HDD(内臓ハードディスク)が認識しない・読み込まない原因と対処法を解説!

HDD(内臓ハードディスク)が認識しない・読み込まない原因と対処法について紹介していきます。HDD(内臓ハードディスク)が認識しない原因にはハードディスクの異音や反応があります。対処法としては復旧ソフトを使った方法があります。それらを紹介していきます。

HDD(内臓ハードディスク)が認識しない・読み込まない原因と対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1PCの内蔵HDDが認識しない原因は?
  2. 2HDDの故障原因の確認方法
  3. 3内蔵HDDが認識しない場合の対処法
  4. 4新品のHDDを認識しない場合
  5. 5HDDが認識しない場合の対処法を覚えておこう

PCの内蔵HDDが認識しない原因は?

HDDの画像

今回の記事ではPCの内蔵HDDが読み込まない原因についてまとめていきます。原因は4つほど考えられており、ハードディスクの初期化やフォーマットをしていない、ドライブレターが割り当てられていない、HDDのパーテーションの破損、HDDの物理的な障害で反応しないの4つです。多くの原因が複雑な内容となっておりますのでこれらの原因について詳しくまとめていきます。

ディスクの初期化やフォーマットをしていない

HDDの画像

PCの内蔵HDDが読み込まない原因の1つであるディスクの初期化やフォーマットをしていない場合の原因についてまとめていきます。データが書き込まれてない、新品のHDD(ハードディスクドライブ)を購入した場合は、HDDをPCに認識させるため、(フォーマット)や(ディスクの初期化)の作業が必要になります。フォーマットからまとめると、これはファイルシステムを適用させ、ファイルの操作を可能にするためのものです。

ディスクの初期化とはHDDが読み込む部分を作成することです。以上がディスクの初期化やフォーマットをしていない場合にHDDが反応されない原因です。

ドライブレターが割り当てられていない

スクリーン画像

PCの内蔵HDDが読み込まない原因の1つであるドライブレターが割り当てられていない場合の原因についてまとめていきます。PCにHDD(ハードディスクドライブ)が反応されていないとドライブレターが割り当てられていない可能性があります。それではドライブレーターの認識についてまとめていきます。ドライブレーターはUSBメモリやHDDの記憶装置を割り当てる文字になります。

違うドライブレーターどうしが競合すると、ドライブレターがHDDに割り当てられないので認識ができなくなり、反応もいっさいなくなります。以上がPCの内蔵HDDが読み込まない原因の1つであるドライブレターが割り当てられていない場合の原因です。

HDDのパーテーションの破損

壊れる画像

PCの内蔵HDDが反応しない原因の1つであるHDDのパーティションが破損している場合について紹介していきます。PCにHDD(ハードディスクドライブ)が反応されていないとHDDのパーテーションの破損の可能性があります。HDDの区画をパーティションといいHDD1台を複数のHDDとして扱うことをパーティション分割といいます。

パーティションテーブルというパーティションのデータを記録しているところが破損すると(不明なパーティション)として認識され、PCに対応、認識しなくなります。

HDDの物理的な障害で反応しない

削除の画像

PCの内蔵HDDが認識しない原因の1つであるHDDの物理的な障害で反応しないことについてまとめていきます。HDD(ハードディスクドライブ)の寿命は約3年〜4年でありパソコンを起動している時にはHDDもうごいているので、消耗品であるHDDは故障や使えなくなります。また、HDDの故障の前には前兆のようなものがあり、異音や再起動が勝手に行われるなどあります。

HDDの故障原因の確認方法

ここからはHDDの認識、故障原因の確認方法についてまとめていきます。認識、故障の確認方法は全部で2つ方法があり、ディスクの管理で現状を把握する、ハードとソフトのどちらの故障かを確認する方法の2つです。これらの方法も複雑な操作が含まれているので、しっかり覚えましょう。

ディスクの管理で現状を把握する

スクリーン画像

ディスクの管理で現状を把握する方法についてまとめていきます。(ディスクの管理)という場所で確認が可能です。(ディスクの管理)とはPC、コンピュータに表示、認識されなくても確認できますが、内臓のハードディスクは複雑にパーティションが設定されているので(ディスクの管理)でパーティションの情報を一覧で表示します。このディスクの管理で正常じゃなければ、ハードディスクにアクセスができません。

ハードとソフトのどちらの故障かを確認する方法

HDDの画像

ハードとソフトのどちらの故障かを確認する方法について説明します。まずはじめにソフトの故障からです。HDDを取り外してください。次にUSB変換アダプタを用意し、作業用PCも用意しましょう。そして重要なものが外付けのHDDで復元ソフトも用意します。復元ソフト、HDD、USBにも多くの種類あるので自分お好みでお選びください。そして、復旧のソフトをインストールし復元ができれば故障していないことがわかります。

次はハードの故障についてまとめていきます。まず、HDDの故障に多いHDDのモーターが
回転しているのか確認をします。ここの確認はUSBのアダプターの電源をHDDに接続し、モーターの音や振動でわかります。また、もし回転していなかったらHDDを回転させるための普及方を実行します。

内蔵HDDが認識しない場合の対処法

パソコン画像

内蔵HDDが認識しない場合の対処法についてまとめていきます。対処法は全部で4つあり、1つは、パーテーションの復旧方法、ドライブ文字を割り当てる、HDDをフォーマットする、データ復旧ソフトを使用するの4つです。認識しない原因によって対処法は変わってきますがここを参考に対処していただけたら幸いです。

パーテーションの復旧方法

設定画像

内蔵HDDが認識しない場合の対処法の1つである、パーテーションの復旧方法についてまとめていきます。パーテーションの復旧方法を使用する場合、多くの原因がパーティションが消えてしまったときです。そんなときにはまずはじめにドライブを確認します。PCの(マイコンピュータ)をクリックし、(管理)をクリック。

パーティションが削除されていたらPartition Wizard Home Editionというパーティションの管理ソフトを使いHDDを修復します。以上が内蔵HDDが認識しない場合の対処法の1つである、パーテーションの復旧方法についてです。

ドライブ文字を割り当てる

スクリーン画像

内蔵HDDが認識しない場合の対処法のドライブ文字を割り当てる方法についてまとめていきます。ドライブ文字はUSBやハードディスクなどの記憶装置を識別するためのアルファベットです。ディスクの管理からドライブ文字を追加をして認識は完了です。

HDDをフォーマットする

パソコン画像

HDDをフォーマットする方法についてまとめます。データが書き込まれてない、新品のHDDを購入した場合は、HDDをPCに認識させるため、(フォーマット)や(ディスクの初期化)の作業が必要になります。フォーマットからまとめると、これはファイルシステムを適用させ、ファイルの操作を可能にするためのものなので、コンピュータのディスクの管理から指示に従いHDDをフォーマットします。

データ復旧ソフトを使用する

復旧ソフト

データ復旧ソフトを使用する方法についてまとめていきます。アクセスする際に拒否をされるケースが多くあります。そして、フォーマットされていないと表示されることもあるので、その場合はドライブのファイルに問題があるため、フォーマットをせずにデータの復旧ソフトを使います。ソフトを開き、インストールして完了になります。以上がデータ復旧ソフトを使用する方法になります。

新品のHDDを認識しない場合

新品のHDDを読み込まない場合の対処法についてまとめていきます。方法としては2つあり1つは新しいHDDはボリューム設定が必要、そして、HDDを読み込まない場合の設定方法です。この2つの手順をまとめていきます。

新しいHDDはボリューム設定が必要

考える画像

新品のHDDを読み込まない場合の対処法である新しいHDDのボリューム設定についてまとめていきます。コンピュータからディスクの管理を開き、ディスクの初期化を実行します。そして(新しいシンプルボリューム)をクリックし指示に従い操作をしていきます。指示内容としては、シンプルボリュームサイズの設定、ライブの文字を割り当てと内容は複雑です。

設定方法

認識されない

新品のHDDを読み込まない場合の対処法である設定方法についてまとめていきます。上記で説明した内容の続きになりますが、(このボリュームを次の設定でフォーマットする)という項目にチェックを入れ、クリックをし(新しいシンプルボリュームウィザード)の設定は完了します。

HDDが認識しない場合の対処法を覚えておこう

パソコン画像

今回の記事ではHDDが読み込まれない場合の対処法についてまとめてきました。PCの内蔵HDDが読み込まれない原因、HDDの故障原因の確認方法、内蔵HDDが認識しない場合の対処法、新品のHDDを認識しない場合など4つの原因、対処法、設定方法についてまとめてきました。

外部のHDDドライブが必要になったり、復旧ソフトが必要になるなど、解決に付属のものが必要になるケースが多いのでしっかり内容を確認してから自分いあった対処法をしていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ