iPhoneが4Gから3Gになる原因と対処法!4G(LTE)に戻す設定方法は?

皆さん今までに『iPhoneの電波が3Gになったまま戻らない』という経験が一度はありますよね?今回の記事ではiPhoneの電波が3Gから4GLTEに戻らなくなってしまった場合の対処方法や操作・設定の方法を詳しく説明します。

iPhoneが4Gから3Gになる原因と対処法!4G(LTE)に戻す設定方法は?のイメージ

目次

  1. 1iPhoneが3Gになる原因は?
  2. 1:4G(LTE)の電波が届いていない
  3. 2:4G(LTE)の設定がオフになっている
  4. 3:iPhoneの不具合で4Gを受け付けていない
  5. 2iPhoneが3Gになったときの対処法
  6. 機内モードをオン・オフ切り替える
  7. モバイルデータ通信をオン・オフ切り替える
  8. モバイルデータ通信と通信オプションを確認
  9. iPhoneを再起動してみる
  10. ケータイショップに相談する
  11. 修理店でiphoneの修理を依頼する。
  12. 3iPhoneの通信速度が3Gの場合は電波と設定を確認!

iPhoneが3Gになる原因は?

iPhoneの電波が3Gから戻らなくなる場合、都市部の地下やトンネル内やビル群で4G(LTE)の電波が届かずに3Gになる事があります。また首都圏以外の地域の山間部などでも同様の事象で3Gしか受信出来ない事があります。

iphoneの設定画面

1:4G(LTE)の電波が届いていない

iPhone3G

これは通信キャリアの設備インフラの状況によりユーザーはどうする事も出来ません。またごく希にSIMカードの不具合で3Gから戻らない症状が出る場合もあります。

iPhone3G

またiPhoneのソフトウェア、iOSのアップデートをしていない場合にも3Gになる事があります。iOSはiPhoneのすべての動作を行うソフトウェアで、iPhoneもPC同様にすべての動作をソフトウェア(iOS)で管理しています。

モバイルデータ通信もiOSのアップデートを行わないと3Gのまま安定しない事があります。iOSのアップデートを行わないとキャリアアップデートが配信されずに、3G問題の原因になる場合もあります。

2:4G(LTE)の設定がオフになっている

mobile通信の設定画面

端末の操作ミスによって4G(LTE)の設定がオフになっている場合も4Gと接続ができません。下記の設定で4G LTEを「ON」に切り替えることができます。

  1. ホーム画面で「設定」を選択
  2. 「モバイル通信」のタブを選択
  3. 「通信のオプション」のタブを選択
  4. 4Gをオンにする
※端末の契約内容やバージョンによって設定に表示されない場合があります。

3:iPhoneの不具合で4Gを受け付けていない

端末の設定不全でもなく、また、4Gのサービスエリア内でもある場合、iphone本体に不具合が発生している可能性があります。

端末を長期間使用していることによる電波の受信不全や、砂塵や湿気などによる基盤の故障などの要因があります。その場合修理の依頼やショップでの本体交換の処置が必要になるかもしれません。

iPhoneが3Gになったときの対処法

iPhone3G

iPhoneを使用する際、電波が3Gと4Gが交互に点滅して切り替わりネットに繋がらない状況になったり、速度が遅くなるなど問題があります。これらの不具合が起きた際のiPhoneを3Gから4G(LTE)に戻す為の対処・操作方法を説明しますので確認して下さい。iOSのバージョンは12.1.4です。

機内モードをオン・オフ切り替える

iPhone3G

3G問題で代表的な対処方法は、機内モードのON・OFFの切り替えで3Gから4G(LTE)に戻る場合があります。iPhoneを機内モードをONにするとSIMカードの通信を一切遮断します。

電話もネットも繋がりません。SIMカードをiPhoneから取り出す状況に一番近いです。その後機内モードををOFFに戻す事でiOSが正常にモバイルデータ通信を行えて3Gから4G(LTE)に戻るケースが多くあります。

モバイルデータ通信をオン・オフ切り替える

iPhone3G

3G問題の次の対処方法はモバイルデータ通信のON・OFFの切り替えを試します。3Gから4G(LTE)に戻らない時はデータ通信でエラーが出ている場合も多くあります。

モバイルデータ通信をOFFにすると電話は繋がりますがネットの接続は遮断されます。その後モバイルデータ通信をONに戻すと3Gから4G(LTE)戻る場合があります。機内モードのON・OFFと併せて試してみると良いでしょう。

モバイルデータ通信と通信オプションを確認

iPhone3G

3G問題では4Gをオンにする』の切り替えで3Gから4G(LTE)に戻る場合があります。モバイル通信を選択すると通信オプションという項目があり、通信オプションを選択すると『4Gをオンにする』という項目があります。

この項目の中に『オフ』『音声通話とデータ』『データ通信のみ』と3つの項目がありますので、それぞれに切り替えて3Gから4G(LTE)に戻るか確認します。

iPhone3G

通信オプションを選択するとローミングという設定項目もあります。ローミングとは、契約している通信会社のサービスエリア外『一般的には海外に行った時』で現地キャリアの通信網を利用する機能です。

このローミングがONになってしまっている場合は必ずOFFにして下さい。これで3Gから4G(LTE)に戻る場合があります。

iPhoneを再起動してみる

iPhone6Sまでの機種(iPhone7は音量下ボタンと電源ボタン)

iPhone3G

iPhone8・X以降の機種

iPhone3G

設定の切り替えを試しても3Gから4G(LTE)に戻らない場合、iPhoneの再起動を行います。電源のON・OFFで改善する場合と、強制再起動をかけないと改善しない場合があります。

強制再起動はiPhone6Sまでは電源ボタンとホームボタンの同時長押し、iPhone7は電源ボタンと音量ボタンの下げるボタンの同時長押し、iPhone8・X以降は音量ボタンの上クリック下クリック電源ボタンクリックをします。

iPhone3G

再起動で3Gから4G(LTE)に戻ならない場合は『ネットワーク設定のリセット』を試します。操作方法は『設定』→『一般』→『リセット』に進み『ネットワーク設定をリセット』をする事で3Gから4G(LTE)になる場合があります。ただし『ネットワーク設定をリセット』する事で、登録済みのWi-Fiの設定もすべてリセットされます。

iPhone3G

ネットワーク設定のリセットでも3Gから4G(LTE)に戻らない場合はiPhoneの設定のリセットから『すべてのコンテンツと設定を消去』または工場出荷状態に初期化をしてiOSが最新版になり改善する場合があります。

ここまでやってみても3Gから4G(LTE)にならない場合は契約しているキャリアのショップでSIMカードを交換してみましょう。格安SIMカード(MVNO)の場合は各通信会社のサポートに問い合わせましょう。

iPhone3G

以上の方法をすべて試しても3G問題が改善しない場合、iPhoneのハードウェア(本体)に問題(故障)がある可能性があります。iPhoneの3G問題はまずソフトウェア(iOS)の問題を検証してからハードウェア(本体)の検証です。

ソフトウェアの問題を検証しても3G問題が改善しないiPhoneの場合は部品の修理が出来ず本体の交換。以下のリンクからAppleサポートの修理サービスを申し込みます。

iPhone 修理 - Apple サポート 公式サイト

ケータイショップに相談する

故障したiphone

ここまでで紹介した方法でも回線の問題が改善されない場合はiphoneの内部に問題がある可能性があるので、契約しているケータイのショップやappleに問い合わせましょう。

本体が故障していた場合、本体交換などの対応が取れらることがほとんどで、本体交換になると引継ぎなどは行われないため、重要な連絡先や画像、動画類はバックアップをとっておく必要があります。

修理店でiphoneの修理を依頼する。

iphone一式

また類似した対応として、iphoneの修理店に相談する手段もあります。多くの修理店はiphoneやapple公式の店舗ではないものの本体交換と違いその多くがデータを消さずに本体の修理を行ったり、修理対応の日数が短かったり、または修理料金が安価で済むものなどがあります。

iPhoneの通信速度が3Gの場合は電波と設定を確認!

今回はiPhoneが3Gから4G(LTE)にならない時の対処法を説明しました。確認する項目は多いですが、今回説明した各項目をしっかり確認すればiPhoneの電波が3Gから戻らなくなる症状を解決出来ます。またiPhoneの初期化をする場合はデータがすべて消去されてiOSが最新版になるので、事前にしっかりとバックアップを取っておきましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
ヤマコ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ