Microsoft Print to PDFを使ってファイルをPDF保存!仮想プリンターで印刷しよう!

Windows 10に標準装備されているMicrosoft Print to PDFとは、印刷できるもの全てをPDF形式で保存可能です。そんなMicrosoft Print to PDFの仮想プリンターによるファイル保存を詳しく解説していきます。

Microsoft Print to PDFを使ってファイルをPDF保存!仮想プリンターで印刷しよう!のイメージ

目次

  1. 1Microsoft Print to PDFを使ってファイルをPDF保存しよう!
  2. Windows10で標準搭載の仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」
  3. 2Microsoft Print to PDFの使い方
  4. PDF印刷でファイルを保存する手順
  5. 3Microsoft Print to PDFが表示されない場合
  6. Windows10でMicrosoft Print to PDFを追加する手順
  7. 4Microsoft Print to PDFを使ってみよう!

Microsoft Print to PDFを使ってファイルをPDF保存しよう!

Microsoft Print to PDFとは、ウェブ上にあるもの(ホームページやブログ、サイト等の表示)や印刷できるファイルであれば、全てPDF形式で保存できるソフトウエアのことです。ネットでは、最新の広告チラシを閲覧できるのでMicrosoft Print to PDFを使ってスマホに保存するのにも便利です。

Microsoft Print to PDFとは、紙を必要としない仮想プリンターでの印刷と覚えるとわかりやすいでしょう。Microsoft Print to PDFの仮想プリンターは、Windows 10以外には搭載されていないため使用できません。

Windows10で標準搭載の仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」

仮想プリンターであるMicrosoft Print to PDFは、Windows10以外のPCを使っておられる方は、Microsoft Print to PDFと同じシステムのフリーソフトのダウンロードが必要です。具体的に、Microsoft Print to PDFとはどのようなメリットがあるのか下記で詳しく紹介していきます。

Microsoft Print to PDFのメリット

先にもお伝えした通り、実際に紙やインクを必要としないMicrosoft Print to PDFなのでそれらの費用がかかりません。仕事柄、絵や図を扱う方であればそれらを保存するのに、いちいちフリーソフトを使う必要がありましたが、Microsoft Print to PDFでそれらの問題が解消されます。

地域や子供の行事で作成する文書なども、印刷に出てくる状態がPC画面上で表示されるのでPDF形式はとても重宝します。PDF以外の形式では、PC画面上に表示されるものとは異なったサイズやずれを伴った印刷物が出来てしまうことも珍しくありません。そのため、PDFとは電子的な紙とも呼ばれています。

Microsoft Print to PDFの使い方

Internet Explorerを使ってウェブ上の画面をそのままPDFに保存するためには、「印刷」をクリックしてMicrosoft Print to PDFを選択します。簡単操作で使える事も、Microsoft Print to PDFの魅力です。以下では、実際にPDF保存する手順を追って説明していきます。

Microsoft Print to PDFセット画面

PDF印刷でファイルを保存する手順

先にもお伝えした通り、Microsoft Print to PDFを選択して「印刷」をクリックしても印刷したい画面は指定のフォルダに保存されます。そのため紙もインクも不要です。

Microsoft Print to PDFが表示されない場合

Windows 10で使わないだろうと削除してしまった場合やMicrosoft Print to PDFが表示されない場合、以下の手順でMicrosoft Print to PDFを追加することが可能です。

Windows10でMicrosoft Print to PDFを追加する手順

「設定」→「デバイス」→「プリンターとスキャナー」→「プリンターまたはスキャナーの追加」を選びMicrosoft Print to PDFを探します。以下では、一覧にMicrosoft Print to PDFがない場合をお伝えしています。

「プリンターが一覧にない場合」→「ローカルプリンターまたはネットワークプリンターを手動で追加する」→「次へ」→「既存のポートを使用」→「FILE:(ファイルへ出力)」→「次へ」

「製造元:Microsoft」→「プリンター:Microsoft Print to PDF」→「次へ」→「現在インストールされているドライバーを使う」をクリックします。名前の変更無しで「次へ」を押して完了です。Microsoft Print to PDFが追加されています。

Microsoft Print to PDFを使ってみよう!

今回は、そんなMicrosoft Print to PDFの仮想プリンターについて、使い方や万が一消してしまったり見つけられない方でもMicrosoft Print to PDFを簡単に使えるようになったでしょう。実際に使ってみると、とても便利なのでぜひこの機会に使ってみてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
春風
犬猫カラスフェレットハムスター、爬虫類以外の飼育経験があります。新しいアプリも節約方法も最新を知りたい春風です。よ...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ