B612の登録の危険性は設定で回避!SNOWとの違いは?

B612という加工機能付きカメラアプリをご存知でしょうか?スタンプ機能が豊富で、誰でもかわいい写真を撮ることができる優れものアプリです。そんなB612の登録方法や、設定による危険性の回避、SNOWとの違いまでご紹介していきます。

B612の登録の危険性は設定で回避!SNOWとの違いは?のイメージ

目次

  1. 1B612 アプリとは?
  2. 2B621アプリの登録は危険?設定でプライバシー保護を!
  3. 3自撮りアプリSNOWとB612を比較してみよう!
  4. 4B612アプリは安全!かわいいフィルター加工で自撮りを楽しもう!

B612 アプリとは?

B612

「B612」というアプリをご存知でしょうか?今若者の間で「かわいい写真が撮れる」と話題の大人気カメラアプリです。スタンプ機能や写真の加工に使われるフィルター機能が他のアプリと比べ大変種類が豊富です。

B612アプリはかわいいフィルターで簡単自撮りできるアプリ

可愛い写真

B612の特徴として、かわいいフィルター機能を使って様々な雰囲気の写真に加工できる点があります。B612には合計50種類ものフィルターが用意されており、スマホのスクリーン下部をスライドするだけで、簡単にフィルターを選択できます。フィルター機能が豊富なため、どんな雰囲気の写真にも加工することが可能で、インスタ映えを狙った写真を作り上げることも可能です。

B612のインストールはこちら

B612を使用するためには、まずスマホにインストールする必要があります。iPhone、Androidそれぞれでインストールするためのリンクを貼りましたので、下記からページに移動し、インストールしましょう。

iPhone

お使いのスマホがiPhoneであれば、以下のリンクからインストールページに移動し、インストールしてください。

B612 - いつもの毎日をもっと楽しく

Android

お使いのスマホがAndroidであれば、以下のリンクからインストールページに移動し、インストールしてください。

B612 - いつもの毎日をもっと楽しく

B621アプリの登録は危険?設定でプライバシー保護を!

ネットで「B612」を検索すると「B612 危険」という検索候補がヒットします。危険とヒットしてしまうのは、B612に「自動で友だち追加の機能がある」「位置情報機能がついている」ためです。しかし、こういったB612の機能は設定次第でOFFにすることができます。

B612アプリとSNSの連携解除して友達を自動追加しない

まずはじめに、B612アプリとSNSの連携解除し、SNSで繋がっている友達を自動追加しないように設定しましょう。アプリ内の「設定」をタップし、「アカウント設定」をタップしましょう。

自動追加

「アカウント設定」をタップすると、連携しているFacebookやLINEのアイコンが画面に表示されます。連携させたくないアイコンの機能をOFFにすることで、いつの間にか友達が追加されることはなくなります。

B612アプリで位置情報をOFFに設定する

次に、写真の位置情報を残さないように、位置情報機能をOFFにしましょう。位置情報が特定されることで、犯罪に巻き込まれる可能性もあるため、OFFにするほうが無難です。アプリ内の「カメラ設定」をタップし、位置情報をOFFにしましょう。

位置情報

また、同じ画面上にある「自動保存」をOFFにすることで、いつの間にか撮った写真がアプリ内に保存されないように設定できます。自動追加の必要がなければ、こちらもOFFにしておきましょう。

B612アプリに登録しても危険は少ない?

B612と検索すると「危険」というワードも出てきますが、しっかり設定をできていれば登録しても危険であることはありません。情報管理をしっかりするという前提で登録するようにしましょう。

自撮りアプリSNOWとB612を比較してみよう!

SNOW

自撮りアプリとして若者の間でヒットしている「SNOW」と「B612」の機能を比較してみます。

B612の運営会社はSNOW

実はB612を開発し、運営しているのは「SNOW Inc.」です。つまり「SNOW」と「B612」は同じ会社が運営しているのです。同じ会社が運営している写真加工アプリに違いはあるのでしょうか?それぞれ比較して検証してみましょう。

SNOW

B621とSNOWのスタンプ機能比較

SNOWのスタンプは訳700種類あり、主に自分の顔とスタンプを合わせて使うことができます。一方B612は、約100種類以上のフィルターと約200種類以上のアニメーションフィルターがあり、スタンプよりも、そのフィルター機能の数の多さが特長となっています。

B621とSNOWのフィルター加工比較

SNOWのフィルター機能は約30種類あり、実際に撮った写真全体の雰囲気をガラッと変えることができます。一方B612は、先に述べたように約100種類以上のフィルターと約200種類以上のアニメーションフィルターがあります。それに加え、B612にはSNOWではできない「目の大きさや輪郭を調整できる」という機能も備わっています。

B612アプリは安全!かわいいフィルター加工で自撮りを楽しもう!

写真

若者の間で「漏れる」と人気の写真加工アプリ「B612 」のインストール、情報管理の方法、そして姉妹アプリである「SNOW」との違いをご紹介してきました。誰でも簡単に可愛く写真が加工できるので、是非安全に使いこなして楽しい写真をたくさん残していきましょう。

B612の記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbカメラアプリB612の人気フィルター5選!自撮りにおすすめの加工を紹介!
B612では自撮り画像を簡単に作成できるアプリです。SNSやブログで自撮り画像が多く使用され...
ThumbB612が一番盛れる自撮りアプリ?SNOWとの比較や盛れるフィルターは?
B612は、自撮りと加工ができる写真アプリとなっています。B612を利用している若者たちの間...
ThumbB612は無料?スタンプやフィルタのダウンロードで有料課金されないか検証!
今、キレイに撮れると話題で10代、20代に圧倒的な人気の無料自撮りアプリB612。スタンプや...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
tiamomare

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ