TikTokの撮り方!動画撮影のコツ・テクニックまとめ!

TikTok(ティックトック)は若者を中心に流行している動画投稿SNSアプリです。本記事ではTikTokの動画撮影のコツや撮り方の色んなテクニックをご紹介します。TikTokの撮り方のテクニックやコツを磨いて友達をアッと言わせてみませんか?

TikTokの撮り方!動画撮影のコツ・テクニックまとめ!のイメージ

目次

  1. 1TikTokについて
  2. 2TikTokの動画の撮り方
  3. 3TikTok動画の撮り方のコツ・テクニック
  4. 4TikTok動画のシーンを切り替えるトランジションのやり方
  5. 5TikTokアプリ以外のサービスでの動画の撮り方
  6. 6TikTok動画の撮り方を覚えて色んな撮影方法を試してみよう!

TikTokについて

まず始めに、TikTokについてや使い方を簡単に紹介します。

TikTokとは

TikTokは自分なりの個性音楽動画を撮ったり、音楽のペースをフォローしていろんなタイプの短編動画を作ることができ、投稿した動画を通じて友達と共有することができるアプリです。

出典: https://pbs.twimg.com/profile_images/864315435881160705/1JKiMeeA_400x400.jpg

TikTokは中国のメディア企業Bytedanceが運営しています。2016年9月からTikTokが配信され、今や若者を中心に大流行している動画投稿SNSアプリです。

今日では、アジアでもトップクラスの短編動画共有サービスであり、世界最大のミュージックビデオコミュニティが存在するアプリとなっています。2018年の第1四半期に世界で最もダウンロードされたアプリとなり、推定ダウンロード数は4580万回にも上っています。その人気により、アジア圏で多くのトレンドや有名人を生み出しています。

TikTokの基本的な使い方

ここからは簡単にTikTokの基本的な使い方について説明します。

TikTokの動画の撮り方、撮影テクニック、撮影のコツ、その効果についての詳細は後述します。TikTokの動画の基本的なやり方はTikTokで用意された音楽に乗せて口パクやダンスを動画で撮影をするのが一般的となっています。

TikTokは音楽動画の視聴短編動画の撮影及び編集、さらに動画の特殊効果の追加が可能です(撮り方や編集のテクニックやコツは後述にて解説します)。TikTokの投稿はBGMをリストから選択し、撮影した動画にBGMを組み合わせて編集することで、自分だけのオリジナル動画が作成できます。

TikTokの動画のBGMはヒップホップやテクノなど多種多様なジャンルの楽曲が収録されており、撮影時間は最大で60秒可能となっています。

作成した動画はTikTokサービス上に公開することができ、また動画を端末内に保存することも可能です。簡単な動画編集アプリとしても使用できる仕様になっています。

また、TikTokアプリがインストールされていないスマホでも、動画に付与されるURLにアクセスすることでWebブラウザから投稿された動画を視聴ダウンロードが可能な仕様になっています。

TikTokの動画の撮り方

前述でTikTokがどのようなアプリか簡単に解説しましたが、お分かり頂けましたでしょうか?ここではTikTokの基本的な動画の撮り方編集の加工方法動画の保存方法を解説していきます。撮り方を知りたいTikTok初心者の方は是非参考にしてください。

TikTokの動画の撮り方紹介画像

基本の動画の撮り方

まず始めにTikTokの動画の撮り方と撮影画面の各種操作のやり方について解説していきます。

TikTokの撮影への過程画像

TikTokアプリを"起動"し、画面下部の"+"ボタンをタップすると撮影画面に移行します。撮影画面に移行後、撮影画面の中央にある"タップで撮影"という赤いアイコンをタップすることで撮影が開始します。

楽曲選択画像

BGMを選択する場合は、撮影画面上部の"楽曲を選ぶ"をタップしてください。この「楽曲を選ぶ」は動画に組み合わせることができる音楽を選定します。但し、BGMはTikTokで用意されている音楽のみが選択可能で、自分のスマホに入っている楽曲等を選択することはできません。

クリップの画像

インカメラ、アウトカメラを切り替える場合は、撮影画面右部の"フリップ"をタップしてください。この「フリップ」は撮影に使用する端末のカメラを選定します。

速度の画像

TikTokの動画の速度を変更したい場合は、撮影画面右部の"速度"をタップしてください。この「速度」は動画の速度の変更有効にするかON/OFFの切り替えが可能です。また、ONにすることで画面下部に速度の倍速が表示され、以下の単位で調整が可能です(0.1倍速、0.5倍速、1倍速、2倍速、3倍速の5パターン)。

美顏にするの画像

TikTokの動画の画質を変更したい場合は、撮影画面右部の"美肌"をタップしてください。この「美肌」は動画の画質を綺麗に加工できます。タップすると画面下部に画質選択バーが表示され、お好みの画質のアイコンをタップすることで画質を変更できます。また、この画質変更は動画の撮影後でも変更可能です。

カウントダウンの画像

TikTokの動画の録画停止位置を指定する場合は、撮影画面右部の"カウントダウン"をタップしてください。この「カウントダウン」は録画停止時間を指定することができます。

タップすると画面下部に録画停止位置選択バーが表示され、"カウントダウンを開始"をタップすると、3・2・1とカウントダウンした後に撮影が開始され、指定した時間に達すると自動で撮影を停止します。

アップロードの画像

端末内の動画を使用したい場合は、画面右下部の"アップロード"をタップしてください。この「アップロード」は予めスマホに保存しておいた動画を投稿の素材として選択することができます。

スタンプの画像

動画にエフェクトや加工を行いたい場合は、画面左下部の"スタンプ"をタップしてください。この「スタンプ」はTikTokが用意してある様々なエフェクトやスタンプが用意されており、お好みに合わせて加工が可能です。

タップすると画面下部にエフェクト選択バーが表示され、エフェクトアイコンをタップすることで使用する加工方法を選択することができます。

TikTokの動画の撮り方と撮影画面の各種操作のやり方については以上になります。

動画の加工

次はTikTokで作成した動画の加工のやり方について解説していきます。動画を撮影後または端末内の動画をアップロード後に移行する加工画面の使い方から紹介します。

楽曲を選ぶ画面の画像

BGMを挿入もしくは変更したい場合は、加工画面右上の"楽曲を選ぶ"をタップしてください。タップすると動画と組み合わせる音楽選択できる画面に移行しますので、ここでお好みの楽曲をチョイスすることができます。

ボリュームの画像

動画の音量を変更したい場合は、"ボリューム"をタップしてください。タップすると画面下部にボリューム変更バーが表示され、動画自体の音量やBGMの音量を調整することができます。

楽曲をカットの画像

音楽の再生開始ポイントを変更したい場合は、加工画面上部の"楽曲をカット"をタップしてください。タップすると画面下部に楽曲をトリムするバーが表示され、音楽を何処から再生するのかトリミングを行い調整することができます。

特殊効果画面

動画に様々な特殊効果をつけたい場合は、加工画面左下部の"特殊効果"をタップしてください。タップすると編集画面に移行します。ここでは様々なフィルター効果やタイム効果などの特殊効果をつけることができます。

カバーを選ぶ画像

動画の表紙画像を選びたい場合は、"カバーを選ぶ"をタップしてください。タップすると画面下部に表紙にするポイントを動画の中からスライドさせて選ぶことができます。

フィルター画像

動画に様々なエフェクトをかけたい場合は、加工画面下部の"フィルター"をタップしてください。タップするとフェルター選択画面に移行し、TikTokが用意している様々なエフェクトを選択することができます。エフェクトの種類は大きく分けて3つあり、ポートレート、ライフ、アーティストの中からお好みのフィルターを選択してみてください。

ステッカー画像

動画にスタンプを追加したい場合は、加工画面下部の"ステッカー"をタップしてください。タップするとスタンプ選択画面に移行し、色んなデザインのスタンプを選択することができます。若い女性に人気の可愛らしいものからクールなスタンプが多く用意されています。

TikTokの加工画面の操作のやり方については以上になります。

動画の保存

続きまして、TikTokの加工画面にて編集したオリジナル動画を投稿や保存するやり方を以下に紹介します。

動画の保存

TikTokの加工画面右下にある"次へ"をタップすると、投稿画面に移行します。投稿画面ではオリジナル動画に付与するタイトルの編集や投稿に関わる各種設定が可能です。投稿だけではなく、各SNSへの同時シェアや端末に保存することも可能です。

投稿画面

TikTokに投稿する場合は、投稿画面右下の"投稿"をタップしてください。タップするとTikTokサービス上に公開されます。

下書き画面

後でTikTokに投稿したい場合は、投稿画面左下の"下書き"をタップしてください。投稿はせず、下書きとして動画が保存され、いつでも投稿できる状態で保存することができます。

TikTokの加工画面での編集したオリジナル動画を投稿するやり方や保存のやり方の紹介は以上になります。

TikTok動画の撮り方のコツ・テクニック

これまでTikTokの動画の撮り方や加工方法を紹介してきました。今までの基本操作を抑えたところで、TikTokの動画をよりクールに、もっと可愛く、さらにTikTokの動画に磨きをかける撮り方のコツやテクニックをこれから紹介していきます。

回転

最初に紹介するTikTokの撮り方のコツは「回転(カメラを回す)」というやり方です。

この撮り方の手順を説明します。まず、TikTokの撮影画面で動画を撮影する際、"速度変更"で"3倍速"に設定します。3倍速でスマホを構え、スマホを利き手で持ち、反時計の向きにスマホを回し始めます。回す速度は重力に従って回すくらいの速度で回すのがコツです。

反時計に回し、時計の10時の位置くらいまでスマホがきたら"撮影"をタップします。そのまま"撮影"をタップしたまま反時計周りに回転させ、スマホが6時の位置にきたときに"撮影"から指を離します。

この一連の動作を3〜4回繰り返してから動画を通常通り撮影し始めると最初にインパクトのある始まり方になるため動画に迫力がでます。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

pump

続いて「pump」というTikTokの動画の撮り方のコツを紹介します。

このやり方の手順を説明します。TikTokの撮影画面にて"楽曲を選ぶ"から"pump"と検索し、pumpという曲を選択します。選択するとpumpが再生されますので、この曲に合わせてスマホを上下に揺らしながらスマホを横に流します。

音楽に合わせてスマホを揺らすため、この撮り方にテクニックとコツがいりますが、慣れてくれば比較的簡単に撮影することができますので、ぜひ挑戦してみてください。

衣装チェンジ

続いて「衣装チェンジ」というTikTokの動画の撮り方のコツを紹介します。

このやり方の手順を説明します。TikTokの撮影画面で通常の撮り方でTikTokの撮影を開始します。次に適当な時間で撮影しているスマホのカメラを手で隠し動画の撮影をストップします。

その間に次の衣装に着替えます。着替え終わったら、カメラを手で隠している状態から撮影を再開し、手をカメラから離します。この方法により、あたかも衣装がパッと変わったような演出をすることができます。

スタンプ

続いて「スタンプ」を使ったTikTokの動画の加工方法を紹介します。

先述でも紹介しましたが、TikTokの加工画面のスタンプを使って、動画に加えるスタンプ画像や、顔を動かすことでスタンプが動いたりするものがありますので、お好みに合わせて自由に加工することができます。スタンプは様々で多くの種類が用意されています。

TikTokで用意されている標準の機能ですのでお手軽に使えます。ぜひ活用してみてください。

フィルター

続いて、TikTokアプリの機能「フィルター」を使った動画加工方法を紹介します。

フィルター機能を使用すると、動画の画質を変更することができます。このフィルター自体はTikTokで元から用意されたものしか使用できないのでご注意ください。

モノクロや美白に見えるようなフィルターなど様々なフィルターが用意されています。設定方法については、前述に記載していますので、そちらを参照してください。フィルター加工もTikTokで用意されている標準の機能ですのでお手軽に使えます。ぜひ活用してみてください。

タイム効果

続いて、TikTokアプリの機能「タイム効果」を使った撮り方のテクニックやコツを紹介します。

タイム効果機能を使用すると、動画の逆回転やリピート、スローといった加工を施す事が出来ます。この機能を活用することで動画がさらに面白くなるでしょう。設定方法については、前述に記載していますので、そちらを参照してください。

タイム効果

続いて「波」というTikTok動画の撮り方のテクニックとコツを紹介します。

このやり方の手順を説明します。TikTokの撮影画面で通常の方法でTikTokの撮影を開始します。撮影速度をスローにして、スマホを振りながら撮影することで波のように揺れる効果を表現することができます。この「波」の取り方を説明した動画がありますので、参考にしてみてください。

デュエット機能

他のTikTokユーザーと動画を共有することができます。この機能を「デュエット」といい、画面が2分割になりコラボしている感じの動画に仕上げることができます。

このやり方の手順を説明します。コラボしたい動画の画面で、画面右部の"シェア(矢印アイコン)"をタップします。タップするとシェア設定のバーが画面下部に表示され、その中にある"デュエット"というアイコンをタップしてください。すると画面が2分割になり、コラボしている感じの動画に変化します。

コラボ機能

TikTokで投稿動画を視聴している自分を撮影できるという機能をご紹介します。

このやり方の手順を説明します。TikTokの撮影画面で、画面右部の"シェア(矢印アイコン)"をタップします。タップするとシェア設定のバーが画面下部に表示され、その中にある"コラボ"というアイコンをタップしてください。

すると、赤枠内のようなワイプ(小窓)的な表示がされ、コチラに自分の映像が表示されます。またドラッグで移動ができるので、表示させたい場所に持っていきます。後は、通常通りに画面下部の赤丸"タップで撮影"をタップで撮影が開始されます。

コラボ機能

TikTok動画のシーンを切り替えるトランジションのやり方

TikTokの動画には「どう撮っているのか」疑問に思う動画をたまに見かけます。ここではそのようなTikTokの撮り方のテクニックやコツをご紹介します。

画面を回すトランジションの撮り方

TikTok動画の被写体を変更するときに、画面が高速で回転して切り替わる動画をみたことがあると思います。この回し方には様々なやり方があり、それぞれ撮り方にテクニックやコツが存在します。撮り方について、ひとつずつ解説していきます。

ツイストトランジション

ツイストトランジションは"長押し" と "2x"のモードで、前半はスマホのカメラを手前に向けたまま下まで回します。後半は残り4分の1程度を回しながらスマホを元に戻します。後半はできるだけ多く回せた方がスムーズです。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

スピントランジション

スピントランジションは縦にスマートフォンを回してシーンを切り替える方法です。前半は、"長押し"モードで"2x"のスピードを使い、ボタンを押しながら回します。後半も"長押し"モードで"2x"のスピード、ボタンを押しながら回して戻ってきます。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

ハンドスピントランジション

ハンドスピントランジションは内カメラでの自撮りの状態から外カメラへシーンを切り替える撮り方です。全体を通して"0.5x"のスローで撮影します。前半は、内側カメラで手のひらを撮るように回しながら撮影します。

後半は外側カメラで手を映したところから撮影を再開します。前半と後半で左右が逆になるので注意してください。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

フィンガートランジション

フィンガートランジションは、内側カメラでも外側カメラでもどちらでも使え、比較的簡単な撮り方です。カメラの前を指が通り過ぎるだけで、シーンの切り替えができます。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

画面を何回転も回転させる

動画の最初に画面がぐるぐる高速回転してから、動画を開始する撮り方です。難しいので、まずは速度を"3x"にして練習してみましょう。ポイントは"回し始める"→"長押し"→"長押しを離す"→"回し終わる"というタイミングです。撮影の前後に「余韻」があることでスムーズに回ります。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

ライトトランジションの撮り方

カメラのライトを使用したテクニックを紹介します。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

ピクチャートランジションの撮り方

ピクチャートランジションとは、自分が写ってると思いきや、実はスマホの画面に写っている自分だったと思わせる撮り方です。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

スマホの中にスマホがあるような撮り方

スマホの中にスマホが表示され、またそのスマホの中にスマホが表示されていく動画の撮り方を紹介します。これはスマートフォンを2台使って、スマホをスマホで撮ることによって撮影できます。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

スコープトランジションの撮り方

手の中をのぞいてみたらシーンが切り替わっているような印象を与えるトランジションを紹介します。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

ミラートランジションの撮り方

鏡を使って横へ移動したり、下へ移動したりすることで、おもしろい効果を生み出せるミラートランジションを紹介します。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

ズームトランジションで音ハメする撮り方

カメラを近づけたり遠ざけたりするタイミングでシーンを切り替える撮り方です。連写して撮影するテクニックがよく使われますが、この連写を「音ハメ」といい、音源のテンポに合わせて撮影する方法をご紹介します。以下の動画で撮り方やテクニックをご確認ください。

TikTokアプリ以外のサービスでの動画の撮り方

TikTokで撮影する上での様々な撮り方のテクニックやコツを紹介してきましたが、TikTokの他に似たようなサービスは存在するのでしょうか?

ネット上には他にも同じようなサービスは存在しますが、その中から代表的な2つのサービスを紹介します。

LightMV

LightMVはフリーのオンラインスライドショー作成メーカーで、クオリティの高い動画を数分間で作れます。様々な状況でも使用できるようなテンプレートを多く用意されており、他の同じようなオンラインサービスと違い、LightMVは出力されたビデオに表示されてしまうウオーターマークーを残しません

LightMV – プロ並みの動画を簡単に作成できるオンライン動画作成ソフト

動画作成のやり方を紹介します。

WebブラウザからLightMV公式サイトへ移動し、Tik Tok スタイルテンプレートを選択します。

スタイルテンプレート

""をクリックして、動画に挿入する写真をアップロードします。"テキスト"をクリックして、始まりと終わりのタイトルを追加することができます。アップロードされた写真を左右へドラッグして、順番を調整することが可能です。"他のミュージックにする"を押して、好きな音楽をアップロードして、BGMに使えます。

そこまで行い、画面の下部にある"動画の生成"ボタンをクリックすると、写真スライドショーを自動的に生成してくれます。

BeeCut

BeeCutはTik Tok動画を簡単に作成できる多機能な動画編集ソフトです。TikTok動画の切り取り削除結合好きな曲をTikTok動画のBGMに使用できたり、テロップやスペシャルエフェクトの追加など、様々な機能が積み込まれています。直感的なUIですので、初心者でもすぐに慣れるでしょう。

動画作成のやり方を紹介します。

BeeCut Video Editor 1.4.3をダウンロードする - FileHippo.com

BeeCutをローカルにダウンロード&インストールします。ソフトを起動してTikTok動画作成専用のアスペクト比9:16を選択します。

"インポート"→"ファイルをインポート"をクリックして、素材ファイルを導入します。その後、ファイルを押したまま、"編集トラックにドラッグ"して配置します。

ツールバーの分割、削除ボタンで動画の切り取りや削除をすることができます。編集ボタンをクリックすることで、動画をスロー・スピードアップしたり、音量、彩度などを調整したりすることができます。「テキスト」「フィルター」「オンライン素材」などのタブを利用して、より面白いTikTok動画が作成が可能です。

動画の出力は、画面の上部にある"出力"→"ビデオを出力"をクリックすることで動画を保存することができます。

TikTok動画の撮り方を覚えて色んな撮影方法を試してみよう!

チャレンジ画像

TikTokの様々な撮り方のテクニックやコツを紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?革新的な動画を作成し、有名になるTikTokユーザーが日々誕生しています。今回ご紹介した撮り方のテクニックやコツを使って、TikTokライフをさらに充実させてください

TikTokの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbTikTokの使い方!動画の撮影/編集/投稿/保存方法を紹介!おすすめの検索や加工は?
2018年から爆発的なヒットをしたTikTok、その使い方を難しいと思っている人もいるでしょ...
ThumbTikTokの音楽は著作権侵害で違法にはならない?動画保存できない対処法!
若い世代に人気の動画投稿アプリ「TikTok」で使用している音楽は、著作権を侵害しているもの...
ThumbTikTokの動画保存方法!ダウンロードできない時の原因と対処法は?
現在、若者の間でトレンドのTikTok動画をスマホやPCに保存していつでも見れるようにしたい...
ThumbTikTokのダイナミック壁紙のやり方!壁紙動画を保存して作成!
TikTokとiPhoneの機能、Android版専用アプリを使えば実は簡単にダイナミック壁...
ThumbTikTokで動画を非公開にする方法!非公開で保存できない原因と対処法は?
若者を中心に人気の高いTikTokですが、利用者数の増加とともに危険性も高まってきています。...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ