iPhoneへCDの音楽を取り込み!パソコン経由と直接で曲を入れる方法を解説!

自分が所有しているCDの音楽をiPhoneへ取り込みを行なう方法を本記事では解説していきます。パソコン経由ではiTunesを使って取り込みする一般的な方法だけではなくその他の方法や、CDから直接iPhoneに入れる方法も合わせて解説していきます。

iPhoneへCDの音楽を取り込み!パソコン経由と直接で曲を入れる方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneにCDの音楽を取り込みたい!
  2. パソコンを使って音楽を入れる方法は?
  3. パソコンがない場合の入れる方法は?
  4. 2iPhoneに直接CDの曲を取り込み
  5. CDレコーダーを利用
  6. CDレコーダーでの入れ方
  7. 3iPhoneにパソコン経由でCDの曲を取り込み〜iTunes〜
  8. iTunes
  9. iTunesでの入れ方
  10. 4iPhoneにパソコン経由でCDの曲を取り込み〜iTunes以外〜
  11. Windows Media Player
  12. Windows Media Playerでの入れ方
  13. AnyTrans for iOS
  14. AnyTrans for iOSでの入れ方
  15. 5iPhoneにCDの音楽を取り込みましょう!

iPhoneにCDの音楽を取り込みたい!

音楽好きの方々はもとより、CDを所有しているのが大部分でしょう。日常生活に潤いを持たせるためにも音楽は私達の身近なところに溢れています。家にあるCDはそのまま何もしなければ音楽を持ち運べる状態にはなっていません。しかし、お手持ちのiPhoneにCDの音楽を取り込み、持ち運びたいと考えている方のために、iPhone内に音楽を入れる入れ方を解説します。

いつでもどこでも一緒に持ち運べるiPhoneの中にCDの音楽を取り込み、外出する時にお気に入りの音楽で気分がアップすること間違いありません。自分に合わせた方法を見つけて、実際に試してみましょう。

iTunesのイメージ

パソコンを使って音楽を入れる方法は?

パソコンを使って音楽を入れる方法として、すぐに思いつくのはiTunesを使う方法でしょう。iTunesはパソコンとiPhoneをつなぎ合わせるためのソフトウェアで、Windows版とMac版が用意されています。Appleが無料で配布しているソフトウェアのため、すぐに利用できます。iTunesに音楽を取り込み、そのままiTunesを使ってiPhoneに転送する入れ方となります。

他にもiTunes以外にWindows対応のパソコンではWindowsに標準搭載されている「Windows Media Player」を利用して音楽をパソコンに取り込み、iPhoneに転送する入れ方があります。Macでは有料ソフトウェアになりますが「AnyTrans for iOS」というソフトウェアを使うことで、iPhoneに転送する入れ方ができます。

実際の手順については後述する「iPhoneにパソコン経由でCDの曲を取り込み」で解説していきます。

パソコンとデスク周りのイメージ

パソコンがない場合の入れる方法は?

iPhoneを利用しているもののパソコンを所有していない方の場合には、パソコンを経由してCDの音楽をiPhoneに入れる入れ方は利用できません。そのような場合には、iPhoneに直接CDの曲を取り込めるCDレコーダー「CDレコ」を利用する入れ方があります。iPhoneとCDレコーダーをケーブルで繋いで、CDの音楽を直接iPhoneに取り込めます。

CDのイメージ

iPhoneに直接CDの曲を取り込み

iPhoneに直接CDの曲を取り込む場合には、CDレコーダー「CDレコ」を利用します。CDレコとはアイ・オー・データ機器から発売されているiPhoneとケーブルで直接接続できる機器のことを言います。iPhoneとケーブルで直接続し取り込みするため、簡単に利用できます。ただし、パソコンを準備する必要はありませんがCDレコを必要とします。

パソコンなしで、お気に入りのCDをかんたんにiPhoneへ。世界初!ケーブル接続のCDレコーダー「CDレコ(CDRI-L24I)」新登場
CDドライブのイメージ

CDレコーダーを利用

CDレコーダー「CDレコ」を利用して曲をiPhoneに直接取り込むためには、まずはiPhoneに「CDレコ」アプリをインストールする必要があります。iPhoneにアプリをインストールし、iPhoneとCDレコをケーブルを使って接続、CDレコに取り込みを行ないたいCDをセットし、アプリ上で取り込みをすればCDから直接iPhoneに曲の取り込みができます。

CDの陳列イメージ

CDレコアプリをインストール

iPhoneで「App Store」アプリを起動し、検索欄に「CDレコ」を入力して検索してください。「CDレコ」が表示されていることを確認した上で「入手」ボタンをタップしてアプリのインストールをしてください。

CDレコのアプリ入手画面

CDレコーダーでの入れ方

iPhoneに「CDレコ」アプリをインストールすると、iPhoneとCDレコをケーブルを使って接続、CDレコに取り込みを行ないたいCDをセットしてください。iPhone上で「CDレコ」アプリを起動します。起動すると通信の許可を求めるダイアログが表示されるためここで「許可」をタップしてください。

次に、左上にある「メニューボタン」を押し、表示される画面で「CDを取り込む」をタップすると、CDレコにセットしたCDの曲がiPhoneに直接転送されます。あとは「CDレコ」アプリを使って好きな時に好きな曲を聞けます。「CDレコ」アプリではiTunesで取り込んだ曲も同一アプリ内で聞けます。

DVDのイメージ

iPhoneにパソコン経由でCDの曲を取り込み〜iTunes〜

ここではパソコン経由でCDの曲を取り込む入れ方について解説します。まずは、iTunesを利用して取り込む方法です。iTunesはAppleが無料配布しているソフトウェアで、パソコンとiPhoneを接続してデータをやり取りできます。さらに、iTunesにはWindows版とMac版が用意されているため、ほとんどの方がこの方法を利用できるでしょう。

iTunes

iTunesを利用すると所有しているCDをパソコン内に取り込むことができ、さらにはパソコンに取り込んだそれらのデータをiPhoneに転送できるソフトウェアです。パソコンにiTunesがインストールされていない場合には、iTunesを用意する必要があります。iTunesはAppleのサイトから無料ダウンロードできるため、ダウンロードして使ってみましょう。

iTunesのイメージ

iTunesインストール

iTunesをインストールするには下記のサイトから無料ダウンロードが可能です。Windows版をお使いの方はWindows版のインストールを、Mac版をお使いの方はMac版をインストールしてください。

iTunes をダウンロードする
iTunesのインストール

iTunesでの入れ方

iTunesのインストールが完了しているなら、iTunesを起動してください。iTunesを使ってiPhoneに転送する大まかな流れとしては、CDの曲をパソコン上に取り込み、パソコンからiPhoneに転送するという手順を順番に行なうことです。

手順1:読み込みたいCDをCDドライブ等にセットする前に、iTunesの「一般環境設定」を開き、その中から「読み込み設定」を開きます。

iTunesの一般環境設定

手順2:「読み込み設定」で読み込み方法と設定を確認し、「OK」をクリックして設定を反映させてください。この設定が完了してから音楽を読み込みたいCDをCDドライブ等にセットしてください。

iTunesの読み込み設定のイメージ

手順3:CDドライブ等にCDをセットするとiTunesが自動的に立ち上がり、CDをインポートするのか確認を促すダイアログが表示されるため「はい」をクリックします。あとは、インポート作業が自動的に行われます。

手順4:iPhoneをパソコンに接続し、ミュージックを同期してください。同期する際には自分で指定した曲のみを転送することも可能です。

iPhoneにパソコン経由でCDの曲を取り込み〜iTunes以外〜

iPhoneに曲を取り込む方法はiTunesだけではありません。他の方法も用意されているので、必要に応じて使い分けてください。ここでは、主にWindows向けとして「Windows Media Player」を利用する方法、Mac向けとして「AnyTrans for iOS」を利用する方法をご紹介します。

Windows Media Player

Windows向けには「Windows Media Player」という無料配布されているソフトウェアを利用します。Windows Media PlayerにはCDを取り込む機能が備えられているため、CDの曲をパソコンに取り込めます。しかし、パソコンからiPhoneに転送する機能はWindows Media Playerには残念ながら存在しません。

パソコンからiPhoneに転送するためには「iCareFone」という有料ソフトウェアを使うことで解決できます。

WindowsMediaPlayerのイメージ

Windows Media Playerをインストール

Windows Media Playerをインストールするには下記のサイトから無料ダウンロードが可能です。ダウンロード後にセットアップファイルを実行して、手順通りにインストールしてください。

Windows Media Player の入手
音楽のイメージ

Windows Media Playerでの入れ方

Windows Media Playerのインストールが完了しているならば、Windows Media Playerを起動してください。まずは、Windows Media Playerを使ってCDの音楽をパソコンに取り込みます。そして、引き続き有料ソフトウェアであるiCareFone(無料ダウンロードにより動作を体験できます)を使い、パソコンからiPhoneに転送するという手順で曲を取り込むことになります。

iCareFone : iPhone向け本格的ファイルマネージャー
iPhoneとの接続イメージ

AnyTrans for iOS

Mac向けには「AnyTrans for iOS」という有料ソフトウェア(無料ダウンロードにより動作を体験できます)が存在します。「AnyTrans for iOS」にはCDをパソコンに取り込んでiPhoneに転送する機能が備えられているため、iTunesと同じように利用できます。

AnyTransのイメージ

AnyTrans for iOSをインストール

AnyTrans for iOSをインストールするには下記のサイトから無料ダウンロード(有料ソフトウェアですが実際の動作を体験可能です)ができます。ダウンロード後にセットアップファイルを実行して、手順通りにインストールしてください。

AnyTrans
AnyTransインストーラーの画面

AnyTrans for iOSでの入れ方

AnyTrans for iOSのインストールが完了しているならば、AnyTrans for iOSを起動してください。AnyTrans for iOSを使ってiPhoneに転送するためには、AnyTrans for iOSを使ってCDの曲をパソコン上に取り込み、パソコンからiPhoneに転送するという手順で曲を取り込むことになります。

AnyTransのイメージ

iPhoneにCDの音楽を取り込みましょう!

お手持ちのCDをiPhoneに取り込むことで、いつでもどこでもお気に入りのCDと一緒に過ごせるようになります。しかも、一度に何枚ものCDを持ち歩けるため、気分に合わせて好きな音楽を楽しめます。iPhoneにCDの音楽を取り込む作業が必要ですが、一度やっておけば後はCDを取り出すことも無く音楽を聞けますので、iPhoneを使って快適に音楽を楽しめます。

空CDのイメージ

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ムラカミテツミ
釜山在住日本人のムラカミテツミです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ