iPhoneのバックアップのやり方!iCloudとiTunesで保存する方法は?

iPhoneの故障や紛失に備えて写真や動画を保存したい、でもそのやり方が分からない。そんな経験はありませんか。iPhoneのバックアップ機能を使う、というのがその答えです。今回はそんなiPhoneのバックアップのやり方についてご紹介します。

iPhoneのバックアップのやり方!iCloudとiTunesで保存する方法は?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのバックアップってそもそも何?
  2. 2iPhoneのバックアップ方法は2つ
  3. 3iPhoneのバックアップでiCloudを使うやり方
  4. 4iPhoneのバックアップでiTunesを使うやり方
  5. 5iPhoneをバックアップのやり方をもしもの場合に備えて知っておこう

iPhoneのバックアップってそもそも何?

日常生活や普段の会話の中でも、よく耳にするバックアップ。皆さんはバックアップの意味をご存じでしょうか。これから、iPhoneのバックアップとは何なのか、またiPhoneのバックアップをすることのメリットについて説明します。

バックアップとは

バックアップとは、iPhoneの中に保存されている写真、動画といったデータを、iPhone内ではなく、さらに安全な別の場所に保存することです。このバックアップをする「安全な別の場所」には、パソコンや、この記事の後半でご説明するiCloudが含まれます。

別の言葉に置き換えるなら、バックアップとは、iPhone内に蓄積されているデータ(写真や動画など)の複製可能なコピーをiPhone以外の場所に保存し、いつでも必要であれば取り出せるようにすることです。またバックアップとは、iPhone内のデータの予備を取っておくこと、とも説明できます。

このように、バックアップは非常に便利で重要な機能であることが分かります。

バックアップをするメリット

iPhoneをバックアップする最大のメリットは、当然のことながら、iPhone内の大切な情報を損失することなく大切に保存することです。iPhoneをバックアップすることの必要性をこんな観点から考えてみてください。皆さんはこれまで、何かの拍子に、iPhoneや他の端末で撮影した大切な写真を消してしまった、という経験はないでしょうか。

過去に戻ってもう一度同じ写真を撮り直すことは二度とできません。もしかしたらその結果、家族の大切な1ページを失ってしまったかもしれません。

また、皆さんのiPhoneにはたくさんの友達、仕事の取引先などの電話番号、Line番号、また個人情報が多く保存されているはずです。iPhoneに保存された、それらは全てのデータは、皆さんにとって財産とも言えるはずです

iPhoneに保管されたそうした貴重な「財産」を、ちょっとした電気系トラブルや他の予期せぬ問題によって全て失ってしまったらどうでしょうか。消えたデータをiPhoneに再び復元することはできません。このように、iPhoneや他の端末をバックアップすることの重要性は日々増大しています。

iPhoneをこまめにバックアップすれば、iPhoneに保存されている貴重な「財産」を失うことなく、後生に残すことさえできるのです。バックアップの必要性を言い尽くすことはできません。

ThumbAndroidからiPhoneへのデータ移行方法!乗り換え・機種変更で引き継ぎするには?
スマホの機種変更でAndroidからiPhoneへ乗り換えをする際に、つまずきがちなのがデー...

iPhoneのバックアップ方法は2つ

iPhoneのバックアップには、大きく分けて2つのやり方があります。これらから、iPhoneをバックアップするために欠かせない、それら2つのやり方を詳しく説明します。

iCloudを使ってバックアップするやり方

まず始めに、iPhoneをバックアップするのに欠かすことのできないiCloudについて簡単に説明します。iCloudとは、iPhoneの端末内にあるデータを、インターネット上で保存する、オンラインストレージのことです。iCloudにログインすれば、iPhoneを含めどの端末からも、バックアップによって保存されたデータにアクセスできます。

iCloudは、iPhone購入時に、Apple IDを使ってサインインすると、自動的にバックアップの設定が行われます

iTunesを使ってバックアップするやり方

iPhoneのバックアップに欠かすことのできないもう一つのもの、それがiTunesです。iTinesとは、iPhoneとパソコンをつなげるソフトウェアのことです。iTunesには様々な機能がありますが、その中にiPhoneのバックアップ機能があります。iTunesを使ってiPhoneのバックアップをするには、パソコンにiTunesをインストールする必要があります

iPhoneのバックアップを行うには、iPhoneとパソコンを付属のUSBケーブルで接続する必要があります。これで、iPhoneのバックアップを行う準備が整います。

iCloudとiTunesの違い

では、iCloudによるiPhoneのバックアップとiTunesによるiPhoneのバックアップにはどのような違いがあるのでしょうか。大きく分けて2つの違いがあります。それはiPhoneのバックアップのやり方とiPhoneに納められているデータのバックアップ先である保存場所です。通常Wi-Fi接続が可能な環境であれば、どこにいてもiCloudでiPhoneのバックアップを行うことができます。

しかし、iTunesは、パソコンとの接続が可能な環境でなければiPhoneのバックアップを行うことはできません。ただし、パソコンとの接続を介してiTunesによりバックアップをする場合、データの保存先をiCloudかパソコンかのどちらかに選択することが可能です

iCloudでバックアップしたiPhoneのデータは、Apple社が運営するクラウド、つまりインターネット上でデータを保存できるストレージで管理されます。しかし、iTunesでバックアップされたデータは、その接続先であるパソコン内に保存されます

ThumbiTunesのiPhone写真同期方法!iPadやiPodからPCに画像を転送するには?
iTunesを使ってiPhoneなどのiOSデバイスと写真を同期する方法を紹介します。iCl...

iPhoneのバックアップでiCloudを使うやり方

既にiCloudによってiPhoneをバックアップするやり方の概要について説明しました。ここでは、iPhoneのバックアップをiCloudで行うやり方と手順を具体的に説明します。

iPhoneからバックアップする

iPhoneのバックアップは、手動と自動の両方で行うことができます。始めに、iPhoneのバックアップを手動で行うやり方の説明をします。まず、バックアップを行う前に、iPhoneがWi-Fiに接続されていることを確認します。そして、iPhoneの「設定」画面から、「ユーザー名」へと進み、「iCloud」を選択します。

「iCloudバックアップ」を選択した後、「今すぐバックアップを作成」を選択し、バックアップを行います。バックアップ終了後、最後のバックアップ作成日時を確認できます。

次に、iPhoneのバックアップを自動で行うやり方の説明をします。自動でiPhoneのバックアップを行うには、まず、「設定」画面、「ユーザー名」、「iCloud」、「iCloudバックアップ」まで進み、「iCloudバックアップ」がオンになっていることを確認します。

また、バックアップを行う前に、iPhoneが電源、Wi-Fiに接続されていること、さらにiPhoneの画面がロックされていることを確認します。加えて、iCloudのストレージにバックアップするだけの十分の容量があるかを確認します。その後、iPhoneのバックアップが自動的に行われます。

ThumbAndroidでiCloudを使う方法!iPhoneを探すやiCloudドライブ・メールの利用方法は?
写真やメールをパソコンやスマホでスムーズに閲覧やり取りできる、iCloudをご存知でしょうか...

iPhoneのバックアップでiTunesを使うやり方

iTuneを使ってiPhoneのバックアップをするやり方の概要については、既に説明しました。
ここでは、iPhoneをバックアップするもう一つのやり方である、iTunesを用いたiPhoneのバックアップについての手順を具体的に説明します。

iTunesのロゴ

パソコン(Mac)からバックアップする

まず、パソコン(Mac)を用いて、iPhoneをバックアップするやり方を説明します。パソコン(Mac)には、DockにiTunesがあらかじめインストールされていますので、iPhoneのバックアップをおこなうために、インストールされているiTunesを開きます

iPhoneのバックアップをする前に行うことがあります。iTunesを開き、「iTunes」、「環境設定」、「デバイス」、「iPod, iPhone, およびiPadを同期しない」に進みます。

そこで同期しないにチェックを入れ、自動同期の設定を停止します。確認ができたら、iPhoneを付属のUSBケーブルでパソコンに接続し、バックアップの準備をします。

iTuneの画面が起動しますので、画面上部に表示されるiPhoneの小さなアイコンを選択します。

その後、「概要」へと進み「今すぐバックアップ」を選択します。iPhoneのバックアップが開始されます。iPhoneのバックアップが完了すると、Appleマークが表示されます。

パソコン(Windows)からバックアップする

次に、パソコン(Windows)を用いてiPhoneのバックアップをするやり方を説明します。パソコン(Windows)には、パソコン(Mac)とは異なり、バックアップに必要なiTunesがインストールされていません。そのため、iPhoneをiTunesでバックアップするためには、ご自身でiTunesをインストールしていただく必要があります

iTunesをインストールするには、使用されているパソコンのOSがwindows 7以降でなければなりませんので、あらかじめ確認をしてください。

windows 10の画面

続いて、パソコン(Windows)にバックアップに必要なiTunesをインスト-ルするやり方を説明します。AppleウェブサイトからiTunesをダウンロードしていただきます。iTunesの画面が起動したら、画面上に表示される「Get it from Microsoft」を選択します。

その後、英語に画面が変わり、画面上に表示される「Obtener」を選択します。

画面がmicrofoft  storeに変わり、その画面に表示される「instalar」を選択します。iTunesのインストールが開始されます。インストールが完了したら、画面を閉じます。これで、iPhonのバックアップの準備が整います。

パソコン(Windows)にiTunesがインストールされたら、iPhoneのバックアップを行います。iPhoneとパソコン(Windows)を、付属のUSBケーブルで接続し、バックアップの準備をします。iTuneの画面が起動しますので、画面上部に表示されるiPhoneの小さなアイコンを選択します。その後、「概要」へと進み「バックアップ」の「このコンピューター」を選択します。

iPhoneのバックアップが開始されます。バックアップが完了すると、画面上部にAppleマークが表示されます。

ThumbWindowsのIE(Internet Explorer)のバージョンアップ方法!最新に更新するには?
このページでは、IEを最新のIE11にバージョンアップする方法を分かりやすく説明しています。...

iPhoneをバックアップのやり方をもしもの場合に備えて知っておこう

今回は、iPhoneのバックアップのやり方について説明しました。皆さんの「貴重な財産」とも言えるデータを安全に守り、失わないために、ぜひ、iPhoneのバックアップのやり方を覚え、まだ知らないお友達やご家族に伝えてください。

ThumbClipboxのバックアップをとる方法!PCにデータ移行して保存するには?
本記事ではClipboxのバックアップデータをPCやクラウドサービスに移行、保存する方法をご...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伊藤清貴
現在南米のサッカー大国アルゼンチンに、妻と愛犬のミニチュア ピンシャー「チキ」と暮らしています。これまで20年間で...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ