活用とは、ビジネス投稿に向いているページがあるのがFacebookです。このFacebookページとは多くの企業が利用しているツールでデータの分析だけでなく、宣伝にも役立ちます。FacebookページはInstagramと接続してさらに効率よく利用ができます。

画像よりもテキストが重要

PCの画像

Twitterは画像よりもテキストが重要です。画像に特化しているSNSにはInstagramがあります。Instagramは写真や動画に特化しているSNSであるので、問題ありませんが、FacebookはビジネスやフォーマルなSNSです。そのため、画像よりもテキストの内容を濃くする必要があります。

広告を使った宣伝

Twitterでは、広告を使った宣伝がメインになります。広告での宣伝を投稿するには、お金がかかることもありますが、ターゲットを絞って宣伝するので、効果は大きく感じられます。

ファンを集めることが必須

TwitterなどのSNSで集客するには、ファンは必須になります。このファンを集めるには、とにかく定期的に投稿を続けて多くの人に見てもらう必要があります。そのためにも新商品の情報やキャンペーンの情報などは定期的に投稿していく必要があります。

LINE

iPhoneの画像

LINEの使い分けは簡単で、効果的に活用するのも簡単です。LINEには、LINEの公式アカウント、アクティブ率が高い、予約が取れる、メッセージの配信が可能などの特徴があります。LINE公式アカウントは、企業が利用しているLINEの機能で、多くの情報をユーザーに提供できます。アクティブ率が高いというのは、多くのユーザーがLINEを利用しているので、アクティブ率が高いといえます。予約が取れるというのは、LINEの企業アカウントでは、予約のシステムがあります。

このシステムを李利用することで、多くのユーザーの呼び込みにつながります。メッセージの配信には限度があります。そのため、メッセージを送信する際には、ターゲットを絞っての配信になります。

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントとは、企業向けに展開されているLINEのサービスで、公式の情報を提供できます。LINE公式アカウントとは、他にも頻繁に広告を発信できたりと多くのことができます。

アクティブ率が高い

iPhoneの画像

SNSのLINEはアクティブ率の高いサービスで、日本では多くのユーザーが利用しているサービスです。LINEはコミュニケーションを取るには、必須のアイテムで多くのユーザーがLINEを使ってトークや電話をしています。そのため、頻繁に確認しているユーザーがほとんどです。

予約が取れる

予約が取れるのもLINEのおすすめのサービスです。LINEを利用して予約が取れるなら、わざわざ電話で予約を取る必要がなくなるので、おすすめです。

メッセージの配信に限度がある

メールの画像

LINEにはメッセージの配信に限度があります。これは、LINEだけでなく他のSNSでも同じですが、宣伝をするには、お金が必要になるケースがあります。しかし、ターゲットを絞った宣伝をしてくれるのでおすすめです。

ThumbSNSをやらない人の特徴や理由は?メリットやデメリットを解説!
SNSをやらない人はたくさんいるということを知っていましたか?SNSをやらない人の特徴、理由...

企業のSNSアカウントが炎上した時の対処

悲しむ画像

企業のSNSアカウントが炎上した時の対処に、アカウントが炎上する原因を知るというのと、企業アカウントが炎上した例、炎上に対しての対処を紹介します。

アカウントが炎上する原因

検索の画像

アカウントが炎上する原因は、不適切な投稿やユーザーの反感を買うような内容が炎上の原因です。多くのユーザーがSNSの投稿には敏感で、注意が必要です。

企業アカウントが炎上した例

企業アカウントが炎上した例として、企業の不適切な取引がメディアで告発されたことがあります。この炎上が原因で企業の株は下がり、イメージも悪くなりました。

炎上に対しての対処

炎上に対しての対処は、ネットの監視システムの強化で予防ができます。また、炎上しそうな不適切な投稿や反感を買う投稿は控える必要があります。

ThumbSNSフリーアイコン素材47選!ブログで使えるおしゃれで可愛いデザインなど紹介!
本記事ではブログやホームページで利用できる、著作権フリーの無料SNSアイコン素材を紹介します...

SNSのマーケティング初心者が心得ておくこと

ビジネスの画像

SNSのマーケティング初心者が心得ておくことは多くあります。市場で一番を取るくらいの投稿をする、投稿の他に交流を大事にする、クオリティ重視などのポイントがあります。

市場で一番を取るくらいの投稿をする

市場で一番を取るくらいの投稿をするのは、ポイントです。最初から中間ぐらいの気持ちでSNSを操作しても結果がでないので、市場で最高な投稿を心がける必要があります。

投稿の他に交流を大事にする

投稿の他に交流を大事にするという内容では、ただSNSで投稿、宣伝するだけでなく、投稿のコメントに対しての返信など多くのことを意識する必要があります。ユーザーも丁寧な扱いをされる方が、気分は良くなります。

クオリティ重視

注意の画像

クオリティを重視して投稿する必要があります。そのため、他の企業の投稿を確認する方法や、分析するという知識を身に着ける必要があります。

ThumbSNSヘルパーで簡単にフォロワーを増やす方法!いいねや再生回数を増やす事が可能に!
SNSヘルパーは簡単にSNSのフォロワーや「いいね」「再生回数」を増やすことができるWebサ...

SNSの集客に頼りすぎるのはNG

stopの画像

SNSの集客に頼りすぎるのはNGです。NGの内容は、投稿を続けなければいけない、過去の記事はアクセスされないという問題があります。

投稿を続けなければいけない

SNSの集客に頼りすぎると、投稿を続けなければいけないという問題があります。そのため、集客ではただ投稿するだけでなく、ポイントを絞って投稿する必要があります。投稿を続けていくのは、ネタが尽きることやマンネリ化などが考えられます。

過去の記事はアクセスされない

過去の記事はアクセスされないという問題があります。特にTwitterはリアルタイム検索なので、記事にアクセスされるのが、最初の数時間のみです。そのため、過去に記事がどんどんずれていきます。

ThumbSNS検索の特徴とは?若者の検索エンジン(Google/Yahoo!)離れを調査!
SNS検索の特徴とは?若者の検索エンジン(Google/Yahoo!)離れを調査します。Go...

SNSを活用した集客の事例

Twitterの画像

SNSを活用した集客の事例は成功事例と、失敗事例の2つのパターンがあります。どの事例もSNSを運用するには、必須の知識です。

成功例

成功の画像

成功例に、記念日を活用、存在感をアピールする投稿、商品を食べたくなるような宣伝、インスタ映えのポイント、イメージキャラクターの使用などがあります。

記念日を活用

記念日を活用する方法は人気の宣伝方法です。記念日は、多くのユーザーが特別なことをする日に使うワードでSNSで利用することで集客につながります。

存在感をアピールする投稿

存在感をアピールする投稿も重要です。SNSは拡散力、宣伝力のあるサービスです。その中で目立つ投稿をしなければ、他の企業に埋もれてしまいます。

商品を食べたくなるような宣伝

食事の画像

商品を食べたくなるような宣伝はSNSで必須になります。商品の宣伝は重要で、相手に買いたいと思わせる宣伝が重要です。

インスタ映えのポイント

インスタ映えのポイントを抑えていることが成功につながります。多くの企業はインス映えする投稿をしているのと、SNSの拡散力でインス映え投稿を拡散して宣伝しています。

イメージキャラクターの使用

イメージキャラクターを使用する方法で、ユーザーに親近感をわかせる効果や、子供にも関心を持ってもらえるようになります。

失敗例

失敗の画像

成功事例もあれば、失敗の事例も多くあります。失敗事例は、SNSの運用に消極的、SNSに苦手な人が運用するなどの事例があります。

SNSの運用に消極的

SNSの運用に消極的という問題があります。ただアカウントを持っているだけで、宣伝や投稿をしないと、SNSでの集客は見込めません。運用を頻繁にすることで、ユーザーも多くの情報を得られます。

SNSに苦手な人が運用する

SNSに苦手な人が運用すると、失敗の原因につながります。SNSの知識のないユーザーが利用すると、運用がうまくいかず、集客に力がでないと考えられます。

Thumbビジネスチャットにおすすめの無料ツールを比較!社内SNS導入のメリットも解説!
社内などのコミュニケーションツールであるビジネスチャット、無料ツールの特集となります。今回は...

SNSでの集客のコツ

iPhoneの画像

SNSでの効果的な集客のコツ、方法は多くあります。目的の選定、集客に使うSNSの運用の仕方、フォロワーの増やし方、SNSの優先順位、専門の知識を身に着ける、炎上の対処などがあります。

目的の選定

目的の選定が重要です。ただ投稿するだけの方法では、ユーザーの集客はできません。そのため、目的を選定してからSNSを運用する方法がおすすめです。目的の選定ができている投稿の方が、拡散効果が強いです。

集客に使うSNSの運用の仕方

iPhoneの画像

集客に使うSNSの運用の仕方は、SNSの知識がある人が管理をするのをおすすめします。SNSの多くは、運用が難しく投稿のタイミングなどが重要になります。

フォロワーの増やし方

フォロワーの増やし方には、投稿時に、ハッシュタグや、頻繁に投稿してユーザーの関心を惹きつける必要があります。

SNSの優先順位

ビジネスの画像

SNSの優先順位を知っておく必要があります。これらのSNSには優先順位をつけて運用することで、確実に成果、効果を出すことができます。投稿の内容も優先順位に関わってきます。

専門の知識を身に着ける

SNSに関してに専門の知識を身に着ける必要があります。この知識を身に着けることで、スムーズにSNSの運用ができます。そのため、企業に一人はSNSの運用ができる人材は必須になります。

炎上の対処

炎上の対処が重要です。SNSは拡散力のあるサービスであるため、一度炎上するとその情報が拡散していきます。そのため、投稿の際には、不適切なのか、反感を買う内容になっていないかなど気にする必要があります。

ThumbSNSでのハッシュタグ検索のメリット!Google検索より使いやすい場面は?
SNSなどで利用されているハッシュタグを知っていますか?本記事ではハッシュタグを活用した検索...

SNSを使って集客を伸ばそう!

いいねの画像

SNSを使って集客を伸ばすのは、SNSに関しての知識が必須になります。これは、SNSのサービスがどのような効果があるのか、集客、拡散力がどのくらいあるのかで運用の方法が大きく変化します。SNSには、企業の成功事例、失敗事例といくつかの事例があり、参考にして運用ができます。この記事を参考にSNSを使って集客を伸ばす方法を知っていただけたら幸いです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hika418hika
海外で長期のインターンシップ経験があり、海外の流行にかなり敏感です。デザインツールやプログラミングコードなど開発環...