YouTubeの再生履歴の削除方法!視聴/閲覧履歴の見方と消し方

YouTubeでは一度再生した動画は再生履歴に保存されることで、それに伴った趣向の動画を自動的にオススメしてくれます。しかし色々な都合で再生履歴を削除したい方も多いと思います。ですから今回はYouTubeの再生履歴を削除する方法と残さない方法を紹介します。

YouTubeの再生履歴の削除方法!視聴/閲覧履歴の見方と消し方のイメージ

目次

  1. 1YouTubeの再生履歴を消す前に
  2. YouTubeの再生履歴は他人からバレる?
  3. 再生履歴削除のデメリットとは?
  4. Youtubeの視聴履歴は復元できる?
  5. 2YouTubeの再生履歴の見方と削除方法(iPhone&Android)
  6. YouTubeの再生履歴の見方
  7. YouTubeの再生履歴の削除方法
  8. 3YouTubeの再生履歴の見方と削除方法(PC)
  9. YouTubeの再生履歴の見方
  10. YouTubeの再生履歴の削除方法
  11. 4YouTubeの再生履歴が残らない閲覧の方法はある?
  12. おすすめ動画と検索結果を管理する
  13. 5YouTubeの再生履歴を削除しプライバシーを守ろう!
  14. YouTubeのこの記事が気になった人へのおすすめ!

YouTubeの再生履歴を消す前に

YouTubeでは、自分の再生履歴や検索履歴のキーワードに関する動画やその趣向に沿った動画がオススメ動画として自動的に表示します。YouTubeのマッチング機能と呼ばれる、その機能は精度が向上していて今では本当に自分の趣向を知りつくしているのではないかと思うほどまで、正確で興味のある動画をオススメしてきます。

しかしYouTubeで好きな動画ばかり閲覧すると、視聴履歴が残り、YouTubeのトップページが偏った趣向の動画ばかり表示されてしまいます。そこでこれから、再生履歴が残らない方法と、YouTubeの再生履歴を削除する方法をご説明します。

YouTube

YouTubeの再生履歴は他人からバレる?

YouTubeの再生履歴が他人にバレるかどうか気になると思います。結論から言うと他人から再生履歴がバレることはないです。ただし注意して頂きたいのは、自分のYouTubeチャンネルページについてです。

それはこのYouTubeチャンネルページには、再生リストや自分がいいねをした動画など登録チャンネルが表示されてしまう点です。そういったものが、もしバレたくない場合はチャンネル設定のプライバシーを「本人のみ視聴可能」にして他人に閲覧されないように非公開にするのがベストです。非公開方法は簡単で、自分のチャンネルページの設定画面を開き、履歴とプライバシー欄の項目を全て非公開ONにチェックを入れて完了です。

YouTube

これで他人から自分の再生履歴を閲覧されることはありません。
そしてもう一つ、これはAndroid搭載端末の方のみですが、YouTubeのアプリを経由してシークレットモードを利用する方法です。こうすることで、ログインしている間の検索履歴や再生履歴を残さず動画を視聴できます。

再生履歴削除のデメリットとは?

再生履歴を削除することのデメリットはYouTubeからのオススメ動画が表示されなくなることです。このYouTubeの機能はあなたの再生履歴の情報からYouTubeが独自にオススメ動画を探し、提案しているものなのです。ですから再生履歴を削除すると自分の知らなかったYouTubeチャンネルとの出会いの機会が減ってしまうかもしれません。

Youtubeの視聴履歴は復元できる?

気をつけてもらいたいのは一度YouTubeの視聴履歴を削除してしまうと二度とその視聴履歴は復元出来ないことです。ですから視聴履歴を削除する前に本当に削除していいのかよく確認してください。

YouTubeの再生履歴の見方と削除方法(iPhone&Android)

phone

ここでは視聴履歴の見方と削除する具体的な方法を解説します。スマホとPCでの見方&削除方法を載せますので、自分の使っているデバイスに合わせて視聴履歴の削除方法を試してみてください。それではまずスマホでのYouTubeの視聴履歴の見方と削除方法を紹介します。

YouTubeの再生履歴の見方

スマホの公式YouTubeアプリで再生履歴の方法をご説明していきます。まずはスマホ版公式YouTubeアプリトップページ画面右下の「ライブラリ」をタップします。

YouTube

次に画面に表示される「履歴」をタップします。

YouTube

以上がYouTubeの再生履歴の見方です。もしもYouTubeミュージックを使っている際は、再生履歴の設定の変更はYouTube&YouTubeミュージックのどちらにも反映されるので気をつけてください。どういうことかと説明しますと、YouTubeミュージックのログインを同じアカウントでして、再生履歴を削除や一時停止をすると、同じくYouTubeでも再生履歴が削除されたり一時停止されるということです。以上を踏まえた上で削除を行ってください。では次に再生履歴の削除方法を紹介します。

YouTubeの再生履歴の削除方法


次にYouTubeの再生履歴を簡単に消す方法を紹介します。表示されたYouTubeの再生履歴の中から特定の動画のみ再生履歴から削除したい場合は右上にある縦に点が三つ並んだアイコンをクリックしてください。

YouTube

するとポップアップメニューが表示されるので、「再生履歴から削除」を選択して動画を削除します。

YouTube

全ての再生履歴を削除したい場合は再生履歴のメニューの右上にある縦に点が三つ並んだアイコンをクリックします。次に歯車マークの履歴の管理を選択します。

YouTube

あとは「再生履歴を削除」をクリックすれば簡単にYouTubeの再生履歴を削除できます。動画を一つずつ消すよりもこのようにまとめて消す方が簡単ですよね!

YouTube

以上がYouTubeの再生履歴の削除方法でした。是非参考にしてみてください。

YouTubeの再生履歴の見方と削除方法(PC)

YouTube

先ほどはスマホでのYouTubeの再生履歴の見方と消し方を説明しました。次にPCでのYouTubeの再生履歴の見方と削除方法を紹介します。

YouTubeの再生履歴の見方

まずはYouTubeのTopページから画面の左側にある履歴のアイコンを選択します。

YouTube

YouTubeの再生履歴の削除方法

もしも特定の動画だけを削除したい時は動画の右側にある「×」を選択すると別々に動画を簡単に削除することが可能です。

YouTube

全部のYouTubeの動画の再生履歴を削除したい時は履歴のメニューに戻り、右側メニューにある「すべての再生履歴を削除」を選択するだけです。

YouTube

またこの他にも視聴した動画を探す方法はあります。まずは以下のリンクにアクセスします。ここには携帯などの端末のYouTubeのアプリやYouTubeをWebでログインしているときに視聴した動画が表示されます。またGoogle クロームにログインしたままでYouTubeの他のwebサイトでYouTubeプレーヤーなどで見た動画も表示できます。ここでも再生履歴を消すことは可能ですが、ログインしたすべてのアカウントが影響を受けるので気をつけてください。

アップロード動画の消去する方法

YouTubeの再生履歴が残らない閲覧の方法はある?

YouTube

再生履歴が残らないようにいちいち削除するのが面倒くさいと思う方も多いと思います。その場合は最初からYouTubeの動画を閲覧してもデータが残らない設定をするべきです。また再生履歴が一時停止されているときに再生した動画は履歴に残らず、オススメの精度を上げるためにも使われることもないので安心してください。再生履歴を一時停止にするには先ほど開いたYouTubeの履歴のメニューを開き、「再生履歴を一時停止」を選択するだけです。これでYouTubeの動画を閲覧しても履歴に残らないようになります。

YouTube

再生履歴を一時停止にしたあとにオフラインになっていた、またはインターネットが切断されていた場合、再度オンラインに戻った時に履歴が元に戻っているか確認した方がいいです。万が一残っていても通常と同様、履歴に表示される動画はいずれも消すことができるので大丈夫です。

またログアウトしているときも、オススメの情報を特定のブラウザやアプリでの再生履歴によって受信することがあります。このような履歴は、プライバシー保護のため残らないですが、消すことや一時停止することは可能ですので心配でしたら消すことをおすすめします。

おすすめ動画と検索結果を管理する

実は再生履歴と検索履歴を意図的に消去したり、一時停止させておすすめ動画と検索結果を管理できます再生履歴と検索履歴を使いこなせば、YouTubeをより便利なものにできます。

例えば、似ている傾向の再生履歴を削除することにとって、次におすすめしてくる動画の種類を変えることができます。また再生した動画や検索した内容がその後に表示されるおすすめ動画や検索結果に影響しないようにするには、再生履歴または検索履歴が残らないよう一時停止してください。

YouTubeの再生履歴を削除しプライバシーを守ろう!

YouTube

ちなみにYouTubeは再生履歴のほかに検索履歴というものがあります。検索履歴とは前にに検索したキーワードを蓄積しておくもので、使用者がもう一度同じ言葉で調べようとした際に候補が素早く表示されるシステムになっています。一方再生履歴は、最初に述べた通り過去にユーザーが再生した動画の視聴履歴を蓄えることによって、YouTubeにある関連する動画等をユーザーにオススメ動画として提供するための情報として活用していきます。

どちらともユーザーがより便利にYouTubeを使えるようにしているものには何も変わりはないですが、そのものの使用方法に変化があります。どちらにしてもオリジナルの設定の状態だと履歴のまま情報が残ってしまいますので、嫌な方は閲覧の履歴が残らないように設定を変更しておくと良いと思います。
 

YouTubeのこの記事が気になった人へのおすすめ!

ThumbYouTubeの検索履歴を削除する方法!検索履歴を残さないようにするには?
YouTubeの検索履歴を人に見られたくない時、検索履歴を削除する方法や、検索履歴を残さない...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
白湯

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ