AndroidのChromeで広告ブロックする方法!アプリとブラウザで非表示にする!

スマホの「広告」が邪魔になって見にくい、AndroidのブラウザChromeで広告が邪魔だと感じたことはありませんか。広告ブロックするアプリの導入方法、そしてAndroid Chromeの広告ブロック機能の設定を解説します。

AndroidのChromeで広告ブロックする方法!アプリとブラウザで非表示にする!のイメージ

目次

  1. 1AndroidのChromeで広告をブロック~ブラウザ編~
  2. 広告ブロック機能の設定手順
  3. 2AndroidのChromeで広告をブロック~スマホアプリ編~
  4. 広告を非表示にできるアプリを使う
  5. Adblock Browser Android版の設定手順
  6. 3AndroidのChromeで広告をブロック~root化~
  7. AdAwayの設定手順
  8. root化する際の注意点
  9. 4AndroidのChromeで広告をブロックするデメリットは?
  10. 5AndroidのChromeで邪魔な広告をブロックしよう
  11. GoogleChromeの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

AndroidのChromeで広告をブロック~ブラウザ編~

広告ブロック機能の設定手順

Googleの設定

2018年の2月から、AndroidChromeにも標準で広告を非表示にする機能が付きました。アプリをインストールしなくても、Chromeの広告をブロックすることができます。設定手順は以下のとおりです。

  1. AndroidでChromeのアプリを起動する
  2. 「設定」から「サイトの設定」を開く
  3. 「広告」をタップしChrome広告ブロック機能を有効にする

AndroidでChromeのアプリを起動する

ホームよりメニューボタン

スマホのホーム画面より、Chromeのアプリをタップします。ブラウザを起動し、右上の「メニュー」をタップしてください。

設定からサイトの設定を開く

Chromeアプリで設定

メニュー画面より「設定」をタップしてついで「サイトの設定」をタップします。実はChromeブラウザではデフォルト(初期設定)で広告およびポップアップ広告が非表示に設定されています。ですからChromeの設定はそのままで結構です。念のため確認をかねて見てまいりましょう。

広告をタップし広告ブロック機能をONにする

ブラウザ非表示

サイトの設定ページで、「広告」の項目を確認します。項目の下に”一部のサイトでブロックされています”と記載されています。「広告」をタップしましょう。OFFの状態で、”煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックします”と記載されています。

このように表示されていれば、Chromeブラウザで広告を非表示にすることができます。「広告」のボタンをONにすれば、サイトの設定画面「広告」の下に”許可”と表示されます。

GoogleChrome広告のブロック

サイトの設定のページでもう一項目、「ポップアップとリダイレクト」も確認しましょう。”ブロック中”となっていなければタップして、次のページでONにします。ポップアップ広告も非表示にしましょう。

AndroidのChromeで広告をブロック~スマホアプリ編~

AdBlockによる広告ブロック

アプリによるChromeの広告非表示の方法を、ご説明いたします。記事の後半でシステムroot化の是非にも触れています。

広告を非表示にできるアプリを使う

Androidのホーム画面

スマホ上でAndroidChromeの広告をブロックするアプリは、Playストアにていくつか配信されています。Playストアでうまく見つけられない場合には、GoogleChromeで”スマホ Android Chrome 広告ブロック アプリ”等のキーワードを入れて、検索してみましょう。

「Filterproxy」や「Adbrocker」など、様々な有名な広告ブロックアプリをみつけられるでしょう。ここではインストールも設定も簡単で、安全なChrome広告ブロックアプリ「Adblock」のインストールを解説します。まずホーム画面より「Google Playストア」をタップして開きます(上画像赤枠内のアプリ)。

Adblock Browser Android版の設定手順

Googleplayの最初のページ

Playストアのアプリの中から、Adblockを見つけましょう。検索窓に”Adblock”と入力します。

chrome広告ブロックアプリ

Adblockと入力すると、「Adblock Browser Android版」が表示されます。「インストール」ボタンをタップしてください。

Adblock Browserをインストールする

アプリのインストール

インストールはすぐ終わります。「開く」にボタンをタップすると、右図のように下方に「残り1ステップ」の表示ボタンが出ますので、タップしてください。

Adblockの設定

「完了」ボタンをタップすれば、インストール完了です。右の画面で赤枠の検索欄に、閲覧したいChromeブラウザの”URL”を入力します。ブラウザが開かれ、広告は非表示になります。

アプリを起動し初期設定をする

スマホAdblock

特に面倒な設定は必要なく「ホームボタン」をタップすると、ホーム画面にAdblockのアイコンが表示されています。もし検索欄でなく、ほかのところをタッチしてしまい、右の画面のように表示されても大丈夫です。落ち着いて「ホームボタン」か「戻る」ボタンのどちらかをタップしてください。

「ホームボタン」をタップすればホーム画面に戻ります。再度、「Adblockのアイコン」をタップしてください。検索欄に見たいChromeブラウザのURLを入力してください。ホームボタンではなく、「戻る」ボタンをタップした場合は、URL入力のページに戻ります。

ページを表示し広告をブロックする

「Adblock」というこのアプリは、Chrome画面の広告をブロックして非表示にできる、とても便利なスマホアプリです。下の図は”YouTube”を「Adblock」で開いた画面です。Chrome画面の広告が非表示になっています。使い方は簡単で、ホーム画面より「Adblock」のアイコンをタップ、そしてURL検索欄に開きたいURLを入力するだけです。

Google広告非表示

2017年までのGoogleChromeでは、広告ブロック機能はついませんでした。そのため、アプリを導入しなくては、広告やポップアップ画像は非表示にできませんでした。しかし、2018年2月からGoogleChromeにも待望の広告を非表示にできる機能が付属しました。ブラウザでのブロック方法については、前半にてご説明しております。

AndroidのChromeで広告をブロック~root化~

AdAwayの設定手順

AdAweyは現在、Google Playよりダウンロードできません。ウェブにてQRコードが掲載されていますが、Googleログインページが立ちはだかりインストールできないようです。以下に経過を示します。

ホームよりGoogleplayストアへ

ホーム画面からplayストアをタップします。

AdAwayのインストール

Googleブラウザ

検索欄に"AdAwey"と入力し、検索します。

Download files and apply ad blockingをタップする

GoogleスマホAdblock

AdAweyBrowserが表示されたので、「インストールボタン」をタップします。

ブラウザ広告

スマホに無事インストールされ、「開く」ボタンは表示されます。通常のアプリは、ここから「開く」ボタンをタップして、設定やログインという手順が行えます。しかし、AdAweyはGoogle非公認ということもあり設定までたどりつけません

GoogleChrome広告

突然下の図のような画面が現れ、ログインしようとしても、Googleの検索欄から一歩も先に進めませんでした。Androidスマホの広告ブロックアプリAdAweyは、デベロッパー販売契約違反となり、Googleによって削除された経緯があります。

そのため、「開く」ボタンまでは表示されますが、インストールは拒絶されます。AdAweyはroot化を伴う難しい設定も必要です。無理に使用しないことを推奨します。ここからは、root化について詳しく、触れていきます。

root化する際の注意点

Adblockの広告非表示

root化の作業は、スマートフォンのシステムに詳しい方のみが行えるとされています。下にメリット、デメリットが記します。スマートフォンのハード面やシステム面を開発者の観点から、root化について設定できます。もしroot化を必要とするアプリに不具合があって、システムが壊れたとしても、再起動やセーフモードで元に戻るのかどうか保証できません。

root化におけるメリット

  • 公式、非公式アプリの削除、インストールが自由にできる
  • アプリや端末のカスタマイズ
  • ドコモにおける格安SIMでテザリングが可能にすることができる

root化におけるデメリット

  • 端末の不安定化
  • 修復不能の故障をおこす危険がある
  • セキュリティが弱まる

root化を行うと、メーカーのサポートが受けられなくなります。すべて自己責任で行う覚悟が必要です。AdAweyというアプリはroot化を行った上で設定することが前提となっています。

AndroidのChromeで広告をブロックするデメリットは?

Androidのスマホにて、広告をブロックするデメリットは、広告から新たな情報や商品を知ることができない、という点でしょう。基本的に広告は邪魔に感じますが、時折思わぬ情報が手に入ることがあります。

また、広告を見ることによって、広告費がコンテンツの作成者や提供者に支払われています。その資金が、より良いコンテンツを産んでいるのも確かです。過剰な広告は不快になりますが、広告をブロックすべきかどうかは臨機応変に対応しましょう。

AndroidのChromeで邪魔な広告をブロックしよう

アプリで広告非表示を図るには、”root化”が必要な「AdAwey」の導入は見送り、「AdBlock」による広告ブロックを利用しましょう。また、AndroidのChromeには広告ブロック、ポップアップ等、「非表示機能」が加わりました。よって、広告ブロック用のアプリをインストールする必要は、必ずしもあるとは言えません。必要に応じて対応しましょう。

GoogleChromeの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbGoogleChormeの広告をブロックするおすすめの拡張機能7選を解説!
本記事ではApplicaがおすすめする、Chromeの広告ブロック拡張機能7選の使い方や設定...
ThumbChromeの通知オン/オフ設定!サイトごとに通知表示の許可やブロックするには?
Chromeブラウザの通知をブロック及び削除、許可する方法をご紹介します。Chromeブラウ...
ThumbGoogleChromeのポップアップとは?ブロックの解除方法もPC/スマホ別に解説!!
Webページを見ているとポップアップ広告がたくさん出てきます。Google Chromeでポ...
ThumbGoogleChromeのキャッシュクリア方法!一時ファイルをアドオンで削除するには?
GoogleChromeでのキャッシュのクリア方法、以外に知らない方も多いのではないしょうか...
ThumbChrome拡張機能の設定方法!管理画面での削除やシークレットモードでの適用方法は?
Chromeブラウザの拡張機能の追加方法や設定、管理方法をご紹介します。Chromeブラウザ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
山口 長二
きょうは霜が降りていました冬本番ですね。皆さんがんばりましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ