Macユーザー向け外付けHDDのおすすめ17選!選び方の重要なポイントも解説!

Macユーザー向けの外付けHDDのおすすめをご紹介します。また、Macユーザー向けの外付けHDDを選ぶ際に重要なポイントも解説します。Macユーザー向け外付けHDDで何を買えばいいか分からない方や迷っている方は参考にしてみてください。

Macユーザー向け外付けHDDのおすすめ17選!選び方の重要なポイントも解説!のイメージ

目次

  1. 1Macユーザー向け外付けHDDの必要性と容量・種類とは?
  2. 2Macの外付けHDDの選び方のポイント!
  3. 3Macの外付けHDD【据え置き型】のおすすめ!
  4. 4Macの外付けHDD【ポータブル型】のおすすめ!
  5. 5Macの外付けHDDの選び方の用途別ポイント
  6. 6Macの外付けHDD【用途別】のおすすめ!
  7. 7Macの外付けHDDを用途で選んでみよう

Macユーザー向け外付けHDDの必要性と容量・種類とは?

mac

Macユーザーの方々の中にはMac本体のストレージ容量が不足している方がいらっしゃるかと思います。ストレージ容量が不足するとMacのパフォーマンスが低下してしまい、ストレスの原因となってしまいます。Macのストレージ容量不足を手軽に解決する方法として、外付けHDDを利用する方法があります。

ただ、外付けHDDは容量や大きさ、価格等で細かく分かれており種類が多く、中々選びにくいと思います。そこで、外付けHDDの必要性や必要な容量、選び方をご紹介していきます。Macの外付けHDDの選び方で困っている方、どれを買っていいか分からない方は参考にしてみてください。

外付けHDDはあったほうがいい?

mac

現在使用しているMacで大量の写真や動画を取り扱っている方はデータを外付けHDDに保存することをお勧めします。大量のデータがMac本体にあるとMacのパフォーマンスが低下するだけでなく、必要なデータを取り出す際に大量のデータの中から探し出すことになり、作業効率が低下します。

また、データを外付けHDDに保存しておくことで、万が一Macが故障してデータが消えてしまったときも大切な写真や動画を失わずに済みます。外付けHDDには耐衝撃性や防水性、セキュリティ機能を重視した種類もあり、今まで敬遠していた方にもおすすめできます。

おすすめの容量の目安

HDD

外付けHDDのおすすめの容量は使用する方が利用するデータの大きさによります。データの大きさの目安として、写真であれば、2400万画素のカメラで撮影した写真は1枚あたり10MB程度100枚でおよそ1GBです。動画であれば、フルHDで2時間程度の映画1本で25GB程度です。利用しているファイルの種類や数に合わせて、余裕のある外付けHDDを選ぶようにしてください。

おすすめの容量の目安は、およそ1TBから2TBです。これだけの容量があれば多くの写真や動画をまとめて保存することができます。また、より高画素のカメラで撮った写真や4K動画等を取り扱う際にも余裕をもって保存することができます。容量の大きさは外付けHDDの選び方の中でも重視すべきポイントです。

動画用途で予算が許せば容量は大きく

mac

外付けHDDは年々保存容量が増えています。保存容量が大きいものは高価格になってしまいますが、動画をメインに取り扱う方は、予算が許す限り大容量の外付けHDDを購入することをお勧めします。小さい容量の外付けHDDに一度保存して、容量が不足した場合、データを移し替える作業をする必要があり、非常に時間がかかります。

高画質な動画はファイルサイズが非常に大きく、4K動画等を取り扱うとすぐに容量が不足してしまうので、出来る限り大容量の外付けHDDを利用することをお勧めします。

Macの外付けHDDの選び方のポイント!

mac

ここではMacの外付けHDDの選び方のポイントをご紹介します。主にMacと外付けHDDを接続する方法や、Macと外付けHDD間のデータの転送速度外付けHDDの形態が外付けHDDの選び方で重視されることが多い項目です。

外付けHDDには多くの種類の製品があり、それぞれ重視しているポイントが異なります。選び方のポイントを知り、重視する項目で絞り込むことで多くの種類の中から自分のMacの用途にあった外付けHDDを選ぶことができます。

接続インターフェースから選ぶ

thunderbolt

外付けHDDの選び方の一つとして、接続インターフェースがあります。接続インターフェースとは、Macと外付けHDDを接続する端子の種類のことで、USBが最もよく使われています。ほとんどの外付けHDDはMacとの接続にUSB端子を利用しています。ただ、外付けHDDによってはサンダーボルト(thunderbolt)で接続するものがあります。

MacのUSB端子を別の機器との接続に使用しており使用できない時は、サンダーボルト(thunderbolt)を利用してMacと接続することをおすすめします。

転送速度から選ぶ

mac usb3.0

外付けHDDの選び方の一つとして、転送速度があります。外付けHDDを選ぶ際に転送速度は非常に重要なポイントです。いくら容量の大きい外付けHDDでも転送速度が遅いとデータを保存するためにかなりの時間がかかってしまいます。転送速度は接続インターフェースに依存しています。

USB接続は汎用性が高く、複数のPCでも使いまわすことができます。しかし転送速度の面ではサンダーボルト(thunderbolt)の方が優れている機種が多くあります。

使用タイプはポータブル型か据え置き型

hdd

外付けHDDの選び方の一つとして、使用タイプがあります。外付けHDDはポータブル型据え置き型の2種類に分けられます。ポータブル型はその名の通り、持ち運びが可能な外付けHDDで、専用の電源を必要とせず、Macと接続するだけで利用することができるタイプがほとんどです。

据え置き型ポータブル型よりも大型の外付けHDDで、Macとの接続の他に専用の電源が必要になる製品が多い特徴があります。ただ、据え置き型HDDは安価で大容量のため、動画用途の方にはお勧めです。

Macの外付けHDD【据え置き型】のおすすめ!

hdd

ここでは据え置き型外付けHDDのおすすめをご紹介します。据え置き型外付けHDDは大容量のものが多く、高画質のカメラで撮った写真や動画を数多く取り扱う方には据え置き型をおすすめします。

ここでは据え置き型外付けHDDのおすすめを5種類紹介します。Mac本体の容量不足に悩んでおり、携帯性よりも容量を重視している方は選び方の参考になさってください。

【1】I-O DATA 3TB EX-HD3CZEX-HD3CZ

hdd

アイ・オー・データの「EX-HD3CZ」は3TBという大容量でありながら、価格は1万円以下のため、コストパフォーマンスに優れた据え置き型外付けHDDです。Amazonランキング大賞2018にも選ばれています。この外付けHDDはMacだけでなくテレビ録画にも使用することができるため、Macの外付けHDDとして使用しなくなった後も有効に利用することができます。

【2】BUFFALO 2TB HD-LC2.0U3-N

hdd

BUFFALOの「HD-LC2.0U3-N」は容量は2TBで価格が1万円以下の外付けHDDです。「HD-LC2.0U3-N」は振動を抑える防振設計とファンレス設計を兼ね備えており、動作時の音が気にならない静音設計であることが特徴です。この外付けHDDはMacだけでなくテレビ録画にも使用することができるため、Macの外付けHDDとして使用しなくなった後も有効に利用することができます。

【3】WD HDD 8TB WDBBGB0080HBK-JESN

hdd

ウエスタンデジタルの「WDBBGB0080HBK-JESN」は8TBという大容量が特徴です。価格は3万円弱ですが、2TBの外付けHDDを複数購入するより安くなるので、高画質なカメラで撮影した写真やHD動画や4K動画を多く取り扱うユーザーにおすすめです。

【4】BUFFALO 2TB HD-GD2.0U3D

hdd

BUFFALOの「HD-GD2.0U3D」は容量が2TBで価格は2万円弱の外付けHDDです。この外付けHDDは「DRAMキャッシュ」機能が搭載されています。「DRAMキャッシュ」機能によって通常の外付けHDDに比べて2.3倍の転送スピードでファイルをやり取りすることができます。また、冷却ファンを搭載しているため、HDDの寿命を長くすることができます。

【5】I-O DATA 3TB HDJA-UT3.0

hdd

アイ・オー・データの「HDJA-UT3.0」は容量が3TBで価格は3万円弱の外付けHDDです。この外付けHDDにはACアダプタが無く、コンセント周りがすっきりするのが特徴です。外付けHDDとしての基本性能も優秀で、独自のヒートシンク構造と空冷ファンによる冷却構造でHDDの温度上昇を抑え、外付けHDDの寿命を延ばしています。

Macの外付けHDD【ポータブル型】のおすすめ!

hdd

ここではポータブル型外付けHDDのおすすめをご紹介します。ポータブル型は容量が小さめな種類が多く、大容量のものは据え置き型より高価な種類が多いです。しかし、ポータブル型は電源を必要としないものが多く、Macと接続するだけで使えるようになるため利便性が良いのが特徴です。

ポータブル型外付けHDDの中でもおすすめなものを紹介します。外付けHDDを持ち歩くことを想定している方や、電源を用意できない方は選び方の参考になさってください。

【6】LaCie LCH-RG020T3

hdd

LaCieの「LCH-RG020T3」は容量が2TBで価格は3万円弱のポータブル型外付けHDDです。この外付けHDDは全体がアルミボディとゴムダンパーで覆われており、外部からの衝撃を和らげる耐衝撃設計となっています。

ポータブル型外付けHDDは、本体が小さく電源を必要としないため、持ち運んで利用する方もいるかと思います。外付けHDDは外部からの衝撃に弱いため、移動時のわずかな衝撃によって故障してしまう可能性があります。「LCH-RG020T3」は耐衝撃設計となっているため、持ち運んでの利用が多いユーザーにはおすすめです。

【7】Transcend TS1TSJ25M3S

hdd

Transcendの「TS1TSJ25M3S」は容量を1TBと2TBから選ぶことができ、どちらも値段は1万円以下のポータブル型外付けHDDです。この外付けHDDはUSB3.1に対応しており、USB3.0よりも転送スピードが速い点が特徴です。厚さ16mmと薄型で、耐衝撃設計も兼ね備えているため、持ち運びしやすい点もメリットです。ポータブル型外付けHDDをよく持ち歩く方におすすめのポータブル型外付けHDDです。

【8】I-O DATA 1TB EC-PHU3W1

hdd

アイ・オー・データの「EC-PHU3W1」は容量が1TBで価格は7,000円以下のポータブル型外付けHDDです。このポータブル型外付けHDDは手のひらサイズで持ち運びやすい上に、USB3.0に対応しているため転送スピードを確保している点が特徴です。

EC-PHU3W1」は表面にチェック模様があしらわれています。外付けHDDはシンプルな見た目のものが多い中で、チェック模様は他とは異なる見た目となっています。見た目にもこだわるユーザーにはおすすめです。

【9】BUFFALO HD-PA1.0TU3

hdd

BUFFALOの「HD-PA1.0TU3」は容量が1TBで価格は2万円程度のポータブル型外付けHDDです。このポータブル型外付けHDDは接続インターフェースにUSB3.0とは別にサンダーボルト(thunderbolt)を使うことができる点が特徴です。サンダーボルト(thunderbolt)はUSB3.0よりも転送スピードが速いため、転送スピードを重視するユーザーにおすすめです。

同じ容量の他のポータブル型外付けHDDと比較すると高価ですが、「HD-PA1.0TU3」はMacbookと極めて親和性の高いデザインをしており、Macbookのために作られたと言われても過言ではありません。Mac周辺をおしゃれにしたいユーザーにおすすめです。

【10】Logitec 1TB LHD-PBM10U3MSV

hdd

Logitecの「LHD-PBM10U3MSV」は容量が1TBで価格は1万円弱のポータブル型外付けHDDです。このポータブル型外付けHDDは接続インターフェースにUSB3.0を採用しているため、転送スピードに優れています。また、USB Type-Cに対応しているため、新型のMacbookでもアダプタなく利用することができます。

LHD-PBM10U3MSV」は耐衝撃ボディを採用しており、持ち運ぶユーザーにもおすすめできます。本体の色をMacbookに合わせたシルバーカラーを採用しており、側面を半球デザインとするなど、Macとの親和性も高いので、見た目にこだわるユーザーにもおすすめです。

【11】BUFFALO 1TB HD-PNF1.0U3-BPD

hdd

BUFFALOの「HD-PNF1.0U3-BPD」は容量1TBで価格は1万円のポータブル型外付けHDDです。このポータブル型外付けHDDは耐衝撃ボディを採用していながら片手で持てる、コンパクトな外付けHDDです。接続インターフェースにUSB3.0を採用しているため、転送スピードも十分確保されています。

HD-PNF1.0U3-BPD」の最大の特徴は、本体のカラーバリエーションにあります。外付けHDDのほとんどはブラックやシルバーといった色ですが、「HD-PNF1.0U3-BPD」はイエローやピンク、ブルーといった珍しい色を用意しています。基本性能もしっかりしているので、色にこだわるユーザーにおすすめです。

【12】I-O DATA HDD 2TB HDPX-UTC2K

hdd

アイ・オー・データの「HDPX-UTC2K」は容量が2TBで価格は1万3千円ちょっとのポータブル型外付けHDDです。この外付けHDDはUSB3.1に対応しており、USB3.0よりも高速な転送スピードをもっています。接続インターフェースにUSB Type-Cを採用しているため、新しいMacbookにもそのまま接続して利用することができます。

全面にアルミボディを採用しており、サイズもコンパクトなため、重量は170gとポータブル型外付けHDDの中でも軽量となっています。少しでも軽い外付けHDDを探しているユーザーにおすすめです。

【13】WD USB3.0 WDBU6Y0040BBK-WESN

hdd

ウエスタンデジタルの「WDBU6Y0040BBK-WESN」は容量が4TBで価格は1万3千円程度のポータブル型外付けHDDです。容量4TBはポータブル型外付けHDDの中でもかなりの大容量です。容量に対して価格も抑えられているため、コストパフォーマンスに優れた外付けHDDです。大容量のポータブル型外付けHDDを探しているユーザーにおすすめです。

Macの外付けHDDの選び方の用途別ポイント

mac

ここでは、Macの外付けHDDを選ぶ際に重視するポイントについてご紹介します。外付けHDDは容量だけでなく、セキュリティや防水、Wi-Fi対応といった機能で差別化されており、多くの種類があります。また、Macbookを使う際の用途に応じても外付けHDDを選ぶことで、最適な外付けHDDを選ぶことができます。

外付けHDDには多くの種類の製品があり、それぞれ得意とする用途があります。用途別に重視すべきポイントを知り、製品を絞り込むことで多くの種類の中から自分のMacの用途にあった外付けHDDを選ぶことができます。

セキュリティ重視の選び方

セキュリティ

外付けHDDの中でもポータブル型は持ち運びができる一方、紛失しやすいという欠点があります。セキュリティ重視の外付けHDDであれば、HDDに保存したファイルはパスワードで保護されます。そのため、万が一外付けHDDを紛失した際も、保存したファイルが漏洩する可能性は低くなります。外付けHDDを仕事で利用する予定のユーザーには、セキュリティを重視したものをおすすめします。

防水重視の選び方

防水

外付けHDDは外的要因に弱く、衝撃だけでなく、水がかかっても故障の原因となります。そのため、ポータブル型外付けHDDを持ち運んでいる際に、雨水によって濡れたカバンから水がしみ込んでしまうだけで故障してしまう可能性があります。防水性を重視することで故障のリスクを減らすことができます。

Wi-Fi対応重視の選び方

wi-fi

Wi-Fiに対応した外付けHDDであれば、ケーブルを接続することなく外付けHDDにデータを保存することができます。また、Wi-Fiによる設定を行えば、Mac以外のパソコンやスマートフォンからも外付けHDDに保存されているデータにアクセスすることができます。

Macbook用途からの選び方

macbook

Macbookで写真や動画の管理と編集を行うユーザーには大容量の外付けHDDがおすすめです。Macbookを外付けHDDと一緒に頻繁に持ち運び、様々な場所で使用するユーザーの方には、ポータブル型で耐衝撃設計や防水性、セキュリティを重視した外付けHDDをおすすめします。使い方に適した外付けHDDを選ぶようにしましょう

Macの外付けHDD【用途別】のおすすめ!

macbook

ここでは、Macの外付けHDDで用途別におすすめな機種をご紹介します。セキュリティ重視、防水重視、Wi-Fi対応の外付けHDDでおすすめのものをそれぞれご紹介します。Macの外付けHDDには多くの種類があり、どれを買えばいいか迷ってしまいますが、Macと外付けHDDをそれぞれどのように使うかを考え、それぞれの外付けHDDが得意とする用途に合わせて条件を絞り込むことで、最適な外付けHDDを購入することができます。

【14】セキュリティ重視ならWD 3TB WDBCGL0020BSL-PESN

hdd

ウエスタンデジタルの「WDBCGL0020BSL-PESN」は容量3TBでUSB3.0に対応した外付けHDDです。この外付けHDDは256ビットAESハードウェア暗号化機能を有しており、HDDにパスワードロックをかけることができるので、万が一、外付けHDDを紛失した際にもデータ流出リスクを低くすることができます。

仕事で外付けHDDを使う際はセキュリティ機能が重要です。「WDBCGL0020BSL-PESN」はセキュリティ機能を重視している外付けHDDなので、仕事で外付けHDDを使うユーザーにおすすめです。

【15】防水重視ならシリコンパワー1TB SP010TBPHDA60S3K

hdd

シリコンパワーの「SP010TBPHDA60S3K」は容量1TBで価格は7,000円弱のポータブル型外付けHDDです。容量は1TB以外にも2,3,4,5TBのバージョンが用意されています。「SP010TBPHDA60S3K」はIPX4の防水試験に準拠し、生活防水に対応しています。また、高さ3mからの落下試験をクリアしているので、防水だけでなく外からの衝撃にも強い外付けHDDです。

USB3.0にも対応しているので転送スピードも速く、基本性能もしっかりしています。外付けHDDを持ち運ぶことが多いユーザーにおすすめです。

【16】Wi-Fi対応ならTOSHIBA 1TB Canvio AeroCast HDTU110EKWC1

hdd

東芝の「Canvio AeroCast HDTU110EKWC1」は容量1TBで価格は2万程度の外付けHDDです。「Canvio AeroCast HDTU110EKWC1」はWi-Fiに対応しており、一度に最大6つのデバイスからアクセスすることができ、Macだけでなく他のPCやスマートフォンからも保存されたファイルにアクセスできます。

外付けHDDに保存したファイルにMac以外からのデバイスからアクセスして共有したいユーザーにおすすめです。

【17】MacbookとマッチするSeagate Backup Plus STDR1000301

macbook

Seagateの「Backup Plus STDR1000301」はコンパクトなサイズで、色もシルバーのため、Macbookの隣に置いても違和感なく使うことができる外付けHDDです。

USB3.0に対応しているため転送スピードも十分な速度があり、基本性能もしっかりしているため、デザインと機能性を両立した外付けHDDです。見た目も機能性も妥協したくないユーザーにおすすめです。

Macの外付けHDDを用途で選んでみよう

macbook

Macで高画素のカメラで撮影した写真やHD動画、4K動画を大量の扱っていると、Mac本体の容量が不足し、Macのパフォーマンスが低下してしまいます。大量のデータがMac本体にあると希望するファイルを探すだけでも大変です。

Mac本体のデータを外付けHDDに保存することで、Mac本体の負荷を軽減することができます。外付けHDDは多くの種類があり、自分に最適な外付けHDDを選ぶことは困難です。その際は用途を吟味し、用途に適した外付けHDDを選ぶようにしましょう。最適な外付けHDDを購入した後は、使用前にフォーマットする必要があります。下記リンクを参考にしてください。

ThumbMacの外付けHDDやSSDをフォーマット(初期化)する方法!
Macの外付けHDDやSSDをフォーマット(初期化)する方法を解説します!Macの外付けHD...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
stagbeetle1218
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ