iPhoneのバックアップをUSBに保存!外部ストレージにデータ転送する方法を解説!

便利なiPhone専用のLightningコネクタ型のバックアップUSBメモリをご紹介します。Lightningコネクタ型のUSBメモリを活用することで、簡単にiPhoneのバックアップが可能です。本記事を参照にご自身にあったUSBメモリを探してみてください。

iPhoneのバックアップをUSBに保存!外部ストレージにデータ転送する方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1USBでiPhoneのバックアップができる!接続可能なUSBメモリとは
  2. 写真や動画データの別途保存にも便利
  3. 2iPhoneのバックアップをUSBメモリに保存するメリット
  4. PC・Wi-Fi不要
  5. 高速で安定してデータ転送できる
  6. 操作が簡単
  7. USB端子がありPCとiPhone間のやり取りに便利
  8. 大容量外部ストレージとして持ち歩ける
  9. 3iPhoneのバックアップをするUSBメモリの選び方
  10. USBメモリのデータ容量
  11. USBメモリの転送速度
  12. USBメモリ専用アプリの使いやすさ
  13. USBメモリのデザイン
  14. MFi認証の有無
  15. 4iPhoneのバックアップにお勧めのUSBメモリ
  16. Omars フラッシュドライブ
  17. Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ
  18. サンワサプライ iStickPro3.0 600-IPL32GL3
  19. HooToo iPhone Flash Drive USB 3.0 HT-IM003
  20. 5USBメモリでiPhoneのバックアップをとる方法
  21. 専用アプリのインストール
  22. アプリの機能
  23. USBメモリにiPhoneのデータをバックアップする手順
  24. バックアップしたデータを別のiPhoneに転送する手順
  25. 6便利なUSBメモリを使ってiPhoneのバックアップを定期的にしよう!

USBでiPhoneのバックアップができる!接続可能なUSBメモリとは

iPhoneとUSBケーブル1

みなさんはiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリをご存知でしょうか?

iPhoneはAndroidスマートフォンとは違い、SDカードを挿入してストレージ容量を増やすことができません。そのためiCloudなどのクラウドストレージサービスや、iTunesを利用してPCや外付けのHDDにデータファイルをバックアップしている方がほとんどです。

iPhoneとUSBケーブル2

2019年現在、iPhone専用のLightningコネクタ型のUSBバックアップストレージメモリの人気が高まってきています。あまり知られていませんが、iTunesやiCloud、その他のクラウドストレージサービスを利用する必要がなく、小型で軽量のUSBバックアップストレージメモリは持ち運びにも便利です。

本記事冒頭ではiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリについてご紹介していきます。iPhoneのストレージ容量が圧迫され、iCloudのストレージ容量を増やしたいという方はiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを1つのオプションとして考えておくとよいでしょう。

写真や動画データの別途保存にも便利

iPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリは写真データファイルや動画ファイルデータを、iPhoneデバイスのストレージとは別に保存することが可能です。

iPhoneの写真データファイルを削除して、iPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを接続してデータを転送すれば、iPhoneのストレージを空けることが可能となります。

これまではiCloudやiTunesへのデータ転送が主流でしたが、各メーカーから豊富な種類のiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリが販売されており、デザインやストレージ・メモリ容量・価格から好みのUSBバックアップストレージメモリを購入することが可能になりました。

iPhoneのバックアップをUSBメモリに保存するメリット

iBridge 3【App Store】

本章ではiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを利用して、データファイルを転送・保存するメリットをご紹介していきます。iCloudやiTunesと比較しても非常に多くのメリットポイントがあるので、覚えておくことをおすすめします。

iPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを利用して、データファイルを転送・保存するメリットは下記の通りです。
 

iPhoneのデータ移行にPCが不要 iPhoneのデータ移行にWi-Fiが不要
高速で安定したデータ転送が可能 データ転送操作が非常に簡単
USB端子付きのため
PCとiPhoneの接続・データ転送が便利
大容量外部ストレージとして
持ち運びに便利

上記それぞれのLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを利用するメリットをそれぞれ個別にご紹介していきます。

PC・Wi-Fi不要

iPhoneとPCの接続風景

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを利用するメリットとして、もっとも大きなメリットがPCやWi-Fi接続無しで外部にデータファイルを転送・保存できることです。既存のiCloudやiTunesでバックアップデータ転送する場合には、そのどちらかが必要でした。

ですがLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを利用することでその両方の機能を利用する必要なく、直接iPhoneに接続して外部にデータファイルを転送することが可能となります。

高速で安定してデータ転送できる

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリは、直接iPhoneの端子部分に接続可能なため、高速で安定したデータ転送が可能です

iTunesやiCloudの場合は、Wi-Fiやソフトウェアを経由して外部にデータ転送するため、データ転送が不安定な場合がありますが、Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを直接iPhoneに接続するのでその不安がありません。

操作が簡単

iPhone XR

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリをはじめて利用する場合、iPhoneに専用のアプリをインストールします。このアプリひとつでLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリへデータ転送をするので、ストレージ転送が非常に簡単というメリットもあります。

USB端子がありPCとiPhone間のやり取りに便利

PCとiPhoneとUSB

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリにはUSB端子が搭載されています。そのため、iPhoneからLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリにデータ転送したファイルを、そのままパソコンなどの外部デバイスに接続すれば、簡単にデータ転送することが可能です。

大容量外部ストレージとして持ち歩ける

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリは、iPhoneで対応していないファイル形式の再生・管理が可能です。そのため、大容量外部ストレージとして活用することができます。iPhoneの写真などのデータファイルのバックアップ保存だけではなく、フラッシュUSBメモリとして活用することができる大きなメリットがあります。

iPhoneのバックアップをするUSBメモリの選び方

本章ではiPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリの選び方のコツをご紹介していきます。これからLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリの購入を考えている方は、本章を参考にLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリ購入の判断材料にしてみてください。

USBメモリのデータ容量

Lightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリのデータ容量は、USBメモリを選択する上で非常に重要な要素となります。iPhoneのストレージ容量よりも小さいメモリサイズを購入してしまうと、写真や動画などのデータファイルが保存できないということになってしまいます。

現在利用しているiPhoneのストレージ容量を確認して、それ以上のストレージ容量が利用できるLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリを購入することをおすすめします。

USBメモリの転送速度

USBメモリ

USBメモリには3つの規格があり、それぞれで転送スピードが異なります。USBメモリの規格一覧と転送速度は下記のリストを参照にしてください。

USB2.0 USB3.0 USB3.1
60MB/s 625MB/s 1.25GB/s

上記のリストの見方はデータサイズを1秒間の間にどれだけ転送できるかを示しています。最も転送速度の早い規格が【USB3.1】で1秒間に1.25GBのデータ転送が可能です。データ転送速度が早ければ早いほどUSBメモリの値段は高価なものになります。

USBメモリ専用アプリの使いやすさ

前にも述べた通り、iPhone専用のLightningコネクタ型USBバックアップストレージメモリはiPhoneに専用のアプリをインストールし、アプリ上で写真や動画などのファイルを転送 ・管理します。この専用アプリの操作性や使いやすさも、USBメモリを選択する上で重要な要素の1つとなります。

実際に専用アプリを先に使ってみることができないので、【価格.com】などで商品の口コミや評価を確認しておくことをおすすめします。

USBメモリのデザイン

Leef3公式ホームページ

外部USBメモリのデザインも、USB選びの1つの重要な要素です。外出先に持ち出す機会も多いので、自分の好みや、iPhoneに接続した状態での操作性やTPOに合わせたデザインのUSBメモリを購入することをおすすめします。

MFi認証の有無

Apple公式ページ【MFi】

【MFi】とは【Made For iOS】の略式、iPhoneやiPad、iPod専用に開発・作られた製品であるということを証明するコードです。【MFi】と製品に明記するにはAppleから正式に認定されている必要があります。そのため【MFi】と表記されている商品はiPhoneやiPadなどのiOS製品との相性が非常に良いのでおすすめです。

写真や動画などの大切なデータを外部保存する際に、一番心配なのが外部USBメモリデバイスの安全性です。【MFi】と表記されていないものは、他のデバイスにも対応しているというメリットがありますが、その分iPhoneとの相性が低い可能性があります。

写真などのデータを安全に外部転送・保存するには【MFi】表記がある製品を選ぶことをおすすめします。

iPhoneのバックアップにお勧めのUSBメモリ

Leef 3【公式ページ】2

本章ではApplicaがおすすめするiPhoneのバックアップにおすすめのLightning USBメモリをご紹介します。

Omars フラッシュドライブ

Omars フラッシュドライブ

【Omars フラッシュドライブ】はMFi認証のLightning USBメモリで安心、安全に写真などのデータファイルを保存することができます。ストレージ容量は32GB、64GB、128GBカラーバリエーションも【ローズゴールド】【ゴールド】【スペースグレイ】【シルバー】プライベートやビジネス両方でも利用しやすいデザインとなっています。

Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ

Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ
iBRIDGE3 | Lightning / USB Flash Drive | Leef

【Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ】はMFi認証のLightning USBメモリで安心、安全に写真などのデータファイルを保存することができます。

ストレージ容量は16GB、32GB、64GB、128GBと幅広く、アルファベットの【J】の様なデザインでUSB接続したままでもiPhoneの操作性を損ない設計になっています。対応しているファイル形式も幅広くおすすめのLightning USBメモリです。

サンワサプライ iStickPro3.0 600-IPL32GL3

サンワサプライ iStickPro3.0 600-IPL32GL3
サンワサプライ公式ページ iStickPro3.0 600-IPL32GL3

【サンワサプライ iStickPro3.0 600-IPL32GL3】はMFi認証のLightning USBメモリで安心、安全に写真などのデータファイルを保存することができ、iPhone XS、iPhone XRなどの最新のiPhoneに対応しています。

ストレージ容量は32GB、64GB、128GBで、USB3.0接続に対応しています。高速でPCとiPhoneのデータのやり取りが可能な、おすすめのLightning USBメモリです。

HooToo iPhone Flash Drive USB 3.0 HT-IM003

HooToo iPhone Flash Drive USB 3.0 HT-IM003

【HooToo iPhone Flash Drive USB 3.0 HT-IM003】はMFi認証のLightning USBメモリで安心、安全に写真などのデータファイルを保存することができ、iPhone XS、iPhone XRなどの最新のiPhoneに対応しています。

USB3.0接続に対応しており高速でPCとiPhoneのデータのやり取りが可能で、なによりそのUSBデバイスの小さなサイズが特徴です。アルミ合金製のボディで耐久度も高く、たった7gの軽量設計のおすすめのLightning USBメモリです。

USBメモリでiPhoneのバックアップをとる方法

iPhone XSとXR

本記事最後の本章では、USBメモリでiPhoneのバックアップをとる基本的な方法をご紹介します。本記事では前の章で紹介した【Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ】の専用アプリを使って写真や動画などのデータを移行する方法を解説していきます。

その他のアプリでも使い方は大きく変わらないので、まだLightning USBメモリを利用したことが無い方は参考にしてみてください。

専用アプリのインストール

iPhoneアプリのインストール方法

前にも述べた通りLightning USBメモリを利用するには、専用のアプリをインストールする必要があります。Lightning USBメモリによってはiPhoneに差し込んでから専用アプリをインストールするものや、App Storeから専用アプリをインストールする製品があります。製品の取扱説明書を読んで、必要な専用アプリをインストールしてください。

【Leef iBRIDGE3 モバイルメモリ】の場合は、専用アプリをApp Storeからインストールします。App Storeにアクセスして【入手】をタップしてください。

アプリの機能

USBメモリにiPhoneのデータをバックアップする手順

バックアップしたデータを別のiPhoneに転送する手順

便利なUSBメモリを使ってiPhoneのバックアップを定期的にしよう!

本記事では便利なLightningコネクタ型のUSBメモリをご紹介しました。Lightningコネクタ型のUSBメモリを活用することで、簡単に定期的なバックアップが可能となります。本記事を参照にご自身にあったUSBメモリを探してみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ