Amazonで領収書を発行する方法!宛名や但し書きの記入はどうなる?

Amazonで領収書を発行する方法について紹介します。Amazonで領収書を発行する際変更の、宛名や宛名の変更など気になる点や、変更方法なども紹介します。また、領収書を発行ができない原因や発行する対処法についても紹介します。

Amazonで領収書を発行する方法!宛名や但し書きの記入はどうなる?のイメージ

目次

  1. 1Amazonの領収書はどこにある?宛名書きが空白?
  2. Amazonの同梱物は通常は納品書のみ
  3. Amazonは支払い方法で領収書発行可否が決まる
  4. Amazonの領収書の記載内容
  5. 2Amazonで領収書を発行する方法!宛名や但し書きは?
  6. Amazonの領収書発行はPCサイトからのみ
  7. Amazonで領収書を発行する手順
  8. Amazonの領収書の宛名は自分で記入する
  9. Amazonの領収書は但し書きができない
  10. 家にプリンターがないときはコンビニで印刷
  11. Amazonの領収書をPDFでもらう方法
  12. Amazonはだいぶ前の商品でも領収書がもらえる?
  13. Amazonの領収書は再発行できる?
  14. 3Amazonで領収書発行不可のときの対処法!宛名に注意!
  15. コンビニ・銀行・電子マネー払い
  16. 代引き
  17. Amazonの購入明細書で代用する
  18. 4Amazonの領収書郵送時の宛名など注意点
  19. 領収書の宛名を分けるときは個別に注文する
  20. Amazonの領収書は郵送してもらえない
  21. 5Amazonの領収書発行のときは宛名に注意

Amazonの領収書はどこにある?宛名書きが空白?

Amazon

Amazonの領収書はどこにあるのか、領収書の発行が可能な場合と可能でない場合など、Amazonの領収書について紹介します。Amazonで商品を購入して領収書が必要な場合、領収書をもらう方法をきちんと確認して、Amazonで商品を購入した際に、領収書を受け取ってみましょう。

Amazonの同梱物は通常は納品書のみ

箱

納品書は、納品物と一緒に同封されています。なので、Amazonで商品を購入した際には、納品書が同梱されています。ただし、Amazonのヘルプにも書いていますが、Amazonが販売している一部の商品には納品書は同梱されていないので注意しましょう。

また、Amazonマーケットプレイスの出品者が販売している商品には、納品書は同梱されていませんが、代わりに出荷証明書が同梱されています。納品書には、納品日・納品した商品の名所・金額などが書かれています。納品書の役割としては、発注者が納品物を確認する際や何を納品したかなどが納品書の役割となっています。

ただし、納品書は、義務ではないのですべての商品に納品書が同封されているわけではないので注意しましょう。納品書の記入内容としては見積書と同じなので、納品書は納品したことを記録しておくなどの使い道もあります。

Amazonは支払い方法で領収書発行可否が決まる

払う

Amazonで領収書を発行したい際でも、支払い方法で領収書を発行することができない場合があるので注意しましょう。領収書の発行が可能か可能でないか支払い方法別に紹介します。領収書が注文履歴に表示される支払い方法として、クレジットカード・携帯決済・Amazonギフト券・Amazonポイントなどは注文履歴に領収書が表示されます。

支払い先のコンビニまたは銀行が領収書を発行してくれる場合の支払い方法として、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いなどは、支払い先で領収書を発行してもらいましょう。

配送業者が領収書を発行してくれる支払い方法として代金引換となっているので、代金引換を利用した際に領収書を受け取りたい場合は、配送業者に領収書を発行してもらいましょう。

Amazonの領収書の記載内容

Amazon

ここではAmazonの領収書の記載内容を紹介します。発行日・注文日・注文番号・合計金額・宛名欄・商品発送が完了した日付・注文商品・商品の状態・販売元・商品価格・請求の内訳・お届け先住所・配送オプション・お支払い方法が領収書には記載されています。

販売元では、Amazonマーケットプレイスの出品者の場合は、マーケットプレイスの出品者名が表示されます。また、合計金額では、割引などが適応された合計金額が表示されます。宛名欄は、空欄なので自身で氏名または会社名を記入しましょう。

Amazonで領収書を発行する方法!宛名や但し書きは?

Amazon

下記では、Amazonで領収書を発行する方法を紹介します。宛名や但し書きなどの気になる点を詳しく紹介します。さらに、領収書の発行手順など詳しく説明します。

Amazonの領収書発行はPCサイトからのみ

PC

Amazonの領収書を発行する際はpcサイトからのみ発行が可能です。モバイルブラウザを利用する場合は、発行したい領収書のデータを印刷することができるpcへ転送しましょう。

また、印刷することができるpcがない場合は、コンビニなどで提供しているプリントサービスで印刷しましょう。注意点として、アプリでは領収書の表示ができないので、pcまたはモバイルブラウザから領収書を発行しましょう。

Amazonで領収書を発行する手順

領収書

ここでは、Amazonで領収書を発行する手順を紹介します。まずはじめにAmazonの注文履歴にアクセスし、領収書を発行したい商品の注文をタップします。次に、注文情報から「領収書/購入明細書の表示」ボタンをタップすると、領収書が記載されています。コピーしたい場合は、pcから印刷しましょう。

Amazonの領収書の宛名は自分で記入する

記載

Amazonで領収書を発行する際は、宛名欄には自分で、氏名または会社名を記入しましょう。Amazonの領収書は空欄になっているので、すでに記入されていると勘違いする人が多いです。宛名は自分で記入するので、氏名・会社名を自由に記入することができます。会社名や氏名を記入する際は、間違いがないように記入しましょう。

また宛名を記入して会社に渡す時など、領収書に記入している内容に誤りがないか確認しておきましう。

Amazonの領収書は但し書きができない

できない

まず初めに、但し書きについて詳しく紹介します。領収書の但し書きとは一般には商品名で、会社の経緯費や会計などの際に用いることができます。

また、経費で落とす際に但し書きを用いる際は、どんな商品を購入したかなどがきちんと分るような表記でないと、経費で落とすことができなくなってしまう場合があるので、経費で落とす際は但し書きには注意しましょう。但し書きが空欄である場合も経費で落とすことができない場合があるので注意しましょう。

Amazonの領収書は但し書きができません。なので、購入した商品のサイト上に記載されている商品名が記入されています。Amazonの領収書は但し書きができなので、Amazonで購入した際の商品名が但し書きなることを忘れないようにしましょう。

家にプリンターがないときはコンビニで印刷

コンビニ

Amazonの領収書を印刷したい際には、pcからアクセスしてコピーしますが、家にプリンターなどの印刷する機械がない時は、コンビニで印刷しましょう。セブンイレブンでは「ネットプリント」、ファミリーマートやローソンでは「ネットワークプリント」というサービスがあります。

「ネットプリント」を利用する際には先に登録をして、「普通紙にプリント」ボタンをタップして、次はファイル選択をします。「参照」ボタンをタップして、ファイルをドロップしましょう。

Amazonの領収書をPDFでもらう方法

お手持ちのpcから、Amazonの注文履歴にアクセスし、領収書/購入明細書ボタンをタップします。領収書の画面を起動し、注文番号の下にある「このページを印刷してご利用ください」ボタンをタップし、次に送信先の「変更」ボタンをタップします。

別の画面が起動し、「ローカルの送信先」の中から「PDF」を選択してタップします。次に「印刷」ボタンをタップし、フォルダにPDFを名前をつけて保存しましょう。

Amazonはだいぶ前の商品でも領収書がもらえる?

Amazon

Amazonでだいぶ前に購入した商品でも、注文履歴に残っていたら領収書をもらうことができます。アカウントを変えてしまっている場合は、注文履歴に残っていないので、領収書をもらうことができません。

Amazonの領収書は再発行できる?

考える

Amazonの領収書は一度発行していても再発行できます。ただし、先程同様に注文履歴に商品が残っていれば、領収書は発行できますが、注文履歴に残っていない場合は発行することができません。注意点として、一度領収書を発行し、再発行する際は領収書のタイトルの横に「再発行」という文字が記載されます。

Amazonで領収書発行不可のときの対処法!宛名に注意!

Amazon

Amazonで領収書発行不可のときの対処法を紹介します。Amazonで領収書発行したい場合は、宛名に注意しましょう。さらに、支払い方法によっても、領収書発行が不可になる場合があるので、支払う際にも領収書発行したい場合はきちんと確認しておきましょう。

コンビニ・銀行・電子マネー払い

払う

ここでは、Amazonの支払い方法のそれぞれの領収書について紹介します。まずはじめに、コンビニで支払う際には、領収書を発行することができません。銀行または電子マネー払いも同様に領収書を発行することができません。領収書が欲しい場合は、この支払い方法を避けましょう。

支払い先の領収書を代用する

レシート

コンビニ・銀行・電子マネー払いで領収書が欲しい場合は、支払い先の領収書を代用しましょう。コンビニで支払って、領収書が欲しい場合はコンビニが発行する領収書を利用しましょう。

銀行・電子マネー払いも同様に、支払い先の領収書を代用しましょう。コンビニ・銀行・電子マネー払いの場合でも、pc上の注文履歴には購入明細が表示されます。

宛名の記載は支払い方法によって異なる

支払い方法によっては、アカウントに登録された名前が、領収書に記載される場合や、宛名が記載されない場合があります。支払い方法によっては、会社名を宛名にしたいのに、Amazonのアカウント名が記載される場合があるので注意しておきましょう。

代引き

代引き

Amazonの商品を代引きする場合は、領収書を発行することができません。領収書が欲しい場合は代引きではなく、クレジットカードや携帯決済などを利用しましょう。

宅配業者の領収書を代用する

代引きを利用して領収書が欲しい場合は、宅配業者の領収書を代用しましょう。宅配業者の領収書は外箱に添付されているので、領収書が欲しい場合は、商品を買った際の箱を捨てないように注意しましょう。また、代引きの場合もpc上の注文履歴には購入明細書が表示されています。

注文のときに宛名を会社名に変更する必要がある

商品を注文する際に、宛名を会社名に変更する必要があります。届け先の住所に登録されている名前が領収書に記載されるので、自分の名前が宛名になるのは避けたい場合は、届け先を変更しましょう。また、会社名を宛名にしたい場合は、届け先を会社にしましょう。ここでの注意点として、領収書発行後の宛名の変更は不可なので注意しましょう。

Amazonで代引きの宛名を変更する手順

代引き

ここでは、Amazonで代引きの宛名を変更する手順を紹介します。まずはじめに、注文履歴をタップし、宛名を変更したい場合は宛名の右にある「注文内容の表示と変更」ボタンをタップします。次に、「変更」ボタンをタップし、画面の指示に従い変更します。

ここでの、注意点をいくつか紹介します。まずは、注文を変更すると配達日の予定が変更する場合があるので注意しましょう。次に、注文している商品が、出荷準備中または発送済みの場合は、注文内容の変更はできません。出荷準備中の際は注文をキャンセルすると変更することができます。

Amazonの購入明細書で代用する

領収書を捨ててしまった、あるいは領収書が欲しい場合は、Amazonの注文履歴にある購入明細書で代用しましょう。コンビニ払いや銀行払いまた代引きの場合でも、pcサイトの注文履歴には商品を購入した際の購入証明書が表示されています。なので領収書が欲しい場合は、注文履歴から購入証明書で代用してみましょう。

Amazonの領収書と購入明細書の違い

領収書

ここでは、Amazonの領収書と購入証明書の違いについて紹介します。まず、領収書の記載内容としては、「発行日・注文日・注文番号・合計金額・宛名欄・商品発行が完了した日付・注文商品・商品の状態・販売元・商品価格・請求の内訳・お届け先住所・配送オプション・お支払い方法」です。

購入明細書の記載内容として、領収書と記載内容が違う箇所は、購入明細書には発行日と宛名欄が記載されていません。

Amazonで購入明細書を発行する手順

Amazonで購入明細書の発行手順について紹介します。まずはじめに注文履歴から「領収書/購入明細書」ボタンをタップします。購入明細書を発行したい商品欄に「このページを印刷してご利用下さい」ボタンをタップすると発行することができます。

ここでの注意点として、一度購入明細書を発行した商品の証明書を発行する場合は、「再発行」という文字が記載されるので注意しましょう。

Amazonの購入明細書は確定申告でも使える

はてな

Amazonで発行した購入明細書は確定申告でも使えます。確定申告の際に必要となるのは、「購入証明書」なので、確定申告に使用する際には、注文履歴から購入証明書を発行しましょう。

Amazonの領収書郵送時の宛名など注意点

Amazon

Amazonの領収書郵送時の宛名の注意点を下記で紹介します。いくつか商品を注文した際の宛名や領収書についての注意点を紹介します。注意点を確認して、領収書発行をしましょう。また、経費などの問題で、自分でコピーした領収書が経費で落ちないなどの、経費に関することも下記で紹介します。

領収書の宛名を分けるときなど、分ける方法を下記で紹介します。領収書の宛名を分ける際の注意点なども紹介します。分ける方法と注意点をきちんと確認して、領収書の宛名を分ける作業をしましょう。
 

領収書の宛名を分けるときは個別に注文する

Amazon

Amazonで商品を複数注文した際の領収書の宛名は、分けることができません。なので、領収書の宛名を分ける場合は、商品を個別に注文すると領収書の宛名を分けることができます。

領収書の宛名を分ける際は、個別に注文して宛名を会社名または個人名にしたい場合、宛名を会社名または個人名に変更して注文すると分けることができます。また、分けるのを忘れて注文してしまった場合は、発送済みの際は注文をキャンセルしましょう。

個別に注文する際の注意点として、個別に注文するので宛名に誤りが生じる場合があるので、個別に注文する際には、宛名に誤りがないかきちんと確認してから商品を注文しましょう。

Amazonの領収書は郵送してもらえない

ポスト

Amazonの領収書は郵送してもらえません。領収書が欲しい場合は、注文履歴から領収書を自分で発行しましょう。

Amazon Prime nowは郵送してもらえる

Amazon Prime now は、最短2時間で商品を届けるというサービスで、Amazon Prime nowで商品を購入した際には、カスタマーサービスに領収書の発行を問い合わせると、「注文番号・商品名・領収書の宛名・領収書の送付先」の情報を聞かれるので、記載してメールを送信すると領収書を郵送してもらえます。

セルフメディケーション税制対象商品は郵送してもらえる

セルフメディケーション税制対象商品を購入した際には、先程の手順と同様にカスタマーサービスに問い合わせして、領収書を発行してほしいとメールすると、「注文番号・商品名・領収書の宛名・領収書の送付先」の情報を聞かれるので、記載すると領収書を郵送してもらうことができます。

郵送でないと会社の経費で落ちないときは

はてな

郵送でないと会社の経費で落ちないなどの問題について紹介します。Amazonで購入した商品の領収書を郵送で欲しい場合は、理由がないと郵送してくれません。Amazonの領収書の注意書きには、セキュリティ上の理由により、領収書の郵送は承っていないと記載されています。

ただし、「郵送でないと会社の経費で落ちない」などの理由がある場合は、カスタマーサービスに問い合わせて理由を述べると領収書を発行してくれる場合があります。経費とは事業をするにあって使用した費用のこと言い、会社によって経費で落とせるか、経費で落ちないなどの問題は多くあります。

領収書をコピーして会社に提出した場合、コピーなので経費と認めてくれない場合もあります。カスタマーサービスに、経費で落ちないことをきちんと述べて郵送してもらい、経費で落としましょう。また、過去の領収書も履歴に残っていればもらうことができるので、経費で落とせていなかった領収書も経費で落としてみましょう。

Amazonの領収書発行のときは宛名に注意

Amazon

Amazonの領収書発行のときは宛名に注意しましょう。また、領収書の宛名を分ける際は、個別に注文しましょう。個別といっても、同じ宛名な場合は個別に注文する必要はなく、同じ宛名の商品は個別ではなく一度に注文しましょう。

領収書の宛名を分ける際は、個別に商品を注文して、宛名を変更するなどして注文しましょう。個別に注文する際は、宛名に誤りがないか確認しましょう。

ThumbAmazonで配送先住所を間違えた時の対処法!発送済みの場合は配送業者に連絡しよう
Amazonで配送先住所を間違えたときの対処方法を知っていますか?Amazonに複数の住所を...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
sakamotokotone
sakamotokotoneと申します よろしくお願いいたします

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ