iPhoneのショートカットアプリのおすすめレシピ9選と作り方!使い方も徹底解説!

iPhoneではアプリによってよく使う機能があります。そんな時にはショートカットアプリの機能を使って簡単に操作できるようにすると便利でおすすめです。この記事ではiPhoneのショートカットのレシピ集ということで、おすすめのショートカットレシピをご紹介します。

iPhoneのショートカットアプリのおすすめレシピ9選と作り方!使い方も徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのショートカットが便利!レシピで作ろう!
  2. 2iPhoneでショートカットを作るための準備
  3. 3iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【日常でよく使う機能】
  4. 4iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【外出時に便利な機能】
  5. 5iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【SNSに便利な機能】
  6. 6iPhoneはショートカットでもっと便利に使おう!

iPhoneのショートカットが便利!レシピで作ろう!

iPhoneには様々なアプリや機能がありますが、アプリを探したり設定アプリから機能を探したりするのが結構面倒くさいものです。そんな時にはiPhoneでショートカットを作ってしまうと便利です。この記事ではiPhoneでおすすめのショートカットレシピの作り方についてみていきましょう。

iPhoneのショートカットとは?

iPhoneのショートカットは、iPhoneのアプリで利用できるApple社純正のアプリです。iPhoneでショートカットアプリを利用することで、簡単にワンタップで様々なことができるショートカットを作成することができます。

iOS12から無料アプリで利用可能に!

iPhoneのショートカットアプリはiOS12から無料で利用できるようになりました。以前はWorkflowというアプリでしたが、このアプリを作成していた会社をApple社が買収したことで、iPhoneの純正アプリとして利用できるようになりました。

iPhoneでショートカットを作るための準備

iPhoneでショートカットを作るためにはまずはアプリの準備をすることが必要です。

アプリのダウンロード

まずはこちらのリンクからApp Storeのショートカットアプリのページに入って、ショートカットのアプリをiPhoneにインストールしましょう。

iPhoneのショートカットレシピ
‎「ショートカット」をApp Storeで

ショートカットを作る作り方

具体的なレシピごとのショートカットの作り方は具体的に一つずつ説明しますが、まずは基本的なショートカットの作り方を見ておきましょう。ショートカットは一つのアクションに対して一つずつのコマンドを設定していきます。

ショートカットの作成画面から検索窓をタップすると、どのアプリに対するショートカットを作成するのか選ぶことができます。アプリをタップすると、どのような操作をしたいのか選択できるので、そちらを順番に配置していきます。

Thumbショートカット(旧:Workflow)の自動化プログラミングで自作レシピの作成方法を解説!
ショートカット(旧:Workflow ワークフロー)の自動化プログラミングで自作レシピを作成...

iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【日常でよく使う機能】

まずはiPhoneで日常的によく使う機能のショートカットレシピの作り方を見ていきましょう。

Wi-Fiのオンオフを切り替えるためのレシピ

家や会社にいるときにはiPhoneのWi-Fiはオンにしておいて、外に出たらオフにする、という使い方をしている人はたくさんいます。こちらではWi-Fiのオンオフを設定アプリを開かなくてもできるようにするレシピの作り方と使い方を見ていきましょう。

作成方法

iPhoneのショートカットアプリを開いたら「ショートカットを作成」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

するとショートカットの作成画面が開くので、検索窓に「Wi-Fi」と入力して検索します。すると「Wi-Fiを設定」と出てくるのでそちらをタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

ショートカットの作成画面にWi-Fiの設定が配置されます。オンにするのを設定したいときにはWi-Fiをオンに設定します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

右上の「完了」の下にある、下の画像で赤い枠で囲ってあるアイコンをタップします。するとショートカットの名称とsiriの設定ができます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

ショートカットの名前は「Wi-Fiをオン」、siriでは「Wi-Fiをオンにする」と設定します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

Wi-Fiをオフにするショートカットは別に作成する必要があります。同じ手順でWi-Fiの設定でオフを選んでショートカットの名前とsiriのコマンドを「Wi-Fiをオフ」と設定すれば、Wi-Fiをオフにするショートカットが作成できます。

使い方

Wi-Fiの設定のショートカットの使い方は、siriを起動して「Wi-Fiをオンにする」「Wi-Fiをオフにする」と音声コマンドで起動するか、ショートカットアプリを開いて表示されているメニューの上のアイコンをタップすれば、WiFiのオンとオフが操作できます。

フラッシュライトを点けたり消したりするレシピ

次はiPhoneのフラッシュライトを点けたり消したりできるレシピを見ていきましょう。暗い所でsiriからフラッシュライトが起動出来ればとても便利になります。そんなショートカットのレシピを見ていきましょう。

作成方法

iPhoneのフラッシュライトのショートカットのレシピの作り方は次の通りです。iPhoneのショートカットアプリを開いたら「ショートカットの作成」をタップします。検索窓に「ライト」と入力します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

検索結果の中から「フラッシュライトを設定」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

フラッシュライトを設定」のショートカット作成画面で「オン」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

するとショートカットからどのようなアクションをするのか選択できます。「オン」もしくは「オフ」を選択してしまうと、ショートカットアプリからオンもしくはオフしかできなくなります。両方切り替えたいときには「切り替える」を選ぶと便利でおすすめです。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次にショートカットの名称を変更します。右上の「完了」の文字の下のマークをタップします。下の画像の赤い枠で囲った部分です。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

名前」のところでショートカットの名称をわかりやすいものにしておくことをおすすめします。今回は「ライト」としておきます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

また、「siriに追加」もタップしてsiriから操作できるようにしておきましょう。「siriに追加」をタップすると音声の録音画面になります。こちらでフラッシュライトを操作する言葉を録音すると、その言葉をsiriに伝えるだけでライトが点灯したり消したりできるようになります。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

こちらのショートカットの使い方はsiriから起動するのがいいでしょう。フラッシュライトはコントロールセンターにも配置されているので、ショートカットアプリから起動する必要はありません。ぜひsiriから利用しましょう。

リマインダーを確認

iPhoneのリマインダーにやるべきことを登録している人も多いことでしょう。リマインダーをショートカットに入れておくことで、次にやるべきことをsiriから簡単に確認できるようになります。こちらでは次のリマインダーを確認するためのショートカットのレシピをご紹介します。

作成方法

iPhoneのショートカットのアプリから「ショートカットの作成」をタップしたら、ショートカットの作成画面の検索窓で「リマインダー」と検索します。検索結果から「次回以降のリマインダーを取得」を選択します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

一度にショートカットから複数のリマインダーを確認したいときには、こちらの画面のプラスとマイナスをタップして、ショートカットで取得するリマインダーの数を調整します。また、複数のリマインダーのリストを作成していて、特定のリストだけをショートカットで設定したい場合には、こちらの「リスト」から選択します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

リマインダー」と検索して「リマインダーの詳細を取得」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

「リスト」をタップしてショートカットに取得するリマインダーの詳細を変更します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

今回はリマインダーのタイトルを読み上げるショーカットレシピを作るので「タイトル」を選択します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次に「テキスト」と検索して「入力からテキストを取得」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

テキスト」と検索して「テキストを読み上げる」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

読み上げの速度やピッチ、siriを男性か女性か変更できるのでこちらで変更します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

画面の上の再生ボタンをタップしてみましょう。次回に登録されているリマインダーが読み上げられるはずです。動作を確認出来たら、ショートカットの名前とsiriへのコマンドを設定して「完了」をタップすると、リマインダーを確認するためのショートカットの作り方は完了です。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

こちらのショートカットの使い方もsiriから起動する使い方がいいでしょう。siriで「リマインダー」というだけで次の予定を教えてもらえます。通知を設定していても、ついつい忘れがちなことを、siriから簡単に確認できるのはとても便利な機能になります。

Thumb【 iOS12 】Siriショートカットの便利な使い方!アプリで設定・自動化させる方法を解説!
iOS12から新たに追加された機能「Siriのショートカット」の便利な使い方を知っていますか...

iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【外出時に便利な機能】

iPhoneは家や会社の中だけではなく、外出するときにも欠かすことができない便利な道具です。外出時だからこそ便利に使えるショートカットの機能を作ることができます。こちらでは外出するときのために使える機能をショートカットにするレシピをまとめてみました。

現在地の住所を取得するためのレシピ

iPhoneにはGPS機能を使って今自分がいる場所の名前や住所を取得できる機能があります。この機能をショートカットに組み込むこともおすすめです。自分がいる場所がわからないときには、現在地の住所をショートカットから読み上げてもらいましょう。

作成方法

ショートカットで現在地の住所を読み上げる機能の作り方は次の通りです。ショートカットアプリを開いて「ショートカットの作成」をタップしたら「現在地」もしくは「地図」と検索して「現在地を取得」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次に現在地の詳細情報を取得しますが、詳細情報は、緯度、経度、高度、都道府県、市町村、番地、郵便番号、地域、電話番号と9つの中から1つずつ取得していきます。ショートカットで取得したい情報の数だけ「現在地を取得」を追加しておきましょう。今回は都道府県、市町村、番地、名前を取得したいので4つ追加しておきます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次に「詳細」と検索して「場所の詳細を取得」を追加します。こちらも4つ追加して「現在地の取得」の下にそれぞれ1つずつ配置しておきます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

場所の詳細を取得」の「選択」をタップしてどの詳細情報を取得したいのかを選びます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

今回は上から都道府県、市町村、番地、名前の順で取得します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次はショートカットでテキストを読み上げる設定を行っていきます。検索窓に「テキスト」と入力して「入力からテキストを取得」をタップします。こちらも4つ追加して、都道府県から名前までそれぞれの「場所の詳細の取得」の下に配置します。

テキスト」と検索して「テキストを読み上げる」を追加します。こちらも4つ追加して「入力からテキストを取得」の下に配置します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

再生ボタンをタップして正常に動作するかどうか確認してみましょう。動作が確認出来たらショートカットの名前とsiriからショートカットを起動させるコマンドを設定して「完了」をタップしたら保存できます。

使い方

こちらのショートカットの使い方は、ショートカットのアプリから立ち上げてもいいですし、siriから起動してもいいでしょう。どちらでもあなたの使いやすい使い方で使ってみることをおすすめします。

近くのカフェを見つけるためのショートカット

近所にある特定のお店などを見つけるためのショートカットの作り方と使い方についてみていきましょう。

作成方法

近くにあるカフェを探すためのショートカットの作り方は次の通りです。まずはショートカットアプリから「ショートカットを作成」をタップします。「現在地を取得」を配置します。次に「地図」と検索して「近くの店舗や企業を検索」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

検索」のところに「カフェ」と入力します。現在地からどのくらいの半径の場所で探すのか距離も入力します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次に「地図」と検索して「”マップ”で表示」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

iPhoneの複数の地図アプリがインストールされている場合には、どの地図を選択するのか選べます。今回はiPhoneのマップを選択します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

これで再生ボタンをタップしてみましょう。近所のカフェが表示されたらショートカットの作成に成功しました。後はショートカットの名前を付けて、siriのコマンドを入力したらショートカットの作成終了です。

使い方

こちらのショートカットの使い方はsiriから起動する方が便利でしょう。もしくはホーム画面にショートカットを作成して、そちらから起動しても便利です。カフェの他に会社や他のお店など、様々な種類のスポットを簡単に探せるショートカット機能です。ぜひお出かけが好きな人や営業の外回りが多い人などはこのショートカットを活用してください。

iPhoneのおすすめショートカットレシピ集【SNSに便利な機能】

SNSに毎日投稿している、という人もいることでしょう。SNSへの投稿が日課になっている人にとっては、投稿するためのアクションをショートカットにしてしまえればとても便利です。こちらではSNS投稿や複数のサイトやSNSをめぐるのに便利なショートカットレシピをご紹介します。

写真をSNSに即投稿するためのレシピ

iPhoneで撮影した写真をアプリを開かずにすぐにInstagramやFacebookに投稿できれば便利です。iPhoneのショートカットアプリでは、撮影した写真をすぐにSNSに投稿できる便利なショートカットの作成も可能です。こちらではiPhoneで撮影してカメラロールに保存した写真を即SNSに投稿する方法についてみていきましょう。

作成方法

iPhoneで撮影した写真をアプリを開かずにSNSに即投稿するためのショートカットのレシピは次の通りです。ショートカットアプリを開いて「ショートカットを作成」をタップしたら「写真」と検索して、「最新の写真を取得」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

カメラロールにはスクリーンショットも含まれますが、スクリーンショットも同じショートカットから投稿したいときには「スクリーンショットを含める」をオンに、カメラアプリで撮影した写真だけを投稿したい場合にはオフにしておきます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次に「投稿」と検索します。するとショートカットアプリから投稿できるSNSやWebサービスなどのアプリが表示されます。ここから今回投稿するSNSを選びます。今回はInstagramを選んでみましょう。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

写真を投稿するときにキャプションを付けるのならこちらに入力します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

再生ボタンをタップしてみると、Instagramのアプリが開いて、カメラロールに保存されている写真の投稿画面になります。「ストーリーズ」か「フィード」どちらに投稿するのかタップしたら、写真を投稿することができます。siriを設定しておけば、Instagramのアプリを開く手間をかけずに一発で投稿できます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

こちらのショートカットはショートカットアプリのアイコンから起動するのがいいでしょう。なお、最新の写真ということで設定してあるので、SNSに投稿するつもりではない写真も投稿してしまうことがあります。登校前の確認画面で必ず投稿してもいい写真かどうか確認してから投稿しましょう。

スクリーンショットを即投稿するためのレシピ

写真をSNSに即投稿するレシピではカメラロールに保存したスクリーンショットも含めることができますが、スクリーンショットだけを投稿することもできます。

作成方法

スクリーンショットを一発でSNSに投稿するためのショートカットの作り方は、写真を投稿するためのショートカットの手順とほぼ同じです。違う点は、「最新の写真を取得」の部分を「最新のスクリーンショットを取得」に入れ替えるだけです。後は同じ手順でショートカットを作成します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

こちらのショートカットの使い方も、写真を即投稿するショートカット機能の使い方と同じようにアプリのアイコンから起動した方がいいでしょう。個人情報などが映ったスクリーンショットを投稿してしまわないように、投稿前の確認画面でよく注意してから投稿するように気を付けましょう。

複数のサイトやアプリをワンタップで順番に巡るためのレシピ

ガチャを回したり、ログインボーナスが欲しいためだけに、サイトやアプリをめぐりたいときがあります。いちいちブックマークなどからサイトを開くのが面倒くさいときにはショートカットでワンタップで次から次へとサイトを開けるようにしましょう。

作成方法

ワンタップでサイトやアプリを順番に巡るためには、サイトやアプリを開くためのURLを取得して、iPhoneからログインしておきましょう。URLを取得出来たらショートカットアプリを開いて「ショートカットの作成」をタップします。「URL」と検索して「URL」をタップします。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

このショートカットから巡りたいアプリやサイトの数だけ「URL」を配置して、それぞれのURLの入力欄に巡りたいサイトのURLを入力します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

次にもう一度「URL」と検索して「URLを開く」をタップします。これもめぐりたいサイトの数だけ配置して、「URL」の下にそれぞれ配置します。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

配置出来たらアプリの名前を付けます。このアプリはsiriからの起動ではなくホーム画面から起動したほうが使い勝手がいいでしょう。名前を付ける画面で「ホーム画面に追加」をタップしましょう。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

するとアイコンの作成画面になるのでアイコンを作成します。「完了」をタップするとブラウザが開くので、そちらの指示に従って操作するとこのようにアイコンが作成されます。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

このショートカットの使い方はちょっと特殊な使い方をします。まずはショートカットアプリのアイコンか、ホーム画面に配置したアイコンを1回タップする使い方をします。すると最初に設定したページが開きます。次のページへ移るにはその画面を閉じて、もう一度ショートカットのアイコンをタップします。すると次のページが開きます。

完全にワンタップだけで、というわけにはいきませんが、ブックマークからURLを探すよりはよほど簡単な使い方でサイト巡りができまます。

複数ハッシュタグを簡単に投稿するためのレシピ

iPhoneのショートカットアプリからInstagramやFacebookに簡単に投稿する方法をお伝えしました。この投稿する方法を使えば、面倒くさいハッシュタグの入力も一発で簡単にできるようになります。いつも同じハッシュタグを投稿している人は、iPhoneからSNSに一発でハッシュタグを投稿するための裏ワザショートカットも活用しましょう。

作成方法

複数のハッシュタグをショートカットを使って一発で投稿するためには、ショートカットアプリから「ショートカットの作成」を開いて、「投稿」と検索して「Facebookに投稿」もしくは「Instagramに投稿」を選びます。ショートカットの作成画面で「キャプション」にハッシュタグを入力してしまいましょう。

するとその投稿のアクションをショートカットから起動したときに、自動的に入力したハッシュタグも同時に投稿されるので便利です。

iPhoneのショートカットレシピの作り方

使い方

このショートカットの使い方は特に難しいことはありません。このショートカットレシピだけで使う使い方をすることはそうはないと思います。他の投稿方法などと組み合わせた独自の投稿レシピをショートカットで作成したら、その時にこのレシピも組み合わせて使いましょう。

iPhoneはショートカットでもっと便利に使おう!

この記事ではiPhoneのショートカットアプリから作成できる便利なショートカットのレシピをご紹介しました。ショートカットの作り方はプログラミングをやったことがない人にはちょっと難しいことでしょう。でも手順に慣れれば意外に作り方は簡単です。

この記事でご紹介したほかにも、様々な便利なショートカットレシピを作ることができます。まずはこの記事の中でご紹介したレシピで作り方を覚えて、いろいろと自分なりの工夫でもっと便利なレシピを考案してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
K.C
皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ