iPhoneの消えた写真の復元方法!カメラロールに写真がない時の対処法を解説!

iPhoneの消えた写真の復元方法を紹介します。iPhoneのカメラロールの写真が消えた時の原因はたくさんあります。カメラロールから写真が消えた原因を理解して対処しましょう。iTunesやiCloudを使った写真のバックアップの方法も紹介します。

iPhoneの消えた写真の復元方法!カメラロールに写真がない時の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneで消えた「写真」を探す・復元する方法
  2. iPhoneのカメラロールの「最近削除された」項目を確認・復元する
  3. iCloudが有効になっているか確認・復元する
  4. iTunesのバックアップから復元する
  5. iPhoneで写真を撮ってみる
  6. 2iPhoneの「写真」が消えた?その原因とは?
  7. 【iPhone写真が消えた原因1】iOSのアップデートが原因
  8. 【iPhone写真が消えた原因2】iPhoneの誤操作による削除
  9. 【iPhone写真が消えた原因3】iPhoneの容量不足による写真の未保存
  10. 【iPhone写真が消えた原因4】iPhoneの発熱によるエラー
  11. 【iPhone写真が消えた原因5】SSDの劣化によりエラー
  12. 【iPhone写真が消えた原因6】アプリを起動しすぎている
  13. 3外部ツールを利用してiPhoneの写真を復元できるおすすめソフト
  14. PhoneRescue for iOS
  15. Dr.Fone for iOS Suite
  16. 4iPhoneから写真が消えた場合に備えて「カメラロール」のバックアップを取る方法
  17. iCloud
  18. iTunes
  19. 5iPhoneから写真が消えた場合は落ち着いて対処しよう!

iPhoneで消えた「写真」を探す・復元する方法

iPhone

iPhoneのカメラロールの全ての写真が突然消えたなどの不具合の時の写真を探す方法や復元する方法があります。写真が消えた原因を理解し、カメラロールから消えた写真を探して復元しましょう。

iPhoneのカメラロールの「最近削除された」項目を確認・復元する

カメラロール

iPhone「最近削除された」を探す場合の方法を紹介します。iPhoneのカメラロールには、「最近削除された項目」という項目があり、iPhoneのカメラロールから写真が消えた時には、まずは「最近削除された項目」を確認しましょう。「最近削除された項目」を探す方法は、iPhoneの写真アプリを起動し、画面下記の「アルバム」をタップします。

次に、画面を下へスクロールし1番下にある「最近削除された項目」タブをタップすると、最近削除された項目を確認し写真を探すことができます。最近削除された項目の写真を復元したい場合は、画像タップして右下の「復元」ボタンをタップすると写真を復元することができます。

iPhoneカメラロール

iCloudが有効になっているか確認・復元する

iPhone設定

iCloudが有効になっているか確認する方法は、まずはじめにiPhoneの設定アプリを起動します。次に、画面上記のアカウント(Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp store)タブをタップし、iCloudボタンをタップします。

次に「写真」タブをタップし、画面上記の「iCloud写真」が有効になっているかを確認することができます。「iCloud写真」は、写真やビデオを全て安全にiCloudに保管してくれるので、どのデバイスからでも写真やビデオを見ることができます。iPhoneをWiFiに接続すると、全ての写真が表示されます。消えた写真を探すことができ復元することができます。

iPhone設定

iTunesのバックアップから復元する

iTunesにバックアップしていると、写真が消えた時などでも復元することができます。iTunesから写真を探す・復元する方法として、PCにiTunesをダウンロードし、操作をすればiTunesにバックアップしていた写真を探すことができ、iPhoneに復元し保存することができます。

iPhoneで写真を撮ってみる

iPhone

iPhoneのカメラロールから写真が消えてしまった時に、一度iPhoneで写真を撮ると復元される場合があります。この方法は一度復元しますが、再度写真がカメラロールから消えたりするので、いらない写真を削除するなどiPhoneの容量をなるべく空けるようにしましょう。

ThumbiPhoneの写真の整理術!標準写真アプリのアルバム作成やPCでの管理方法を解説!
iPhoneで撮影した写真が大量にあり、整理整頓に悩んでいる人はいませんか?外部アプリを使っ...

iPhoneの「写真」が消えた?その原因とは?

iPhoneの写真が消える理由は多くあります、iPhoneのカメラロールから写真が消えた理由や原因をきちんと理解して対処しましょう。

カメラロール

【iPhone写真が消えた原因1】iOSのアップデートが原因

iPhoneの写真が消えた原因の1つにiOSのアップデートが原因の場合があります。iOSのアップデートをした時にエラーが発生し、iPhoneのカメラロールから写真が消えてしまうことがあります。なので、iOSのアップデートをする際は、一度iCloudやiTunesに写真をバックアップしましょう。

【iPhone写真が消えた原因2】iPhoneの誤操作による削除

iPhoneの誤操作によって、iPhoneのカメラロールから写真が消える場合があります。iPhoneの誤操作による削除なので、消えた後ではどうすることもできないので、事前にバックアップをしておくか、上記で紹介したiPhoneかや写真が消えた場合の対処法を試しましょう。

【iPhone写真が消えた原因3】iPhoneの容量不足による写真の未保存

iPhone設定

iPhoneの端末には容量があります。容量を超えてしまう(容量を不足)と、iPhoneのカメラロールから写真が消える原因となります。iPhoneの容量が不足しないように、いらない写真やビデオなどは削除し、容量不足にならないようにしておきましょう。

iPhoneの容量を確認する方法は、まずはiPhoneの設定アプリを起動します。次に「一般」タブをタップし、下へスクロールし「iPhoneストレージ」ボタンをタップします。すると「写真」の容量を確認することができ、端末の残りの容量も確認することができます。

iPhone設定

【iPhone写真が消えた原因4】iPhoneの発熱によるエラー

iPhoneでゲームや重いアプリを使用している時など、iPhone端末が発熱してしまう場合があります。その他にiPhoneが発熱してしまう原因として、充電しながらiPhoneを使用してiPhoneのバッテリーをダメにしてしまう、写真やビデオやアプリなどが多くiPhoneの容量を圧迫している、夏や湿度が高い中での使用や直射日光による影響などがあります。

iPhoneの発熱によりアプリが落ちてしまう場合があるので、発熱する原因把握して対処しましょう。iPhoneでは、発熱した際には発熱のエラー画面が出てきます。

【iPhone写真が消えた原因5】SSDの劣化によりエラー

まずはじめにSSDとは、簡単に言うと多くの容量を記憶してくれる装置のことです。SSDの主な寿命は約5年です。SSDは読み書きの回数で劣化していくので、読み書きが少なくあまり使用していなけらば寿命が長くなります。約5年使用するとSSDが劣化してバグが発生する場合があるので、SSDが劣化している場合は交換しておきましょう。

【iPhone写真が消えた原因6】アプリを起動しすぎている

iPhone

iPhoneでは、使用したアプリはバックグラウンドととよばれる場所で使用後でも起動しています。バックグラウンドで多くのアプリが起動し続けていると、iPhone本体に影響を及ぼし正しく動作を行うことができなくなります。なので、アプリの使用後はバックグラウンドにあるアプリを削除しておきましょう。

やり方は、iPhone X・XS・XR以外の方は、ホームボタンを2回連続でタップし、使用後のアプリが出てきたら、そのアプリを下から上へスクロールしアプリが画面から消えたら削除完了です。iPhone X・ XS・ XRでは、下の黒の防戦を下から上へ少しあげると使用後のアプリが出てくるので、アプリを下から上へスクロールすれば削除完了です。

この方法では、バックグラウンドで起動している状態を終了にさせているので、iPhone端末からアプリが消えることはありません。

ThumbiPhoneの「写真」アプリの画像を非表示にしてカメラロールから隠す方法を解説!
iPhoneの「写真」アプリに保存されている画像や写真データを非表示にして隠すことができるの...

外部ツールを利用してiPhoneの写真を復元できるおすすめソフト

パソコン

下記では外部のツールを利用してiPhoneの写真を復元する方法を紹介します。自分に合った写真の復元方法で、iPhoneのカメラロールから消えた写真を復元しましょう。

PhoneRescue for iOS

PhoneRescue for iOS

PhoneRescue for iOSを使ってiPhoneの消えた写真を復元する方法は、まずはじめにPhoneRescue for iOSを起動し、「iTunesバックアップからリカバリー」をタップします。復元したいデータの画面が表示されるので、「写真」を選択しOKボタンをタップします。

PhoneRescue for iOSはお手持ちのiPhoneのから復元可能な写真を復元します。復元可能な写真が表示されるので、復元したい写真を選択し、iPhone本体のカメラロールに写真を復元した場合は、「デバイスへ復元」ボタンをタップすれば写真を復元することができます。

Dr.Fone for iOS Suite

Dr.Fone for iOS Suite画像

Dr.Fone for iOS Suiteは、iPhone復元ソフトで消えてしまったデータを復元することができます。やり方は、iOSデバイスをパソコンに接続し、dr.foneを起動して、画面の「復元」ボタンをクリックします。次に復元するデータのタイプを選択する画面で「カメラロール」「App写真」を選択します。

iPhoneの「開始」ボタンをクリックし、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒長押しします。次にホームボタンだけ15秒押すと「高級モード」になります。復元したいデータのタイプを選択し、「開始ボタン」をクリックすると復元することができます。

ThumbiPhoneの写真を一括削除!カメラロールの画像をまとめて消して空き容量を作る方法!
iPhoneのストレージ容量不足に悩んでいる人は、iPhoneの写真を一括削除してみましょう...

iPhoneから写真が消えた場合に備えて「カメラロール」のバックアップを取る方法

カメラロール

iPhoneから写真が消えた場合に備えてカメラロールのバックアップを取る方法があります。iCloudでのカメラロールのバックアップの方法と、iTunesでのカメラロールのバックアップの方法、二つを下記で紹介します。

iCloud

iCloud

iCloudに写真をバックアップする方法です。iPhoneからiCloudフォトライブラリーに写真を保存する方法は、iPhoneの設定アプリを起動し、アカウント(Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp store)をタップします。「iCloud」ボタンをタップし、「写真」ボタンをタップします。

画面上記の「iCloud写真」をオンにし、WiFiを接続すれば自動的にiCloudフォトライブラリにされます。パソコンからiCloudに写真をバックアップする方法は、先程と同様にiPhoneの設定アプリを起動し、アカウント(Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp store)をタップし「iCloud」ボタンをタップします。

「iCloudバックアップ」ボタンをオンにし、「今すぐバックアップを作成」ボタンをタップすると、写真がiCloudにバックアップされます。

iPhone設定

iTunes

iTunes

その次にiTunesを起動して「編集」ボタンをタップし、「設定」ボタンをタップします。「デバイス」ボタンをタップし、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックをし、「OK」ボタンをタップします。

USBケーブルでパソコンとiPhoneを繋ぎ接続したらiPhoneのマークをタップします。「概要」ボタンをタップし、「今すぐバックアップ」ボタンをタップするとすぐにバックアップが開始されます。

iPhoneから写真が消えた場合は落ち着いて対処しよう!

iPhone

iPhoneから写真が消えた場合には、無駄な操作などをすると誤って残っていた写真が消えてしまう可能性があります。iPhoneのカメラロールから写真が消えた場合は写真が消えた原因を理解し、正しい復元方法で消えた写真を復元しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
sakamotokotone
sakamotokotoneと申します よろしくお願いいたします

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ