Slackの便利な使い方!登録や初期設定から連携アプリやショートカットを紹介!

Slackとは、社内コミュニケーションツールとして利用者が増加している注目のアプリです。Slackは機能が充実しているので、使い方を熟知すればビジネスマンの強力な味方になってくれます。今回はSlackの使い方を分かりやすくまとめてみました。

Slackの便利な使い方!登録や初期設定から連携アプリやショートカットを紹介!のイメージ

目次

  1. 1Slackについて
  2. Slackとは
  3. Slackの特徴
  4. 料金
  5. 2Slackの登録方法
  6. 3Slackの設定を変更する
  7. プロフィール・アイコンの設定
  8. 言語の設定
  9. デスクトップ通知の設定
  10. 外部サービスとの連携
  11. 4Slackの基本的な使い方
  12. 画面の見方
  13. メンバー招待
  14. チャンネルの使い方
  15. ダイレクトメッセージの使い方
  16. ファイル・メッセージの共有
  17. 検索の使い方
  18. 5Slackの便利な機能の使い方
  19. 6Slackと連携できる便利なアプリ
  20. Googleカレンダー
  21. Trello
  22. Wrike
  23. Github
  24. Dropbox
  25. RECEPTIONIST
  26. Googleハングアウト
  27. appear in
  28. Twitter
  29. 7Slackの使い方をマスターして業務の効率を上げよう!
  30. Slackの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

Slackについて

IT企業を中心に利用者が増えているSlack。その流れを追うかたちで一般の企業でも利用するところが増えてきています。

49858665 540804119757860 4371021509030551808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
damian_kidd

Slackとは

Slackとはスタッフ間のコミュニケーションを円滑に進めることのできる便利な多機能チャットアプリです。キーボードショートカットも充実しており、ユーザーに合わせた操作性をカスタマイズできます。

Slackコミュニケーション

ビジネスワークで多くの人に使われているチャットツールは他に「チャットワーク」がありますが、こちらは日本で開発されたサービスです。それに対してSlackとは、海外で開発されたサービスです。2017年11月17日よりUI(ユーザーインターフェース)が日本語化されました。

Slack_UI

SlackはアメリカのSlack technologies社で開発され、2013年8月よりサービス開始。2018年6月の時点で、DAU(1日にサービスを利用したユーザー数)が800万人を超え(世界100カ国以上を対象にリサーチ)現在日本では50万人以上のユーザーが利用していると言われています。日本語化のタイミングで日本法人も設立しています。

Slack増加

代表的なIT企業ユーザーとして米IBM、米Oracleがあり、日本ではディー・エヌ・エーがユーザー代表として挙げられます。社内のエンジニアグループがまず登録し、次に他部署に普及して、最終的に全社が活用することになるパターンが多いそうです。

49798912 253327582231051 6819714841477951746 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
signpost8

Slackの特徴

Slackとは、社内コミュニケーションツールとして、画像素材やドキュメントファイルの共有、ビデオ通話、タスク管理など一括して連携・運用できるアプリです。また、Slack のキーボードショートカットの充実は仕事の効率を高めるだけでなく、Slack を利用しやすいアプリにしています。

Slack機能

Slackは外部アプリと連携することで、その便利な多機能性をカスタマイズできます。Slackは簡単に連携できるアプリを1,500点以上用意しており、自分のニーズに合わせてアプリサービスを登録設定していくことで、複数のウインドウを切り替えて作業することなく、無駄のない動きで迅速に作業ができる環境を整えます。

47584300 1842429299199382 733925860600287065 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
bread_donuts_me

Slackの特徴の一つはチーム間の便利な会話機能です。チーム登録者であれば誰でも参加できるパブリックチャンネル、特定のスタッフだけで会話が可能なプライベートチャンネル、個人に直接連絡できるダイレクトメッセージ機能などがあります。

Slackメール

ユーザーはパソコン、スマホ、タブレットなど、あらゆる端末でコミュニケーションサービスを活用できるという便利なアプリです。

Slack端末

また、過去のコミュニケーションの履歴を必要に応じて保存でき、後で検索して資料として活用するといったことも簡単にできて便利です。

Slack検索

料金

料金体系は3つのグレードが用意されています。まず、お試しに最適なのが「フリー(無料)」プラン。「フリー(無料)」プランとは、無期限でSlack のサービスを活用できるプランで、比較的小さい規模のチーム向けと言えます。

Slackサービス

「フリー(無料)」プランは、連携できる外部アプリが10点、メッセージ履歴の検索可能件数が10,000件と制限があり、ファイルストレージはチーム全体で50GB、通話は一対一のみ、となっていますが、無料で使用できるサービスとしては十分便利な機能を備えています。

Slack無料

次に「スタンダード」プランがあります。料金は1ユーザーにつき、年払いで850円、月払いで960円となっています。こちらは連携できる外部アプリ、メッセージ履歴の検索可能件数が共に無制限で、ファイルストレージは1ユーザーにつき10GB、通話は15人までマルチコミュニケーション可能、となっており、本腰を入れて導入するチーム向けです。

Slackスタンダード

そして、最高グレードの「プラス」プランがあります。料金は1ユーザーにつき、年払いで1,600円、月払いで1,800円となっています。「スタンダード」プランの機能に加え、ファイルストレージは1ユーザーにつき20GB、毎日24時間体制で4時間以内のレスポンスサポート、といった内容になっており、よりプロフェッショナルな質を求めるチーム向けです。

Slack作業2

また、「スタンダード」プラン以上は、自分たちのチーム以外に外部ゲストをSlack チャンネルに招いて共同作業することもできて便利です。

Slackお客
ThumbSlackの有料版のメリット!無料プランをスタンダード・プラスプランに!
人気のビジネスチャットツール、Slackは無料プランでも数人のチームなら対応できます。しかし...

Slackの登録方法

Slackの新規登録は2パターンあります。新しくチームを登録するパターンと、既存のチームに参加するパターンです。

Slackチーム

新しくチームを登録するパターン

新しくチームを登録するパターンは、まず、https://slack.com/intl/ja-jp/create#emailE-mailより、ワークスペースを作成し、新規登録します。メールアドレスを入力して”次へ→”をクリックします。

Slack登録1

次に、登録したメールアドレスに送られる6桁の確認コードを入力します。

Slack登録2

チーム名を入力して”次へ→”をクリックします。

Slack登録4

プロジェクト名を入力して”次へ→”をクリックします。

Slack登録5

次に、メンバー招待の画面に移ります。招待するメンバーが決まっている場合はメンバーのメールアドレスを登録しますが、後から登録する場合は”後で”をクリックします。

Slack登録6

これで自分のチームのプロジェクトチャンネルが一つ作成されました。”Slackでチャンネルを表示する”をクリックします。

Slack登録7

チャンネルの作業画面が表示されます。次にアカウントを作成します。"アカウントを保存する"をクリックします。

Slack登録8

名前とパスワードを入力して、"次へ"をクリックします。

Slack登録9

次にワークスペース名とワークスペースのURLを入力画面に移ります。デフォルトで先ほど入力したチーム名が入っています。変更がなければ、そのまま"次へ"をクリックします。

Slack登録10

次に、ワークスペースに招待するメンバーのメールアドレスを入力します。後で入力する場合は、そのまま”完了”をクリックします。

Slack登録11

これでアカウントが保存され、ワークスペースの設定が完了しました。”さっそくSlackをスタート”をクリックします。

Slack登録12

ワークスペースが作成され、新規登録が完了しました。

Slack登録13

既存のチームに参加するパターン

社内slackなどの既存のチームに参加する場合は、招待メールから登録します。管理者が送る招待メール(feedback@slack.comから届く)内で、名前やパスワードなどを入力して参加します。

ThumbSlackの招待方法!メンバーをワークスペースに個別orリンクで全員招待する!
チームコミュニケーションツールSlackのワークスペースやチャンネルの作成方法、ワークスペー...

Slackの設定を変更する

Slackの各種設定変更の手順を説明します。

Slack設定

プロフィール・アイコンの設定

プロフィール・アイコンの設定はまず、画面左上に表示されているワークスペース名の横の"へこみマーク"をクリックします。

Slack設定1

開いたウインドウ内の上から2段目、"プロフィール & アカウント"をクリックします。

Slack設定2

次に画面右に表示される"プロフィールを編集する"をクリックします。

Slack設定3

編集画面のウインドウが開きますので、”プロフィール写真”の画像をクリックし(クリック①)、プロフィール写真候補の画像を選択して、最後に”変更を保存する”をクリックします(クリック②)。これで完了です。

Slack設定4

言語の設定

言語の設定も同じように、画面左上に表示されているワークスペース名の横の"へこみマーク"をクリックします。

Slack言語1

開いたウインドウ内の上から3段目、"環境設定"をクリックします。

Slack言語2

次の画面左上の"言語 & 地域"をクリックします。

Slack言語3

次の画面で”表示言語”"三角タブ"をクリックして言語を選択し、完了です。

Slack言語4

デスクトップ通知の設定

デスクトップ通知機能とは、常に最新の情報を掴んでおけるように設定されている便利な機能です。デスクトップ通知のデフォルト設定は、ワークスペースに参加した時点で有効になっています。ただ、インターネットブラウザの環境によっては通知表示の許可を求められることがあります。その際は”下線部”をクリックしてください。(例はGoogle Crome)

Slack通知1

クリックすると、許可を求めるポップアップが表示されるので、"許可"をクリックしてください。

Slack通知2

外部サービスとの連携

外部サービスとの連携も同じように、画面左上に表示されているワークスペース名の横の"へこみマーク"をクリックします。

Slack外部サービス1

"その他管理項目"にカーソルを合わせ、さらに表示されるウインドの中から”App管理”をクリックします。

Slack外部サービス2

Appディレクトリの管理画面に切り替わるので、"Appディレクトリを参照する"をクリックします。

Slack外部サービス3

この画面から検索機能を使って、連携するアプリを選択します。

Slack外部サービス4

連携するアプリを選択したら、アプリアイコン下の”インストール”をクリックします。

Slack外部サービス5

次の画面で"インテグレーションの保存"をクリックして完了です。

Slack外部サービス6

アプリによってはこの後に認証を求めてくるものもあります。その際は、その連携アプリのユーザー名、パスワードを入力して"連携アプリを認証"をクリックしてください。(写真はtwitterの例)

Slack外部サービス7
ThumbSlackのbotの意味と作り方!メッセージの受信・送信用botを作成!
Slackではbotを使用することで、ビジネスシーンでのコミュニケーションを円滑に進めること...

Slackの基本的な使い方

便利アプリ、Slackの基本的な使い方を以下にまとめました。

Slack使い方

画面の見方

画面左の帯にあるメニューの内容について説明します。

Slack画面1

①は"チーム名とプロジェクト名"で、ここをクリックすることで各種ユーザー設定ができます。②の"チャンネル"とはトピック枠です。トピックごとに情報を仕切って整理しています。③は"ダイレクトメール"で、個別のメンバーにメッセージ送る際に使用します。④は"メンバー招待"のコマンド、⑤は"アプリ管理"のコマンドです。

Slack画面2

メンバー招待

メンバーを招待する際は、"メンバーを招待"をクリックします。

Slack画面2

メンバー招待の画面に切り替わるので、赤枠内に招待したメンバーのメールアドレスを入力して”招待を送信する”をクリックします。任意で名前を入力でき、招待人数が多いときは行数を増やすこともできます。

Slack招待2

チャンネルの使い方

チャンネルとはトピックごとに参加メンバーを分けて、そのチャンネル内で情報共有・コミュニケーションを進めていくというものです。チャンネルは2つのタイプがあります。「パブリックチャンネル」と「プライベートチャンネル」です。

Slackグループ

パブリックチャンネルとは、チームメンバー全員に公開され、閲覧されるチャンネルです。投稿できるのは参加メンバーだけです。

Slack公開

プライベートチャンネルとは、参加メンバーだけが閲覧、投稿できます。参加していない他のメンバーには非公開となており、ワークスペース内で検索されても、存在を知られることはありません。

Slackプライベート

他に、共有チャンネルというものもあります。共有チャンネルとは、上位プランのスタンダードプラン、プラスプランでのみ使用できるチャンネルで、フリープランでは使用できません。他社のSlackユーザーをゲストとして招待してチャンネルを共有するものです。

Slackゲスト

作成方法

まず、"チャンネル"の横にある"+"マークをクリックします。

Slackチャンネル1

チャンネル作成画面が開きます。「パブリックチャンネル」を作成する場合はそのまま、チャンネル名、チャンネルの目的、招待メンバー(任意)を入力して”チャンネルを作成する”をクリックします。

Slackチャンネル3

新チャンネルが作成されたことが表示されます。

Slackチャンネル6

これで「パブリックチャンネル」の完成です。作成したチャンネルが画面左のチャンネル一覧に加わっています。

Slackチャンネル10

「プライベートチャンネル」を作成する場合は、チャンネル作成画面が開いたときに、緑で示された”パブリック”をクリックします。

Slackチャンネル5

するとタグが入れ替わって、「プライベートチャンネル」の設定に切り替わります。この後の手順は「パブリックチャンネル」と同様です。

Slackチャンネル6

参加方法

既存のパブリックチャンネルに参加する際は、画面左帯のメニューから"チャンネル"をクリックします。

Slack参加1

チャンネル一覧の場面に切り替わるので、検索機能を使って目的のチャンネルを選択し、そのチャンネルのページ最下段にある"チャンネルに参加する"をクリックして登録完了です。また、プライベートチャンネルの場合は招待を受けてから参加します。

Slack参加2

脱退する方法

チャンネルから脱退する場合は、画面の上方にある"歯車"マークをクリックします。

Slack脱退1

開いたウインドウの"[チャンネル名]から退出する"をクリックして完了です。プライベートチャンネルの場合は、この後に表示される"はい、このプライベートチャンネルから退出します"をさらにクリックして完了です。

Slack脱退2

チャンネル名の変更方法

チャンネル名を変更する場合は同様に、画面の上方にある"歯車"マークをクリックします。

Slack変更1

"その他のオプション..."をクリックします。

Slackチャンネル11

切り替わった画面より”このチャンネルの名前を変更する”をクリックします。

Slack変更2

チャンネル名変更画面が表示されるので、新しいチャンネル名を入力して、"チャンネル名を変更する"をクリックして完了です。

Slack変更4

ダイレクトメッセージの使い方

個別にメンバーにメッセージを送りたいときは、ダイレクトメッセージを使用します。

Slackメール10

送信方法

画面左帯のメニューのダイレクトメッセージから送り先のユーザー名を選びます。

Slack送信1

画面の下方にある入力欄にメッセージ内容を入力して"送信"をクリックします。この内容は送り先ユーザーと自分以外には表示されません。

Slack送信2

編集方法

ダイレクトメッセージを編集する場合は、画面の下方のメッセージ履歴で、編集するメッセージにカーソルを合わせると末尾にポップアップが表示されるので、その中の"・・・"マークをクリックします。

Slack編集1

表示されたウインドウの中から"メッセージを編集する"をクリックします。

Slack編集2

メッセージ編集画面が表示されるので、編集して"変更を保存する"をクリックして完了です。

Slack編集3

削除方法

メッセージを削除する場合は、削除するメッセージにカーソルを合わせて、末尾に表示されるポップアップの中の"・・・"マークをクリックします。

Slack削除3

表示されたウインドウの中から"メッセージを削除する"をクリックします。

Slack削除1

削除確認のウインドウが開くので、"削除する"をクリックして完了です。

Slack削除2

メンション付きで送る方法

メンションを付けてメッセージを送る場合は、メッセージ入力欄の末尾にある"@"マークをクリックします。ワークスペースのメンバーのリストが表示されるので、対象メンバーを選択するとメッセージ入力欄に名前が表示されます。

Slack外部メンション1

メンバーの名前の後にメッセージを入力して"送信"をクリックします。

Slackメンション3

また、他のメンバー検索の方法として、メッセージ入力欄に”@”を入力し、その後に文字を入力すると、検索されたメンバーが表示されます。

Slack外部メンション2

ファイル・メッセージの共有

Slackではファイルをメッセージ付きでアップロードすることができ、指定の個人メンバーやチャンネル参加メンバーとファイルを共有することができます。

Slackファイル

ファイルの送信方法

ファイルを送信・アップロードするには、まず、画面の下方にあるメッセージ記入欄の先端の"+"マークをクリックします。

Slack送信1

開いたウインドウの中の"自分のコンピューター"をクリックし、アップロードするファイルを選択します。また、アップロードするファイルを直接画面中央にドラッグ&ドロップすることもできます。

Slack送信2

ファイルを選択するとウインドウが開くので、下方にある共有相手の欄の"へこみマーク"をクリックします。チーム内のメンバーやチャンネルの一覧が表示されますので共有相手を選択してください。また任意でファイルに添付するメッセージも入力できます。

Slack送信3

共有相手を設定したら"アップロード"をクリックして完了です。

Slack送信4

ファイルの削除方法

保存されたファイルは画面の下方にメッセージと同様に履歴として表示されますが、ファイルを削除する場合は、末尾の"・・・"マークをクリックします。

Slack削除1

ウインドウが開くので"ファイルを削除する"をクリックします。

Slack削除2

削除確認のウインドウが開くので"はい、削除します"をクリックします。

Slack削除3

ファイルが削除された履歴が残ります。

Slack削除4

ポストの作成方法

ポストとは、マニュアルなどの情報量の大きいアイテムをメンバーと共有したいときに、共有しながら共同で編集できるという便利な機能です。ポストを作成するにはまず、ファイルのアップロードのときと同様にメッセージ記入欄の先端の"+"マークをクリックし、開いたウインドウから"ポスト"をクリックします。

Slackポスト1

ブラウザ上に別のタブとして「ポスト」のページが開きます。ポストのタイトルを入力して、画面右上の”共有”をクリックします。

Slackポスト2

共有相手の欄の"へこみマーク"をクリックします。

Slackポスト6

チーム内のメンバーやチャンネルの一覧が表示されます。共有相手を選択してください。

Slackポスト3

任意でファイルに添付するメッセージを入力し、必要であれば"他のメンバーの編集を許可する"にチェックを入れて、最後に"共有"をクリックします。

Slackポスト8

ポストが共有されて、画面右上のアイコン表示が変わっています。

Slackポスト9

検索の使い方

Slackには便利な検索機能があります。検索を始めるにはまず、画面の上方にある検索の欄をクリックします。

Slack検索1

検索のポップアップが開きます。

Slack検索2

文字を入力すると、文字に合わせて候補のメッセージやファイル等の一覧が表示されます。

Slack検索3

キーワードで検索を実行すると、検索結果のウインドウが表示されます。

Slack検索4

Slackの便利な機能の使い方

Slackには他にも便利な機能が多く用意されています。

Slack機能10

ピン機能の使い方

大切なメッセージ等のアイテムをピン留めして目につくように表示できます。画面の下方の履歴で、ピン留めするメッセージなどのアイテムにカーソルを合わせると、末尾にポップアップが表示されるので、その中の"・・・"マークをクリックします。

Slackピン6

開いたウインドウの中の"この会話にピン留めする"をクリックします。

Slackピン1

ピン留め確認のウインドウが開くので"はい、このメッセージをピン留めします"をクリックします。

Slackピン2

画面の上方のピンマークをクリックするとピン留めアイテムの一覧を確認できます。

Slackピン3

ピン留めしたアイテムが画面右のサイドバーエリアに表示されます。ピン留めは最高100アイテムまで設定が可能です。

Slackピン4

ショートカットの使い方

Slackには様々なキーボードショートカットが用意されています。ショートカットを使用することで、Slackの便利な機能をさらにスピーディーに使いこなせます。以下のキーを押すことで、画面右に使用可能なショートカットのリストが表示されます。

Slackショートカット1

ショートカットの表が見やすく表示されて便利です。ショートカットを使いこなすことで作業効率は飛躍的に上がるでしょう。

Slackショートカット2

代表的なショートカットを紹介します。以下のショートカットはクイックスイッチャーという機能で、チャンネルや会話をワンタッチで切り替えて作業できます。

Slackショートカット4

また、以下のショートカットを使えば、未読の会話がある場合でも、ショートカットで素早くチェックできます。

Slackショートカット7

以下のショートカットを使えば、前に見ていたチャンネルが分からなくなっても、ショートカットで簡単に戻れます。

Slackショートカット9

コピーリンク機能の使い方

コピーリンク機能とは、リンクをコピーしてメッセージに貼り付けると、メッセージ内で引用のように表示される機能です。

Slackリンク

ワークスペースのカスタマイズ

ワークスペースのサイドバーなどのカスタマイズができます。画面左上に表示されているワークスペース名の横の"へこみマーク"をクリックします。

Slackカスタマイズ1

開いたウインドウ内の上から3段目、"環境設定"をクリックします。

Slackカスタマイズ2

開いた画面の左の欄から"サイドバー"を選択すると、サイドバーの各種設定が行えます。

Slackカスタマイズ2

また、画面をそのまま下にスライドさせると自分好みのテーマも設定できます。

Slackカスタマイズ2

文字の装飾方法

Slackは記号文字を使って文字装飾ができる機能があります。

Slack文字10

太字はアスタリスク(*)で囲みます。その際注意が必要なのは、アスタリスクで囲った前後に文字があるときは半角スペースを入れる必要があります。

Slack文字1

取り消し線はチルダ(~)で囲みます。こちらも同様に、囲った前後に文字があるときは半角スペースを入れる必要があります。

Slack文字2

インラインコードという、バックをグレーにして赤文字で示す装飾はバックフォート(`)で囲みます。こちらも同様に、囲った前後に文字があるときは半角スペースを入れる必要があります。

Slack文字3

ブロックコード(かたまりのコード)という装飾は以下のようにバックフォート(`)を使って表現します。

Slack文字5

引用は(>)を使って表現します。

Slack文字6

イタリックはアンダーバー( _ )で囲みます。こちらも囲った前後に文字があるときは半角スペースを入れる必要があります。

Slack文字7
ThumbSlackのメッセージ引用方法!返信における共有との違いも解説
Slackでやりとりをしていると、説明などで過去のメッセージを引用する必要がでてきます。場合...

Slackと連携できる便利なアプリ

Slackと連携できる便利なアプリを説明します。

Slack連携

Googleカレンダー

Googleカレンダーと連携すると、自分の予定について事前に、Slackのチャンネル上やメールで知らせてくれます。

Slack_google

Trello

Trelloと連携すると、Trello上のタスクの進捗状況についてSlack上でも共有できるようになります。

Slack_Trello

Wrike

Wrikeと連携すると、Wrike上のタスクの進捗状況についてSlack上でも共有できるようになります。Trello連携と同様の機能なので、それぞれの環境によって使い分けるといいでしょう。

Slack_Wrike

Github

Githubと連携することで、Github関連通知をSlack上でも受けとれます。プログラムコードやデザインデータなどを取り扱う企業でGithubを活用しているところは連携しておくと便利です。

Slack_Github

Dropbox

Dropboxと連携すると、Dropboxの共有ファイルを Slack上で検索でき、Slack上で共有されたDropboxのファイルもDropboxに保存されます。複数のDropboxアカウントをSlackに紐づけられます。

Slack_dropbox

RECEPTIONIST

RECEPTIONISTとSlackを連携させることによって、webを使ったスマートな受付システムを構築できます。内線電話を使わずにSlack上で受付の管理が可能になります。

Slack_RECEPTIONIST

Googleハングアウト

社内でGoogleハングアウトを利用しているのであれば連携しておくと便利です。Googleハングアウトのビデオチャットに連携します。

Slack_Googleハングアウト

appear in

社内でappear inを利用しているのであれば連携しておくと便利です。Googleハングアウトと同様、ビデオチャットに連携します。

Slack_appear in

Twitter

SNSのアカウントと連携しておくとSlack上でSNSの通知を確認できます。チームでSNSを通じた外部のリアクションを把握できます。

Slack_twitter
ThumbSlackの絵文字やスタンプの活用方法!カスタム絵文字の作り方を解説!
ビジネスチャットツールのSlackは、高機能高性能で多くのユーザーを魅了しています。中でも、...

Slackの使い方をマスターして業務の効率を上げよう!

Slackとは、ただのチャットアプリではありません。あらゆる機能アプリと連携が可能なことで、多機能を一元管理してチーム全体でその機能を共有できるという、理想的な社内プラットフォームアプリです。キーボードショートカットも充実しているのでユーザーに合わせた操作性が実現できます。

Slackの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbSlackのリマインダー設定/削除方法!毎月の予約投稿でリマインドするには?
Slackは、ビジネスツールにも活用されている人気のチャットアプリです。仕事をさらに効率化を...
ThumbSlackのタスク管理方法!サービス連携してToDoリストでチェック!
ビジネスチャットツールのSlackを使っているとなんでもSlackの中で処理したくなりますが...
ThumbSlackとGitHubを連携してSlackで通知を受け取る方法!コマンドの設定は?
ビジネスチャットツールであるSlackをGitHubと連携させることができるのをご存知でしょ...
ThumbSlackが日本語に対応!スマホとPCでの日本語化の設定方法は?
利便性の高いビジネスチャットツールとしてかねてより注目を集めていたSlackですが、2017...
ThumbSlackの招待方法!メンバーをワークスペースに個別orリンクで全員招待する!
チームコミュニケーションツールSlackのワークスペースやチャンネルの作成方法、ワークスペー...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KOUSUKE
困ったときに役に立つ情報、今気になっている情報をピックアップして分かりやすく解説していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ