Twitterで障害が発生?繋がらない時に確認したい障害情報とは?

Twitterで不具合が起きたらそれが障害かどうか判断できますか?ここでは不具合が起きた場合の対処法や障害かどうかの判断の仕方を説明します。常に自分で障害の情報が確認できるようにしてTwitterの不具合に適切に対処しましょう。

Twitterで障害が発生?繋がらない時に確認したい障害情報とは?のイメージ

目次

  1. 1Twitterが繋がらない時は?
  2. 本当に不具合が起こったのか確認しよう
  3. ネットの接続状態を見てみる
  4. 障害情報サービスにアクセスしよう
  5. 2【ダウンディテクター】で障害を確認!
  6. ダウンディテクターとは?
  7. 障害範囲をマップでチェック!
  8. 3障害の詳細が知りたい時は?
  9. Twitter API Status を使おう
  10. 日本語版Twitter公式アカウントを見てみよう
  11. 4Twitterで障害が発生した時は慌てず対処を!
  12. Twitterのこの記事が気になった人へのおすすめ!

Twitterが繋がらない時は?

PCの画像

Twitterをアプリやブラウザで開いたときに繋がらないことってありませんか?Twitterの不具合は突然起きることなのでどうしたらいいか分からず途方に暮れるひともいると思います。そんな時は落ち着いて以下の方法を試してみてください。

本当に不具合が起こったのか確認しよう

Twitterにログインできない、タイムラインがなかなか反映されないといった不具合はよく起きます。しかしTwitter以外が原因の場合もあります。そのためまずはそれらが本当にTwitterの不具合なのか確認してみましょう。

ネットの接続状態を見てみる

一番初めに確認するべきなのはインターネットの接続状況です。とくに外出先での無線LANはネットの接続が不安定のものが多いのでなるべく使わない方がいいでしょう。LTEで接続し直してみて、それでもTwitterがつながらない場合は自宅などのWi-Fiが安定した場所でもう一度Twitterにアクセスしてみてください。

フリーズする場合はアプリを再インストールしてみる

スマートフォンの画像

スマートフォンでTwitterアプリを利用していると画面がフリーズすることがあります。同じようなタイミングでフリーズが頻発する場合はTwitterではなくアプリがエラーを起こしている可能性が考えられます。この場合はアプリをアンインストールし、もう一度インストールしてみてください。

障害情報サービスにアクセスしよう

上記の方法を試してもTwitterがつながらない場合はTwitterによる障害の可能性が高いです。そんな時は障害情報サービスにアクセスして、不具合がないか確認してみましょう。また、Yahoo!リアルタイム検索や他のSNSで「Twitter 障害」と検索して他のユーザーも困っているならTwitterの障害と判断していいと思います。

【ダウンディテクター】で障害を確認!

障害情報サービスとは文字通り特定のサービスにおいて障害が発生しているかどうかの情報を提供しているサービスです。誰でも無料で使えるので何かあったらすぐこちらを確認してみるのがいいと思います。その中でもダウンディテクターというサイトが最も有名なのでこのサイトについて説明します。

ダウンディテクターとは?

ダウンディテクターのサイト画面1

ダウンディテクターとは様々なネットサービスの障害情報をいち早くユーザーに知らせるサービスです。Twitter以外にもYouTube、LINE、ドコモなどの携帯キャリアからAmazon、Hulu、Playstation networkまで私たちが普段使っているようなサービスは網羅しています。

障害範囲をマップでチェック!

ダウンディテクターのサイト画面2

まずはホームからTwitterを選択しましょう。

ダウンディテクターのサイト画面3

すると24時間以内に起きた障害情報が表示されます。過去の障害情報を調べることも可能です。障害情報グラフの右にある「現在のマップ」をクリックすると世界地図が表示されます。黄色が濃くなっているほど障害が起きているということです。

ダウンディテクターのサイト画面4

日本を拡大すると詳しい地域が表示されます。この日は東京と大阪で障害が発生しているようです。

ダウンディテクターのサイト画面5

このように、マップだと障害が起きているかが一目で分かり、障害の規模もすぐに分かるのでとても重宝するサービスです。

障害の詳細が知りたい時は?

Twitterの障害の詳細を知るには2つ方法があるので簡単にご紹介します。

Twitter API Status を使おう

Twitter API StatusはTwitterのAPI(簡単にいうとパフォーマンス)を知ることができるサイトです。デベロッパー向けのサイトかつ英語なので分かりづらいですが見方が分かれば非常に便利なサイトです。英語に抵抗がなければ是非活用してください。

日本語版Twitter公式アカウントを見てみよう

Twitterが繋がらないなどの不具合が起きた場合、日本語版Twitter公式アカウント(Twitter Japan)を確認してみると障害の状況や復旧の見通しなどを知らせてくれるので便利です。Twitterに関する問い合わせもできるので何かあった時のためにフォローしておくといいと思います。

Twitterで障害が発生した時は慌てず対処を!

夕焼けの画像

ネットサービスでの不具合は必ず起きるものです。Twitterが急に繋がらなくなっても慌てずに他のサイトやマップにアクセスして障害の状況を確認しましょう。

Twitterのこの記事が気になった人へのおすすめ!

ThumbTwitterで障害が発生?繋がらない時に確認したい障害情報とは?
Twitterで不具合が起きたらそれが障害かどうか判断できますか?ここでは不具合が起きた場合...
ThumbTwitterがおかしい?Twitterでのバグの原因や直し方は?
Twitterでバグが起こってしまった時の、原因の確認方法、対処法・直し方などを解説していき...
ThumbTwitterをアプリではなくブラウザ版で開く方法!ログイン方法や使い方を解説!
Twitterをブラウザで開く方法についてご存知でしょうか?知っているとTwitterのアプ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
古橋侑

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ