iPhoneのアプリを強制終了させる方法と突然落ちる時の理由と対処法を解説

iPhoneを使っていてアプリが動かなくなった時や動きが鈍くなった時には強制終了で改善させる方法があります。今回はアプリの強制終了の方法について解説します。また、思わぬところで強制終了になってしまった時の対処法も解説します。

iPhoneのアプリを強制終了させる方法と突然落ちる時の理由と対処法を解説のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのアプリを強制終了させる方法
  2. 2iPhoneのアプリが突然強制終了する理由
  3. 3iPhoneのアプリが突然落ちるときの対処法
  4. 4iPhoneのアプリが強制終了する場合の対処法を冷静に試してみよう

iPhoneのアプリを強制終了させる方法

iPhoneを利用している時にアプリが固まってしまった、思わぬところでアプリがちる等の経験がある方も多いと思われます。このような場合はアプリを強制終了させると改善することが多いですが、やり方がわからないという方のために、iPhone8以前の場合とiPhoneXの場合のアプリを強制終了させる方法について紹介していきます。

【iPhone8以前の場合】アプリを強制終了させる方法

iPhone8以前の場合は、ホームボタンをダブルクリックします。2回素早く押すことでマルチタスク画面を表示させ、アプリのプレビューを上方向にスワイプします。スワイプすることで強制終了となり、ホームボタンを押してホーム画面に戻ります。以上で強制終了は完了です。

【iPhoneXの場合】アプリを強制終了させる方法

iPhoneXの場合は画面下から上にスワイプして途中で止め、指を離すとマルチタスク画面が表示されます。表示させたらアプリのプレビューを長押しします。すると左上に赤く「-」が表示され、この「-」をタップするか、もしくはアプリのプレビューを上にスワイプすることで、強制終了させることが可能です。強制終了させたらダブルタップでホーム画面に戻れます。

アプリから強制的にホーム画面に戻るという方法も!

強制終了の画像

アプリが固まってしまい、ホームボタンを押しても反応しない、ホーム画面に戻れないというケースもあります。この場合は以下の方法で強制的にホーム画面に戻りましょう。まず、電源オフのスライドが表示されるまで、iPhone本体の右側にあるスリープ・スリープ解除ボタンを押しっぱなしにします。

電源オフのスライドが表示されたら、ホームボタンを数秒押し続けます。するとホーム画面に強制的に戻れます。

ThumbiPhoneの強制終了・強制再起動する方法を機種別に解説!強制操作の注意点も紹介!
iPhoneの画面がフリーズした時の強制終了・強制再起動の方法についてご紹介してきます。iP...

iPhoneのアプリが突然強制終了する理由

iPhoneを使っているとアプリが突然強制終了することがあります。その場合の原因や理由、対処法について解説していきます。

iOSのアップデートがされていない

アプリが突然強制終了する、落ちる理由の一つに、iOSのアップデートがされていないという場合があります。iOSにアップデートがないか確認するには、iPhoneのホーム画面を開いて「設定」をタップします。「設定」から「一般」をタップし、次に「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

すると「ソフトウェア・アップデート」画面が表示され、「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されたらアップデートの必要はありません。もし最新ではない場合はこの画面からアップデートを行いましょう。

アプリのアップデートがされていない

もう一つの原因にアプリのアップデートがされていないというケースも考えられます。確認するには、iPhoneのホーム画面から「App Store」をタップし、画面下部にあるアップデートをタップします。新しいバージョンがある場合はこの画面からアップデートができます。

iPhoneのアプリが突然落ちるときの対処法

せっかくゲームを楽しんでいる時に突然アプリが落ちることがあります。こういった場合には以下の対処法が有効です。

iPhoneを再起動または強制再起動

強制終了の画像

iPhoneを再起動または強制再起動させることで、不具合を解消できることがあります。iPhoneを再起動させるには電源ボタン(サイドボタン)をスライドが表示されるまで長押しし、スライドを右にスライドさせ電源を切ります。電源が切れたのを確認できたら、再度電源ボタンを長押し、画面が表示されたら再起動は完了となります。

アプリを削除し再インストールする

どうしても改善しないときはアプリを削除し再インストールするという方法もあります。アプリの削除はアプリのアイコンを長押しすることで行えます。アイコンを長押しし、左上に「×」が表示されたら「×」をタップし削除します。再インストールはApp Storeから行いましょう。

なお、アプリを削除すると引き継ぎなどの設定を行わなければ、データが失われることもあるため注意しましょう。

修復ツール「ReiBoot」を使う

iOSデバイスの不具合を解消するために開発された修復ツール「ReiBoot」を使うという方法もあります。手順は、PCに「ReiBoot」をインストール」し、ソフトを起動したらiOSデバイスをパソコンに接続します。「リカバリーモードを起動」をクリックするとiPhoneはリカバリーモードに入ります。

「リカバリーモードを解除」をクリックするとiPhoneがリセットされます。「あらゆるiOS不具合を解消」をクリックし、表示に従い修復をしていきます。修復が完了したら不具合が解消されているか確認してみましょう。

原因をアプリの開発元に問い合わせる

上記の方法を試しても不具合が解消されない場合は、アプリの開発元に原因を問い合わせてみましょう。「App Store」のレビューのほかに、アプリの公式ホームページや公式ツイッターなどからも問い合わせることができます。

iPhoneのアプリが強制終了する場合の対処法を冷静に試してみよう

以上のように、アプリが強制終了する場合の対処法は様々あります。今まで対処法がわからず困っていた方は、ぜひ簡単な方法から試してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ