タスク管理アプリ「Trello」とSlackを連携する方法と使い方を解説!

タスク管理アプリ「Trello」と「Trello Alerts」を社内コミュニケーションツール「Slack」と連携できることはご存知でしょうか。「Trello」と「Slack」の2つのツールを連携する方法と、使い方を徹底解説いたします。

タスク管理アプリ「Trello」とSlackを連携する方法と使い方を解説!のイメージ

目次

  1. 1TrelloとSlackを連携するメリット
  2. TrelloとSlackの切り替えが不要
  3. 一元管理できる
  4. 2TrelloアプリとTrello Artsのどちらと連携するのがいいか
  5. TrelloアプリとTrello Alertsの違い
  6. どちらが便利か
  7. 3TrelloとSlackの連携方法
  8. Trelloアプリの手順
  9. Slackの手順
  10. SlackとTrello Alertsの連携手順
  11. 4TrelloとSlackの連携後の使い方
  12. Slackから操作する
  13. Trelloから操作する
  14. TrelloからSlackにリスト追加を通知する
  15. 5TrelloとSlackを連携させて便利に使おう

TrelloとSlackを連携するメリット

ビジネス上でのコミュニケーションチャットツールである「Slack」、ToDoリストやタスク管理などの管理ツールとして便利な「Trello」の両方を合わせて活用している方は多いのではないでしょうか。チャットツールである「Slack」と管理ツールである「Trello」は連携させることが可能なことをご存知でしょうか。

ここからは、「Slack」と「Trello」を連携するメリットや連携した後の使い方を紹介していきます。

TrelloとSlackの切り替えが不要

TrelloとSlackを連携させるメリットの一つ目は、操作をする際にTrelloとSlackの切り替えが不要という点です。様々なツールを行ったり来たりしながら作業を行うとどうしても工数がかかってしまい、効率的だとは言えません。

TrelloとSlackを連携させることにより、Trelloの機能がSlack上で操作可能となります。ですので、TrelloとSlackの切り替えがなくなるだけで、作業効率は格段に上がるでしょう。

一元管理できる

TrelloとSlackを連携させるメリットの二つ目は、一元管理ができるという点です。

TrelloとSlackを連携させることで、Slack上でTrelloのほぼ全ての操作をできるため、タスク状況を一元管理が可能です。また、Trelloでの更新状況をSlack上で通知させることも可能ですので、ToDoリストの管理がとても便利になります。

Thumbタスク管理ツールやToDoリストのおすすめツール11選!個人・チームで便利なものは?
仕事をする上でスケジュール管理などに便利なタスク管理ツールですが、タスク管理ツールは種類が多...

TrelloアプリとTrello Artsのどちらと連携するのがいいか

Trello

SlackとTrelloを連携させる際、二種類の方法が存在します。Trelloとは別に、ToDoリストなどを管理できる「Trello Alerts」というアプリもSlackと連携させ使用することが可能です。ここからは、Slackと連携させるにあたりTrelloとTrello Alertsの違いやどちらが便利かを紹介していきます。

TrelloアプリとTrello Alertsの違い

Slackに連携して使用できるTrelloとTrello Alerts。TrelloはSlackと連携させることで、SlackとTrelloを切り替えることなくSlack上でTrelloの機能を使用することが可能です。ボードの追加だけでなく、メッセージなども行うこともできるので、Slack上でほぼ全ての作業を完結させることが可能です。

一方、Trello AlertsとはTrelloの通知をメインとしたツールとなります。そのためTrello AlertsとSlackを連携させることにより、Trelloで行なったToDoリストやタスク管理などの作業更新状況をSlack上で通知させることが可能です。チームでSlackを利用しながら作業を進める時、進行状況が通知されるので非常に便利な機能です。

どちらが便利か

ではTrelloアプリとTrello Alertsではどちらが便利なのでしょうか。便利度合いは、どのツールをメインで使用したいかによって変わってきます。Slackをメインで使用している方は、連携させることによりSlack上でほぼ全ての作業を進めることができるので、TrelloとSlackを連携させた方が便利です。

Trelloをメインで使用している方は、連携させることでSlackに作業状況の通知を飛ばすことができるので、Trello AlertsとSlackを連携させた方が便利です。自身の普段の作業状況で連携するアプリの選択をしてください。

Thumbタスク管理アプリのおすすめ11選!iPhone/AndroidでToDoリストを使おう!
日常生活の予定をスマートフォンで管理できたら便利です。しかし、いざスマートフォンのアプリでタ...

TrelloとSlackの連携方法

Slack

ここからは、TrelloとSlackを連携させる方法を紹介していきます。TrelloとSlackを連携させるためには、下記が必要となるので、必ず事前に準備をしてください。
 

  • Slackの個人アカウント
  • Slackのチーム(ワークペース)
  • Trelloの個人アカウント
  • Trelloのチーム

Trelloアプリの手順

Trello

TrelloとSlackを連携させるためのTrello側の手順は下記になります。

  • Trelloで「設定」タブを開く
  • 設定タブ内にある「Slackチームとのリンクを行う」をクリック
  • いくつかの項目が出てくるので、全て確認して連携

これでTrello側でSlackとの連携が完了します。

Slackの手順

Slack

TrelloとSlackを連携させるためのSlack側の手順は下記になります。

  • Slackでワークペース下部にある「App」を選択
  • Slackで連携できるツール一覧が表示されるので「Trello」を選択
  • Trelloのインストール

Trelloをインストールした段階で、Trelloのアカウントを所持していない場合はインストール後にTrelloのアカウント作成を行ってください。これでSlackとTrelloの連携が完了します。

SlackとTrello Alertsの連携手順

Slack

SlackとTrello Alertsの連携方法は、SlackとTrelloの連携とは少し異なります。
 

  • Slackでワークペース下部にある「App」を選択
  • Slackで連携できるツール一覧が表示されるので「Trello Alerts」を選択
  • Trelloのアカウント認証を行う
  • アカウント認証後、「Trelloボードを選択する」から通知を受け取りたいボードを選択
  • Slackに通知したい項目にチェックを入れる
  • 通知を飛ばしたいSlackのチャンネルを選択し、「インテグレーションの保存」をクリックし設定を保存

上記の通り、Slack上で設定を行えば、Trello Alertsからは特に連携を行う必要はありません。連携するこよにより、通知を飛ばしたいボードや通知内容の選択が可能ですので、不要な通知を飛ばすことなくストレスフリーで業務を進めることが可能となります。

TrelloとSlackの連携後の使い方

TrelloとSlackは上記の方法で連携することができます。では、連携後どのように使用すれば良いのでしょうか。ここからはTrelloとSlackを連携したのちの使い方を解説していきます。

Slackから操作する

まずはSlack上でのTrelloの使い方を紹介していきます。

SlackでTrelloを使えるようにする

SlackでTrelloを使えるようにするためには、下記の方法で設定を行います。
 

  • Slack上でTrelloを使用したいチャンネルを選択
  • チャンネルに「/[email protected]」のコマンドを入力することでSlackでTrelloが使えるようになる

これでSlack上で簡単にTrelloの機能を使えるようになりました。

SlackからTrelloにタスク追加する

SlackからTrelloの使い方を一つずつ紹介していきます。1つ目は、SlackからTrelloにタスクを追加する方法です。上記の方法でSlackでボードの設定を行った後、ボード設定を行ったチャンネルで「/trello add [カードの名前]」を入力。これでTrelloにタスクカードを追加することが可能となります。

SlackからTrelloにメッセージを通知する

使い方2つ目は、SlackからTrelloにメッセージを通知できるよう連携していきます。Slackの画面上に出ているボタンやリストを選択することで、SlackからTrello側にメッセージを送ることが可能です。

SlackからTrelloにボードを設定する方法

使い方最後は、Trelloのボード設定です。チャンネルで「/trello link [ボードURL]」を入力するだけです。こちらのコマンドを入力することで、設定するボードの操作が簡単にSlackから行えるようになります。

Trelloから操作する

Trello

SlackからTrelloを操作する方法を上述してきました。ここからは、TrelloからSlackを操作する方法を紹介していきます。

TrelloからSlackを操作するためには、まずTrelloの使い方をきちんと確認しておきましょう。Trelloの機能は一つのチームでボードやカードを確認できるような構造となっています。ボードごとに使用するメンバーを設定でき、カードでToDoリスト管理などを行うことが可能です。

TrelloからSlackにリスト追加を通知する

Trelloをメインで使う場合、できることは通知です。Trello Alertsを使用した通知機能を使用し、Slack側にTrelloで作成・追加したリストの通知が行くよう設定を行います。設定方法は、下記になります。
 

  • Slackでワークペース下部にある「App」を選択
  • Slackで連携できるツール一覧が表示されるので「Trello Alerts」を選
  • Trelloのアカウント認証を行う
  • アカウント認証後、「Trelloボードを選択する」から通知を受け取りたいボードを選択
  • Slackに通知したい項目にチェックを入れる
  • 通知を飛ばしたいSlackのチャンネルを選択し、「インテグレーションの保存」をクリックし設定を保存

TrelloとSlackを連携させて便利に使おう

Trello for Slack

ToDoリストやタスク管理ができるTrelloと、社内コミュニケーションツールであるSlackを連携させることで、業務効率が格段に上がります。連携の設定方法や使い方はとても簡単なので、ぜひTrelloとSlackの2つのツールを連携し作業効率をあげてください。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
umimamama