iOSとAndroidの違いを比較!どっちのスマホが使いやすい?

iOSとAndroidの基本的な違い、一般的なiOSとAndroidの違いの比較を紹介します。どっちのスマホが使いやすいかなど、機能や性能、メリットデメリットから分かりやすく比較していきます。また、どっちのスマホが向いているのがどんな人かも解説していきます。

iOSとAndroidの違いを比較!どっちのスマホが使いやすい?のイメージ

目次

  1. 1iOSとAndroidの基本的な違いとは
  2. iOSとAndroidの特徴と強み
  3. 基本ソフトOSが違う
  4. 製造過程の違い
  5. アプリの配信環境の違い
  6. 販売価格の違い
  7. 世界シェアの違い
  8. 2iOSにあってAndroidにはないものは?
  9. 3D Touch
  10. アクセサリーの種類が豊富
  11. バックアップと復元しやすい
  12. Lightning端子
  13. 3AndroidにあってiOSにないのは?
  14. 戻るボタン
  15. マルチウインドウ/マルチタスク
  16. ワンセグ/フルセグ
  17. ロック解除機能の豊富さ
  18. ストラップが付けられる
  19. SDカードにデータを保存
  20. LED通知
  21. 端末が豊富
  22. MicroUSB端子
  23. UIを変えられる
  24. 4iOSとAndroidの機能・性能を比較します!
  25. アプリの種類で比較
  26. 音楽機能の比較
  27. カメラ性能を比較
  28. 生体認証の比較
  29. おサイフケータイ・決済方法の比較
  30. 音声認識の比較(siri/Google)
  31. セキュリティに強い
  32. 防水・防塵・防沫
  33. 5iOSとAndroidのメリットとデメリットから比較する
  34. iOS
  35. Android
  36. 6iOSとAndroidのどっちのスマホが使いやすい?
  37. 万人受けはiPhone
  38. 機能はAndroid
  39. おすすめな人
  40. 7iOSとAndroidは使いやいスマホを選ぼう!

iOSとAndroidの基本的な違いとは

スマホのイメージ

iPhoneは「Apple」が作りましたが、Androidは「Google」が作ったスマホのOSです。iPhoneのOSはiOSですが、AndroidのOSはAndroidです。どっちのスマホが使いやすいのか、iOSとAndroidのそれぞれの各方面からの比較してみましょう。

iOSとAndroidの特徴と強み

特徴と強みのイメージ

iOSとAndroidの特徴や強みの違いを簡単にまとめました。Apple社のiOSの方は、しっかりコントロールされていますが、Google社のAndroidではユーザーの自由度が高いのがポイントです。

 

  特徴 強み
iOS
  • 一貫性が高く操作がシンプルで初心者でも使いやすいこと。
  • 不具合が少ないこと。
  • 古い機種も最新osにアップデートできる
  • iPhoneの使用感はほとんど変わらない
  • 長く使うことができる
  • セキュリティに強い
Android
  • 自分が使いやすいようにカスタマイズできること。
  • 自由度が高いこと。
  • 用途に合わせて選べる
  • カスタマイズできる
  • 多種多様なメーカーがある

基本ソフトOSが違う

OSのイメージ

まず、OS(Operation Systemの略)の解説です。基本ソフトOSの違いは、「iOSはApple社」、「AndroidはGoogle社のOS」です。

  os
iPhone iOS
Android Android

iPhoneのOSであるiOSは、iPhone以外に使用されないためiOSをバージョンアップすれば端末も進化します。AndroidではGoogle社のOSですが端末メーカーが異なるためアップデートはメーカー対応ですので、最新のOSに対応できない場合があります。

製造過程の違い

製造のイメージ

  iPhone Android
os iOS Android
os開発 Apple Google
端末メーカー Apple fujitsu/kyocera/sharp/sony/samsung/asus/lwnovo/lgエレクト/htc

iPhoneのiOSはApple社で製造しています。Androidでは、各端末メーカーがGoogleのOSをカスタマイズして製造しています。多種多様なAndroidスマホが販売されています。

アプリの配信環境の違い

iOSのイメージ

iOS市場にアプリを公開してから、Android市場にアプリを公開しますiOSがiPhoneのみですので、Androidのように多様なメーカーがあると、メーカーごとにアプリのバージョンを用意する必要があります。

販売価格の違い

本体価格のイメージ

iPhoneのiOSは、本体価格は10万円を超える機種があります。GB数が高いほど値段も上がります。例えば、iPhone(64GB):124,800円、(256GB):141,800円、(512GB):164,800円です。旧型のデバイスのiPhoneSEでも40,000円以上の値段がします。

Androidでは、1万~2万円でスマホを購入することができます。Androidの最新機種は7万円前後です。スマホは、ネットやメールだけなどの簡単な使い方をする場合は2万円以下で購入する方が断然お得です。例えば、Android(64GB):47,000円~、(128GB)40,000円~などです。格安SIMを利用できるのもAndroidです。

世界シェアの違い

世界的にシェア率のイメージ

日本ではiPhoneのシェア率が67%以上で、Androidでは33%です。世界的にシェア率を見ても日本ではiOSが非常に多いです。国によっては、iPhoneのiOS人気が下がったり、使用率が半数ずつであったり変化しています。Androidの方が世界的にシェア率が82%で、iOSが12%と高いです。日本市場ではiOSがダントツで高水準です。

  iOS(iPhone) Android
世界 82% 12%
アメリカ 53% 47%
イギリス 45% 54%
カナダ 54% 46%
ドイツ 30% 70%
中国 20% 80%
台湾 40% 60%
韓国 30% 70%
ロシア 25% 75%
日本 67% 33%

iOSの日本でのシェア率が高い理由は、海外ではiPhoneが高級品であり、Androidの方が安いことが上げられます。国内シェアでは、iPhone(iOS)は6年連続1位です。世界的シェアではAndroidのメーカーではサムスンが首位で、ファーウェイも各メーカーが挙がってきています。

iOSにあってAndroidにはないものは?

Appleのイメージ

各OSの比較していきますが、ここでは、iOSにあって、Androidにないものから両社の比較をしてみます。

3D Touch

3D Touchのイメージ

iPhoneのみの「3D Touch」機能です。「Peek」「Pop」の操作でコンテンツを開く手間なくプレビューできます。

アクセサリーの種類が豊富

アクセサリーのイメージ

iPhoneはデザインが変わらないのと、国内シェア率が高いためアクセサリーや周辺機器はiPhone(iOS)の方が種類や可愛いアクセサリーが豊富です。iPhoneは女性からの人気が高いです。

バックアップと復元しやすい

iCloudにバックアップのイメージ

iPhoneではiCloudにバックアップを取ったり、PCでiTunesにバックアップを取ることで、復元することができます。Androidよりも簡単に復元できます。Androidでは機種によってバックアップの方法が異なります。

Lightning端子

Lightning端子のイメージ

iPhoneは独自「Lightning端子」です。Androidでは他のUSB機器ケーブルが使用できます。AndroidとiPhone(iOS)では充電ケーブルには互換性を持っていませんので別々に用意する必要があります。

AndroidにあってiOSにないのは?

Androidのイメージ

次は、Androidにあって、iOSにないものから、違いを比較してみましょう。

戻るボタン

戻るボタンのイメージ

Androidには「戻るボタン」があります。iPhoneに機種変更すると、戻る方法が分からないという人も多くいます。iPhoneでは戻るボタンはアプリによって場所が違います。

マルチウインドウ/マルチタスク

マルチタスクのイメージ

Androidにしかない機能です。iPhoneでは切り替えてマルチタスクできますが、Androidでは2画面同時に表示できます。検索しながら、メモを取ったり2画面で効率よく作業が進められます。

ワンセグ/フルセグ

ワンセグ/フルセグのイメージ

Androidにはワンセグ/フルセグがあります。iPhoneには、ワンセグ/フルセグがありません。リアルタイムにテレビを視聴できるのはAndroidのみです。

ロック解除機能の豊富さ

指紋認証のイメージ

Androidの画面ロックの種類には、PIN、顔認証、指紋認証、虹彩認証、Smart Lockが使える端末があります。Smart Lockは、持ち運び検知機能(身につけている間は端末ロック解除)や信頼できる場所(HOMEにいるとき端末ロックを解除)、信頼できる端末(登録したデバイスの近くで端末ロックを解除)などあります。

ストラップが付けられる

ストラップのイメージ

iPhoneではストラップが付けることができませんが、Androidではストラップを付けることができます。iPhoneはケースにストラップを付けることができるタイプがあります。

SDカードにデータを保存

SDカードのイメージ

AndroidではSDカードにデータを保存できるので、安いAndroidスマホ32GB数を購入したとしてもSDカードを買い足すと容量を増やすことができます。iPhoneは64GBから容量を決める必要がります。iPhoneの容量不足は機種変更が必要です。

LED通知

LED通知ランプのイメージ

AndroidにはLED通知ランプがありますが、iPhoneには不在通知などを知らせる通知ランプがありません。Androidではスリープ状態でメールを受信しても表示されませんが、iOS(iPhone)では画面に表示されます。どっちのスマホがどんな人に使いやすいのかというと、ビジネスではLED通知ランプのあるAndroidの方が人気があります。

端末が豊富

端末メーカーのイメージ

Androidは、各メーカーがGoogle社のOSで開発と製造をしています。端末メーカーが豊富で、グレードもたくさんあります。価格も1万~あり、カスタマイズも可能です。

端末メーカー:富士通、京セラ、サムスン電子、LGエレクトロニクス、HTC、ソニー、シャープが主要メーカーです。

メーカー ブランド名  
ソニーモバイル XPERIA(エクスペリア)  
シャープ AQUOS  
富士通コネクテッド arrows  
京セラ 「DIGNO」「URBANO」「rafre」「TORQUE」  
サムスン電子 Galaxy 韓国メーカー
LGエレクトロニクス isai 韓国メーカー
HTC HT-03A 台湾メーカー
ファーウェイ SIMフリースマートフォン 中国メーカー
ASUS ZenFone 台湾メーカー
レノボ Moto  

MicroUSB端子

MicroUSB端子のイメージ

Androidは「MicroUSB端子」です。充電やPCの接続でUSB機器ケーブルが使用できます。iPhoneは独自の端子です。

UIを変えられる

ユーザーインターフェースのイメージ

Androidは、ユーザーインターフェースを変えることができます。

iOSとAndroidの機能・性能を比較します!

機能や性能のイメージ

機能や性能に違いがあるのか、どっちも変わらないのか、違いを比較してみましょう。

アプリの種類で比較

アプリの数が多いイメージ

AndroidのGooglePlayとiPhoneのAppStoreの比較では、Androidの方がアプリの種類が10万以上多いです。iOS市場からAndroid市場にアプリを公開されますが、自由度が高いAndroidの方がアプリの数が多いです。しかし、中には、iOSにのみあるアプリで、Androidにないアプリもあります。必ずしも、Androidのアプリ数が多いために、全てのアプリが使用できるわけではありません。

Appleのアプリの審査は、Googleのアプリ審査より厳しいため、アプリの種類はAndroidより少ないですが、iOSの方がアプリの不具合が少ないです。また、Androidは正規のストア以外からアプリをダウンロードを認めていますが、iPhoneのiOSでは、正規のストアからのダウンロードしか認めていません。

音楽機能の比較

音質のイメージ

iPhone(iOS)とAndroidでは音質とミュージックプレイヤーが違います。AppleのiPhoneでは、AppleMusicは使いやすいですが、ハイレゾに対応していません。音質が気になる場合はイヤホンを変えることで向上します。

Androidの音質ではSONY Xperiaシリーズがハイレゾに対応しています。採用が増えている最新のステレオシステム「Dolby Atmos」があります。Dolby Atmosは、音源が周囲から立体的に聴こえるバーチャルサラウンドを体験できます。

カメラ性能を比較

一眼レフカメラ並みのイメージ

iPhone(iOS)X/XS/XS Maxでは、広角かつ望遠のデュアルカメラを搭載しています。デュアルカメラでは2つのレンズで一眼レフカメラ並みの機能を発揮します。AndroidのHuawei(ファーウェイ)P20 Proは世界初のトリプルカメラを搭載しています。誰でもプロ品質の写真撮影ができます。

生体認証の比較

顔認証のイメージ

パスワードの代わりに生体情報でロック解除する機能の比較をみてみます。AppleのiPhoneでは指紋認証システム「Touch ID」や顔認証「Face ID」があります。iPhoneの指紋認証は精度が高くボタンに触れるだけでロック解除できます。

Androidでは指紋認証、顔認証、虹彩認証があります。指紋認証はほとんどの機種で対応しています。水濡れと肌荒れは認証できない可能性があり注意が必要です。iPhoneで知名度がある顔認証ですが、暗闇では認証できません。虹彩認証はこれからですが、就寝中でも安心ですが、サングラスやメガネは認証できません。

iOSとAndroidのどっちにもあるのは、指紋認証と顔認証です。

おサイフケータイ・決済方法の比較

おサイフケータイのイメージ

  おサイフケータイ・決済方法
iPhone(iOS) Suica/iD/Quickpay
Android Suica/Edy/WAON/nanaco/iD/Quickpay

音声認識の比較(siri/Google)

音声アシスタントのイメージ

音声アシスタントの人工知能です。iOSではsiri、AndroidではGoogleアシスタント、Amazonのアレクサなどがあります。音声認識では、一番賢いのはGoogleアシスタントです。音声認識に利用目的で多いのは検索と調べ物です。

セキュリティに強い

セキュリティに強いイメージ

セキュリティに強いのはiPhone(iOS)です。古いバージョンでも最新のOSにアップデートできるのでセキュリティ面ではダントツに良いです。

Androidではいつの間にか情報流出しているという場合があります。Androidのアプリは審査が簡単に通ってしまうのでセキュリティが心配なアプリが多く存在しています。

防水・防塵・防沫

防水のイメージ

格安のAndroidには、完全防水タイプがあります。IPレベル8で水中形の防水機能のスマホがあります。水没実験で30分間浸水しても問題ないという結果です。

iPhoneは、完全防水ではありません。防水規格はIPレベル7です。防水ではなく耐水です。一時的な水没のみの耐性であって、水没保証もなく、修理費用がかかります。iPhoneを保護する場合は防水ケースを使用する必要があります。

ニーズが高い防水タイプのスマホがおすすめの人は、お風呂でスマホを見る人(IPレベル7以上おすすめ)や台所で使う人(IPレベル4以上おすすめ)、アウトドアに行く人(IPレベル6以上おすすめ)などには便利です。以下防水規格です。

防水規格 種類 保護
IP6 耐水 強い噴流水でも問題ないレベル
IP7 防浸 一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没でも問題ないレベル
IP8 水中 継続的に水没でも問題ないレベル

iOSとAndroidのメリットとデメリットから比較する

メリットデメリットのイメージ

それぞれの違いを説明してきましたが、iPhone(iOS)といえば直感的に使えて、Androidは細かくカスタマイズできるという特徴があります。具体的なメリットデメリットをまとめた結果からどっちのスマホが良いのか比較してみましょう。

iOS

Apple社のOSのイメージ

Apple社のOSであるiOSのメリットデメリットから使いやすいのはどっちのスマホか比較してみましょう。

メリット

メリットのイメージ

  1. 国内シェア率が高いため、困ったら解決しやすい
  2. 初心者でも使えるシンプルな操作
  3. Apple製品と同期できる(iPadやmac)
  4. アクセサリーの種類(ケースやグッズ)が多い
  5. セキュリティが安心

Apple製品のMACなどと同期ができます。iPadやMACを持っている人にはメリットがあります。国内シェア率が高いので、不明なところは聞けば解決しやすいです。設定も簡単で、感覚的に操作もできて、機種変更してもほとんど変わりません。アクセサリーの種類も多いのでケースをオシャレにできます。セキュリティが強いので、アプリも安心して使用できます。

デメリット

デメリットのイメージ

  • 本体価格が高い
  • 一貫性が強く、カスタマイズできない
  • データ容量

販売価格でも説明しましたが、機種代が10万円を超える機種があるのでiPhoneは高いです。使いやすいというメリットがありますが、それがユーザーが価格と性能が釣り合わないと判断した場合はデメリットになります。ホーム画面のカスタマイズやストラップを付けたりはできません。

iPhone(iOS)では、データ容量が増やせないため、最初から使う容量を把握してから購入する必要があります。写真を多く撮ったりする人は容量少ないと一杯になります。その場合は、iCloudやGoogleDriveを利用することになります。標準アプリは削除できないので容量も埋まります。

Android

Androidのイメージ2

Google社のOSであるAndroidのメリットとデメリットから使いたいのはどっちなのか比較してみましょう。

メリット

良いイメージ

  • 本体価格は1万円からある
  • Googleアプリとの相性がいい
  • 設定項目をユニークにカスタマイズできる
  • SDカードが使える
  • おサイフケータイが豊富

価格の違いで説明しましたが2万円以下の格安でスマホを購入できます。Google社で開発されたAndroidスマホはGoogleスプレッドやGoogleマップなどのアプリをよく使う人には使い勝手が良いです。設定のカスタマイズも自由度が高くオシャレにデザインできたり、天気予報や歩数計も自由に設定することができます。カメラの画質も候補が多く選択できます。SDカードに写真や音楽を入れることができますので容量を確保できます。おサイフケータイをよく使う人にはメリットが多いです。

デメリット

危険のイメージ

  • 危険なアプリがある
  • 機種ごとに設定が変わって複雑である
  • 機種の情報がないものがある
  • セキュリティが心配である

Androidのアプリには、不正なアプリが多く流通しています。セキュリティをしっかりして、アプリのレビューを確認したり、アプリ名を検索してからダウンロードする必要があります。アプリの中には個人情報(クレジットカード情報など)を盗み出すアプリもあります。

設定がカスタマイズ性が高いため、機種が変わると設定も異なるので複雑になっています。機種を検索しても情報がないものがあります。操作で困った場合は聞ける人がいない可能性があります。カスタマイズが好きな人には向いていますが、苦手な人にはセキュリティでもカスタマイズするとデメリットとなります。

メリットデメリットから、Androidではセキュリティに不安があり、iPhoneではセキュリティが高く機能に制限がありますが、Androidでは自己責任で何でもできる端末という結論です。

iOSとAndroidのどっちのスマホが使いやすい?

どっちのスマホのイメージ

どっちのスマホにするか悩んだ場合は、自分の使い方や価格面で決めると良いでしょう。機能は、特に強いこだわりがない場合はiOSとAndroidではどっちも似ている機能はありますので、どっちを選んでも問題はないです。

万人受けはiPhone

万人受けのイメージ

iOSのiPhoneは操作が簡単で全世界共通で使えます。デザインも機種ごとに大きな変化もしないため、OSを最新にアップデートすることで長期間使うことができます。操作感がサクサクのためレスポンスも非常に良いです。

機能はAndroid

機能が豊富のイメージ

機能が豊富なのはAndroidです。ただし、Androidには販売メーカーやシリーズによって機能に違いがあります。機能差がない機種やおサイフケータイがない機種もあります。Androidはアップデートが頻繁に行われませんので古いままのOSを使うこともあります。Androidでは必要なアプリだけインストールできますが、iPhoneでは標準アプリは削除できません。

おすすめな人

オススメ/向いている人のイメージ

iOS(iPhone)とAndroidがオススメ/向いている人をご紹介します。

機械やカスタマイズが好きな人はAndroid

機械のイメージ

Androidは、自由度が高く自分好みにカスタマイズできます。PCなどの機器を設定したりするのが好きな人はAndroidが向いています。

iOSのiPhoneは、一貫性が強く、機械やPCが得意ではない人に向いています。操作が比較的シンプルなため機種変更しても使い勝手が変わらないのもiPhone(iOS)です。

ゲーム好きな人はiPhone

ゲームが好きな人のイメージ

ゲームアプリなどは、iPhoneのiOSから作成する企業が多いです。iPhoneは規格が統一されているので作成しやすいです。アプリやゲームの性能はiPhoneの方が動作がスムーズでストレスが少ないです。ゲームが好きな人はiPhoneのiOSがおすすめです。

音楽を聴く人はAndroid

音楽を聴く人のイメージ

スマホのAndroidでは写真や音楽をSDカードを入れることができます。さらに、多くの音楽ファイルに対応していて、音質もXperiaやギャラクシーは優れています。Androidは、iTunesを使う必要も無いです。

iPhoneは無料音楽ダウンロードアプリが充実しています。iPhoneでCDをiTunesを使って取り込む必要があるので手間がかかります。どっちも音楽ストリーミングは充実しています。

初心者の人はiPhone

初心者向けのイメージ

iOSのiPhoneではシンプルな操作感で使いやすく初心者向けです。スマホ初心者の人にはおすすめです。一貫性のある操作性があるので、カスタマイズしない人に好まれています。

安いスマホが欲しい人はAndroid

比較的低価格のイメージ

iPhoneは10万円を超える機種がありますが、Androidでは2万以下で購入することができます。比較的低価格のスマホで最新機種が欲しい人はAndroidの方が多種多様な種類があります。支出の面でも、スマホにこだわりがない場合はAndroidがおすすめです。

スマホを長く使う人はiPhone

iPhoneの平均寿命は「3年~4年3カ月」が多いです。公式では最大3年です。ユーザーの中には4年~5年も使用している方が多いです。6年の方もいます。機種変更がを検討する人が多いのは3年です。Appleは、販売終了した機種の部品を販売製造終了から5年間保存しています。

平均寿命のイメージ

Androidの平均寿命は「1年~2年」が多いです。Androidはアップデートが打ち切られると最新アプリが対応しません。本体のアップデートがされないとセキュリティも古いままです。Androidでも5年は使用する人もいます。Androidに関しては、平均寿命は曖昧なままです。

スマホを長く使う人は「iPhone」がおすすめです。どっちもスマホの機種変更が必要な症状とは、充電がすぐ減る、勝手に再起動するなどです。寿命が近いと、充電が100%でも電源が勝手に切れます。

iOSとAndroidは使いやいスマホを選ぼう!

iOSとAndroidののイメージ

以上、iOSとAndroidの違いを説明してきましたが、どっちのスマホが使いやすいと思いましたか?

AndroidとiOSでは、特徴や強み、シェア率、機能、性能、価格などが異なりますが、どっちも優れたスマホです。メリットデメリットもあり、個性の強さから好みのスマホを選びやすいです。

この記事を読んで、iOSとAndroidを比較してみて、生活に使いやすいスマホを選んでください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ma-gol
Windows10・Android・iPhone/MOS資格有。趣味は旅行。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ