Windowsのバッチファイルの使い方!基本の書き方・作成と実行方法を解説!

Windowsのバッチファイルの使い方!基本の書き方・作成と実行方法を解説します。Windowsのバッチファイルの使い方は簡単で、基本の書き方・作成と実行方法を理解する必要があります。記事からWindowsのバッチファイルの使い方を知っていただけたら幸いです。

Windowsのバッチファイルの使い方!基本の書き方・作成と実行方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windowsのバッチ(.bat)とは?
  2. batとは?
  3. バッチファイルの基本操作
  4. 2Windowsのバッチファイルの基本の使い方
  5. 変数
  6. 条件分岐
  7. 引数
  8. 繰り返し
  9. 3Windowsのバッチファイルの書き方(変数)
  10. 変数の設定方法
  11. 遅延変数の使い方
  12. 日付と時刻の処理
  13. 変数解釈時の操作
  14. 引数取得
  15. エラー処理
  16. 4Windowsのバッチファイルの書き方(条件分岐)
  17. 文字列と数値の比較
  18. ファイルの確認
  19. エラーの判定
  20. 5Windowsのバッチファイルの書き方(引数)
  21. 区切り文字の種類
  22. ダブルクォーテーション
  23. 10個以上の引数を渡す
  24. バッチパラメータ
  25. 6Windowsのバッチファイルの書き方(繰り返し)
  26. for文とは
  27. goto文の使い方
  28. 7Windowsのバッチファイルの実行・中断方法
  29. ファイルの作成
  30. ファイルの実行
  31. ファイルの中断
  32. 8Windowsバッチファイルのプロセスチェックの確認
  33. tasklistとfindコマンド
  34. 強制終了と起動
  35. 遅延環境変数の書き方
  36. 9Windowsのバッチファイルの使い方を理解しよう!

Windowsのバッチ(.bat)とは?

Windowsの画像

Windowsのバッチ(.bat)とは、さまざまな集合体でできているプログラムに近いもので、Windowsのコマンドプロンプトで動作します。コマンドを何回も入力するのは、時間がかかり無駄な時間を費やしてしまいます。しかし、バッチを使うことで、ダブルクリックのみで、同じ操作を繰り返しで実行します。また、Windowsのバッチファイルは、1行づつ実行する通常のコマンドなどとは違い、条件分岐の変数や繰り返しを使うことができます。

バッチファイルの作成は簡単で、テキストデータを使い、書き方は。コマンドプロンプトに入力する感覚で、実行したいコマンドを入力します。Windowsのバッチファイルのファイルの実行はさまざまで簡単です。自分で作成したバッチファイルは、フルパスの名前、相対パスの名前で指定が可能です。この他にも実行したいファイル名を指定し、コマンドを実行する方法や、ダイアログを使ってWindowsバッチファイルのパスの名前などを指定して実行もできます。

Windowsのエクスプローラ機能で、Windowsバッチファイルをダブルクリックで選択し、実行ができるのもおすすめの機能です。

batとは?

検索の画像

バッチ(bat)とは、コマンドプロンプトを使って命令文を作成したファイルで、Windowsには必須の機能です。バッチ(bat)は拡張子であり、PDFで例えるとファイル名の後にある、.pdfがバッチ(bat)と同じ意味になります。バッチ(bat)の機能は、さまざまな集合体で構成されているプログラムに近いものです。バッチ(bat)はWindowsのコマンドプロンプトで動作できます。Windowsでコマンドを何回も入力する作業は、時間がかかり無駄な時間を費やしてしまいます。

しかし、バッチ(bat)を使うことで、ダブルクリック操作のみで、同じ操作を繰り返しで実行します。このバッチ(bat)は、Windowsのメモ帳などのアプリケーションを活用してバッチ(bat)ファイルを作成できます。さらに、Windowsバッチファイルのプロセスチェックをすることで、メモ帳アプリケーションの起動の確認もできます。

バッチファイルの基本操作

PCの画像

バッチファイルの基本操作はシンプルで簡単です。はじめに、バッチファイルを構築するための作成環境を作ります。次にコマンドプロンプトを入力するためのコマンドを開き、バッチ(bat)を作成します。最初にDドライブを開き移動します。Hogeフォルダ下のHogehogeフォルダに作業用のディレクトリであるカレントディレクトリを移動させます。ファイル名の出力オプションを指定して、フォルダ内にあるファイル一覧を出力します。そして、コマンドプロンプトを閉じます。

次は、拡張子をバッチ(bat)に変更するため、作成したファイルを選択して実行します。作成したバッチ(bat)ファイルを開くとコマンドプロンプトも表示されるので、処理をします。pauseコマンドを使っているので、exitコマンドでコマンドプロンプトを終了します。このように操作はコマンドプロンプトをベースに構築します。コメントの記述の使い方は、remコマンドを使います。

ログに出力するコメントを入力する場合は、echoというコマンドプロンプトを使用します。echoコマンドプロンプトを使うことでコメントの記述ができます。

ファイルの名前

ファイルの画像

Windowsのバッチ(.bat)の使い方にファイルの名前を操作する方法があります。バッチファイルを構築するために作成環境を作ります。次に、コマンドプロンプトを入力するコマンドを開き、バッチ(bat)を作成します。Dドライブを開き移動し、Hogeフォルダ下のHogehogeフォルダに作業用のディレクトリのカレントディレクトリを移動させます。ファイル名の出力オプションを指定し、フォルダ内にあるファイル一覧を出力します。コマンドプロンプトを閉じます。

コメント

PCの画像

コメントの記述の使い方は、remコマンドプロンプトを使います。バッチ(.bat)のログに出力するコメントを入力する場合は、echoコマンドを使用します。echoコマンドプロンプトを使うことでコメントの記述が可能になります。この時に、エラーコードが表示されることもあるので、注意が必要です。

ThumbWindows Liveメールで送信できない時の対処法!確認事項やエラー原因を解説!
Windows Liveメールで送信できない時の対処法!確認事項やエラー原因を解説します。W...

Windowsのバッチファイルの基本の使い方

PCの画像

Windowsのバッチファイル(bat)の基本の使い方はさまざまな文法があります。また、書き方もいくつかあり、変数、条件分岐、引数、繰り返しなどの関数があります。これらの関数を使ってさまざまな処理をすることで、Windowsのバッチファイルを有効活用できます。変数はSETコマンドを使って変数の設定を行います。変数のローカル化は、setlocalからendlocalの範囲で定義した変数が有効となり、外の同名の変数に影響を与えないようにする方法です。

setlocalは、バッチファイル(bat)の環境変数の使用を開始、endlocalはバッチファイルの環境変数の使用を終了することを表しています。条件分岐の処理は、コマンドプロンプトの書式がifとelseで構成されています。ifの主な条件は、比較演算、ERRORLEVELなどがあります。比較演算子同士で挟み、2つの値を比較して、正しければ真になります。ERRORLEVELは、自分が指定した番号よりも多くのエラーが起きた場合に、真になります。

EXISTは、指定したファイルが存在する場合に真になるなど、条件分岐はさまざまです。引数は、バッチファイルでコマンドオプションのように引数を渡せます。また、バッチファイル(bat)で10個以上引数を渡す時は、shiftコマンドを使うなど、さまざまな機能があります。繰り返しの処理もWindowsのバッチファイルで活用できます。繰り返しの処理では、for文をメインに扱います。for文にはいくつかのオプションがあるため、さまざまなバリエーションがあります。

変数

PCの画像

変数はSETコマンドを使い、変数の設定を行います。変数をローカル化する理由は、setlocalからendlocalの範囲で決めた変数が有効となり、他の同名の変数に影響を与えないようにする方法です。setlocalの機能は、バッチファイルの環境変数の使用を開始、endlocalの機能は、バッチファイルの環境変数の使用を終了することです。また、この変数には、同じ文字を使って違う効果を発揮する機能もあるので、注意が必要です。

条件分岐

PCの画像

条件分岐の処理は、コマンドの書式がif、elseで構成されています。ifの主な条件は、比較演算やERRORLEVELなどがあります。条件分岐の処理は、比較演算子同士で挟み、2つの値を比較し、正しいと真になります。ERRORLEVELは、指定した番号よりも多くのエラーが起きた場合、真になります。EXISTは、指定したファイルが存在する場合に真になるなど、条件分岐はさまざまです。

引数

引数は、Windowsバッチファイルでコマンドオプションのように引数を渡せます。Windowsバッチファイルで10個以上引数を渡す時、shiftコマンドを使うなどさまざまな機能があります。

繰り返し

プログラミングの画像

繰り返しの処理もWindowsバッチファイルで活用できます。繰り返しの処理は、for文をメインに扱います。for文には、いくつかのオプションがあるため、さまざまなバリエーションを使って処理ができます。

ThumbHDDやUSBメモリをNTFS形式でフォーマットする方法【Windows】
HDDやUSBメモリをNTFS形式でフォーマットする方法Windowsを紹介します。HDDや...

Windowsのバッチファイルの書き方(変数)

PCの画像

Windowsバッチファイルの変数の書き方はさまざまです。変数の設定方法、遅延変数の使い方、日付と時刻の処理、変数解釈時の操作、引数取得、エラー処理などの機能の書き方は異なります。変数の設定方法は、setコマンドを使って変数の値のセットをします。注意する点で、変数に値をセットする時、=の前後に空白を入れないように注意が必要です。遅延変数の使い方は、ミスが一番多い変数でもあります。

コマンドには、echo offとecho onがありますが、echo offではなく、echo onで指定して実行すると使いやすいです。日付と時刻の処理もコードを覚える必要があります。環境変数をdate、timeで設定することで、処理ができます。コードはif文をベースにtimeoutコマンドなどを使って処理をします。変数解釈時の操作には、抽出と置換があります。抽出には基本形がありますが、一部省略や指定などで意味が変わります。置換は、その都度合致する数字を置き換える必要があります。

引数取得の使い方は、コマンドプロンプトでバッチファイルを指定し、引数を渡せます。エラー処理は、コマンドが終了のコードを設定した場合、存在がないコマンドを実行した場合、環境変数であるerrorlevelに終了コードがセットされます。

変数の設定方法

コードの画像

変数の設定方法は、setコマンドを使い、変数の値のセットをします。注意する点では、変数に値をセットする時、=の前後に空白を入れないように注意が必要です。そして、変数を参照する場合は、%で変数名を囲む必要があります。計算の結果を変数に代入する場合は、set /aを使用できます。

遅延変数の使い方

遅延変数の使い方は、ミスが一番多い変数でもあるので、注意が必要です。コマンドには、echo offとecho onがあります。echo offではなく、echo onで指定して実行すると使いやすいです。遅延変数を使うと、実行時に、変数解釈が行われ書き換えると実行でTRUEが表示されます。

日付と時刻の処理

カレンダーの画像

日付と時刻の処理もコードを覚える必要があります。環境変数date、timeで設定することで、処理が可能になります。コードは、if文をベースにtimeoutコマンドなどを使って処理をします。if文、for文の中で時間がかかる処理作業の前後のタイムスタンプを取得する場合は、注意が必要です。

変数解釈時の操作

変数解釈時の操作には、抽出と置換があります。抽出には、基本形がありますが、一部省略や指定などで意味が変わり、置換は、その都度合致する数字を置き換える必要があります。抽出と置換で操作内容が異なります。

抽出

PCの画像

変数解釈時の操作には、抽出があります。抽出には、基本形があります。一部省略や指定などで意味が変わります。また、開始の位置は、先頭の文字を0文字目でカウントします。

置換

置換は、その都度合致する数字を、置き換える必要があります。抽出と置換で操作内容が異なるので、注意が必要です。置き換える際は、先頭から確認していきます。

引数取得

プログラミングの画像

引数取得の使い方は、コマンドプロンプトでバッチファイルを指定して、引数を渡せます。引数を区切る文字は空白やカンマなどになります。また、10個以上の引数の場合は、shiftコマンドを利用してハンドリングの必要があります。

エラー処理

エラー処理は、コマンドが終了のコードを設定した場合に、存在しないコマンドを実行した場合、環境変数であるerrorlevelに終了コードがセットされます。バッチファイルの最後にエラーコードをセットする場合は、exit 0コマンドでセットします。

ThumbWindows8でローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動する方法を解説!
Windows8でローカルグループポリシーエディター、gpedit.mscを起動する方法を解...

Windowsのバッチファイルの書き方(条件分岐)

PCの画像

Windowsの条件分岐のバッチファイルの書き方はさまざまです。文字列と数値の比較、ファイルの確認、エラーの判定などの書き方はそれぞれ異なります。文字列と数値の比較では、ifのコマンドと比較演算子のコマンドを使って構成していきます。他にもダブルクォーテーションで囲む場合と囲まない場合など細かいところにも注意が必要です。ファイルの確認では、ifのコマンドとexistを扱います。絶対パスと相対パスの指定ができexistの判定はバックスラッシュを活用します。

エラー判定は、if ERRORLEVELと番号で構成されたコマンドを利用します。また、if ERRORLEVELと番号を使うとわかりにくいという問題が発生するので、構文は使わず、%errorlevel%を参照するのがおすすめです。

文字列と数値の比較

コードの画像

Windowsの条件分岐のバッチファイルの書き方には、文字列と数値の比較する方法があります。文字列と数値の比較は、ifのコマンドと比較演算子のコマンドを使い構成していきます。他にも、ダブルクォーテーションで囲む場合と囲まない場合など細かいところにも注意が必要です。

ファイルの確認

ファイルの画像

ファイルの確認では、ifのコマンドとexistを利用します。絶対パスと相対パスの指定ができexistの判定はバックスラッシュを活用します。ファイルの確認は頻繁にする作業でもあるので、覚えておく必要があります。

エラーの判定

エラーの画像

エラー判定は、if ERRORLEVELと番号で構成されるコマンドを利用します。注意点は、if ERRORLEVELと番号を使うとわかりにくいです。これは、ERRORLEVELが指定する番号以上なら真になるという問題が発生します。そのため、構文は使わずに、%errorlevel%を参照するのがおすすめです。

ThumbWindows10でマカフィーリブセーフをアンインストールする方法!削除できない時の対処法も!
Windows10でマカフィーリーフをアンインストール(削除)する方法!できない時の対処法を...

Windowsのバッチファイルの書き方(引数)

コードの画像

Windowsのバッチファイルの引数の書き方は簡単です。区切り文字の種類、ダブルクォーテーション、10個以上の引数を渡す、バッチパラメータなどの種類があります。区切り文字の種類とは、半角スペースであるブランク、カンマ、セミコロン、イコールなどの文字を使います。バッチファイルで%1~%9の変数で受け取ることができ、%0は実行されるバッチファイルが入る仕組みです。ダブルクォーテーションは、区切る文字を含む、文字列を引数で渡す場合に扱います。

しかし、このダブルクォーテーションで区切る場合は、ダブルクォーテーションも含める文字列が必要になります。バッチパラメーターにオプションを指定して、取得できる値を獲得できます。疑問に感じる場合は、callコマンドのヘルプ欄にあります。10個以上の引数を渡すには、shiftコマンドを活用します。shiftコマンドはパラメータにコピーすることができるコマンドです。また、shiftコマンドは、指定される部分以降だけを左にずらす機能もあります。

バッチパラメータとは、引数取得用変数といいます。コマンドプロンプトでバッチファイルをします。バッチを実行する時に、引数を渡せます。%構文は、%変数に展開できるので、さまざまな修飾子があります。

区切り文字の種類

PCの画像

Windowsのバッチファイルの引数の書き方に、区切り文字の種類というのがあります。区切り文字の種類とは、半角スペースであるブランクやカンマ、セミコロン、イコールなどの文字を使用します。バッチファイルで、%1~%9の変数で受け取ることが可能、%0の変数は実行されるバッチファイルが入る仕組みです。

ダブルクォーテーション

Windowsの画像

Windowsのバッチファイルの引数の書き方に、ダブルクォーテーションがあります。ダブルクォーテーションは、区切る文字などを含む文字列を引数で渡す場合に使います。しかし、引数のダブルクォーテーションで区切る場合、ダブルクォーテーションなども含む文字列が必要になります。バッチパラメーターにオプションを指定し、取得できる値を獲得できます。疑問に感じる場合は対処法として、callコマンドのヘルプ欄にあります。

10個以上の引数を渡す

PCの画像

Windowsのバッチファイルで10個以上の引数を渡すには、shiftコマンドを使います。shiftコマンドは、パラメータなどにコピーすることができるコマンドです。また、shiftコマンドは、指定する部分以降を左にずらす機能もあります。

バッチパラメータ

Windowsのバッチファイルで、バッチパラメータとは引数取得用変数といいます。コマンドプロンプトでバッチファイルをします。バッチを実行する時に、引数を渡すことができます。%構文は、%変数に展開できるため、さまざまな修飾子があります。

Thumb【Windows Liveメール】署名の挿入方法!作成手順や設定の方法を解説!
パソコンで利用できるメールソフトには、OutlookやWindows Liveメールなどがあ...

Windowsのバッチファイルの書き方(繰り返し)

PCの画像

Windowsのバッチファイルの繰り返しの書き方は、さまざまです。ループ関係の処理をする場合は、Javaやwhileとかforなどの文字を使うイメージがありますが、Windowsのバッチにはwhile相当のものはありません。Windowsのバッチファイルの繰り返しの書き方に必要なのはfor文とgoto文の使い方です。for文には、さまざまなオプションがあります。Windowsでの利用目的は、ファイル、ディレクトリを使う時に扱います。

また、for文を利用する時の変数は、遅延変数である必要があるので、注意が必要です。そして、for文を扱う際には、多くのオプションを覚える必要があります。オプションに関しては、callによるバッチファイルの呼びだしや、バッチファイル内でのcallの呼び出しなど、さまざまです。goto文の使い方は指定しているラベルにジャンプできるコマンドで、ラベルの名前を指定して定義します。バッチファイルの最後には、:eofというラベルがあります。

goto :eofと指定して、バッチファイルが終了します。

for文とは

検索の画像

Windowsのバッチファイルの繰り返しの書き方にfor文があります。このfor文には、さまざまなオプションがあります。Windowsバッチファイルでの利用目的は、ファイル、ディレクトリを使う時にfor文を扱います。for文を利用する時の変数は、遅延変数である必要があるので、注意が必要です。繰り返しの書き方には、注意する点が多くあります。このfor文は繰り返しだけでなく、他のケースでも利用することがあります。

繰り返しの結果を出力する際に、10倍の数値にして結果を出力しますが、この結果は意味がないので、気にする必要がありません。

オプション

コードの画像

Windowsのバッチファイルでfor文を扱う際には、多くのオプションを覚える必要があります。オプションに関しては、callによるバッチファイルの呼び出しや、バッチファイル内でのcallの呼び出しなど、さまざまです。これらのオプションの設定は、for文を効率よく使うにも、覚える必要があります。

このfor文はループ処理をする際に使います。C言語やJavaなどにforは頻繁に使います。Windowsバッチファイルのfor文とプログラミングで扱うfor文は異なるので、注意が必要です。

goto文の使い方

Windowsの画像

Windowsのバッチファイルでfor文を扱う際には、goto文の使い方を知っておく必要があります。バッチファイルのgoto文の使い方は指定しているラベルに、ジャンプできるコマンドで、ラベルの名前を指定して定義ができます。バッチファイルの文字列の最後には、:eofというラベルがあります。goto :eofと指定して、バッチファイルが終了します。このWindowsのバッチファイルでは、goto文の使用の際に、whileが存在しません。

通常、for文などの文を他のプログラミング言語で扱うと、whilebは必須になります。しかし、goto文では、このwhileを扱わずに指定するので、goto文を利用します。他にも、このgotoの使い方は特殊で、自分で強制的にバッチファイルを終わらせなくても、バッチファイルが最後まで到達すると、自動で終わらせる機能があります。他にもWindowsのバッチファイルを終わらせるコマンドにexitもあります。このexitは、終了コードを返すことも可能です。

ThumbWindows10でデスクトップのアイコンが消えたり表示されない時の原因や対処法!
Windows10にバージョンアップした時やWindows10を操作していて、突然デスクトッ...

Windowsのバッチファイルの実行・中断方法

stopの画像

Windowsのバッチファイルの実行・中断方法は簡単です。自分が作成してできたバッチファイルは、フルパスの名前や、相対パスの名前で、指定ができます。この他にも、ファイル名を指定して実行する方法や、ダイアログを使ってWindowsバッチファイルのパスの名前を指定して実行もできます。エクスプローラでWindowsバッチファイルをダブルクリックで選択して実行できるのも、おすすめの機能です。

しかし、このエクスプローラの場合は、コマンドプロンプトなどのウィンドウが新しく開いた状態でバッチが実行されますが、終了するとウィンドウが閉じてしまうので、バッチファイルの実行画面を早く閉じたくない場合は、pauseコマンドを入力するのも効果的です。ファイルの作成には、ディレクトリにあるファイルなどのバックアップを行い、作業方法を考えます。

注意の画像

サブディレクトリの中にあるbackディレクトリのファイルを削除し、カレントディレクトリの中にあるファイルを全部バックディレクトリにコピーすることもできます。この方法は、毎日この作業をする人には、バッチファイルはおすすめです。

バッチファイルの機能として、実行したいコマンドをファイルに記述し、保存するというのがあります。バッチファイルを実行して、ファイルに記述されているコマンドを順に実行します。バッチファイルの作成には、メモなどのテキストエディタを起動させます。

自分が実行させたいコマンドを入力することで、バッチファイルをbatで保存して作成の完了です。Windowsバッチファイルの中断方法は、Windowsのキーボードを利用してコマンドの中断ができます。キーは、CtrlとSの方法や、Pauseキーを選択すると表示されている画面が止まります。CtrlとC、CtrlとBreakでも中断ができ、バッチジョブを終了するか、問われるので、yを選択して中断ができます。

ファイルの作成

ファイルの画像

Windowsのバッチファイルのファイルの作成は簡単です。バッチファイルの作成には、メモアプリケーションなどのテキストエディタを起動させます。自分が実行するコマンドを入力することで、バッチファイルをbatで保存して作成の完了です。batとは保存形式の意味で、batの形式でなければ、Windowsバッチファイルでは使えません。

ファイルの実行

PCの画像

Windowsのバッチファイルのファイルの実行はさまざまです。自分が作成したバッチファイルは、フルパスの名前や、相対パスの名前で、指定が可能です。この他にも、ファイル名を指定してコマンドを実行する方法や、ダイアログを使ってWindowsバッチファイルのパスの名前を指定して実行もできます。エクスプローラ機能で、Windowsバッチファイルをダブルクリックで選択して実行ができるのも、おすすめの機能です。

このエクスプローラの場合、コマンドプロンプトなどのウィンドウが新しく開かれた状態でバッチが実行されます。しかし、コマンドの実行が終了するとウィンドウが閉じてしまうので、バッチファイルの実行画面を早く閉じたくない場合、pauseコマンドを入力するのも効果的です。

ファイルの中断

止める画像

Windowsのバッチファイルの中断方法はいくつかの操作があります。中断には、Windowsのショートカットキーを利用します。キーは、CtrlとSの方法、Pauseキーを選択すると表示されている画面が止まります。他にもファイルを中断する方法があり、CtrlとC、CtrlとBreakでも中断ができ、バッチジョブを終了するか、問われるので、yを選択して中断ができます。

ThumbWindows10でデスクトップを表示する方法!ショートカットキー・タスクバーで行う!
Windows10を操作していて、デスクトップを表示させたい場合があるかと思います。ここでは...

Windowsバッチファイルのプロセスチェックの確認

Windowsバッチファイルのプロセスチェックの確認は、tasklistとfindコマンドと強制終了と起動、遅延環境変数の書き方など、プロセスのチェックはいくつか確認する必要があります。Windowsバッチファイルのプロセスチェックとは、batのファイルでプログラムなどが実行されているのかをプロセスチェックをして、判定ができます。

PCの画像

tasklistとfindコマンドでWindowsバッチファイルをプロセスチェックする方法は、実行されているプロセスの一覧を取得できるtasklistコマンド、文字列探索のfindを組み合わせてプロセスチェックができます。ここでは、エラーコードが表示されるかの判定ができます。バッチファイルでは、プロセスチェックができます。この操作は、メモ帳などのアプリケーションが起動されているのかを確認できます。

プロセスチェックの強制終了と起動をするバッチファイルは、メモ帳を起動しているバッチファイルで、プロセスチェックをし、強制終了するのかをユーザーに確認ができます。この場合、YかYESが入力される場合に、強制終了の確認ができます。遅延環境変数の書き方は、ifやforなどの文字を使用します。通常の環境変数では、想定していた値が取れないことがあるので、遅延環境変数を使用します。

tasklistとfindコマンド

検索の画像

Windowsバッチファイルのプロセスチェックの確認に、tasklistとfindコマンドがあります。Windowsバッチファイルのプロセスチェックは、batのファイルでプログラムなどが実行されているかをプロセスチェックを実行して、判定ができます。tasklistとfindコマンドで、Windowsのバッチファイルをプロセスチェックする方法は、実行しているプロセスの一覧を取得できるtasklistコマンド、文字列探索ができるfindを組み合わせてプロセスチェックができます。

ここのチェックでは、エラーコードが表示されるかの判定ができます。

強制終了と起動

PCの画像

プロセスチェックの強制終了と起動をするバッチファイルは、メモ帳アプリケーションなどのテキストエディタを起動しているバッチファイルで、プロセスチェックをします。ここでの操作は、強制終了するのかをユーザーに確認ができます。この場合、YかYESが入力される場合に、プロセスチェックの強制終了の確認ができます。

遅延環境変数の書き方

Windowsバッチファイルのプロセスチェックの確認遅延環境変数の書き方があります。使い方は、ifやforなどの文字列を使用します。通常の環境変数では、想定していた値が取れないことがあるので、遅延環境変数を使用します。遅延環境変数の種類もさまざまで、多くのパターンがあるので、注意が必要です。

ThumbWindows DVDメーカーの使い方!動画・画像・音声データを組み合わせて作成しよう!
Windows DVDメーカーの使い方!動画・画像・音声データを組み合わせて作成できます。W...

Windowsのバッチファイルの使い方を理解しよう!

いいねの画像

Windowsのバッチファイルの使い方は簡単です。ファイルの作成、ファイルの確認、変数の使い方、ファイルの実行、中断などさまざまです。変数にも、条件分岐や繰り返しの変数など多くの種類があります。Windowsのバッチファイルを活用することで、スムーズに進められます。この記事を参考にWindowsバッチファイルの使い方を知っていただけたら幸いです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hika418hika
海外で長期のインターンシップ経験があり、海外の流行にかなり敏感です。デザインツールやプログラミングコードなど開発環...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ