Amazonのバイトはきつい?評判・仕事内容やどこがきついのか解説!

Amazonは定期的に作業員を募集しており、倉庫内でピッキングや梱包などの仕事を担当できます。Amazonのアルバイトはきついのか?Amazonのアルバイトの仕事内容や、実際にAmazonでバイトしたことのある方々の間での評判などをまとめました。

Amazonのバイトはきつい?評判・仕事内容やどこがきついのか解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazon倉庫のバイトはどこがきついのか解説!
  2. 2Amazon倉庫のバイトの仕事内容について
  3. 3Amazon倉庫のバイトの時給・年齢層は?
  4. 4Amazon倉庫のバイトがおすすめな人は?評判も紹介!
  5. 5体力に自信がある人はAmazonのバイトをやってみよう

Amazon倉庫のバイトはどこがきついのか解説!

Amazonでアルバイトする方法

出典: https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=6054484051

多くのインターネットユーザーは、Amazonを「顧客」の立場として利用していることでしょう。しかしAmazonは公式サイトや求人サイト上で随時人員募集を行っており、「従業員」としてAmazonに接することが可能です。

Amazonのアルバイトはどのような仕事を行うのか?Amazonのアルバイトは世間の評判通りきつい仕事なのか?

ここでは、Amazonのアルバイトの特徴について解説していきます。

アマゾンで働く | 契約・アルバイト・パート | アマゾンジャパン採用サイト

体力仕事!立ち仕事!移動が大変!

Amazonのアルバイトの仕事内容を簡単にまとめると、東北から九州まで各地にあるフルフィルメントセンター・デリバリーセンター(倉庫のような施設)内で注文商品の発送に伴う工程に従事することです。

担当部署によって仕事内容は大きく異なりますが、どの作業も頭より体を使う立ち仕事である点は共通しています。

特に「ピッキング」と呼ばれる発送商品の棚出し作業では、広大な倉庫内をひたすら歩き回って商品を集めていかなければならないため、慣れるまでは足が筋肉痛になることでしょう。

素早さ・スピードが求められる

Amazonのアルバイトの仕事内容は、それほど難しくはありません。未経験者でも十分にこなせるような単純作業ばかりです。

しかし、世界最大級のインターネットショッピングサイト・Amazonには24時間ひっきりなしに注文が殺到するため、もたもたしていると仕事がどんどん溜まっていきます。

何よりも「スピード」が求められる仕事であり、コツをつかむまでは苦労することでしょう。簡単な仕事=楽だと勘違いしてはいけません。

厳重な管理体制でルールが厳しい

Amazonは業界ナンバーワンの通販サイトであり、レベルの高い配送品質を維持するためにアルバイトに対しても以下のような厳格な仕事ルールを適用します
 

  • 倉庫内に携帯電話などの電子機器を持ち込むことは禁止
  • 休憩や仕事上がりで倉庫から出る時には手荷物検査を受ける
  • 作業は常に5分前行動が鉄則(休憩も5分前には切り上げておく)
  • 他の作業員とぶつからないように廊下の右側を歩く
  • 倉庫内を走ってはいけない、暑くても窓を開けることは禁止

場所によってはノルマがある

Amazonのアルバイト作業は、コンピュータによって管理されています。ピッキングの場合、支給されるスキャナーを使って商品を確認・記録していかなければなりません。

倉庫に出入りした際のタイムカード履歴はもちろんのこと、1時間あたりにこなした仕事の数も全て上司に把握されており、ノルマをこなせないと後で呼び出されて「仕事が遅い」と注意されることがあります。

ミスした回数もカウントされるため、常時見張られているような息苦しさがあります。肉体的にきついというより精神的にきついと感じる方がいるかもしれません。

しかし、この厳しさを自分に課せられた使命と感じられるようになれば、Amazonのアルバイトにやりがいを見出せるようになります。

Amazon倉庫のバイトの仕事内容について

Amazonのアルバイトの仕事内容

出典: https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_cg_FCA_1b1_w?node=6054497051&pf_rd_m=A3P5ROKL5A1OLE&pf_rd_s=merchandised-search-6&pf_rd_r=EEX48FP5BMK2FQ3QQSVP&pf_rd_t=101&pf_rd_p=ecefd083-eddf-419f-bb40-b89aaf53c35d&pf_rd_i=6054484051

「倉庫作業」という言葉を聞くと、重い荷物を運ばされるきつい仕事をイメージする方もいることでしょう。しかしAmazonのアルバイトはあくまで軽作業であり、力よりも慣れが重要です。

ここでは、Amazonのアルバイトの詳細な仕事内容、勤務体系などを見ていきましょう。

主な仕事内容

Amazonフルフィルメントセンターで働いている作業員は、「入荷プロセス(Inbound)」・「出荷プロセス(Outbound)」・「品質管理プロセス(ICQA)」のいずれかに従事しています。

その中でも、Amazonが募集しているアルバイト人員の主な仕事内容は、出荷プロセスの「ピッキング」・「梱包」・「仕分け・発送」が大半です。

ピッキング

ピッキング(picking)とは、物流現場において商品を保管場所から取り出してくる棚出し作業のことです。
 

  1. Amazonのアルバイトに支給されるスキャナーに注文商品(ピッキング対象商品)の番号が表示される
  2. コンテナ(カゴのようなもの)を乗せたカート(台車)を押して倉庫内を移動し、スキャナーの情報を見ながら商品を一つずつピッキングして(集めて)いく
  3. ピッキングした商品をスキャナーでスキャンしてピッキングデータを記録していく

梱包

ピッキングによって収集された商品は注文ごとに仕分けされ、最適なサイズの段ボールに梱包されます。配送途中で商品が破損しないよう、場合によっては段ボールの中に緩衝材を詰めていくこともあります。

また、ギフトとして注文された商品の場合はギフトラッピングも必要となるため、スピードだけでなく正確・丁寧な仕事が要求されます。

仕分け・発送

ピッキング・梱包工程を経た商品は段ボールごとベルトコンベアに乗せられ、発送先の地域・配送業者に応じて仕分けされていきます。

仕分けされた商品は所定の場所に積み込まれ、定期的にフルフィルメントセンターに到着する配送業者のトラックでラックごと出荷されます。その後、各運送会社のターミナルにて仕分け・配送が行われ、商品が購入者の手元に届けられます。

その他の仕事内容

Amazonのアルバイトには、ピッキング・梱包・仕分け以外にも様々な仕事があります。
 

  • メーカーから送られてきた商品の荷受け・検品・ピッキング用の棚入れ
  • 段ボールの補充
  • 在庫確認などの事務作業

どの仕事を任されるかは、Amazonフルフィルメントセンターに配属された時の運次第です。

アルバイトのオリエンテーションについて

いかに単純な軽作業といえども、倉庫に配属された瞬間から完璧にこなせるほど簡単な仕事ではありません。

Amazonのアルバイトとして雇用が決まると、初日は仕事内容等を説明するオリエンテーションに参加することになります。
 

  • Amazonという会社の歴史・業務内容・評判等の解説
  • Amazonフルフィルメントセンターの施設案内
  • Amazonのアルバイトの仕事内容説明

午前中の時間帯は全てオリエンテーションにあてられ、午後の時間帯のラストになったら実際に自分でAmazonのアルバイト業務を実践することになります。

と言ってもいきなり完璧にできるはずがないので、最初は指導担当員がマンツーマンで付き添いながら細かくアドバイスしてくれます。

ある程度慣れるまでは先輩方がしっかりフォローしてくれるため、アルバイト初心者でも安心して働ける環境が整っているのが特徴的です。

アルバイトのシフトについて

Amazonフルフィルメントセンターは、24時間365日体制で稼働し続けています。Amazonのアルバイトは、朝~深夜までの時間帯の中から好きなシフトを選択することが出来るため、自分の生活スケジュールに合わせて仕事できる自由度があります。
 

  週40時間シフト
(1日8時間×5日)
早上がりシフト
勤務時間
  • 9時~18時
  • 12時~21時
  • 21時~翌6時
など
  • 9時~13時
  • 12時~17時
  • 17時~22時
など
休憩 15分休憩、1時間休憩あり 15分休憩あり

シフトの申告は1か月ごとに書類で提出します。基本的に当日欠勤は認められませんが、前もって上司に相談しておけば柔軟に対応してもらえる可能性はあります。

Amazon倉庫のバイトの時給・年齢層は?

Amazonのアルバイトの仕事内容

出典: https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_cg_FCA_1c1_w?node=6054631051&pf_rd_m=A3P5ROKL5A1OLE&pf_rd_s=merchandised-search-6&pf_rd_r=EEX48FP5BMK2FQ3QQSVP&pf_rd_t=101&pf_rd_p=ecefd083-eddf-419f-bb40-b89aaf53c35d&pf_rd_i=6054484051

自由の国・アメリカ発祥の企業だけあって、Amazonのアルバイトには厳格な作業ルールとフレキシブルな勤務シフトが両立しています。

しかしAmazonのアルバイトへの応募を検討している方の中には、待遇を気にする方もいることでしょう。

きついと評判のAmazonの倉庫アルバイトでは、仕事内容に見合うだけの収入を得られるのか?ここでは、Amazonのアルバイトの時給や福利厚生、アルバイトの男女比率などを見ていきましょう。

平均時給

Amazonのアルバイトの時給は、勤務するAmazonのセンターによって異なります。しかしその金額はおおむね1,000円を超えていることが多く、平均時給は1,100~1,300円程度です。

an reportが発表した2019年8月度の技能・労務系アルバイトの平均時給(全国)を業種・職種ごとに比較してみると、Amazonのアルバイトはきついという評判に見合うだけの金銭的価値のある仕事であることが分かります。
 

技能・労務系アルバイト 平均時給(全国)
Amazonの倉庫アルバイト 1,100~1,300円程度
一般企業の仕分け・梱包・商品管理業務 1,059円
一般企業の清掃業務 1,041円
一般企業の製造工 1,108円
一般企業のイベント設営・運搬業務 1,085円

なお、Amazonのアルバイトの給料は、基本的に月末締めの翌月25日支払いです。月平均10~20時間程度の時間外作業を行う可能性もありますが、別途残業手当が支給されます。

交通費

Amazonのフルフィルメントセンターは街の中心部から離れた場所にあり、出勤時に公共の交通機関を利用しているアルバイトの方が少なくありません。(自転車通勤は可能、自動車・バイク通勤は不可。)

Amazonのアルバイトでは、日々の通勤時に利用した電車代・バス代などの交通費が全額支給されます。(一日あたり2,450円を上限。)

また、利用料無料のシャトルバスも毎日定時に運行しており、金銭的負担なしで駅とセンターの間を移動することも可能です。ただし早上がりシフトの場合は、シャトルバスの運行時間と帰宅のタイミングが合わない可能性があることに注意が必要です。

夜勤の深夜手当

22:00~翌5:00の時間帯に勤務する場合、深夜割増賃金としてAmazonのアルバイトの時給が25%アップします。例えば通常の時給が1,200円の場合、深夜シフトなら時給が1,500円になります。

日中の時間帯に学校に行ったり別の仕事に従事したりしている方でも、夜勤シフトを活用すれば効率的に稼げるメリットがあります。(センターによっては兼業を禁止している場合もあり。)

時給を上げるためには?

Amazonのアルバイトの給料は成果制ではなく時間制なので、多くの仕事をこなしたからと言って貰える給料が増えるわけではありません。

しかし、Amazonフルフィルメントセンターには正社員登用制度があります。迅速・正確・丁寧な仕事ぶりが評価されれば、チームリーダーやマネージャーに昇格して多くの給料を貰えるチャンスが広がります。

福利厚生

きついという世間の評判に配慮しているわけではないでしょうが、Amazonのアルバイトの福利厚生は他のアルバイトとは比較にならないほど充実しています。
 

  • 休憩時間に無料でドリンクを飲める自動販売機や、わずか数百円で美味しいメニューを腹いっぱい食べられる食堂あり
  • Amazon.co.jpが販売している商品を特別価格で購入できる「社員割引制度」あり
  • Amazonと提携しているホテル・スポーツクラブなどの施設を優待価格で利用可能
  • 社会保険への加入も可能
  • 繁忙期終了後にスタッフの頑張りをねぎらうパーティーイベントあり

年齢層と男女比率

Amazonは世界的にも評判の良い会社なので、Amazonの倉庫アルバイトには非常に多くの応募が寄せられています。採用条件も非常にシンプルであり、「働きたい」という意思のある方ならどなたでも働けるチャンスがあります。
 

  • 真面目に仕事に取り組む事ができる方
  • 最低限のコミュニケーションと仲間への配慮ができる方
  • シフトにあわせて問題なく出勤できる方
  • 性別・年齢・国籍・経験など一切不問
  • 英語力やフォークリフトなどの特別なスキル・資格は一切不要(Excelを使えると若干有利)

Amazonの倉庫アルバイトに従事している方々の年齢層は10代~60代まで幅広く、男女比率は6:4程度で意外と女性が多い印象を受けます。

また、日本語学校に通っているアジア方面からの外国人留学生も多く、多国籍企業ならではの国際的な職場の雰囲気を味わえます。

Amazon倉庫のバイトがおすすめな人は?評判も紹介!

Amazonでアルバイトするメリット

出典: https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_acss_bw_cg_FCA_1a1_w?node=6054630051&pf_rd_m=A3P5ROKL5A1OLE&pf_rd_s=merchandised-search-6&pf_rd_r=EEX48FP5BMK2FQ3QQSVP&pf_rd_t=101&pf_rd_p=ecefd083-eddf-419f-bb40-b89aaf53c35d&pf_rd_i=6054484051

人それぞれ性格が違うように、どの仕事にも向き・不向きがあります。自分の適性に合わない仕事を選ぶと長続きしないので、Amazonの倉庫アルバイトに申し込む際には自分に合っている仕事なのかよく考えた方が良いでしょう。

ここでは、Amazonの倉庫アルバイトがおすすめな人、おすすめ出来ない人のタイプを解説していきます。

おすすめな人とは?

Amazonの倉庫アルバイトは、多少きつい環境でも良いから効率的に稼ぎたいという方に最適な職場です。以下のタイプに当てはまる方には、Amazonの倉庫アルバイトを強くおすすめします。

体力に自信がある人

Amazonの倉庫アルバイトはひたすら体を動かす単純作業なので、体力に自信のある方にピッタリです。

一つあたり1~10kg前後の重量の商品を一日に何百個と扱う以上、普段から運動して体力をつけておかないと男性でもきついと感じることでしょう。

黙々と仕事をするのが好きな人

Amazonの倉庫アルバイトは、接客よりも機械的な仕事の方が好きな方におすすめです。

繁忙期にはAmazonの倉庫に1,000人近いアルバイトが集結しますが、みな自分に割り当てられた仕事に集中しています。無理に他のメンバーと話さなくて良い気楽さがあるので、人付き合いが苦手な方でも安心して働けます。

立ち仕事が得意な人

Amazonの倉庫アルバイトは、コンビニのレジ打ちのような立ち仕事が得意な方におすすめです。

ピッキング・梱包・仕分け、どの仕事を担当するにせよ長時間の立ち仕事が必要になるため、デスクワークより足腰にかかる負担が大きくなります。仕事が終わったら、しっかりケアしてください。

髪型や服装が自由な仕事を選びたい人

Amazonの倉庫アルバイトは、好きな格好で働きたい方に最適です。

日本のアルバイトの中には、ヒゲ・茶髪・長髪などを禁止している職場が少なくありません。その点、Amazonでは基本的に服装や髪の色・長さなどは自由です。

ただし、安全性・衛生面での問題から、転倒しやすいヒールや裾が広すぎるズボンの着用禁止、長い髪は束ねる、仕事に不要なアクセサリーは外す、など最低限の規則はあります。

おすすめしない人とは?

世間の評判通り、Amazonの倉庫アルバイトには肉体的・精神的にきつい点が多々あります。

正社員ですら他の外資系企業と比べて離職率が高いと言われており、以下のようなタイプに当てはまる方にはAmazonの倉庫アルバイトはあまりおすすめ出来ないでしょう。

体力に自信がない人

Amazonの倉庫アルバイトは、体力勝負の仕事です。休憩時間はありますが、基本的に勤務時間終了まで通しで働き続けることになるので、体力のない方はきついと感じるはずです。

仕事中に体調を崩してしまう方も少なくありません。くれぐれも無理は禁物です。

素早さを求められるのが苦手な人

Amazonの倉庫アルバイトでは、「正確さ」と「スピード」の両方を要求されます。自分の仕事の履歴は全て管理されているため、サボれば当然バレる上にノルマを達成できない場合にも上司から叱責があります。

焦って商品を間違えたり破損させたりすれば、さらに呼び出しをくらって怒られます。仕事に慣れるまではつらい日々を体験することになるでしょう。

立ち仕事が苦手な人

Amazonの倉庫アルバイトは、長時間の立ち仕事です。健常者でもきついと感じる以上、腰痛や膝痛などの持病を抱えている方にはとてもおすすめできません。

同じ作業の繰り返しが苦手な人

Amazonには無限に注文が送られてくるため、単純作業を無心でエンドレスに繰り返さなければなりません。一つの仕事が終わってもすぐに次の仕事が待ち構えており、集中力を長時間維持するのが苦手な方には不向きです

コミュニケーションをとりながら仕事をしたい人

Amazonの倉庫アルバイトでは、業務の伝達以外で他のメンバーと話をする機会はほとんどありません

学校のサークルのように皆で仲良くコミュニケーションを取りながら仕事したいという方にとっては、非常に味気なく感じることでしょう。

アルバイトの評判は?

70702004 3133307610073924 2574350444134681951 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nitaruis

実際にAmazonでアルバイトしたことのある人達の間での評判をチェックすると、「全体的には満足している」という意見が多く見られました。

しかし最近では、決して快適とは言えないAmazon倉庫の労働環境を指摘する声も上がっており、改善すべき問題点があるのも事実なようです。

Amazonの倉庫アルバイトに関する良い評判・悪い評判を表にまとめてみましょう。
 

好意的な評判 批判的な評判
  • Amazonのいろいろな商品を見ることが出来て楽しい
  • アルバイトでも正規の従業員並に稼げる
  • 研修担当者がとても親切で安心して働けた
  • 子育て中の女性や外国人など様々な境遇の人が自分のペースで働ける
  • 世間の評判ほどきつい仕事ではなく、ダイエットの運動として重宝する
  • 長時間勤務が当たり前なので体調管理に気を遣わなければならない
  • 作業ノルマをクリアできるようになるまで苦労した
  • スキャナーやベルトコンベアなど近場を凝視することが多いため目が疲れる
  • 休みの日にも出勤を要請する電話がかかってくることがある
  • 情報漏洩を防ぐために「辞めたあと1年半は競合他社に転職しない」という契約書にサインさせられて転職が大変だった

ThumbAmazonの配送業者は選べない?ヤマト運輸に指定する方法と注意点を解説
Amazonで注文すると、ヤマト運輸や佐川急便などの大手運送会社ではなく、デリバリープロバイ...

体力に自信がある人はAmazonのバイトをやってみよう

61674865 870861509944739 1855246927241148550 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
zahera_eshipper

今回は、Amazonのアルバイトの仕事内容や評判などをご紹介いたしました。最後に本記事の要点をまとめると、以下の5点が挙げられます。
 

  • Amazonは随時人員募集を行っており、性別・年齢・経歴など一切不問で倉庫アルバイトとして働ける
  • Amazonの倉庫アルバイトでは、主にピッキング・梱包・仕分けなどの仕事を担当することが多い
  • Amazonの倉庫アルバイトは、時給1,100~1,300円程度で交通費支給・夜勤手当あり・服装自由・福利厚生が充実している、など待遇面も良い
  • Amazonの倉庫アルバイトは、黙々と単純作業を繰り返すのが好きな方におすすめ
  • 反対に、体力のない方・機械作業が苦手な方・皆で楽しく仕事したい方などには不向き

52319413 644655509298976 1514727442492187684 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fbcanadaexpress

従業員としてAmazonの現場を体験すれば、それまでとは異なる角度からAmazonのサービスを利用できるようになることでしょう。

Amazonで働いてみたい方は、以下のリンクにアクセスして最寄りのAmazonセンター勤務に応募してみてはいかがでしょうか。

アマゾンで働く | 契約・アルバイト・パート | アマゾンジャパン採用サイト
【タウンワーク】amazon 倉庫のアルバイト・バイト求人情報
アマゾンジャパンの求人 | Indeed (インディード)

関連するまとめ

Original
この記事のライター
シンタロー
おすすめアプリやWebサービスの使い方など、IT関連の気になるテーマを分かりやすく解説いたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ