iTunesのアカウントで複数iPhone(デバイス)を管理する方法!

皆さんは1台のPCのiTunesで2台目以降のiPhoneも管理できることを知っていますか?またiTunesのライブラリを追加しなくても複数台管理できる方法もあります。そこで今回はiTunesで複数iPhoneを管理する方法とその注意点について紹介します。

iTunesのアカウントで複数iPhone(デバイス)を管理する方法!のイメージ

目次

  1. 11台のPCのiTunesで2台目以降のiPhoneも管理?複数管理の注意点!
  2. 2iTunesで複数のiPhoneを管理する2つの方法のメリット・デメリット
  3. 3ライブラリを作成してiTunesを複数で利用する方法
  4. 4PCのユーザーアカウントを作成してiTunesを複数で利用する方法
  5. 5iTunesで複数のiPhoneを管理するときは注意も必要!自分に合った方法を!

1台のPCのiTunesで2台目以降のiPhoneも管理?複数管理の注意点!

皆さんは1台のPCのiTunesで2台目以降のiPhoneも管理できることを知っていますか?家族それぞれ自分のiPhoneを持っている方は多いと思いますが、PCをそれぞれ持っている方は少ないと思います。大概は一家庭で一つPCがあるのが基本でしょう。

iPhoneの機種変更やバックアップの保存にはiTunesが必要不可欠です。そういった時に一台のPCのiTunesを使って複数のiPhoneを管理しなくてはなりません。そこで今回はiTunesのアカウントで複数iPhone(デバイス)を管理する方法と複数管理の注意点をご紹介します。

1台のPCのiTunesソフトで複数のiPhone管理はできるのか

iPhoneの数だけiTunesソフトが必要だと勘違いしている方はこれからの説明をよく聞いていてください。iPhoneが何台あってもたった一台のPCのiTunesソフトで管理が可能です。

何も対策をせずに複数管理をするとリスクがある!

先ほど1台のPCのiTunesソフトで複数のiPhone管理できると言いましたが、いくつか注意すべき点があるのでこれからご説明します。

バックアップの取違えの可能性

iTunesソフトでバックアップをするとiTunesの中にあるバックアップファイルに保存されます。これが複数になっても変わりませんのでバックアップする際に問題が発生することはないです。しかし保存しておいたバックアップを復元する際は話が変わってきます。

まず起こりうるのがバックアップの取違えです。一台のPCのiTunesに複数のバックアップファイルがあると、復元する際にどれがどれだかわからなくなってしまいます。そうならない様にバックアップする際に暗号化パスワードを設定することをおすすめします。

パスワード

バックアップを削除される危険性

暗号化パスワードをかけることで、取り違える可能性は低くなります。ただし、パスワードが掛かっているからと言って安心してはいけません。なぜならiTunesの機能のバックアップファイルの削除はパスワードが掛かっているファイルも該当してしまうからです。つまり、家族の誰かが謝って貴方のファイルを削除してしまう恐れがあります。iTunesを使う際にしっかり注意喚起をするべきでしょう。

個人情報の漏洩の危険性

注意

一台のPCのiTunesに複数のiPhone等を利用する場合、そのPCを使える人は誰でも保存されているバックアップファイルを閲覧、削除、復元できます。

つまり、個人情報の漏洩の可能性が出てきます。家族ならまだしも、それ以外の人とiTunesを共有しようとしているなら注意が必要です。暗号化パスワードを掛ければ削除はともかく閲覧されることはまず無いので安心ですが、それでもこういったリスクを考えた方がよろしいでしょう。

iTunesで複数のiPhoneを管理する2つの方法のメリット・デメリット

次にiTunesで複数のiPhoneを管理する2つの方法のメリット・デメリットをご紹介します。iTunesライブラリでの管理とユーザーアカウントでの管理の面から見たメリット・デメリットを伝えます。

iTunes

iTunesライブラリでの管理

iTunesライブラリで管理するメリットはユーザーアカウントを使用するよりも必要なストレージが少なくて済む点です。あともう一つはiTunesの起動する際のオペレーションが簡単に行えることです。

一方デメリットとしてはどのiTunesライブラリを見ているのかわかりにくい点と起動する度に注意しなくてはいけない点です。

iTunes

ユーザーアカウントでの管理

ではユーザーアカウントで管理する場合はどうでしょうか。メリットとしては壁紙などが設定できるためアカウントの識別が簡単である。また設定を変更した際のデータの上書きされるリスクが少ない点です。デメリットとしてはアカウントの切り替えが少し面倒な点とPCのストレージがiTunesライブラリに比べて必要になることです。

以上がiTunesライブラリでの管理とユーザーアカウントでの管理のメリットとデメリットです。自分の状況に応じて使う方を選んでください。

ライブラリを作成してiTunesを複数で利用する方法

複数の人が一代のPCを共有する際にはやはり個人情報の漏洩のリスクがあります。またパスワードを掛けたとしてもiTunesライブラリを削除されてしまう可能性も存在します。しかし家族の間で使用する分なら大した問題にはならないですし、そういった心配ごともないでしょう。

それでは次にライブラリを作成してiTunesを複数で利用する方法をご紹介します。

iPhone2

新規ライブラリの作成手順

それでは新規ライブラリの作成手順を説明します。iTunesを起動している場合はできないので一度終了させます。iTunesのメニューから”iTunesを終了”を選択します。作成手順は以下の通りです。

  1. はじめにOptionキーを押したままでiTunesを開いてください。Windowsの方はShiftキーを押してください。
  2. 次に”ライブラリを作成”を選択してください
  3. 別のライブラリに切り替えたい場合はその横の”ライブラリを選択”をクリックしてください。

新規ライブラリの作成手順

iTunesライブラリを作成する際に名前を付けた方が今後他と区別がついて楽です。ただし名前を”iTunes”や”iTunes Music”にしてしまうと他のファイルと混じってしまうので、独自の名前にすることをおすすめします。

環境設定の変更をしておこう

次に環境設定の方法をご紹介します。左上のメニューバーから”iTunes”を選び”環境設定をクリックしてください。Windowsの方はメニューバーの”編集”から”設定”をクリックしてください。

環境設定の変更

すると一般環境設定が開かれます。ライブラリ名を変更したい場合は一番上の”ライブラリ名”を選択し、記入してください。複数アカウントで使う予定がある場合は自分が認識しやすい名前にすると良いでしょう。名前を記入したら次に”詳細”を選択してください。一番上の右にあるアイコンです。

環境設定の変更2

詳細環境設定を開きましたら、チェック項目の上から二番目の”ライブラリへの追加時にファイルをiTunes Mediaフォルダにコピーする”を選択して、チェックを外してください。このチェックを外すことで。CDなど音楽を読み込んだ際に、ライブラリとの連携を防ぐことができます。

環境設定の変更3

【注意】iTunesを使う時はライブラリの選択を忘れずに!

基本的にiTunesでは前回利用したライブラリが自動的に次回も起動する仕組みになっています。

ですからもし他のアカウントで使用したい場合は、再度Macの方はOptionキーをWindowsの方はShiftキーを押しながらiTunesを起動させてください。iTunesを起動させたら、メニューに”ライブラリの選択”をクリックして自分のアカウントのものを開いてください。

PCのユーザーアカウントを作成してiTunesを複数で利用する方法

PCの画像

実は1台のPCでi複数のiPhone管理する方法がもう一つあります。それはPCのユーザーアカウントを作成してiTunesを利用する方法です。PCの設定でログイン時に複数のアカウントを選択できるようにできます。

PCのユーザーアカウントを作ってしまえば、iTunesのインストールやライブラリ設定などをしなくても済みます。またユーザーアカウントごとにデスクトップの背景などを変えれば、どのアカウントを使用しているかわかりやすくもなります。

ユーザーアカウントの作成手順

それではPCのユーザーアカウントの作成手順について説明します。まずは左上のメニューバーのアップルのマークをクリックし”システム環境設定”を選択してください。

ユーザーアカウントの作成手順

次に”ユーザーとグループ”をクリックしてください。

ユーザーアカウントの作成手順2

新規のユーザーアカウントを追加するために左下のカギをクリックしてください。

ユーザーアカウントの作成手順3

カギをクリックすると以下の画像のように表示されますので、パスワードを入力し”ロックを解除”を選択してください。

ユーザーアカウントの作成手順4

するとロックが解除されます。ロックが解除されると先ほどまでは選べなかった左下の”+”がクリックできるようになるのでクリックしてください。

ユーザーアカウントの作成手順5

”+”をクリックすると新規ユーザーアカウントのポップアップが表示されます。埋める項目は以下の通りです。

  • 新規アカウント
  • フルネーム
  • アカウント名
  • パスワード
  • パスワードの確認
  • パスワードのヒント(推奨)
これらの項目を埋めて”ユーザーを作成”をクリックすればユーザーアカウントの作成が完了です。

ユーザーアカウントの作成手順6

iTunesで複数のiPhoneを管理するときは注意も必要!自分に合った方法を!

iPhone3

iTunesのアカウントで複数iPhone(デバイス)を管理する方法と1台のPCで複数のiPhone管理する方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

個人情報の漏洩など気をつけるべき点にはしっかりと注意を払ってください。またiTunesライブラリでの管理もPCのユーザーアカウントでの管理もメリット、デメリットあるので自分の合った方法で実践してみてください。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiTunesでiPhoneのアプリ管理ができない?PCで管理する代替アプリは?
この記事ではiTunes内でアプリ管理機能であった「App Store」がなぜなくなってたの...
ThumbiTunesとiPhoneを勝手に同期しない設定方法!音楽とビデオを手動で管理!
この記事ではiTunesとiPhoneを勝手に同期しないようにする設定方法についてと、自動的...
ThumbiTunesのPCの認証解除方法!1つのApple IDでは5台までしか認証できない?
新しいPCでiTunesのアカウント認証ができない、そんなときには台数制限に引っかかっている...
ThumbiTunesのホームシェアリングでのライブラリ共有方法!設定できない時は?
iTunesホームシェアリングの認証方法や、利用方法をご紹介します。iPhoneなどのiOS...
ThumbiTunes Matchとは?Apple Musicとの違いや料金・使い方・DRMについて解説!
iTunes Matchとはクラウド上に音楽を保存する事ができるサービスです。Apple M...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
白湯

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ