【Mac】初期化してインターネットリカバリでOSをインストールする方法!

Macの初期化(復元)・インターネットリカバリ方法をご紹介します。Macの動作がおかしい時や、Macパソコンを売却する時にMacの初期化(復元)・インターネットリカバリが必要になります。本記事を参考にMacの初期化とインターネットリカバリに挑戦しましょう。

【Mac】初期化してインターネットリカバリでOSをインストールする方法!のイメージ

目次

  1. 1Macを初期化・インターネットリカバリするための準備
  2. 2Macを初期化する
  3. 3Macをインターネットリカバリで再インストールする
  4. 4MacのOSをインターネットリカバリしよう

Macを初期化・インターネットリカバリするための準備

iMac 1

【Macの動作が重い・おかしい】という問題に悩まされているMacユーザーの方は少なくありません。Macの動作が重い原因は、MacのOSバージョンが古い、アプリやデータファイルをパソコン内に保存しすぎているということがほとんどです。大抵の場合、Macの再起動やOSのアップデートを実行することで、Macパソコンの動作問題は解決されます。

にもかかわらず、それでもMacのパソコンの動作が重い場合は、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリが有効的な対処法となります。ただし、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行すると、一度Macパソコンは工場出荷状態に初期化されるので、Macで発生する様々な問題の対処法の中では、最終手段ということになります。

MacBook 1

本記事ではMacの初期化(復元)・インターネットリカバリの方法をご紹介していきますが、そのためには事前準備が重要です。Macの初期化(復元)・インターネットリカバリの前に事前準備をしておかなければ、データ復元ができない、初期化ができないという問題が発生しますので、必ず事前準備は実行してください。

本記事冒頭の本章では、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリの事前準備の前に覚えておきたい、メリットとデメリットについて紹介します。早くMacの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行したいという気持ちはわかりますが、あとになって後悔しても遅いので、実行前にかならず読んでおくことをおすすめします。

メリット・デメリット

iMac 2

Macの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行するメリットは下記の通りです。
 

  • Macを初期化することで不要なアプリを削除し、必要なアプリだけをインストールすることができる
  • Macを初期化することで不要なデータファイルを削除することができる

上記2つのメリットはMacの動作を軽くするという大きなメリットに直結します。Macには不可視ファイルという見えないファイルも存在し、手動ですべての不要ファイルを削除するには非常に時間と工数がかかります。

またMacはアプリのアンインストール(削除)の手順が複雑なアプリもあり、アプリをゴミ箱に入れるだけでは関連ファイルが削除されないという特徴があります。アプリを完全にアンインストールする場合も時間と工数がかかるので、結果的にMacの初期化(復元)・インターネットリカバリを行って、すべての不要アプリとファイルを削除するほうが簡単です。

一方、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行するデメリットは下記の通りです。
 

  • Macの初期化(復元)・インターネットリカバリ後、必要なアプリを再インストールする必要がある
  • 通常のOSのアップデートよりも時間がかかる

前にも述べた通り、OSのバージョンが古い場合Macの動作が重くなる原因となります。OSのアップデートは、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリよりも所要時間が短いので、Macの動作が重い場合はOSをアップデートするほうをおすすめします。

また、Macの初期化(復元)・インターネットリカバリするとすべてのアプリが削除されます。そのため必要なアプリなどは復元後に再インストールする必要があり、時間がかかるというデメリットがあります。これらのメリットとデメリットを踏まえてMacの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行するかどうかを判断するようにしてください。

Time Machineでバックアップをとっておく

Time Machine

続いてMacの初期化(復元)・インターネットリカバリの準備方法を解説していきます。Macの初期化(復元)・インターネットリカバリする前に必ず実行しておく必要があるのが【バックアップ】です。

Macの初期化(復元)・インターネットリカバリはすべてのデータやアプリを削除することになるので、バックアップをしておかないと必要なファイルを復元することができません。そのためMacでバックアップを取る時に覚えておきたい機能が【Time Machines】機能です。

Macには【Time Machine】というアプリが搭載されています。Time Machineは外付けのHDDをMacに接続するだけで自動的にMacの全データのバックアップを撮ってくれる機能です。外付けのHDDを購入する必要がありますが、最も安全なバックアップ方法です。Time Machineを利用してバックアップをとる方法は下記の手順を実行してください。

Time Machineの設定方法

1.【Launchpad】から【システム環境設定】を選択してください。
2.【システム環境設定】のメニュー一覧から【Time Machines】をクリックします。
3.【Time Machines】画面の左側のスイッチを【】に切り替えてください。
Macに外付けHDDを接続したあとに上記設定が可能になります、設定後は自動でTime Machinesが起動しバックアップされます。

Time Machineで復元する

HDD

Time Machineで復元する方法は下記のMac公式ヘルプページで紹介されているので参照にしてください。

バックアップから Mac を復元する - Apple サポート

Time Machinesを利用せずに外付けHDDにデータを移行しておくということも可能です。この場合は必要なファイルやフォルダをHDDにドラッグ&ドロップするだけです。

またiCloudでバックアップをとることができますが、無料で利用できるストレージ容量は5GBまでであるということと、Wi-FiでMacのデータファイルをバックアップするのは転送速度的に難しいのでおすすめしません。

Macを初期化する

MacBook2

Macのバックアップが完了したら、Macの初期化を進めます。本章ではMacの初期化方法をご紹介します。Macを初期化する前にiTunesやiCloudとの連携を消去しておいてください。

ディスクユーティリティで消去する

ディスクユーティリティで消去する方法

Macの初期化は【ユーティリティ】アプリで実行します。下記の手順を参照にして初期化を進めてください。
 

  1. Macの【アプリケーション】フォルダを開いて【ユーティリティ】フォルダを選択します。
  2. ユーティリティ】フォルダ内にある【ディスクユーティリティ】を起動し、削除したいディスクを選択し【削除】をクリックします。

Macをインターネットリカバリで再インストールする

MacBook4

続いてインターネットリカバリという方法でmacOSを再インストールする手順をご紹介します。

インターネットリカバリとは

インターネットリカバリはmacOSをインターネット上からリカバリ(復元)することを指します。比較的新しいMacパソコンにはディスクを読み取るディスクドライバーが搭載されておらず、macOSをディスクからインストールする場合、外付けのディスクドライバーが必要です。ですがインターネットリカバリを利用すればディスクドライバーが不要です。

macOS 復元からインターネットリカバリする

インターネットリカバリの方法

インターネットリカバリは、Macパソコンを起動する際に【command + R】を長押しします。【macOSユーティリティ】という画面が表示されるので【macOS再インストール】を選択してください。

ソフトウェアのアップデート手順

Appleロゴ

macOSのインストールが完了したらOSのバージョンをアップデートします。下記の手順を実行してください。

  1. Mac画面左上の【Apple()】アイコンを選択して【このMacについて】を選択し【ソフトウェアアップデート】をクリックしてください。

ソフトウェアのアップデート手順1

App Storeが起動され最新のOSバージョンが表示されます。【アップデート】をクリックすることで自動的にOSのアップデートが開始されます。macOSが最新バージョンの場合は、下記のようにApp Storeページになにも表示されません。

ソフトウェアのアップデート手順2

Macの初期化(復元)・インターネットリカバリの手順は以上となります。Macの初期化(復元)・インターネットリカバリをする場合は、必ずバックアップをとってから実行してください。

MacのOSをインターネットリカバリしよう

iMac

本記事ではMacの初期化(復元)・インターネットリカバリ方法をご紹介しました。Macパソコンの動作がおかしい場合や、Macパソコンを売却する時に必要になるので、覚えておくと便利です。Macの初期化(復元)・インターネットリカバリを実行する前には、かならず外付けHDDにバックアップしておくことを忘れないでください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ