iPhoneバックアップは暗号化する方がメリットあり!暗号化なしとの違いを解説!

iPhoneのバックアップをiTunes経由でPCに取る場合には暗号化する方法としない方法があります。iPhoneのバックアップを取る場合には暗号化ありの方がメリットがありますが、デメリットもあります。この記事は暗号化する方法とそのメリットについて解説します。

iPhoneバックアップは暗号化する方がメリットあり!暗号化なしとの違いを解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのバックアップは暗号化しよう!
  2. バックアップの暗号化とは?
  3. iCloudへのバックアップは常に暗号化されている
  4. iTunesへのバックアップは暗号化ありとなしが選べる
  5. 2iPhoneのバックアップを暗号化した場合の保存されるデータの違い
  6. 暗号化なしの場合の保存されるデータについて
  7. 暗号化ありの場合の保存されるデータについて
  8. バックアップデータの容量の違いについて
  9. 3iPhoneのバックアップを暗号化することのメリット・デメリットとは?
  10. メリットについて
  11. デメリットについて
  12. 4iPhoneのバックアップを暗号化しないことのメリットとデメリット
  13. メリットについて
  14. デメリットについて
  15. 5iPhoneのバックアップを暗号化する方法
  16. iTunesでの設定方法
  17. 暗号化したバックアップを復元する方法
  18. 6iPhoneのバックアップを暗号化したパスワードを忘れた場合には?
  19. iCloudにバックアップしなおしてから復元
  20. パスワード復元ソフトを使う
  21. 7iPhoneのバックアップは暗号化した方がいい!

iPhoneのバックアップは暗号化しよう!

iPhoneはこまめにバックアップを取る必要があります。バックアップを取っておかないと、万が一iPhoneが壊れてしまった場合や機種変更をした場合に、iPhoneに入れていた情報が復元できなくなってしまいます。iPhoneのバックアップ方法は、iCloudに取る方法とiTunesに取る方法があります。

iTunesに取る方法ではバックアップの暗号化ありのバックアップ方法と、暗号化なしのバックアップ方法を選ぶことができます。この記事ではiPhoneのバックアップを暗号化ありと暗号化なしで取った場合の違いと、暗号化してバックアップを取る方法について詳しく見ていきましょう。

バックアップの暗号化とは?

iPhoneのバックアップを暗号化するというのはどういったことなのか解説します。バックアップを取るときには、iPhoneの情報を誰でも見られて復元できるような状態でバックアップする方法が暗号化なしのバックアップです。

一方で暗号化ありのバックアップというのは、バックアップデータをエンコードして情報をロックします。エンコードというのはあとから特殊な方法を使えば元に戻せるように変換することです。エンコードしてロックした状態でバックアップすることで、第三者のiPhoneには復元できない形でバックアップすることができます。

暗号化することで、暗号化なしの時にはバックアップデータに含めることができなかった個人的な情報もバックアップに含めることができます。暗号化なしでバックアップした時には、アプリのIDやパスワードは保存されませんが、暗号化ありではバックアップデータにIDやパスワードもすべて含めることができます。

復元した後でアプリをIDやパスワードの入力なしですぐに使えるようになるので、バックアップは暗号化ありを選択することがおすすめです。

iCloudへのバックアップは常に暗号化されている

今回、この記事でiPhoneのバックアップを暗号化する方法をお伝えするのはiTunesへのバックアップの方法だけです。iCloudへのバックアップを暗号化するための操作方法や設定方法は特にありませ。というのは、iCloudへのバックアップは常に暗号化されているために、特に暗号化するために追加で操作する必要がないからです。

iCloudはいつでも5GBのストレージを無料で使えます。iCloudへバックアップを取るためには良好な通信環境が必要ですが、Wi-Fi接続できるのであれば通信料金もかかりません。iCloudへバックアップを取れるのなら、自動的に暗号化されるiCloudへこまめにバックアップしておくことをおすすめします。

iTunesへのバックアップは暗号化ありとなしが選べる

一方でiTunes経由でPCへバックアップをするときには、暗号化ありと暗号化なしのバックアップを選ぶことができます。デフォルトの設定では暗号化なしになっているので、暗号化ありでバックアップしたい場合にはiTunesで暗号化の設定をする必要があります。

iTunesへのバックアップを暗号化するためにはパスワードが必要です。パスワードを忘れるとバックアップの復元ができなくなってしまうので注意しなくてはいけません。

ThumbiPhone「すべての設定をリセット」ではアプリやデータは消えない!機能を解説!
iPhoneの「すべての設定をリセット」をしたことはありますか。iPhoneの「すべての設定...

iPhoneのバックアップを暗号化した場合の保存されるデータの違い

iPhoneのバックアップをiTunesに取った場合には、暗号化なしと暗号化ありで保存されるデータの種類には違いがあります。こちらでは暗号化した場合としない場合の保存されるデータの違いについてみていきましょう。

暗号化なしの場合の保存されるデータについて

暗号化なしの場合にバックアップデータに保存されるデータは次の通りです。
 

  • iPhoneにデフォルトでインストールされている基本アプリの情報
  • インストールしたアプリの情報(ログイン情報や履歴データは含まない)
  • アプリの配置など

IDとパスワードを使ってログインする必要があるアプリは、暗号化なしの場合でもバックアップからアプリ自体は復元できます。しかし、すべてのアプリでIDとログインパスワードを使ってログインしなおす必要があるので、復元後の作業がとても面倒くさくなります。

暗号化ありの場合の保存されるデータについて

暗号化ありでiPhoneのバックアップを取った場合に保存されるデータには、暗号化なしで保存できるデータに加えて次のものが含まれます。
 

  • インストールしたアプリの履歴やログイン情報
  • キーチェーン情報
  • Apple Payのデータ
  • WEBの履歴
  • Wi-Fiの設定情報
  • 指紋認証データ
  • ヘルスケアデータ


暗号化なしで保存されるデータと比べると、暗号化ありの場合にはログインIDやパスワード、Webの閲覧や利用の履歴情報といった、とても個人的なプライバシーにかかわる情報も保存されることがわかります。バックアップデータは暗号化ありにすることで、個人情報にかかわるところまで保存できるので、復元が簡単になります。

バックアップデータの容量の違いについて

バックアップするデータを暗号化した場合と暗号化しない場合のデータの容量の違いが気になるという人もいます。暗号化した場合には、暗号化しないデータには含まれないデータも含まれるので当然データの容量は大きくなります。

しかし、実際に暗号化したデータと暗号化しないデータの容量を比べてみると、その差はとてもわずかなものです。暗号化しないデータが3GB程度だった場合には、暗号化したデータの容量は3.1GB程度になるかならないか程度の違いしかありません。データ容量が心配で暗号化しない、という選択は考える必要がない程度の違いしかありません。

ThumbiPhoneでドコモメールを受信できない・メールが届かない原因と対処法を解説!
iPhoneをドコモで契約した人で、ドコモメールが受信できない・届かない状況に悩んでいる人は...

iPhoneのバックアップを暗号化することのメリット・デメリットとは?

iPhoneのバックアップを暗号化することにはメリットとデメリットがあります。また、暗号化しないことにもメリットデメリットがあります。こちらではiPhoneのバックアップを暗号化することのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。まずは暗号化することのメリットとデメリットを解説します。

メリットについて

iPhoneのバックアップデータを暗号化することのメリットには次のようなメリットがあります。

データを保護できる

暗号化したiPhoneのバックアップデータには必ずパスワードがかけられます。パスワードを破らなければバックアップデータから復元できませんし、バックアップデータを解析して中のデータを取り出すこともできません。

iPhoneをバックアップするときのパスワードはiTunesやPC上には保存されません。iPhoneやiCloudにも保存されません。パスワードをかけた人の頭の中にしか保存できないので、予測しにくいパスワードを設定していれば、第三者がパスワードを突破してバックアップデータを利用することは難しくなります。

暗号化されたバックアップデータには、Apple Payの支払い情報など重要な情報も入っているので、ここまで厳重に保護する必要があるのはもちろんことです。暗号化したデータはとても厳重に保護されるので安心できます。

パスワードや指紋認証などプライバシーに関する情報もバックアップできる

iPhoneのバックアップを暗号化することのメリットには、ログインIDやパスワード、指紋認証、Webの閲覧履歴、Apple Payの支払い情報などの重要な個人情報もバックアップできるようになるという点です。Apple Payにはクレジットカード番号や、残高がたくさん残っているiTunesギフトカードを登録している人もいるでしょう。

最近ではスマホ決済アプリの普及が目覚ましいので、PayPay、楽天ペイなどの決済アプリをiPhoneに入れている人もいることでしょう。Apple Payやスマホ決済アプリの情報が万が一第三者に漏れてしまったら、金銭的な被害を受けてしまう可能性もあります。

また、住所や氏名や、Webでどのようなコンテンツを見ているのかというのは一人一人のプライバシーにかかわる問題です。iPhoneのバックアップを暗号化することで、このような重要な個人情報も、第三者への流出の危険性なくバックアップデータに含めることができるようになる点は、暗号化することの大きなメリットといえるでしょう。

アプリなどの復元が楽になる

iPhoneのバックアップを暗号化すると、アプリなどの復元がとても楽になります。iPhoneのバックアップを暗号化なしで行うと、ログインが必要なアプリは、ログインIDやパスワードをアプリごとに入力しなければ復元後に使えません。使っているアプリの数が多ければ、この作業だけでかなり時間がかかり大きな手間になってしまいます。

しかし、暗号化したバックアップデータから復元すれば、ログインIDやパスワードが入力された状態で復元できます。iPhoneを機種変更するときも、バックアップデータから復元するだけで、すぐに今までと全く同じ状態でiPhoneを使い始めることができるのは大きなメリットです。

デメリットについて

iTunesに取ったiPhoneのバックアップを暗号化することにはメリットもあればデメリットもあります。こちらではデメリットについてみていきましょう。

iTunesではバックアップ時に設定が必要

バックアップを暗号化することのデメリットというのは、iTunesでバックアップするときに設定が必要になるというデメリットがあります。PCにライトニングケーブルでiPhoneを接続すると、iTunesが自動的に立ち上がってバックアップの確認が出ます。

この時にすぐにバックアップしてしまうと、デフォルトの設定では暗号化することができません。暗号化するための設定方法を知らなければ暗号化できない、というのはデメリットとして考えていいでしょう。

パスワードを忘れると復元できなくなってしまう

iPhoneをiTunesに暗号化してバックアップするときにはパスワードを設定する必要があります。このパスワードは復元するときにも利用します。パスワードを設定して暗号化してバックアップしたデータから復元するときには、パスワードを忘れてしまうと復元できなくなってしまいます。

こまめにパスワードを入力してバックアップを取っていれば問題ないでしょうが、しばらくバックアップを取っていなくてパスワードを忘れてしまった場合には大変です。iPhoneが問題なければ新しくバックアップを取り直せばいいのですが、iPhoneが壊れてしまったり、機種変更して古いiPhoneの情報を消去してしまったあとでは復元できなくなります。

iPhoneを暗号化ありでバックアップするときには、パスワードを絶対に忘れないように注意しましょう。パスワード忘れが心配な場合には、自動的に暗号化されるiCloudへバックアップすることをおすすめします。

ThumbiTunesとiPhoneをWi-Fi経由で同期する方法!設定手順を解説!
iTunesはiPhoneや他のiOSデバイスにとってはなくてはならないツールです。USBケ...

iPhoneのバックアップを暗号化しないことのメリットとデメリット

iPhoneのバックアップを暗号化しないことにもメリットとデメリットがあります。こちらでは暗号化しない場合のメリットとデメリットについても見ておきましょう。

メリットについて

iPhoneのバックアップを暗号化しないことのメリットには次のようなメリットがあります。

パスワードを覚えなくて済む

iPhoneのバックアップを暗号化しないことのメリットには、パスワードを覚えなくても済むというメリットがあります。復元後にWi-Fiの接続情報やアプリごとのパスワード入力の手間はありますが、Wi-Fiのパスワードは簡単に調べることができます。

アプリごとのパスワードはログインIDのメールアドレスさえわかれば、忘れても簡単に再発行できます。しかし、iPhoneのバックアップを暗号化した時のパスワードは忘れてしまったら元も子もありません。アプリそのものは暗号化しなくてもバックアップが取れるので、パスワードを覚えなくても済むという理由で暗号化しない人も少なくありません。

デメリットについて

iPhoneのバックアップを暗号化しないことのデメリットには次のようなデメリットがあります。

復元するときにアプリの設定を0からやり直し

バックアップを暗号化しないことの最も大きなデメリットは、アプリやWi-Fiの設定を0からやり直さなければいけなくなることです。暗号化しなければログインIDやパスワードがバックアップデータに保存されないので、復元後にいちいち手入力しなくてはいけません。

最近では簡単なパスワードではセキュリティ能力が低いということで、英数字や大文字を含めた複雑なパスワードを求められることもよくあります。また、以前使っていたパスワードでは再設定できないアプリも増えていました。

複雑なパスワードをiPhoneに手入力するのはちょっとした手間がかかります。この面倒くさい手間をかけなくてはいけない点は、iPhoneのバックアップを暗号化しないことの大きなデメリットとなります。

ThumbiPhoneの買い替えはいつがベスト?お得な時期や本体の寿命など解説!
iPhoneを使っているとAppleのサービスに絡み取られ、買い替えるのもiPhoneになり...

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

iPhoneのバックアップを暗号化する方法についてみていきましょう。

iTunesでの設定方法

iPhoneのバックアップを暗号化するかしないかは、iTunesdでPCにバックアップするときに決めることができます。iCloudにバックアップを取る場合には、特に暗号化の設定はしなくても自動的に暗号化されます。

PCにライトニングケーブルを使ってPCにiPhoneを接続します。するとiTunesが自動的に立ち上がります。PCがiPhoneを認識すると左サイドバーにiPhoneが表示されるので、iPhoneのマークをクリックしてiTunesにiPhoneの設定を表示します。

iTunesでiPhoneの設定が表示できたら、自動でバックアップするのか手動でバックアップするのか選びます。自動でバックアップするときには、「自動でバックアップ」で「このコンピュータ」を選択して、さらにその下にある「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れます。

するとパスワードの入力画面が出るのでそちらにパスワードを決めて入力します。するとLightningケーブルでiPhoneをPCに接続するたびに暗号化されたバックアップが自動で取れるようになります。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

手動でバックアップをする場合には上の画面の「手動でバックアップ」の「今すぐバックアップ」をクリックします。するとバックアップを暗号化するかどうか尋ねる画面が出るので、そちらの画面で暗号化を選びます。

するとパスワードの入力画面が出てくるので、そちらにパスワードを入力すると暗号化したバックアップがはじまります。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

暗号化したバックアップを復元する方法

暗号化してバックアップしたデータを復元する方法は簡単です。バックアップをしたのと同じPCにiPhoneをライトニングケーブルで接続してiTunesを立ち上げて、iPhoneの設定ページを開きます。すると「手動でバックアップ/復元」のところに「バックアップを復元」というボタンがあるので、こちらをクリックします。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

すると確認メッセージが表示されます。バックアップを複数取っている場合や、複数のiPhoneを使っている場合には、こちらから復元するバックアップファイルを選べます。バックアップファイルを選択したら「復元」のボタンをクリックします。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

バックアップを暗号化している場合にはパスワードの入力を求められます。こちらに正しいパスワードを入力して「OK」をクリックするとバックアップがiPhoneに復元できます。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法
ThumbiPhoneで位置情報を友人や家族と共有する方法!「友達を探す」機能を解説!
iPhoneの位置情報共有アプリを使っていますか。このアプリを使うことで家族の安全性から友達...

iPhoneのバックアップを暗号化したパスワードを忘れた場合には?

iTunesへのバックアップを暗号化した場合には、パスワードを忘れてしまったら復元することができなくなります。暗号化していないバックアップも取ってあれば、暗号化していないバックアップから復元することで、何とか使える状態にできる場合もあります。

しかし暗号化したバックアップしかとっていない場合にはiPhoneが使えなくなってしまうこともあります。暗号化してバックアップした時のパスワードを忘れた場合の対処法についてみておきましょう。

iCloudにバックアップしなおしてから復元

元のiPhoneがまだ使える状態であれば、まずはiCloudにバックアップを取りましょう。万が一iCloudのストレージ容量が足りない場合には、月額130円で50GBのストレージを買い足すことができます。最低利用期間はないので、バックアップに利用するときだけ購入してすぐに解約しても大丈夫です。

iCloudへのバックアップなら自動的に暗号化されるので、アプリのログイン情報やApple Payの支払い情報も復元できます。iCloudにバックアップしなおしてから復元することをおすすめします。また、パスワードを覚えている自信がない場合には、普段からiTunesではなくiCloudへバックアップするようにしておきましょう。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法

パスワード復元ソフトを使う

すでに元のiPhoneを処分してしまったり、壊れてしまって中のデータをバックアップできない場合には、PCに保存してあるバックアップデータから復元するしかありません。そのときには、パスワード復元ソフトを使うとiTunesで設定したバックアップを暗号化するためのパスワードを復元できる可能性があります。

Apple社が正式に認めている方法ではないので、復元ソフトを利用するときには完全に自己責任で行う必要があります。しかし、どうしてもパスワードを思い出せなくて、iPhoneを復元できない場合にはこの方法を使うしかありません。

パスワード復元ソフトは無料で使えるものがいろいろとあります。「iPhoneバックアップパスワード復元ソフト」と検索すると、いろいろなソフトが見つかります。使い勝手のよさそうなものを選んで使ってみましょう。

なお、フリーソフトの中には怪しいウイルスが仕込まれている場合もあります。利用するときにはPCにセキュリティソフトを入れて、ウイルスの侵入をガードできるようにしてからソフトをダウンロードやインストールしましょう。

iPhoneのバックアップを暗号化する方法
ThumbiPhoneの便利な文字入力方法20選!入力が簡単になる機能・設定を解説!
iPhoneの便利な文字入力方法20選!入力が簡単になる機能・設定を解説します。iPhone...

iPhoneのバックアップは暗号化した方がいい!

この記事ではiPhoneのバックアップを暗号化することのメリットやデメリットや、暗号化してバックアップを取る方法についてみてきました。iTunesに接続すれば自動的にiPhoneをバックアップできますが、デフォルトの設定では暗号化されていないことに気が付いていない人も少なくないでしょう。

暗号化されていないと、復元後に元通り使えるようにするのがかなり大変です。パスワードを覚えておかなくてはいけないというデメリットもありますが、暗号化するメリットの方が大きいといえるでしょう。iPhoneをバックアップするときにはぜひ暗号化して、安全にすべてのデータを復元できるようにしておきましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ