スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは?インストール方法や仕組みを解説!

2018年暮れの「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題を呼んだ決済アプリPayPayが、2019年2月12日から再びキャンペーンを行います。この機会にPayPayアプリでポイントをゲットするために、PayPayアプリのインストールから使い方まで紹介します。

スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは?インストール方法や仕組みを解説!のイメージ

目次

  1. 1スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは?
  2. 2スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)を始めるには
  3. 3PayPay(ペイペイ)の支払いの仕組み
  4. 4PayPay(ペイペイ)を使うメリット
  5. 5PayPay(ペイペイ)の付与ポイントとは
  6. 6PayPay(ペイペイ)で第2弾100億円キャンペーンが始まる!
  7. 7スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)でお得に買い物をしよう

スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)とは?

PayPayのトップページ

2018年暮れから2019年2月にかけて、話題を呼んでいるPayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayのモバイル決済アプリです。

PayPayを使うとQRコードやバーコードを経由して決済する仕組みですから、お財布要らずで済む上に、国産のAndroidスマホとは違い、おサイフケータイ機能に対応していない海外のスマホや、iPhone SE・iPhone 6以前のiPhoneでも利用できるメリットがあり、0.5%のポイント還元もあります

PayPayはモバイル決済を推進するために、2019年2月12日から第2弾の「100億円キャンペーン」を開催します。まさにいまがPayPayアプリのインストールの大チャンスなのです。

スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)を始めるには

PayPayアプリのダウンロード画面

PayPayを始めるには、なにはともあれアプリをインストールしなければなりません。そのあと、PayPayに残高をチャージするための銀行口座やYahoo! JAPAN ID、もしくはクレジットカードを登録する必要があります。

アプリをインストール

iPhoneを持つ女性

PayPayのアプリは、iPhone、Androidの両方に対応しています。まずは下のリンクからあなたの機種に応じたアプリをインストールしてください。

‎「PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ」をApp Storeで
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ - Google Play のアプリ

アプリにログイン

インストールされたPayPayアプリを立ち上げたら、電話番号を入力して”新規登録”を選択します。するとSMSで認証コードが送られてきますので、4ケタのケタのコードを入力して“認証する“ボタンをタップします。iPhoneなら”メッセージから××××”のボタンをタップすると自動的にコードが入力されます。

PayPayアプリにログイン

Yahoo! JapanのIDをお持ちであれば、画面下にある”Yahoo! Japan IDで新規登録”を選んでログインすることもできます。この場合は、Yahoo!のアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログイン後、こちらもSMSで認証コードを受け取り、それを入力してPayPayアプリを認証します。

お支払い情報を設定

続いて“お支払い方法”を設定します。古いホーム画面であれば下図左の”≡”アイコン新しいホーム画面であれば下図右の”アカウント”アイコンをタップしてアカウント画面を表示します。

PayPayの支払い方法設定01

アカウント画面で”お支払い方法の管理”を選択すると、銀行口座・Yahoo!マネー・クレジットカードの3種類のお支払い方法を追加できます。

PayPayの支払い方法設定02

PayPay残高

PayPay残高から支払いを行ってPayPayを利用するには、PayPay残高に銀行口座からチャージすることになります。銀行ごとに手続きが異なりますが、前節の最後の”お支払い方法の管理”の画面から”チャージ用の銀行口座を追加”を選択して、画面の表示に従って銀行口座を登録してください

登録が終わるとホーム画面の残高表示部分の右にある”+”ボタンをタップして銀行口座からPayPay残高にチャージできるようになります。

PayPayの支払い方法銀行口座

Yahoo!マネー

Yahoo! Japan IDと連携させると、Yahoo!ウォレットのYahoo!マネーでの支払いが可能になります。Yahoo!マネーは銀行口座やコンビニ、ヤフオク!の売り上げ金からチャージできます。

クレジットカード

クレジットカード

PayPay残高に関係なく、クレジットカードで支払うには、前節の最後の”お支払い方法の管理”の画面から”クレジットカードを追加”を選択して、画面の表示に従ってクレジットカードを登録してください。

ただし、この段階では支払い上限が、過去24時間および過去30日間でわずか5,000円でしかありません。本人認証をすることでこの上限が過去24時間で2万円、過去30日間で5万円にまで引き上げられます

本人認証を行うには、登録したクレジットカードの”本人認証していません>”の部分をタップして3Dセキュア認証を行ってください。そうすることでクレジットカードの表示が”本人認証済”に変わります

PayPayの支払い方法クレジットカード03

PayPay(ペイペイ)の支払いの仕組み

インストールされたPayPayアプリは、PayPayマークのあるお店でしか使えません。支払いの際に特に指定をしなければ、PayPay残高→Yahoo!マネー→クレジットカードの順に支払いを試みます。

たとえば2,000円の買い物をして、PayPay残高が1,000円しかなければYahoo!マネーを確認、残高が足りていればYahoo!マネーで支払い、足りなければクレジットカードでの支払いを行うという仕組みです。

こうした仕組みとは別に、どうしてもこの手段で支払いたい、というときには、バーコードを読み込んでもらったり、読み取ったりする前に”お支払い方法”をタップして支払い方法を選択できます。

PayPayの支払いの仕組み

PayPay(ペイペイ)のマークがあるお店で使える

PayPayのロゴマーク

PayPayは、お店の入り口やショーウインドーにPayPayのマークが貼ってあるお店で使えます。とはいえ、わざわざマークを探してお店巡りするのは大変です。

そこで、インストールされたPayPayが古いバージョンならホーム画面の下にある”全国のお店一覧”から、新しいバージョンなら最下部のメニューバーにある”近くのお店”から近所のPayPayを使えるお店を探すことができます

この画面では、ファミリーマートやMINI STOP、ポプラやソフトバンクショップなどはロゴマークで、飲食店はナイフとフォークのアイコンショップは買い物袋のアイコン、エステなどのサービス店は人のマークで表されます。飲食店では個人店舗以外にモンテローザ系、ワタミ系のチェーン店が対応しています。

PayPayの使えるお店

興味のあるお店をタップするとPayPayマークに変化して、画面の最下部に店名が表示されます。その店名を選択すると、住所やフロア、営業時間などのさらに詳しい情報が表示される仕組みですので、それを見てそのお店を訪れるかを決めることができます。

また、地図をピンチイン・ピンチアウトして縮尺を変えたり、位置を移動して再検索したりできる仕組みですから、あらかじめ旅行先や仕事先でPayPayを使えるお店を探す際にも利用できます。

PayPay(ペイペイ)の支払い方法は2つ

PayPay支払い方法

PayPayの支払い方法は2種類あります。ひとつがお店にあるQRコードをインストール済みのPayPayアプリで読み取って支払う方法で、もうひとつはPayPayアプリに表示したバーコードをお店のほうで読み取ってもらう支払い方法です。

前者はお店にはQRコードを設置するだけですから、お店にコストのかからない仕組みです。そのため個人店舗やバーコードリーダ付きレジなどとはあまり縁のない小規模店や飲食店でよく使われています。一方後者は、バーコードリーダ付きレジが必要な仕組みですから、個人店舗とは異なりコンビニや全国チェーンの大資本のお店で使われる方法です。

とはいうものの、そのお店がどちらの仕組みを採っているかは最終的には支払いの場面にならないとわかりません。ただし、お店の中にPayPayのQRコードが表示されていたら、そこはQRコードを読み取って支払うのだな、と判断できます。

QRコードを読み取る

QRコードを読み取って支払うには、古いバージョンなら”スキャン支払い”新しいバージョンなら“支払う”→”スキャン支払い”を選びます

PayPayのQRコード支払い01

すると画面がスキャンモードに変わりますので、お店のQRコードを読み取ります。画面が”お支払い金額の入力”画面に切り替わったら、お店の名前を確認の上、お店から請求された金額を入力して、画面を確認してもらいます。問題がなければ”支払う”ボタンをタップします。これで支払いが終了します。

PayPayのQRコード支払い02

バーコードを提示する

バーコードを提示して読み取ってもらう場合には、インストール済みのPayPayアプリを立ち上げ画面のバーコードを読み取ってもらいます。もしバーコードではなく”あなたの残高”が表示されていた場合は、残高の下にある“バーコードを表示”をタップするとPayPayのカードが裏返ってバーコードが表示されますので、これを提示します。

PayPayのバーコード支払い

このバーコードは5分しか保たない時間制限付きバーコードなので、レジに人が多く並びすぎていて時間が過ぎた場合には一度”残高を表示”をタップしたあと、もう一度”バーコードを表示”を選んでください

PayPay(ペイペイ)を使うメリット

QRコードとバーコードを使ったモバイル決済ですから、現金を使ったおつりのやり取りが不要となるのが一番のメリットです。加えてソフトバンクとYahoo!がTポイントからPayPayのボーナスポイントへ移行する動きもあるため、このふたつのサービスのユーザーは早めにPayPayに慣れておくのがポイントです。

それに加えて、以下のメリットが挙げられます。

無料で利用できる

PayPay利用者は、アプリの利用に際しては通信料金以外の料金がかかりません

それどころか2019年2月現在、PayPayに新規登録するだけで500円分のPayPayボーナスをもらうことができますし、初回に5,000円以上チャージすると、1,000円分のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンも実施中です。

0.5%ポイント還元がある

PayPayのポイント還元

PayPayは、200円分の利用で1円分のPayPayボーナスが貯まります。ただしこれは1回の利用ごとに計算されるため、たとえば199円の利用を200回行ってももらえるPayPayボーナスはゼロです。逆に200円の利用を199回行えば、同じ金額でも199円分のPayPayボーナスが返ってくる仕組みです。

決済手段をクレジットカードにしたり、Yahoo! Japanカードを使ったりすれば、そちらのポイントも還元されるため併せて1%ほどのポイント還元が期待できます

PayPay(ペイペイ)の付与ポイントとは

上に挙げた0.5%の還元によるPayPayボーナスは、基本的にはチャージしたPayPayライトと呼ばれるPayPay残高と同じように支払いに利用できます。しかしPayPayライトとは以下の2点で異なります
 

  1. 金融機関口座へ出金できない
  2. 友だちに送金できない

それ以外はPayPayライトと同じ仕組みだと考えて問題ありません。

有効期限

PayPay残高の有効期限

PayPayボーナスに限っての有効期限はありませんが、PayPay残高全体については最後にPayPay残高が増減してから2年間の有効期限があります。そのためPayPayボーナスもPayPayを2年間利用しないと消えてしまうことになります。

あくまでもPayPay残高の増減がなくなって2年なので、たとえばPayPayボーナスを入手して1年半後に1,000円をチャージすれば、PayPayボーナスもその時点からさらに2年間有効期限が伸びることになります。

月々の付与ポイントの上限

PayPayのボーナスには上限があり、1か月最大5,000ポイントまでとなっています。もっともそのためには1か月に100万円以上利用することになりますので、なにか特別なキャンペーン期間中でもない限り、十分に余裕のある上限と言えるでしょう。

PayPay(ペイペイ)で第2弾100億円キャンペーンが始まる!

PayPay100億円キャンペーン第2弾

冒頭でもお知らせしましたが、2019年2月12日から第2弾の「100億円キャンペーン」が開催されます。内容はちょっと複雑ですが、数千円程度の決済を促すためのキャンペーンとなっています。
 

支払い方法 付与率 1回あたりの
還元額上限
全期間での
還元額上限
PayPay残高
Yahoo!マネー
20% 1,000円 5万円
Yahoo! Japanカード 19%
その他のクレカ 10%

基本的には1回あたりの利用額が5,000円(その他のクレジットカードであれば1万円)で還元されるPayPayボーナスは上限に達します。

これに加えて、今回の第2弾キャンペーンでも懸賞でのポイント還元が行われます。
 

支払い方法 PayPay
ユーザー
Yahoo!
プレミアム会員
1回あたりの
還元額上限
全期間での
還元額上限
PayPay残高
Yahoo!マネー
Yahoo! Japanカード
当選確率
1/10
当選確率
1/5
1,000円 2万円
その他のクレカ 対象外

1回あたりの還元額の上限は、先に挙げた10〜20%の還元PayPayボーナスと合わせての上限です。したがって、たとえばPayPay残高で5,000円支払うと、すでに20%還元で還元額の上限に達しているので、くじに当たっても還元額は増えません。つまり、1,000円程度の支払いを数多くこなすのが、今回のキャンペーンでの効率の良いやり方となります。

スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)でお得に買い物をしよう

PayPay紹介ページ

PayPayは、LINE Pay、楽天ペイとは一味違う、一大キャンペーンを打ち出して一躍人気のモバイル決済アプリに躍り出ました。QRコード決済の先進国である中国のアリババとの関係も深いソフトバンク系列だけに、QRコード・バーコード決済への造詣は深く、これまでモバイル決済に縁のなかった個人店舗にもどんどん普及していくことが考えられます。

そうした事情を踏まえて、今回の「100億円キャンペーン」を機会に、PayPay(ペイペイ)をあなたのスマホのインストールすることをおすすめします

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ