iOS13からiOS12にダウングレードする方法!バージョンを戻す手順や復元方法を解説!

iPhoneをiOS13にアップデートしたところ色々な不具合が生じたので、元のiOS12バージョンにダウングレードする場合の方法を解説します。iOS13を元のiOS12バージョンに戻して復元するための、ダウングレードの方法の手順をまとめてみました。

iOS13からiOS12にダウングレードする方法!バージョンを戻す手順や復元方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneをiOS13からダウングレードしたい?
  2. iOS13からiOS12にバージョンを戻すことが可能
  3. iOS13.1.2以降にアップデートしていると不可能
  4. 2iOS13からiOS12にダウングレードするために必要な物
  5. 最新版iTunesがインストールされたPC
  6. 安定したインターネット回線
  7. 付属のLightningケーブル
  8. 十分な作業時間(1時間以上)
  9. 3iOS13からiOS12にダウングレードする方法
  10. 作業開始前に必ずバックアップをとっておく
  11. 【iPhoneを探す】をオフにする
  12. iOS12のファームウェアをダウンロード
  13. リカバリーモードでiOS12を【復元】する
  14. 4iOS13からダウングレードして快適なiPhone生活を送ろう

iPhoneをiOS13からダウングレードしたい?

現在最新バージョンのiOS13にバージョンアップしてしばらく使ってみて、電池の減りが速かったり、色々なアプリが上手く稼働しないという不満をため込んでいる人がいるようです。そして、いっそのことアップデートをやめて前のiOS12に戻したいと熱望するようになってしまいます。いったいどうしたら良いのでしょうか。

iOS13からiOS12にバージョンを戻すことが可能

iOS13のホームページ

iOSの新しいバージョンが出て来ると、とりあえず旧バージョンから新バージョンへアップグレードしてしまうタチの人も多いことでしょう。そして、最新バージョンがインストールされたiPhoneを見せびらかすのが楽しみという新し物好きは、ある意味仕方のない衝動です。

しかし、良かれと思ったiOS13で下手を打ってしまったと気付いたら、何とか撤退して逆戻りしたいでしょう。果たしてそのようなことが上手く行くものでしょうか。かなり気をもんだ人も多いことでしょうが、実はiOS13からiOS12にダウングレードしてバージョンを戻すことは可能なのです。

iOS13.1.2以降にアップデートしていると不可能

appleのホームページ

iOS13はiPhone11、iPhone11Pro、iPhone11Pro Max用に2019年9月19日に配信開始しました。そしてその後に13.1、13.1.1、13.1.2、13.1.3、13.2、13.2.2、13.2.3、13.3とグレードアップを重ねています。まさに怒濤の如くアップデートしているのですが、実はiOS12に戻すことができるのはiOS13.1.2より前のバージョンでなくてはいけません。

つまり、すでにアップデートを重ねてしまってiOS13.1.2を含んでそれ以降のバージョンに達してしまっていると、もうiOS12には戻れません。

ThumbiOS13の新機能・変更点やiPhoneアップデート後の不具合を解説!
iOS13から追加された新機能や変更点、またiOS13アップデート後のバグ・不具合情報を紹介...

iOS13からiOS12にダウングレードするために必要な物

それではまだ後戻りできるバージョンのiPoneのユーザーが、iOS13からiOS12にダウングレードするために実際必要な物について見てみましょう。いくつかの道具が揃っていないとダウングレードができません。

最新版iTunesがインストールされたPC

iOS13をiOS12にダウングレードするためには、iPhone単体だけではできません。PCを介在させる必要があります。しかも、そのPCには最新版のiTunesがインストールされている必要があるのです。最新版のiTunesはAppleのWebサイトでiTuneダウンロードページを開いて、「今すぐダウンロード」をクリックして名前をつけてデスクトップに保存します。

するとデスクトップにiTunesのセットアップファイルが表示されますので、ダブルクリックし「実行」します。「iTuneへようこそ」が出たら「次へ」をクリックして「インストール」します。インストーラを終了するには「完了」をクリックしましょう。なお、PCを持っていない場合はインターネット喫茶や漫画喫茶などのPCが利用できます。

安定したインターネット回線

iOS13からiOS12へのダウングレードにはPCを使って腰をすえて取り掛からなければなりません。それだけ大量のデータを処理しなければなりません。従ってダウングレードをしている間は安定したインターネット環境が保持されている必要があります。途中で速度が遅くなったりすると悪影響が心配されます。

モバイル環境では電波の状態に影響されるので安定性には不安があり危険です。できれば自宅で光回線を使用したインターネット回線を使用する方法を推奨します。

付属のLightningケーブル

iPhoneとPCとを結ぶために付属のLightningケーブルが必要となります。PCとの間のデータ交換に使う物なので必ずきちんとしたLightningケーブルを使います。100均で売っているLightningケーブルは充電専用のものなので、ダウングレード用には使えません。ちなみにLightning(ライトニング)というのは、Appleが開発した独自の技術です。

これはコンピュータバスおよび電源コネクタを使用した伝送技術となっています。30ピンではなくて8ピンを使用していることも特徴です。つまりLightningはデジタル信号を伝送する8ピンコネクタということができます。また、無方向性であり上下どちらの向きでも機器に挿入できる特徴があります。

十分な作業時間(1時間以上)

iOS13からiOS12へのダウングレードの作業は、かなり時間がかかります。従って、途中で中断しなければならないような危険性がある時間帯にはやらない方が良いでしょう。例えば夜間の誰にも邪魔されない時間帯に、1時間以上の時間を確保して落ち着いて実行することです。

iOS13からiOS12にダウングレードする方法

PCやLightningケーブルなどの準備も整ったところで、実際にiOS13からiOS12にダウングレードをするための方法を説明しましょう。くれぐれも時間的に余裕のある、安定したインターネット環境を確保して始めましょう。

作業開始前に必ずバックアップをとっておく

一旦はiOS12からiOS13にアップデートして、データや音楽ファイル、写真ファイルなども新バージョンへ移行していますが、これから作業をしてiOS12バージョンに戻す際に、何があるかわかりません。極端な話では、データが全て消失してしまうかも知れません。後で泣きを見ないように、必ず作業開始前にはバックアップを取っておくことにしましょう。

そのためにまた時間を取られてしまいますが、不確実性があるのを見逃す訳にはいきませんので、必ずやっておきましょう。

【iPhoneを探す】をオフにする

それでは早速手持ちのiPhoneのOSをiOS13からiOS12に戻すことにしましょう。これからの手順は、iPadやiPod touchでも同様にできますので参考にしてください。
 

順番 手順
1 iPhoneの「設定」アプリを出します
2 「アカウント」を選びます
3 「iCloud」を選択します
4 「iPhoneを探す」に入ります
5 「iPhoneを探す」の項目をオフにします

iOS12のファームウェアをダウンロード

次のステップに移ります。
 

順番 手順
1 iOS12のファームウェア(.ipaファイル)をPCにダウンロードします
2 「Choose a product」でダウングレードしたいiPhoneのモデルを選びます
3 iOSファームウエア(IPSW)のバージョンが表示されるのでダウングレードしたいバージョンファイルを選択します
4 ファームウエア(.ipaファイル)を選択してPCにダウンロードします
5 LightningケーブルでiPhoneをPC接続してiTuneを起動します
6 iTuneの左上にあるデバイスアイコンを選択して、デバイス管理画面に入ります

リカバリーモードでiOS12を【復元】する

いよいよこれでiOS13からiOS12へのダウングレードが達成できます。
 

順番 手順
1 iPhoneをリカバリーモードにします
2 iPhone XRおよび8/8Plus等の場合は、音量を上げるボタンを押して一瞬で離します。音量を下げるボタンも押してすぐ話します。次にスリープボタンを押し続けます
3 iPhone7/7Plusは、スリープボタンと音量を下げるボタンを同時に押し続けます
4 iPhone6s以前、iPad、iPod touchの場合は、スリープボタンとホームボタンを同時に押し続けます
5 Windowsでは「Shift」、Macでは「option」を押しながら、「更新プログラムの確認」または「iPhoneを復元」を選択します
6 ファイルを開く画面が出るので、先程ダウンロードしたiOS 12.4.1のIPSWファイルをクリックし「開く」を押します
7 「復元」ボタンをクリックします
8 iOS13からiOS12にダウングレードする作業が始まります
9 ダウングレード終了次第、iPhoneが自動的に再起動されます。iTuneにアクティベート画面が表示されるのでApple IDとパスワードを入力しサインインします
10 「このバックアップから復元」でiOS13のバックアップを選択し復元します

これで晴れて、不覚にもアップデートしてしまったiOS13をiOS12に戻すことができ、復元することができたのです。

iOS13からダウングレードして快適なiPhone生活を送ろう

せっかくiPhoneを最新のiOS13にアップデートして、ウキウキしながらONにしてみたら、色々な不都合が発生してしまったら、がっかりするでしょう。そしてこんなことなら、元に戻したいと切望するのです。そんな時のためにiOS13からiOS12にダウングレードして戻す方法を知っていれば、寂しい思いをしなくて済みます。

自分の大切なiPhoneなのですから、自分の好みの状態にして快適なiPhone生活にしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
SFや哲学、ミステリが好きです。趣味は山登りと合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ