MacのPagesの基本的な使い方!文書作成に役立つ便利な活用法7選も紹介!

本記事ではMac・iPhone・iPadで無料利用できる文書作成アプリ「Pages」の基本的な使い方から、便利な「Pages」の活用方法7選を紹介します。「Pages」の使い方に悩んでいる人は、本記事を参考にMacの「Pages」を使ってみてください。

MacのPagesの基本的な使い方!文書作成に役立つ便利な活用法7選も紹介!のイメージ

目次

  1. 1Macで利用できる【Pages】とは?
  2. 2MacのPagesの基本的な使い方
  3. 3Pagesの便利な活用方法7選
  4. 4Pagesで作成した文書をPDF・Wordファイルに変換する方法
  5. 5MacのPagesを活用しておしゃれな文書を作成しよう!

Macで利用できる【Pages】とは?

「Pages」1

出典: https://apps.apple.com/jp/app/pages/id361309726

みなさんはMacのPagesアプリの使い方を知っていますか?本記事冒頭の本章では、MacやiPhone・iPadで利用できるPagesアプリの基本的な使い方、文書作成方法を紹介していきます。

PagesアプリはAppleユーザーであれば、誰でも無料で利用できるApple公式の文書作成アプリです。「Pages」はファイル変換にも対応しており、PDFファイル形式やWordファイル形式にも対応しています。

すでに「Pages」をMacパソコンやiPhone・iPadから削除してしまった場合は下記のリンクにアクセスすることで、無料再インストールが可能です。App Storeの「Pages」ページで「入手」>「インストール」の順番にタップして、デバイスにインストールしてください。

‎「Pages」をApp Storeで

【Pages】と【Word】の違いとは?

Word1

出典: https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-word/id586447913

Wordとは違い、直感的な操作感でおしゃれでクオリティの高い文書を作成することができます。また、初心者の方でも操作しやすいインターフェースになっているので、パソコンで文書を作成したことがない人にもおすすめです。

PagesはiPhone・iPadなどのAppleデバイスに初期搭載されており、iCloudアカウントと連携することで、他のAppleデバイスでも文書の作成、編集が可能となります。

Wordと同じ様にグラフや図、表、メディアの挿入も可能で、メールアドレスなどを活用することで、複数のメンバーで「Pages」の文書を共同作業できるのが大きな特徴です。

ThumbPagesの文書をWord・PDF文書に変換する方法!互換性の高さも検証!
Macパソコンに標準搭載されている「Pages」を使って、文書ファイルを「PDF」「Word...

MacのPagesの基本的な使い方

「Pages」2

続いて本章では、Macパソコンを使った「Pages」の基本的な使い方を紹介していきます。次の章では、基本的な使い方をベースに便利な「Pages」の活用方法や文書作成方法を紹介していくので参考にしてみてください。

文書作成方法

まずは、「Pages」を起動して基本的な文書作成方法を確認しましょう。

「Pages」の使い方1

「Pages」を起動すると、上記の「Finder」画面が表示されます。「Pages」で作成した文書ファイルは「iCloud」などに保管されます。文書作成を開始するために「新規書類」をクリックして選択してください。

テンプレートから文書を作成しよう

「Pages」の「新規書類」をクリックすると、「Pages」に初期インストールされている文書作成用のテンプレート一覧が表示されます。

ウインドウの左側にはテンプレートのカテゴリが表示されているので、自分の作成したい書類・文書タイプに合わせて、最適なテンプレートを選択してみましょう。テンプレートをクリックしたら、画面右下の「選択」をクリックしてください。

上の画像の様にテンプレートを選択すると、テンプレート内に画像やタイトルなどがすでに埋め込まれたテンプレート書類が表示されます。レイアウトをそのままに、文書や写真、フォントなどを変えて、自分オリジナルの文書を作成してみましょう。テンプレートは複数あるので、画面左側のテンプレートカテゴリー一覧から選択してください。

画像の追加とサイズ変更でおしゃれな文書を作成しよう

「Pages」では、文書内に画像を挿入したり、画像のサイズを変更して挿入したりできます。写真・画像データ以外には、「ミュージック」「ムービー」などのメディアファイルも挿入することができます。

写真や動画ファイル・ミュージックなどのメディアを挿入する場合は、「Pages」の画面上部にあるアイコン一覧から「メディア」を選択して、挿入したいメディアの種類を選択してください。

書類をスキャン」では、Macパソコンの内蔵カメラで書類をスキャンし、「Pages」の中にスキャンイメージを挿入でき、「写真を撮る」ではMacの内蔵カメラで写真を撮影し、「Pages」で作成する文書内に挿入できます。

写真・画像データファイル、動画データファイル、音楽ファイルなど、さまざまなメディアファイルを挿入することで、よりユニークな文書を作成することができます。また挿入箇所もドラッグ&ドロップで簡単に設定できるので、試してみてください。

挿入済みの画像ファイルをクリックし、四隅をクリックしながらマウスを動かすと、画像ファイルのサイズを変更することが可能です。また画像ファイル自体をクリックしたまま、ドラッグ&ドロップすることで、画像ファイルの挿入位置を変更できます。

画像の埋め込み位置やサイズによって、テキストのレイアウトが変更されます。上手く画像のサイズと、テキストの構成を考えて調整してみましょう。

文字フォントの変更方法

「Pages」ではさまざまなフォントが利用できます。注意点は、Wordファイル形式に変換する際、機種依存フォントを利用すると、Mac以外の端末で文字化けが発生する可能性があります。

「Pages」の文字フォント変更方法は、テキスト部分を選択して、画面右上の「フォーマット」>「スタイル」をクリックしてください。「Pages」画面の右側に文字テキストのフォント変更、文字テキストの色変更、文字テキストの配置・間隔などの設定画面が表示されます。

文字スタイルを変更しておしゃれば文書を作成する方法

画面右側の「文字スタイル」部分では、さまざまなスタイルのテキストテンプレートがインストールされています。「タイトル」「見出し」「テキスト(文章)」など、使いやすいテンプレートがインストールされているので、うまく活用すれば、見栄えの良い文章を作成できます。

また、目次を追加する場合は、事前に「見出し」「見出し2」のテンプレートを活用することで、簡単に目次を挿入できます。文章を書き始める前に、事前に見出しを決めておくと、きれいな文章を作成することができます。

ThumbMacのPagesで文字数を数える方法!文字数や単語数を表示する方法を解説!
Macのパソコンなどで文書を作成できるPagesというアプリの文字数表示について今回は解説し...

Pagesの便利な活用方法7選

Pagesの便利な活用方法7選

続いて本章では「Pages」の便利な活用方法7選を紹介します。「Pages」の便利な活用方法は下記のリストを参照してください。

  • 【Pagesの便利な活用方法1】Pagesの目次機能を活用する
  • 【Pagesの便利な活用方法2】グラフを挿入する
  • 【Pagesの便利な活用方法3】表・図形を活用する
  • 【Pagesの便利な活用方法4】Pageでブックを公開する
  • 【Pagesの便利な活用方法5】縦書き機能を活用する
  • 【Pagesの便利な活用方法6】iCloud.comでPagesを編集する
  • 【Pagesの便利な活用方法7】Apple IDを使ってiOSデバイスで編集する

上記の便利な活用方法をマスターしておけば、「Pages」での文書作成が更に楽しくなります。便利な活用方法を一つずつ紹介していくの参考にしてみてください。

【Pagesの便利な活用方法1】Pagesの目次機能を活用する

【Pagesの便利な活用方法1】Pagesの目次機能を活用する

「Pages」で上手な読みやすい文章を作成するには、「目次」が非常に重要となります。特に長文の文書作成をする場合は、目次があると目的の文章までスキップできるので、活用すると良いでしょう。「Pages」で目次を挿入する場合は、「Pages」画面上部のメニューバーから「挿入」>「目次」と進み、目次の挿入箇所を選択します。

各ページの文章の「見出し」「見出し2スタイルを使った箇所をすべてピックアップして、自動で目次を作成してくれます。「見出し」はメインの項目、「見出し2」はメイン項目内にある見出しです。

【Pagesの便利な活用方法2】グラフを挿入する

【Pagesの便利な活用方法2】グラフを挿入する方法1

「Pages」ではグラフを作成して挿入することも可能です。「Pages」の画面上部にメニューアイコンから「グラフ」をクリックし、表示されるグラフテンプレートから、利用したいグラフテンプレートを選択してください。

【Pagesの便利な活用方法2】グラフを挿入する方法2

「Pages」のグラフ部分をクリックすることで、グラフの配置場所、サイズの調整が可能です。「グラフデータを編集」をクリックすると「シート」が表示されるので、グラフの数値データを入力してください。画面右側のフォーマット部分ではグラフの色やスタイル、フォント、座標軸など細かいグラフ設定が可能です。

【Pagesの便利な活用方法3】表・図形を活用する

「Pages」にはグラフ以外にも「表」「図形」を挿入することも可能です。上部のメニューアイコン一覧から「表」「図形」を選択して、表示されるテンプレート一覧から、利用したいテンプレートを選択してください。

挿入した「表」では、「Numbers」や「Excel」のように関数や数式を使って、表を作成することができます。売上報告や在庫管理に利用するとよいでしょう。「表」「図形」の位置変更も、グラフや写真と同じです。

「表」「図形」をクリックしたままドラッグ&ドロップすることで位置を変更し、サイズの変更は四隅のアイコンをクリックしてマウスを動かして調整します。「表」「図形」のフォントやスタイルの変更は、画面右側の「フォーマット」項目で変種してください。

【Pagesの便利な活用方法4】Pageでブックを公開する

【Pagesの便利な活用方法4】Pageでブックを公開する

「Pages」で作成した文書を「Pages」から「Apple Book」に公開することができます。「Pages」画面上部のメニュー一覧から「ファイル」>「Apple Booksに公開」をクリックします。

【Pagesの便利な活用方法5】縦書き機能を活用する

【Pagesの便利な活用方法5】縦書き機能を活用する

「Pages」のテンプレートには「縦書き」文章に対応しているテンプレートもあります。Apple Books公開するときにも便利なので、縦書き文章を作成したい場合は、テンプレート一覧から「空白(縦書き)」フォーマットを選択してみましょう。

【Pagesの便利な活用方法6】iCloud.comでPagesを編集する

iCloud

MacやWindows、スマートフォンPagesを編集することができます。それにはiCloudアカウントを作成し、Pagesで作成した文章をiCloudに保存し、下記のiCloud.comにアクセスすれば、Web上で文書を共同編集・作成が可能です。

非常に便利な機能な上に、AppleデバイスでもPagesの文書ファイルを作成できるので、その方法を覚えておくと良いでしょう。

【Pagesの便利な活用方法7】Apple IDを使ってiOSデバイスで編集する

AppleデバイスであるMac・iPhone・iPadを持っている人は、iCloudでそれぞれのデバイスを連携しておくことで、iCloud上に保存されたPagesの文書ファイルをすべての連携済みデバイスで利用できます。iPhone・iPadの場合は「設定」>「Apple ID」>「iCloud」と進み、「Pages」アプリの連携を有効化しておきましょう。

または、「Pages」の「共同制作」アイコンをタップして、Appleユーザーを招待することで、他人とファイルを共同制作できるので覚えておきましょう。

ThumbMacのPagesが縦書きに対応!縦書きに設定変更する方法や代わりのアプリを紹介!
Macのワープロソフトは海外製のため、横書き主体でした。しかし、Mac用のPagesではこの...

Pagesで作成した文書をPDF・Wordファイルに変換する方法

Pagesで作成した文書をPDF・Wordファイルに変換する方法

本記事最後の本章では、「Pages」で作成した文書を「PDFファイル」や「Wordファイル」に変換する方法を紹介していきます。「Pages」が対応する変換拡張子は下記の通りです。

  • PDFファイル
  • Wordファイル
  • EPUBファイル
  • 標準テキストファイル
  • リッチテキストファイル
  • Pages ’09 Verファイル


「Pages」の画面上部にあるメニュータブ一覧から「ファイル」>「書き出す」と進み、変換したいファイル拡張子を一覧から選択してください。変換したいファイル形式を選択後、各種保存方法を設定し、保存先ファイルを決定してください。

ThumbPagesの文書を印刷する方法!PDF化して印刷するのがおすすめ![Mac/iPhone]
Mac関連の端末で文書を作成できるアプリPagesでの印刷について説明していきます。Page...

MacのPagesを活用しておしゃれな文書を作成しよう!

本記事では、MacやiPhone・iPadで利用できる、無料の文章作成アプリ「Pages」の基本的な使い方から、便利な活用方法まで幅広く紹介しました。Wordよりも気軽に操作でき、豊富なテンプレートから本格的なレポート作成、文書作成が可能なので、文書作成ソフトを使ったことがない人にもおすすめのアプリです。

Mac・iPhone・iPadユーザーであれば、誰でも無料で利用でき、iCloud.comを使えば、Windowsユーザーの人でも、Web上でPagesファイルを編集・作成することが可能となります。まずは、実際に「Pages」を起動して、本記事で紹介した基本的な使い方を試してみましょう。「Pages」を使って快適なAppleデバイスライフを送ってください。

ThumbMacのNumbersの基本的な使い方と活用法!エクセル代わりの表計算アプリを上手に使おう
Macに標準インストールされている「Numbers」アプリの基本的な使い方と活用方法を紹介し...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ