LINEでメッセージを自分に送る方法!メモ代わりに自分宛に送信するには?

LINEで自分専用のグループを作成できます。そこでメッセージを自分に送ると、メモ代わりの機能として役に立ちます。私たちの生活に不可欠なLINEがお役立ちアプリに大変身です。今すぐにでも、メッセージを自分に送ることができる方法を紹介します。

LINEでメッセージを自分に送る方法!メモ代わりに自分宛に送信するには?のイメージ

目次

  1. 1LINEを自分に送る方法
  2. 2LINEをメモの代わりに使う時に便利な機能と使い方
  3. 3LINEを自分に送る活用法はメモの代わり以外にも使い道が!
  4. 4LINEを自分に送って色々活用しよう!

LINEを自分に送る方法

最初に、メモ代わりとしての自分専用のLINEグループを作成する際の手順や、メッセージを自分に送る方法を紹介します。

スマートフォンを触る女性

自分1人だけのグループを作成する

LINEで自分に送る方法として、自分1人だけのLINEグループを作成することがあげられます。LINEグループメンバーが自分のみで、若干変に思うかもしれません。しかし一度LINEグループを作成すれば、とても便利な機能になります。最初に、自分1人のみのLINEグループの作成方法を紹介します。まず自身のLINEアカウントのホーム画面を開きましょう。開いたら、右上のアイコンをタップします。

LINEのホーム画面

LINEの友達追加画面に切り替わります。上から2番目の上から2番目のグループ作成をタップします。

ラインの友達画面

友だちを選択の画面では、グループメンバーを選択できます。今回は自分1人のみのグループを作成するので、気にせずに次へ進みましょう。

ラインの友達選択画面

LINEグループのプロフィール設定画面にうつります。メンバーは自分1人のみ表示されます。グループ名は分かりやすいように、自分用などがオススメです。

ラインのグループ作成

自分用のLINEグループが完成しました。メンバーも1人だけとあらわれています。

ラインのグループ

グループトークで自分宛に送信する

自分専用のLINEグループの作成ができたら、実際にLINEグループトークを使用して自分宛にメッセージを送信しましょう。下の画面のように、メモ代わりとして自身のスマートフォンにメッセージを残せます。

自分用のライングループ

LINEをメモの代わりに使う時に便利な機能と使い方

自分用のLINEグループでは、メッセージを自分に送ることでメモとしての役割を果たします。ここでは、具体的なお役立ち方法を紹介します。

グッドサインの男性

検索機能

LINEのグループトークにおいてメッセージを自分に送ると、日常生活においてとても役に立ちます。まずは検索機能です。トーク画面において上部の検索バーに、検索したいワードを入力します。今回は持ち物と入力しました。そうすると、検索結果が表示されます。ここで自分用をタップします。

ラインの検索画面

持ち物というキーワードがあてはまるトークが表示されます。このトーク履歴をタップすると、ダイレクトに該当するLINEグループトーク履歴へとジャンプします。

ラインの検索結果

さらに自分用のLINEグループトークに移ると、持ち物というキーワードを含んだトーク履歴が表示されます。ここで便利なのは、キーワードが黄色に染まっているため、過去の履歴をさかのぼっても容易に調べられることです。

ラインのトーク画面

ノート機能

LINEの自分用のグループにおいて、自分宛のノート機能も非常に役に立ちます。グループトークでは履歴が増えれば増えるほど、過去のトークをさかのぼるのが難しくなります。また重要なメッセージも流れてしまいます。ノートでは横にLINEグループトークを横にスワイプするだけで、いつでも大事なメッセージを見返せます。さらに、重要事項も自分に送ることができます。

ラインのノート

ここでもう1つ便利なノート機能があります。それはノートへのコメントです。追加の重要な情報があった際には、自分に送ることができます。

ラインのノートコメント

PCとの同期

LINEデスクトップ版をPCからダウンロードできます。PCを開いているときに、わざわざスマートフォンを開くのが面倒ときもあるでしょう。そのときには、LINEデスクトップ版でもメモとしてメッセージを自分に送ることができます。また仕事中にはPCからファイルの送信もできるのでとても便利です。

LINEを自分に送る活用法はメモの代わり以外にも使い道が!

自分1人のためのLINEグループはメッセージを自分に送る以外にも、アルバムとしても役に立ちます。

スマホカメラを使う人

アルバム機能で写真を保存する

LINEグループのアルバム機能を使用すると、簡単に自分用の写真フォルダを作成できます。下の写真のように旅の思い出だけではなく、業務上必要な情報が載っている写真など用途はさまざま。LINEグループのトーク画面に写真をアップすると、一定期間内に写真のダウンロードがなければ保存できなくなります。しかしアルバムでは、そのような期間を気にしなくて良いのも便利なポイントです。

ラインのアルバム

LINEを自分に送って色々活用しよう!

スマートフォンのホーム画面

おもに友人とのメッセージ送受信に利用されるLINE。実はその使い方は対人のみならず自分用として、お役立ちアプリに大変身します。メモ代わりとしてメッセージを自分に送ることができ、写真も保存できます。私たちに最も身近なアプリであるLINEが、このような役割として機能してくれるのは助かります。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ