MacでWindowsを使う方法!仮想デスクトップをインストールするには?

皆さんはMacでWindowsを使う方法をご存じでしょうか?実はMacをお使いの方も仮想デスクトップを入れることでWindowsも使えるようになります。そこで今回はPCに仮想デスクトップを入れる方法とそれぞれのソフトのメリット、デメリットを説明します。

MacでWindowsを使う方法!仮想デスクトップをインストールするには?のイメージ

目次

  1. 1MacでWindowsを使う方法とは?
  2. 2MacでWindowsを使う方法〜VirtualBox〜
  3. 3MacでWindowsを使う方法〜Parallels Desktop〜
  4. 4MacでWindowsを使う方法〜Boot Camp〜
  5. 5Macに仮想デスクトップを入れてWindowsを使おう!

MacでWindowsを使う方法とは?

皆さんはMacでWindowsを使う方法をご存じでしょうか?MacとWindowsどちらにもメリット、デメリットありますが両方を使いこなせれば最高だと思いませんか?そこで今回はMacでWindowsを使う方法と仮想デスクトップを入れる方法をご紹介いたします。知らない方のためにMacとWindowsの違いを簡単に挙げていきます。

一番大きなポイントは対応しているソフトの数です。オフィスやビジネスで使えるようなソフトはWindowsの方が多いです。MacではMac版に対応したソフトや変わりとなるソフトを使わなければなりません。ただしOfficeソフトについてはMac、Windowsどちらにも完全に対応していますので、Macがそこまで不利というわけではありません。

Mac

もう一つMacとWindowsの違いを挙げるとするならば操作性です。MacとWindowsではキーボードの並びやショートカットキーが少し変わっていきます。Windowsでいう「コントロールキー」がMacでは「コマンドキー」などやや差異が感じられます。キーボードの並びに関してもWindowsでは「コントロールキー」が左下にありますがMacでは左から四番目辺りに配置されてます。

Microsoft

仮想ディスクトップを入れる

仮想デスクトップとは、MacやWindowsのPCのデスクトップの環境を増幅させるソフトウェアです。普段デスクトップは一つしかありませんが、仮想化することでMacやWindowsのデスクトップの空間を拡張することができます。仮想デスクトップを入れるメリットは以下の通りです。

 

  • 情報は全てデータセンターで管理されているため、安全性ももちろん高い
  • PCのハードの問題を受けない
  • MacやWindows機種や場所関係なく、どこでも使える点
  • MacとWindowsのOS、アプリケーション、バックアップ全て本人が管理できる点

デスクトップ

リモートディスクトップを使う

リモートデスクトップとはスマホやPCからMacやWindowsを遠隔で操作できるものです。アプリを利用することで、ネットワークを使ってMacやWindowsを遠隔操作ができます。遠隔操作といっても直接操作しているかのような使用感も得られます。ネットワークさえあれば場所を選ばずにMacやWindowsのPCを利用することができます。

MacでWindowsを使う方法〜VirtualBox〜

それではMacでWindowsを使う方法をご紹介していきます。これから三つほどソフトウェアを紹介していきますので、自分の目的や予算にあったWindowsのソフトウェアを選んでください。

VirtualBox

VirtualBoxとは

一つ目に紹介するのは、VirtualBoxです。Macのデスクトップを仮想化しWindowsを利用する方法ができます。またVirtualBoxはクロスプラットフォームにも対応しています。クロスプラットフォームとはWindowsやMac、Linuxなどのことを指します。

メリット

VirtualBoxのメリットとしてはフリーソフトですので、とてもお手軽に始めることが出来ます。出来る機能は他のWindowsのソフトに比べて多くも少なくもありませんが、初心者の方には十分に機能がついています。またMacとWindowsを同時に操作することも可能です。

PCの画像

デメリット

VirtualBoxのデメリットとしてはMacとWindowsの両方を一台のPCで起動させるので、MacのPCのスペックの高さが求められる点です。あまりスペックの高いMacのPCでないと上手く行かない可能性があります。

VirtualBoxをインストールする方法

VirtualBoxをインストールする方法

それではVirtualBoxをMacのPCに入れる方法をご紹介します。まずはVirtualBoxの公式サイトにいってください。画面真ん中の「Download VirtualBox 6.0」をクリックしてください。

VirtualBoxをインストールする方法2

次に画面上の「Windows hosts」をクリックして、ダウンロードしてください。後はダウンロードしたファイルを開けば完了です。以上が一つ目のMacでWindowsを使う方法でした。

MacでWindowsを使う方法〜Parallels Desktop〜

次に二つ目のMacでWindowsを使う方法をご紹介します。使うソフトは「Parallels Desktop」というものです。これはこの後ご紹介する「Boot Camp」と違い、Macを残したままWindowsを操作することが出来ます。それでは「Parallels Desktop」のメリット、デメリットから説明していきます。

PCの画像2

Parallels Desktopとは

Parallels Desktopは先ほどのソフトと同じく、仮想環境を作るソフトウェアです。しかしParallels Desktopは有料ソフトですので注意してください。ただしその分、機能面や速度の面では一番優秀です。また他のソフトに比べHDDの領域も少なく済みますし、分割することもありません。

メリット

まずParallels DesktopのメリットはMacとWindowsを同時に操作できることです。これが最大のメリットといっても過言ではないのでしょうか。更にVirtualBox やBoot Campよりも機能が多く、速度も速いです。有料版のをお探しの方には打って付けのソフトです。

PCの画像3

デメリット

デメリットとしてはMacやWindowsのPCメモリが通常より多く必要になる点です。Macを動かすメモリだけでなくWindowsを動かすためのメモリも必要になってしまいます。メモリを食うアプリを使用する場合は気をつけてください。あとは言わなくても分かる通り、有料ソフトということでしょうか。

Parallels Desktopをインストールする方法

Parallels DesktopをMに入れる方法は簡単です。まずはParallels Desktopの公式サイトに移ってください。その後「今すぐ購入」をクリックするだけです。また無償トライアルでは2週間ソフトを無料で使用できます。2週間のトライアルの後に購入するのも一つの手です。以上が二つ目のMacでWindowsを使う方法でした。

Parallels Desktopをインストールする方法

MacでWindowsを使う方法〜Boot Camp〜

最後に三つ目のソフトをご紹介いたします。それがBoot Campです。このBoot Campを使えばMacに Microsoft Windowsをダウンロードすることが可能になります。Boot Campをインストール後にPCを再起動させることでWindowsとの切り替えが可能になります。それではBoot Campのメリット、デメリットからご説明します。

PCの画像4

Boot Campとは

Boot CampはAppleがサポートしているソフトなのでとても安心できます。ただしMacでBoot Campを利用する前に以下のことが出来ているか確認してください。
 

  • 最低で64GBの空き容量があることです。これはBoot Campをインストールするのに必要な容量です。また更に、快適に使用する為には128GBほど必要になります。
  • 外付けキーボード又はマウス、トラックパッド が必要になります。
  • それから16GB以上空いているUSB2のフラッシュドライブが必要です。

これらが全て揃っていることを確認してからMacにインストールを始めてください。

メリット

Boot Campのメリットはかなりお手軽に始まられることです。先ほど紹介した条件はあるものの、それほど難しくない条件です。またBoot CampはOSを使い分けるのでMacのスペックが全て利用できます。

キーボード

デメリット

逆にデメリットはOSを使い分ける故にMacとWindowsを同時に操作する事が出来ない点です。起動時に選択する他ないので、MacとWindows同時には操作できません。いちいち再起動しなければMacとWindowsの両方扱えないのがデメリットになります。

Boot Campをインストールする方法

それではBoot CampをMacにインストールする方法をご紹介します。まずあらかじめにWindowsのISOのイメージファイルとUSBメモリ(5GB以上)のを用意してください。用意ができたらUSBメモリはPCに挿し「Launchpad」を起動します。

Boot Campをインストールする方法

次に「Launchpad」の中の「その他」をクリックしてください。

Boot Campをインストールする方法2

更に「その他」の中の「Boot Campアシスタント」を選択してください。

Boot Campをインストールする方法3

上記の様な画像が表示されれば正しいです。画面右下の「続ける」をクリックします。

Boot Campをインストールする方法4

最後にISOのイメージを挿入するメニューに来ますので、WindowsのISOイメージを挿入してください。インストールを開始すると、「ドライブは消去されます」という警告が出ますが、気にせず「続ける」を選択してください。大体30分ほどかかり、後はパーティションを作成するだけです。

正しく機能されているか確認するには、PCを一度再起動します。再起動した際に「optionキー」を長押ししてください。MacとWindowsのメニューが現れれば正しくBoot Campが起動しています。

Macに仮想デスクトップを入れてWindowsを使おう!

Microsoft

いかがだったでしょうか?MacでWindowsを使う方法と仮想デスクトップをPCに入れる方法をご紹介いたしました。今回の記事を参考にMacに仮想デスクトップを入れてWindowsを使ってみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ