Zoomでライブストリーミング配信!YouTube Liveの設定・配信方法を解説!

Zoomミーティングの様子は、YouTube Liveでライブ配信できます。YouTube Liveでライブ配信するためには、どのように設定すればいいでしょうか。この記事では、ZoomとYouTubeを連携させて、ライブ配信する方法を詳しく解説します。

Zoomでライブストリーミング配信!YouTube  Liveの設定・配信方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Zoomをライブストリーミング配信してみよう!
  2. 有料のZoomアカウントならSNSでのライブ配信可能!
  3. Zoomから直接ライブ配信できるSNS
  4. 2ZoomをYouTube Liveで配信する方法
  5. 準備するもの
  6. Zoomアカウントで必要な設定について
  7. ZoomをYouTube Liveで配信する方法
  8. ライブ配信を予約する方法
  9. 3Zoomを使ってライブストリーミングに挑戦してみよう!

Zoomをライブストリーミング配信してみよう!

Zoomは複数の人とオンラインで会話ができる、ビデオ会議システムです。テレワークなどで活躍しているツールですが、セミナーやライブなどに活用する人も出てきました。セミナーやライブでZoomを活用する人にとって、Zoomの便利な機能の一つに、ライブストリーミング機能があります。

Zoomもライブストリーミングするためのツールですが、一度に配信できる人数に上限があります。YouTubeなどと連携させると、この人数制限を突破できます。この記事では、Zoomでライブストリーミング方法、特にYouTube Liveでの配信方法を解説します。

有料のZoomアカウントならSNSでのライブ配信可能!

Zoomには、無料アカウントと有料アカウントがあります。Zoomでライブストリーミングができるのは、有料アカウントだけです。無料アカウントではライブストリーミングできないため、注意しましょう。

有料アカウントは、月額2,000円から利用できます。Zoomの月額2,000円のプロプランでは、Zoomで配信できる人数が最大100人までです。100人以上の人に見てもらいたいと思っても、Zoomのシステムではできません。

最大1,000人まで参加者を追加できる有料のオプションもありますが、月額1万5,000円近くかかります。それならば、無料で利用できるSNSと連携してライブストリーミングしたほうがいいでしょう。ぜひ、セミナーやライブ、生配信でZoomを使ってみたい人は、Zoomの有料プランでライブストリーミングしてみましょう。

Zoomから直接ライブ配信できるSNS

Zoomのライブ配信は、SNSとZoomを連携することで配信できるようになります。Zoomを連携してライブ配信できるように設定できるSNSは、FacebookとYouTubeです。TwitterやInstagramでは、Zoomと連携してのライブ配信できません。

FacebookとYouTubeなら可能なため、ライブ配信に興味のある方は、ぜひZoomと連携させて配信してみましょう。

ThumbZoomのブレイクアウトルームの使い方!作成・設定方法を紹介!
Web会議システムのZoomには、ブレイクアウトルームという、ミーティングルームの中に小部屋...

ZoomをYouTube Liveで配信する方法

YouTube LiveでZoomをライブ配信する方法を、詳しくご紹介します。まずはYouTubeでライブ配信してみて、うまくいったらFacebookまで広げていきましょう。

準備するもの

Zoomのライブ配信をYouTube Liveで行うために、準備が必要です。ZoomをYouTube Liveでライブ配信するために必要なものは、次のものです。

Zoomの有料プラン

まずは、Zoomの有料プランを用意しましょう。Zoomには、月額2,000円のプロプランと、月額2,700円のビジネスプラン、同額の企業プランがあります。特に会社などで利用しないのであれば、プロプランでいいでしょう。

Zoomの有料プランを契約するためには、ZoomのWebサイトからサインインして、マイページに入ります。「支払い」からアップグレードすると、有料プランを契約できます。

YouTubeアカウント

YouTubeでLive配信するため、YouTubeのアカウントを取得しておきましょう。YouTubeは動画を閲覧するだけであれば、アカウントは必要ありません。しかし、動画をアップロードしたり、ライブ配信するためにはアカウントの取得、サインインが必要です。

YouTubeアカウントはGoogleアカウントを取得すれば、自動的に連携されます。Googleアカウントをお持ちの方は、Googleアカウントを使ってYouTubeにログインしてみましょう。

Zoomアカウントで必要な設定について

ZoomとYouTubeでアカウントの準備が終わったら、次にZoomの設定を済ませましょう。Zoomでライブストリーミングを配信するために、あらかじめ設定が必要です。この設定をしておかないと、ライブ配信できないため注意しましょう。

ストリーミング配信を許可しておく

Zoomで行う設定とは、ライブ配信の許可設定です。Zoom以外のSNSを使って、ライブ配信をしたい場合は、あらかじめZoomの設定でライブ配信を許可しておかなければいけません。Zoomでライブ配信を許可する方法は、次の通りです。

Zoomのウェブサイトにサインインし、マイページを開きます。有料プランを契約していれば、「設定」の中に「ミーティングのライブストリーム配信を許可」項目があります。こちらをオンに設定します。YouTubeとFacebook、どのSNSで配信するのか設定できます。

どちらか選ぶのではなく、どちらも選択できるため、必要に応じてライブ配信で利用する方をオンにしておきましょう。これで、Zoomでライブ配信ができるようになります。

尚、無料プランではZoomにサインインしてもマイページの設定に「ミーティングのライブストリーム配信を許可」は出てきません。必要に応じて有料プランを利用しましょう。

ZoomをYouTube Liveで配信する方法

事前の準備や設定ができたら、ZoomをYouTubeでライブ配信してみましょう。Zoomミーティングの画面を立ち上げて、実際にライブ配信をする方法を解説します。

ZoomからYouTubeへ連携を設定をする

Zoomをライブ配信する方法

Zoomのミーティング画面を起動したら、YouTube Liveとの連携の設定を行います。Zoomのミーティング画面の下のメニューバーの「詳細」をクリックします。「Facebookにてライブ中」「YouTubeにてライブ中」と表示されます。どちらか一方だけをマイページで設定している場合は、片方だけが表示されます。

YouTubeにてライブ中」を選択すると、ライブ配信をするYouTubeアカウント選択のダイアログが表示されます。YouTubeアカウントを選択したら、YouTubeライブのタイトルや公開設定を設定します。

必要な設定が完了したら、ZoomとYouTubeアカウントが連携されて、Live配信ができるように設定されます。

Zoomでライブ配信を始めればYouTube Liveへ配信される

ZoomのミーティングルームがYouTubeアカウントと連携されたら、ZoomのミーティングやセミナーがそのままYouTube Liveへ配信されます。Zoomでライブ配信を始めれば、そのままYouTube Liveへ配信できます。

ライブ配信を予約する方法

YouTube Liveで配信するZoomを予約できれば、視聴者にあらかじめURLを伝えておくこともできます。配信を予約する方法をお伝えします。

まずはYouTube Liveで「ライブ配信を開始」から「新しいライブ配信」をクリックします。ライブのタイトルや公開設定などを設定します。「ストリームキー」と「ストリームURL」、視聴者に伝える「配信URL」が発行されるため、控えておきます。

ZoomでLive配信を始める時間の少し前に、Zoomを起動してミーティングを開始します。メニューから「詳細」をクリックして「カスタムLiveストリーム配信」を選択します。

ライブ配信を設定するWebページに移動するので、YouTubeの「ストリームキー」と「ストリームURL」、「配信URL」を入力します。

YouTubeの配信管理画面が開くため、「ライブ配信を開始」をクリックします。これで予約したURLで、Zoomからのライブ配信が行えるようになりました。

ThumbZoomのデータ通信量はどれくらい?Skypeなど他のビデオ通話アプリと比較!
Zoomにモバイルデータ通信で接続している方の多くから、データ通信量の消費が気になる当い声が...

Zoomを使ってライブストリーミングに挑戦してみよう!

この記事では、ZoomをYouTube Liveでライブ配信する方法を、詳しく解説しました。ライブ配信はZoomでもYouTubeでもどちらでもできますが、連携させることで可能性が大きく広がります。それは、遠く離れた人とのYouTubeでの生配信が、可能になるということです。

今までは複数の人が登場しYouTubeで生配信するために、同じ部屋にいる必要がありました。しかし、Zoomが登場したことで、同じ空間にいない人との生配信を、YouTubeで配信できるようになったのです。セミナーやライブなど、様々なことに活用できます。ぜひ興味のある方は、挑戦してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ