YouTubeのスリープタイマーを設定して寝落ち対策する方法!

皆さんはYouTubeを見ながらうっかり寝落ちしてしまった経験はありませんか?そんな時に便利なのはスリープタイマー機能です。ここではYouTubeでのスリープタイマーを設定する方についてご紹介します。YouTubeを見ながら寝落ちしてしまう方は必見です。

YouTubeのスリープタイマーを設定して寝落ち対策する方法!のイメージ

目次

  1. 1YouTubeを見てる時に寝落ちする悩みを解決!
  2. YouTubeにスリープタイマー機能はない
  3. 便利なYouTubeタイマーアプリをご紹介!
  4. 2iPhoneのYouTubeタイマー設定アプリ
  5. デフォルトの時計アプリから設定可能!
  6. 指定時間にYouTubeの再生停止・画面オフ
  7. 3AndroidのYouTubeタイマー設定アプリ
  8. おすすめタイマー設定アプリ
  9. 4YouTube以外にも音楽アプリなどにも応用可能!
  10. iPhoneの音楽アプリなどへの応用
  11. Androidの音楽アプリなどへの応用
  12. 音楽アプリには元々スリープタイマー機能がついているものもある
  13. 5寝落ちの悩みはこれで解決!
  14. YouTubeのこの記事が気になった人へのおすすめ!

YouTubeを見てる時に寝落ちする悩みを解決!

音楽を聴きながら眠る猫

現在、YouTubeは昼夜を問わず、世界中で幅広い世代の人々が利用しています。中には、眠れない夜にYouTubeを見ながら寝るという人も少なくないでしょう。

しかし、時間を忘れてYouTubeを見てしまい、睡眠時間が確保できなかった経験や、うっかりYouTubeを開いたまま、寝落ちしてしまい、スマホの充電がなくなってしまっている経験もあるのではないでしょうか。

ここでは、そんなYouTubeを見ながら寝落ちしてしまう悩みを解決してくれる方法についてご紹介します。これで今日からYouTubeを見ながら寝落ちしてしまう心配はありません。安心してYouTubeを見ながら眠ることができます。

YouTubeにスリープタイマー機能はない

机の上に置かれたMacBook

YouTubeを見ながら、寝落ちしてしまうことへの対策として思い付くことは、スリープタイマー機能を使用することだと思いますが、残念ながら、YouTubeには2018年11月現在、スリープタイマー機能が備わっていません。しかし、YouTubeタイマーアプリを使用することによって、スリープタイマー設定をすることができ、寝落ち対策をすることができます。

便利なYouTubeタイマーアプリをご紹介!

それではここでは、iPhoneとAndroidで使用できる、YouTubeスリープタイマーアプリについていくつかご紹介します。どのYouTubeスリープタイマーアプリも設定が簡単なので、すぐに使い始められます。YouTubeを見ながら寝落ちしてしまう方は是非活用してみてください。

iPhoneのYouTubeタイマー設定アプリ

画面映えのするiPhone

まずは、iPhoneのYouTubeスリープタイマー設定アプリについてご紹介します。iPhoneユーザーの方はこちらを参考に、YouTubeスリープタイマーの設定をしてください。

デフォルトの時計アプリから設定可能!

iPhoneでは、YouTubeスリープタイマーアプリのインストールは必要ありません。iPhoneを買った時から入っているデフォルトの時計アプリを使用することで、YouTubeのスリープタイマー設定が可能です。こちらのデフォルトの時計アプリはiPadにも最初からインストールされていますので、iPadを使用している方もYouTubeタイマー設定が可能です。

ここでは、時計アプリでのスリープタイマー設定の方法についてご紹介します。

Apple iPad MP1J2J/A のスクリーンショット

指定時間にYouTubeの再生停止・画面オフ

まずは、トップページからデフォルトの時計アプリを起動します。起動しましたら、下図のような画面が表示されますので、画面下部にあるタイマーというタブをタップします。

iPhone 6 のスクリーンショット

すると、下図のような画面になりますので、画面の一番したにある再生停止のところをタップして、チェックを入れます。

タイマー終了時設定のiPhone6のスクリーン画面

再生停止にチェックが入りましたら、画面右上部にある設定のタブをタップします。

設定をし終わったiPhone6のスクリーン画面

すると、最初の画面に戻ります。時間・分・秒のところを回して、YouTubeの再生を停止したい時間をセットし、緑色の開始のタブをタップするとYouTubeスリープタイマーの設定が完了します。

タイマー開始前のiPhone6のスクリーン画面

あとは、YouTubeを起動し、お好きな動画を再生するだけです。こうすることで、先ほどタイマー設定した時間になると、自動的にYouTubeの動画が再生停止になり、画面も自動的にオフになります。夜眠れない方には画像のような、睡眠導入の音楽を聴きながらでも安心して眠れます。

PC版YouTube画面のiPhone6スクリーン画面

AndroidのYouTubeタイマー設定アプリ

地図の上に置かれたAndroidスマホ

次に、AndroidでのYouTubeスリープタイマー設定の方法ですが、Androidでは、デフォルトのタイマー設定アプリはありません。その代わりにGoogle Playからインストールしたタイマー設定アプリを使用して、YouTubeのスリープタイマー設定をすることができます。

ここでは、Androidで使える、おすすめのタイマー設定アプリについてご紹介します。Androidユーザーの方は、こちらを参考にしてください。

おすすめタイマー設定アプリ

タイマー設定アプリは、いろんな種類がありますが、中でもこちらのスリープタイマー(Sleep Timer)というアプリがおすすめです。レビューの評価も高く、スリープタイマー設定の方法も非常に簡単です。Androidユーザーの方は、まずは、Google Playから「スリープタイマー(Sleep Timer)」と検索して、インストールをお願いします。

GooglePlayストアのスクリーン画面

インストールが完了しましたら、早速アプリを起動しましょう。画像のような画面が表示されますので、画面右上部にある3つの点が縦に並んだマーク(青枠で囲ったマーク)をタップします。

スリープタイマーアプリのスクリーン画面

すると、画像のような画面が表示されるので、その中の設定をタップします。

設定をタップする前のスリープタイマーのスクリーン画面

画像のような画面が表示されましたら、スタート時に起動するプレイヤーをタップします。

スタート時に起動するプレイヤーをタップする前のスリープタイマーのスクリーン画面

すると、このようにいろんなアプリが出てきます。今回はYouTubeのスリープタイマーの設定なので、その中にあるYouTubeを選択します。(アプリ版のYouTubeをインストールしていない方は、YouTubeが表示されないので、予めインストールをしておいてください。)

YouTubeをタップする前のスリープタイマーのスクリーン画面

すると、先程までミュージックになっていたところが、YouTubeに変わります。スタート時に起動するプレイヤーのところがYouTubeになっていることを確認して、ページを戻ります(「←」をタップします)。

スタート時に起動するプレイヤーを設定し終わった後のスリープタイマーのスクリーン画面

最初の画面に戻ったら、黄色の丸を回して、再生停止したい時間を設定します。設定できる時間は、確認できただけでも、10000分(約1週間)以上も設定できるので、スリープタイマー設定としては充分な時間を設定することができます。

タイマー設定をする前のスリープタイマーのスクリーン画面

再生停止したい時間がセットできましたら、スタート&プレイヤーをタップします。

スタート&プレイヤーをタップする前のスクリーン画面

すると、自動的にYouTubeのアプリが起動します。あとは、お好きな動画を再生するだけです。そうすることで、設定した時間になると、視聴中のYouTubeの動画が自動的に再生停止されます。また、途中で再生を停止したい場合はストップを、時間を延長したい場合は延長をタップすることで、途中でタイマーの停止やタイマーの時間を延長することもできます。

タイマー設定後のスリープタイマーのスクリーン画面

YouTube以外にも音楽アプリなどにも応用可能!

このスリープタイマーというアプリでは、YouTubeだけではなく、音楽再生アプリにも応用ができます。そうすることで、枕元で好きな音楽を流しながら寝られます。

イヤホンが刺さった白いAndroidスマホ

iPhoneの音楽アプリなどへの応用

iPhoneの場合は、先程のデフォルトの時計アプリを使うことで、YouTube以外の音楽再生アプリに応用することができます。スリープタイマー設定の方法は、先程の手順と同じです。

Androidの音楽アプリなどへの応用

Androidの場合は、先程のスリープタイマーアプリを使うことで、YouTube以外の音楽再生アプリに応用することができます。手順はスタート時に起動するプレイヤーをYouTubeから使いたい音楽再生アプリに変更するだけです。

ミュージックのスクリーン画面

音楽アプリには元々スリープタイマー機能がついているものもある

音楽アプリの中には、こちらのアプリを使わなくても、スリープタイマーを設定できるアプリもあります。例えば、Androidのスマートフォンに元から入っているミュージックというアプリには、設定画面からスリープタイマー設定をすることができます。ここでは、ミュージックを使って音楽を聴く場合のスリープタイマー設定の手順についてご紹介します。

ミュージックのアイコンのスクリーン画面

まずは、右上にある3つの点が縦に並んだマークをタップします。

星野源「アイデア」の再生停止のミュージックのスクリーン画面

次に、スリープタイマーをタップします。

スリープタイマーをタップする前のミュージックのスクリーン画面

下図のような画面が表示されましたら、スリープタイマー設定をしたい時間を選択し、OKをタップします。

スリープタイマーの時間設定をするミュージックのスクリーン画面

これでスリープタイマー設定が完了しました。あとは、ミュージックを使って音楽を聴くだけで、設定した時間になると、自動で音楽が再生停止します。

寝落ちの悩みはこれで解決!

YouTubeを見ながらうっかり寝落ちしてしまうことは、誰にでもあることではないでしょうか。またそのまま充電をするのを忘れて、朝起きたら電源がオフになっているなんてこともあるかと思います。そうすると、スマホでアラームを設定している人にとっては、遅刻の原因にもなってしまいます。

しかし、今回ご紹介したスリープタイマー機能を使えば、寝落ちの心配をしないでYouTubeを楽しむことができるでしょう。今回ご紹介できなかった方法やスリープタイマー機能がついているアプリもありますので、そちらも是非試してみてください。

スリープタイマー機能を上手に活用して、楽しいYouTubeライフにしましょう!

YouTubeのこの記事が気になった人へのおすすめ!

ThumbYouTubeで音声のみ再生!音源だけダウンロードして保存はmp3で解決!
YouTubeで音声のみ再生させたい方必見。この記事ではYouTubeから音楽をダウンロード...
ThumbYouTubeのフリー音源サイト5選!魔王魂やオーディオライブラリの使い方も!
YouTubeの動画づくりでBGMや効果音を上手に使いこなしているでしょうか?ただしフリー音...
ThumbYouTubeオーディオライブラリの使い方!無料素材をダウンロードして商用利用!
この記事ではYouTubeオーディオライブラリの使い方を紹介します。 無料素材をYouTub...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
fukalove73