Outlookでメール作成時にBCC欄を表示して送信する方法を解説!

Windowsでメールというと「Outlook」ですが、案外「BCC」「CC」の意味が、わからず使っている方が多いと思います。本記事ではそんな「BCC」「CC」を、Outlookでの使い分けから設定方法まで、分かりやすく解説します。

Outlookでメール作成時にBCC欄を表示して送信する方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1OutlookでBCC欄を常に表示しておく設定方法
  2. 設定変更方法
  3. 2OutlookでBCC欄を一時的に表示してメール送信する方法
  4. 設定変更方法
  5. 3Outlookで送信済みメールのBCC欄を確認する方法
  6. 「送信済みアイテム」から確認可能
  7. 4「宛先」「CC」「BCC」の違いと使い分け方法
  8. 「宛先」には送りたい相手のメールアドレスを入力
  9. 「CC」には内容を把握してほしい相手のアドレスを入力
  10. 「BCC」は宛先を表示せずに一斉メールの送信が可能
  11. 5OutlookでBCC欄を適切に使おう!

OutlookでBCC欄を常に表示しておく設定方法

普段何気なく使っている「Outlook 」ですが、意外と「Bcc」とか「CC」って、何か知らずにいる方も多いのではないでしょうか。本記事では 「前半で「BCC」の「表示の仕方」「使い方」後半でどのように、使い分けるかについて解説します。

設定変更方法

最初に「BBC」のアドレス欄を”常に表示させておく”方法を解説します。

OutlookでBCC欄を常に表示1

デスクトップかタスクバーの「Outlook」アイコンをクリックして起動させます。

OutlookでBCC欄を常に表示2

「Outlook」画面が開いたら、「ホーム」をクリックして「メニュー」を開きます。

OutlookでBCC欄を常に表示5

メニューバーの端の「新しい電子メール」をクリックします。

OutlookでBCC欄を常に表示3

するとメールを作成するページが現れます。アドレス欄を見ると「宛先」と「CC」しかありません。そこで「BCC」を表示させるために「オプション」をクリックします。

OutlookでBCC欄を常に表示4

現れたメニューより「BCC」をクリックすると、すぐにアドレス欄に反映され「BCC」が表示され入力できるようになりました。

OutlookでBCC欄を一時的に表示してメール送信する方法

次に「BCC」欄を使いメールを送信する場合でも、アドレス欄の「Bcc欄」の表示を”一時的”だけにする方法を紹介します。

設定変更方法

OutlookでBCC欄を一時的に表示1

先ほどの様に「ホーム」⇒「新しい電子メール」とクリックして送信欄を開きます。次に上の図の様に「CC(C)...」をクリックします。

OutlookでBCC欄を一時的に表示3

すると「CC」欄の下に「BCC」欄が表示されます。

OutlookでBCC欄を一時的に表示5

こうしてBCC欄にアドレスを入力して、メールを送信すると、BCC欄は一回限りの表示になり次回は表示されません。

Outlookで送信済みメールのBCC欄を確認する方法

送信済みメールのBCC欄を確認する方法を次に解説します。「BCC」か「CC」か「宛先」かは下記のようにすれば分かります。

「送信済みアイテム」から確認可能

「送信済みアイテム」から確認可能1

Outlook トップ画面から「送信済みアイテム」をクリックします。

「送信済みアイテム」から確認可能2

「送信済みアイテム」から送信メールをダブルクリックします。

「送信済みアイテム」から確認可能3

すると、送信メールが開かれ、差出人アドレスが「宛先」「CC」「BCC」のどれかに表示され、どの形態で送信されたかが分かります。

ThumbOutlookメールの転送設定!他のメールアドレスに自動で転送する方法を解説!
Outlookメールで利用できる、メール転送の設定方法を紹介します。Outlookメールをビ...

「宛先」「CC」「BCC」の違いと使い分け方法

仕事、プライベートでOutlookのメールを送る際の「宛先」「CC」「BCC」の使い分けについて考えてみましょう。

「宛先」には送りたい相手のメールアドレス

「宛先」には送りたい相手のメールアドレスを入力

メールを送る際、アドレスを「宛先」にするのは、折り返し「返事」を求める相手に、メールを送信する場合です。「CC」「BCC」より優先順位は高くなります。

「CC」には内容を把握してほしい相手のアドレスを入力

「CC」の欄ににアドレスを書いて送る相手は、メールの内容のみならず、送信されたメンバーの事も、把握してもらいたい相手になります。送信元のメンバーのアドレスと、「CC」送信されたメンバー全員のアドレスを知ることができます。

「CC」には内容を把握2

「BCC」は宛先を表示せずに一斉メールの送信が可能

「BCC」に送られたメンバーは、メールの内容と送信元のアドレスしかわかりません。同じ内容のメールが一斉に複数に送信されても、他のメンバーのアドレスは分かりません。それゆえグループのリーダーからの、「一斉メール」に利用されることが多いのです。

ThumbGmailのメールをOutlookで受信/同期する設定方法!できない時の対処法も解説!
誰でも簡単に取得できて機能も充実しているGmail。そんなGmailをOutlookで受信・...
OutlookでBCC欄を適切

Outlookのショートカットアイコンをデスクトップに表示させる方法

ショートカットアイコンをデスクトップに表示させる方法ですが、覚えていて損のない方法です。

ショートカットアイコンをデスクトップに1

スタートボタンから「Cortana」をクリックして「Outlook」を検索します。

ショートカットアイコンをデスクトップ2

現れたOutlookのアイコンを「右クリック」して「ファイルの場所を開く」をクリックします。そして見つけたOutlookのアイコンを、「右クリック」すると「送る」⇒「デスクトップにショートカット」が選択できます。

OutlookでBCC欄を適切に使おう!

OutlookでBCC欄を適切3

「abcd@qw.jp;ghjk@op.com;test3@test.ne.jp」のように「;」セミコロンをアドレスとアドレスの間にはさむと、複数のメールを一斉に送ることができます。このように便利な「BCC」「CC」「宛先」を上手に使い分けてOutlookを活用しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
山口 長二
きょうは霜が降りていました冬本番ですね。皆さんがんばりましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ