Zoomのメリット・デメリットについて!機能やSkypeとの違いも解説!

テレワークでZoomを利用する方が増加していますが、Zoomのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、ビデオ会議で使えるZoomの機能や、Skypeと比較した場合にどのような点が優れているのか解説します。

Zoomのメリット・デメリットについて!機能やSkypeとの違いも解説!のイメージ

目次

  1. 1Zoomのメリットについて
  2. 無料でも十分に使える
  3. 有料版でも格安
  4. PCブラウザからでもスマホアプリからでも端末を選ばずに接続できる
  5. 参加者が簡単に参加できる
  6. バーチャル背景や美白モードで自宅からの接続でも安心!
  7. 2Zoomのデメリットについて
  8. セキュリティ面に不安がある
  9. 会議前にメッセージをやり取りする機能がない
  10. 無料プランでは利用時間に制限がある
  11. 噂されているほど通信量が少なくない
  12. 電話から音声接続してしまうと莫大な通話料がかかることも
  13. 3ZoomとSkypeのどちらのメリットの方が大きい?
  14. Zoomの方が画質がいい
  15. Skypeは全員アカウント登録が必要
  16. Skypeは個人間通話が原則なので会議室としての機能が少ない
  17. 4Zoomにはビデオ会議ツールとしてのメリットがたくさん!

Zoomのメリットについて

Zoomのメリットとデメリットについて

テレワークを導入する企業が増える中で、ビデオ会議システムはどのアプリを採用したらいいのか悩んでいる担当者の方も多いことでしょう。この記事では、ビデオ会議システムとして特に人気が高いZoomのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

多くの企業や学校で導入されているZoomには、選ばれるだけの理由があります。まずはZoomのメリットについて解説します。

無料でも十分に使える

Zoomの最大のメリットとは、無料でもビデオ会議システムとして十分に使える機能があるという点です。無料では3デバイス以上のミーティングは40分までという時間制限があったり、クラウド録画が出来なかったりといった制限はあります。

しかし、画面共有機能でのホワイトボードや分科会や面談に便利なブレイクアウトルームなど、テレワークに便利な機能は、有料版と同じように無料版でも使えます。無料版でも十分だという点は、Zoomの大きなメリットと言えます。

有料版でも格安

Zoomのメリットには、有料版も格安で利用できるというでもあります。有料版でも、プロ版なら月2,000円から利用できます。企業で利用するための、ビジネス版や企業版も1アカウント当たり月額2,700円で利用できます。

この月額料金で、プロ版なら最大100名まで、ビジネス版なら最大300名までのビデオ会議が出来るという点は、大きなメリットと言えるでしょう。

ホストだけ有料なら全ての機能が使える

Zoomの有料版の料金が適用されるのは、ホストだけです。参加者は料金プランとは一切関係ありません。無料版を使っているホストに、有料版を契約している参加者が参加していても、使えるZoomの機能は無料版の機能だけです。

ホストが有料版を契約していれば、Zoomの全ての機能を利用できます。100人の参加者を集めるミーティングでも、たった月額2,000円で、Zoomを最大限活用できるのです。

PCブラウザからでもスマホアプリからでも端末を選ばずに接続できる

Zoomは端末の種類を選ばずに、PCからでもスマホからでも、タブレットからでも利用できるという点もメリットです。PCアプリが利用できない場合には、ブラウザからも参加できます。

スマホやタブレットからでも、オンライン会議に参加するだけではなくて、会議を主催することもできます。PCが使えない外出先からでも、スマホやタブレットを使えば会議に参加も主催もできるという点は、Zoomのメリットと言えます。

参加者が簡単に参加できる

Zoomのメリットとデメリットについて

Zoomのメリットは、オンライン会議に出席する参加者が、とても簡単に参加できるという点があります。

参加するだけならアカウント登録の必要はない

Skypeなどの他のオンライン会議システムの多くが、アプリを利用するのに専用アカウントを取得しなければいけません。しかし、Zoomであれば、会議に参加するだけなら、Zoomのアカウントは必要ありません。

オンライン会議を主催するのであれば、Zoomアカウントは必要です。しかし、会議に参加するだけであれば、特にアカウントを取得しなくても気軽に参加できるという点は、Zoomの大きなメリットと言えます。

URLをクリックするだけで参加可能

また、参加者がZoomのオンライン会議に参加する方法もとても簡単だと話題になっています。ホストがZoom会議に招待する参加者に送る招待状には、参加用のURLが記載されています。参加者はそのURLをクリックするだけで、簡単にオンラインミーティングに参加できます。

PCやスマホにアプリが入っていない場合には、参加する前にアプリのダウンロードとインストールも、参加用URLのクリックからできます。PCやスマホにあまり詳しくない人でも、簡単に会議に参加できるツールとして、Zoomの人気は急上昇しています。

バーチャル背景や美白モードで自宅からの接続でも安心!

自宅からテレワークで仕事をする場合、背景に映る部屋が汚かったり、自宅なのに身支度を整えるのが面倒くさいという声もあります。Zoomであれば、背景に画像を表示するバーチャル背景や、顔にファンデーションを塗っているように見せられる美白モードを利用できます。

自宅からの参加でも、慌てて環境を整えなくても、気軽に出勤できる機能が満載という点は、他のアプリにはないメリットです。

ThumbZoomのバーチャル背景の設定方法!変更できない対処法も[PC/スマホ]
ビデオ会議システムで、最も人気が高い「Zoom」。Zoomでは、バーチャル背景を利用できます...

Zoomのデメリットについて

以上のようなメリットがある一方で、Zoomにも当然デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか解説します。

セキュリティ面に不安がある

Zoomのデメリットには、セキュリティ面に不安があるというデメリットがあります。参加用URLを知っている人なら誰でも参加出来ると言う、使い勝手の良さがZoomのメリットです。

しかし、反面、会議の部外者でも簡単に参加できてしまい、スパム行為ができてしまうと言う、脆弱性につながっています。現在、Zoomの方でもセキュリティ面での強化を図っているので、今後の改善に期待したいところです。

会議前にメッセージをやり取りする機能がない

Zoomには会議が始まる前に、ホストが参加者とコミュニケーションをとる方法がないという点を、デメリットとして挙げる方もいます。Skypeなどの他のアプリには、会議が始まる前に参加者へメッセージを送信する機能があります。

しかし、Zoomでは待機室で参加者にメッセージを流す機能はありません。会議が始まらないと、参加者とコミュニケーションが取れない点をデメリットだと感じている方もいます。

無料プランでは利用時間に制限がある

Zoomの無料版で3人以上の会議をしたい場合には、40分までという時間制限がある点をデメリットと感じている方もいます。

仕事なら40分という時間の制限の中で、効率よく進めていくためのきっかけにもできます。しかし、オンライン飲み会などで使いたい場合には、40分ごとに画面が切れるというのは不便だと感じている方も少なくありません。

噂されているほど通信量が少なくない

Zoomは画質や音質と比較すると、データ通信量が比較的少なくて済むと言われていました。しかし、実際にSkypeなどの他のアプリと比較してみると、Zoomのデータ通信量はそれほど少ないわけではないということが検証されています。データ通信量が少ないから、という理由でZoomを選択しない方がいいでしょう。

ThumbZoomのデータ通信量はどれくらい?Skypeなど他のビデオ通話アプリと比較!
Zoomにモバイルデータ通信で接続している方の多くから、データ通信量の消費が気になる当い声が...

電話から音声接続してしまうと莫大な通話料がかかることも

Zoomミーティングにスマホから音声のみで参加する場合に、インターネット通信ではなくて、電話での接続を選択してしまうと、高額な電話料金が請求されます。

国内にいる相手との会議であっても、Zoomは全ての通信が一旦アメリカにある本社のサーバーに接続されます。そのために、電話で参加してしまうとアメリカへの国際電話料金がかかってしまいます。Zoomに音声のみで参加する場合には、インターネットでの接続を選択するように注意しましょう。

ThumbZoomで莫大な通話料が発生?国際電話請求がこない設定方法を解説!
Zoomの無料プランなら、基本的完全無料で利用できるはずなのに、高額な国際電話の通話料の請求...

ZoomとSkypeのどちらのメリットの方が大きい?

Zoomのメリットとデメリットについて

テレワークでの利用を検討するビデオ会議システムでは、Zoomの他にもSkypeを検討する場合もあります。ZoomとSkypeを比較した場合に、どちらの方がメリットが大きいか解説します。

Zoomの方が画質がいい

ビデオ会議では相手に手元の資料を見せながら説明する場合もあります。ビデオで資料を見せる場合には、細かい字までしっかりと見えなければいけないので、画質は重要になります。

ZoomとSkypeの画質を比較すると、Zoomの画質の方がいいので、画質のいいビデオ通話をしたい場合にはZoomがおすすめです。

Skypeは全員アカウント登録が必要

Zoomでは、会議への参加者はZoomのアカウントなしでも会議に参加できます。一方でSkypeは参加者全員がSkypeのアカウントを登録する必要があります。すでにアカウントを持っている人であればともかく、ビデオ会議やインターネット電話を利用したことがない人に初めて参加してもらうのであれば、Zoomの方が参加しやすいでしょう。

Skypeは個人間通話が原則なので会議室としての機能が少ない

ビデオ会議システムとして、ZoomとSkypeを比較すると、機能の面ではZoomに軍配が上がります。Zoomは元々ビデオ会議システムとして開発されたのに対して、Skypeは個人間通話をするためのインターネット電話として開発されています。そのために、SkypeにはZoomほどのビデオ会議システムに特化した機能が少ないのです。

ThumbZoomのパソコンでの使い方!インストールから設定・会議の参加方法を解説!
Zoomをパソコンで使いたいと考えていても、設定方法がわからない方が少なくないようです。そん...

Zoomにはビデオ会議ツールとしてのメリットがたくさん!

Zoomのメリットとデメリットについて

この記事ではZoomのメリットとデメリットについて詳しく解説してきました。Zoomには、いくつかのデメリットもありますが、やはりビデオ会議システムとして考えると、メリットのほうが大きいと言えるでしょう。気になるならSkypeも試しに使ってみて、どちらの方が使い勝手がいいのか確認してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ