iTunesでiPhone/iPadのバックアップを取る方法!PCにデータ保存しよう!

本記事ではiTunesを使ったiPhoneやiPadデのバックアップを取る方法をご紹介します。いつiPhoneやiPadが故障しても大丈夫なように、本記事で紹介するiTunesでiPhone、iPadのバックアップを取る方法を覚えておきましょう。

iTunesでiPhone/iPadのバックアップを取る方法!PCにデータ保存しよう!のイメージ

目次

  1. 1iTunesをPCに入れる
  2. iTunesで作成したバックアップファイルの保存先
  3. バックアップの保存場所を変える
  4. PCにバックアップする2種類の方法
  5. 2iTunesでiPhoneのデータをバックアップする
  6. iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップする
  7. 3iTunesでiPadのバックアップをする
  8. iTunesを使ってiPadのデータをPCにバックアップする
  9. 4iCloudを使ってバックアップする
  10. iCloudを使ってiPhoneのバックアップをする
  11. iCloudを使ってiPadのバックアップをする
  12. 5どのような時にiTunesでバックアップをして復元すればよいか?
  13. iPhone・iPadの機種変更をする前にバックアップをとって復元する
  14. 6iTunesでiPhoneのバックアップを取って万一のことに備えよう
  15. iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

iTunesをPCに入れる

iPhoneとMac1

出典: https://www.pakutaso.com/20181231345post-19024.html

お手持ちのApple製品、iPhoneやiPadのバックアップを取るには、PCにiTunesをインストールする必要があります。iTunesはAppleが提供している無料のメディアプレイヤーです。

iTunesは単なるメディアプレイヤーとは違い、iPhoneやiPad製品の音楽管理や、データのバックアップ、iTunesミュージックやオーディオブック、iBookなどのコンテンツを購入することができます。

Apple IDでiPhoneやiPadなど各デバイスを認証しておけば、クラウド上で全てのファイルを管理することが可能となり、Apple製品を利用しているiPhoneユーザー、iPadユーザーには必須のツールです。

iTunesロゴ

iTunesでiPhoneのバックアップを取る場合、PCデバイスにバックアップを取る方法と、iCloudでバックアップを取る方法があります。iCloudを利用する場合は、iCloudにログインすれば5GBまで無料で利用できますが、それ以上のストレージが必要な場合は有料です。iCloudの月額料金は下記のリストを参照してください。

ストレージ 月額料金(VAT付加価値税込み)
50GB 月額料金130円
200GB 月額料金400円
1TB 月額料金1,300円
2TB 月額料金2,500円

Coin

月額料金をかけたくないという方はPCにiPhoneやiPadのバックアップを取りましょう。本記事ではそういった方のためにPCでiPhoneやiPadのバックアップの取り方やデータの保存方法を詳しく解説していきます。またiCloudを利用したバックアップの取り方も本記事後半でご紹介します。

iTunesで作成したバックアップファイルの保存先

iTunes Mediaフォルダ

iTunesで作成したiPhoneやiPadなどのバックアップの保存先の確認方法をご紹介します。バックアップファイルを削除する場合にも、この手順が必要なので覚えておくと便利です。またWindowsとMacでは、操作手順が若干違いますので、別々に手順を紹介していきます。

Macのバックアップデータの保存場所

1.iTunesを起動して、メニューバーから"iTunes"を選択して"環境設定"をクリックします。

Macのバックアップデータの場所1

2.iTunes上にデバイス環境設定が表示されます。"デバイス"タブを選択してください。
バックアップを作成しているデバイスのバックアップファイル一覧が表示されます。

Macのバックアップデータの場所2

iPhoneやiPadのストレージの使用状況によって異なりますが、バックアップデータは大きく、PCのストレージを圧迫する大きな要因です。"バックアップの削除"を選択することで、PCのストレージ容量を減らすことができるので、覚えておきましょう。

iPhoneやiPadなどのバックアップデータを削除する場合は、削除したいデバイスのバックアップを選択して"バックアップを削除”をクリックします。

バックアップデータの削除方法【Macintosh】

Windowsのバックアップデータの保存場所

1.iTunesを起動して、メニューバーから"編集"を選択して”設定”をクリックします。

Windowsのバックアップデータの場所1

2.iTunes上にデバイス環境設定が表示されます。"デバイス"タブを選択してください。
バックアップを作成しているデバイスのバックアップファイル一覧が表示されます。

Windowsのバックアップデータの場所2

Mac編でも紹介しましたが、iPhoneやiPadのストレージの使用状況によって異なりますが、バックアップデータは10-30GBと非常に大きく、PCのストレージを圧迫する大きな要因ですiPhoneやiPadなどのバックアップの削除を選択することで、PCのストレージ容量を減らすことができるので、覚えておきましょう。

iPhoneやiPadなどのバックアップデータを削除する場合は、削除したいデバイスのバックアップを選択して"バックアップを削除”をクリックします。

バックアップデータの削除方法【Windows】

バックアップの保存場所を変える

iPhoneとMac2

iPhoneやiPadなどのバックアップする保存場所を外付けHDDなどに設定しておくことで、PCストレージの圧迫を回避することが可能です。

また外付けHDDにバックアップをとっておけば、PCが故障した場合に、他のPCにバックアップファイルを移行することが可能となります。万が一の時に備えてiPhoneやiPadなどのバックアップファイルの保存場所をPC以外の場所に設定しておく事をおすすめします。

iTunesのバックアップ保存場所の変更は自動、手動両方で可能です。別々にiTunesのiPhoneやiPadなどのバックアップファイル保存場所の変更方法を確認していきましょう。

iTunesのバックアップ場所を自動で変える

HDD

iTunesのバックアップ場所を自動で変えるためには、外部ツールが必要になります。本記事では"CopyTrans Shelbee"を使って、iTunesのバックアップ場所を自動で変える方法を紹介します。iPhoneを機種変更した場合に、LINEなどのトーク履歴も移行してくれるなど様々な機能がついているのでおすすめです。

"CopyTrans Shelbee”は下記のリンクからダウンロードできます。

CopyTrans Shelbee
iTunesなしでiPhoneやiPadをバックアップ&リストア【iTunesなしでiPhoneやiPadをバックアップ&リストア】

"CopyTrans Shelbee"のインストールが完了したら”CopyTrans Shelbee”を開いて"ツールボックス”をクリックします。

CopyTrans Shelbee使い方1

"ツールボックス"画面が表示されたら"移動先"任意のフォルダを選択"スタート"をクリックします。

CopyTrans Shelbee使い方2

バックアップフォルダの容量にもよりますが、数分でバックアップフォルダの移動が完了します。バックアップフォルダの移動が完了すると下記の画面が表示されるので"OK"をクリックします。

CopyTrans Shelbee使い方3

iTunesのバックアップ場所を自動で変える方法は以上です。

iTunesのバックアップ場所を手動で変える

MacPC

出典: https://www.pakutaso.com/20180802220macbook-pro-2018.html

iTunesのiPhoneやiPadのバックアップファイルの保存場所を手動で変更するのは、上級者向けおすすめできません。正しくバックアップファイルを移動しなければ、正常にiPhoneやiPadのバックアップファイルが形成されない場合があります。

Appleの公式ヘルプページに、正しいのiPhoneやiPadのバックアップフォルダの変更方法が載っているので、下記リンクからアクセスしてください。

iPhone、iPad、iPod touch のバックアップを探す - Apple サポート

iTunesライブラリを移行させる

iPadとPC

出典: https://www.pakutaso.com/20180235040post-15154.html

iPhoneやiPadのバックアップとは関係ありませんが、iTunesのライブラリ全体をHDDに移行してくれる便利なツールもあります。バックアップファイルを取る場合にストレージが圧迫している場合は、iTunesライブラリを外付けHDDに移行すると便利です。

本記事でおすすめするのは"CopyTrans TuneSwift"という無料ソフトです。"CopyTrans TuneSwift"使って、iTunesのバックアップ場所を自動で変える方法を紹介します。"CopyTrans TuneSwift”は下記のリンクからダウンロードできます。

CopyTrans TuneSwift
iTunesを移行・バックアップ、新しいPCへライブラリを移動

CopyTrans TuneSwiftのインストールが完了したら、CopyTrans TuneSwiftを起動して"転送をクリックします。

CopyTrans TuneSwiftの使い方1

続いて転送先を選択します。"外付けハードディスク"を選択することでPC内のストレージを軽減することが可能です。

CopyTrans TuneSwiftの使い方2

iTunesライブラリを移行させる方法は以上です。

PCにバックアップする2種類の方法

ここではiPhone・iPadのバックアップを作成する方法をご紹介します。PCにiPhone・iPadのバックアップを取る方法は手動、自動と2通りあるので別々に画像つきで解説します。

自動バックアップ

iPhoneまたはiPadをUSBケーブルで接続すると自動でiTunesが開きます。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

バックアップ項目の中にある"自動的にバックアップ"から"このコンピュータ"を選択して"適用"をクリックしてください。

自動バックアップの方法1

なお、"iPhoneのバックアップを暗号化"にチェックをいれて、パスワードを入力しておくとバックアップファイルが暗号かされて保存されます。より安全にバックアップファイルを保存するためにも、"暗号化"にチェックをいれておきましょう。

自動バックアップの方法2

自動でiPhoneのバックアップデータを取る方法は以上です。

手動バックアップ

iPhoneまたはiPadをUSBケーブルで接続すると自動でiTunesが開きます。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

iPhoneのバックアップ項目にある"手動でバックアップ/復元"から"今すぐバックアップ"を選択して"適用"をクリックしてください。

手動バックアップの方法

手動でiPhoneのバックアップデータを取る方法は以上です。

iTunesでiPhoneのデータをバックアップする

HDD2

出典: https://www.pakutaso.com/20131035294hdd.html

それでは実際にiTunesでiPhoneのバックアップデータをとっていきます。画像と付きで解説していきますので、実際に説明を読み進めながらバックアップデータをとっていくと良いでしょう。

iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップする

iPhoneXとPC

iTunesを使ってiPhoneやiPadからバックアップデータを取る場合、2通りの方法でバックアップをとることができます。

PCとiPhoneをUSBで接続してバックアップを作成する
PCとiPhoneをWi-Fiで接続してバックアップを作成する

PCとiPhoneをUSBで接続してバックアップを作成する

PCとiPhoneをUSB接続してバックアップを作成する場合は、付属のUSBケーブルとパソコンを接続します。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

先ほど紹介した”自動的にバックアップ”を選択している場合は、自動でバックアップが形成されます。

PCとiPhoneをUSB接続でバックアップを作成する方法1

手動でバックアップを形成したい場合は、"今すぐバックアップ”をクリックしてください。

PCとiPhoneをWi-Fiでバックアップを作成する方法2

以降もUSB接続でバックアップを形成したい場合は"オプション"項目の"Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期"のチェックを外して"適用”をクリックしてください。

PCとiPhoneをWi-Fiでバックアップを作成する方法3

PCとiPhoneをWi-Fiで接続してバックアップを作成する

PCとiPhoneをWi-Fiで接続してバックアップを作成する場合は、デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

オプション項目の中にある"Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期"にチェックを入れて"適用"をクリックしてください。

PCとiPhoneをWi-Fiでバックアップを作成する方法

iTunesでiPadのバックアップをする

iPadとPC

iTunesでiPadのバックアップを取る方法をご紹介します。

iTunesを使ってiPadのデータをPCにバックアップする

PCとiPhoneをUSB接続してバックアップを作成する場合は、付属のUSBケーブルとパソコンを接続します。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

先ほど紹介した”自動的にバックアップ”を選択している場合は、自動でバックアップが形成されます。

iPadのバックアップ作成方法1

手動でバックアップを形成したい場合は、"今すぐバックアップ”をクリックしてください。

iPadのバックアップ作成方法2

PCとiPadをWi-Fiで接続してバックアップを作成する場合は、デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

オプション項目の中にある"Wi-Fi経由でこのiPadと同期"にチェックを入れて"適用"をクリックしてください。

iPadのバックアップ作成方法3

iCloudを使ってバックアップする

iCloudを使ってバックアップを作成する方法を確認しておきましょう。5GBまでであれば無料で利用可能です。

iCloudを使ってiPhoneのバックアップをする

iPhoneとPCをUSBケーブルで接続すると自動でiTunesが開きます。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

バックアップ項目の中にある"自動的にバックアップ"から"iCloud"を選択して"適用"をクリックしてください。

iCloudを使ってiPhoneのバックアップをする方法

iCloudを使ってiPadのバックアップをする

iPadとPCをUSBケーブルで接続すると自動でiTunesが開きます。デバイスページを開いて左側のメニューバーから"概要"を選択します。

バックアップ項目の中にある"自動的にバックアップ"から"iCloud"を選択して"適用"をクリックしてください。

iCloudを使ってiPadのバックアップをする方法

どのような時にiTunesでバックアップをして復元すればよいか?

iPhoneとMac3

どのような時にiTunesでバックアップをして復元すればよいかを確認しておきましょう。

iPhone・iPadの機種変更をする前にバックアップをとって復元する

新しいiPhoneデバイスに切り替える直前にバックアップをとっておきましょう。機種変更直前でバックアップをとっておくことで、最新のデバイス状態を新デバイスに移行することができます。

iTunesでiPhoneのバックアップを取って万一のことに備えよう

iPhone XR

本記事ではiTunesを使ったiPhoneやiPadデのバックアップをとる方法をご紹介しました。いつiPhoneやiPadが故障しても大丈夫なように備えておくために、自動でバックアップを作成するように設定しておくことをおすすめします。

常に最新の状態のバックアップをとっておくことで、写真や連絡先、音楽データなど全てのデータを新しいiPhone端末に移行することが可能になります。本記事をよく読んで、iTunesでiPhone、iPadのバックアップ設定をしておきましょう。

iTunesの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

ThumbiTunesのiPhoneバックアップファイルの場所と削除/復元する方法!
本記事ではiTunesのバックアップファイルの保存場所や、削除方法、削除したバックアップファ...
ThumbiTunesでiPhoneのバックアップできない原因と対処法!エラー別に解説!
iTunesでバックアップができない場合の原因とそれぞれの対処法をご紹介します。重要なことは...
ThumbiPhoneのバックアップのやり方!iCloudとiTunesで保存する方法は?
iPhoneの故障や紛失に備えて写真や動画を保存したい、でもそのやり方が分からない。そんな経...
ThumbiPhoneでバックアップできない対処法!iCloudやPCのiTunesで失敗するときは?
iPhoneをバックアップする際、失敗(エラー)というメッセイベントホールが表示され、バック...
ThumbiPhoneのバックアップを削除する方法!iTunes/iCloudからデータを消す方法は?
iPhoneのバックアップをとる人は多いと思いますが、古いバックアップを削除しているひとは少...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
KFJ
Apple製品を中心に、アプリやガジェットなど、役に立つ情報を皆さんに提供していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ