iPhoneのモバイルSuicaの使い方まとめ!登録・チャージや改札で反応しない時は?

交通系カードとして、また決済方法として便利なモバイルSuicaですが、今はiPhoneでもSuicaが使えます。今回はiPhone版Suicaの使い方のまとめとして、登録方法やチャージ方法、改札で反応しない時の対処法やメリット・デメリットなどをご紹介します。

iPhoneのモバイルSuicaの使い方まとめ!登録・チャージや改札で反応しない時は?のイメージ

目次

  1. 1モバイルSuicaが利用できるiPhone端末は?
  2. 2iPhoneにSuicaを登録し利用までの手順は?
  3. 3iPhoneのSuicaをチャージする方法は?
  4. 4改札でiPhoneのSuicaが反応しないときは?
  5. 5機種変更する場合の情報引き継ぎ方法は?
  6. 6iPhone版Suicaのメリットは?
  7. 7iPhone版Suicaのデメリットは?
  8. 8iPhoneでSuicaを使ってみよう

モバイルSuicaが利用できるiPhone端末は?

2006年にドコモとauのandroid対応機種でサービスが始まったモバイルSuicaですが、新幹線グリーン券購入などの交通系サービスや、店舗での決済など幅広いサービスを利用でき、androidユーザーに絶大な人気を誇っています。iPhoneでは、2016年10月25日に待望のApple Payにてサービスが始まりました

それ以降、今やiPhoneユーザーにも人気を確立していますが、iPhone版モバイルSuicaが利用できるiPhone端末はどの端末なのでしょうか

iPhone7以上はSuica対応

iPhoneのFelica(非接触型ICカード機能)が搭載された「Apple Pay」が利用できる端末、つまりiPhone7以上はSuica対応です。Appleサポートによると、対応端末は以下になります。
 

  • 日本国内で購入したiPhone7・iPhone7 Plus (モデルA1779 ・A1785)
  • iPhone8・iPhone8 Plus
  • iPhoneX以降

つまり、日本で購入したiPhone7・iPhone7 PlusとiPhone8以降の端末であれば、Suicaに対応しています。また、利用条件として、”最新バージョンのiOS”とデバイスの”地域”が日本に設定されていることがあります。

iPhone6以下はSuica未対応

しかし、iPhone6以下の端末は、Felicaを搭載しておらずApple Payに対応していないため、Suica未対応ですiPhone6以下の端末でSuicaを使う裏技で、「パソリ(RC-S390)」という非接触型ICリーダーと「Suicaチャージ」アプリを使えば、Bluetooth接続でSuicaに入金し利用できますただし、決済にはJR東日本のビューカードが必要です

‎「Suicaチャージ」をApp Storeで
パソリ(RC-S390)

iPhone5以前の端末でパソリも使えず、ビューカードも用意できない場合は、iPhone7以上の端末に買い替えるしかありません。また、Series2以上のApple WatchがあればSuica対応のため、Apple Watch(Series2以上)でSuicaを使いましょう。

iPhoneにSuicaを登録し利用までの手順は?

使い方のスタートとして、iPhoneにSuicaを登録し利用するまでの手順はどのようにするのでしょうか。ここでは、iPhoneのSuica登録方法をご紹介します。これからiPhoneでのSuica利用を検討されている方は、参考にしてください。

まずiPhone用Suicaアプリを入手する

iPhoneでモバイルSuicaを利用するには、Apple PayのFelica機能を使います。Apple PayにSuicaを認識させるために、まずiPhone用Suicaアプリを入手します

‎「Suica」をApp Storeで
iPhone用Suica

App Storeで「Suica」を検索するか、上記リンクからiPhone用Suicaをインストールしましょう

Suicaカードの【登録】か【新規発行】の方法がある

iPhoneでモバイルSuicaを利用開始するには、プラスチックカード型のSuicaカードの【登録】か、アプリからSuicaを【新規発行】する2通りの方法があります。また、SuicaカードをSuicaアプリに【登録】した後は、そのSuicaカードは利用できないため注意が必要です

Suicaアプリからの登録

インストールしたSuicaアプリを起動し、右上「⊕」か右下「⊕Suica発行」をタップします

Suicaアプリからの登録

Suica発行の画面が開きます。既にカード型Suicaを使っており【登録】の場合は、「カード取り込み」タブから登録します【新規発行】の場合は「アプリから発行」タブから3パターンのSuicaを発行できます
 

  • My Suica(記名式):登録時に氏名・生年月日・郵便番号が必要、紛失時の補償対象
  • Suica定期券:定期券機能付き、登録時に氏名・生年月日・郵便番号が必要、紛失時の補償対象
  • Suica(無記名式):氏名などの登録不要、紛失時の補償やコールセンターは対象外

使い方に合わせていずれかのSuicaを選び、下の「発行手続き」をタップします

Suicaアプリからの登録

「ようこそ」という画面が開いたら、下の「会員登録」をタップします

Suicaアプリからの登録

「モバイルSuica会員規約」「モバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約」に同意を求めるメッセージがポップアップしたら、「同意する」をタップします

Suicaアプリからの登録

会員登録画面が開くので、メールアドレスやパスワードなどを入力します。「*」がついている項目は必須項目のため、必ず入力します。

Suicaアプリからの登録

「My Suica(記名式)」や「Suica定期券」の場合、氏名漢字・カナ・生年月日・性別・郵便番号は必須なので、必ず入力します。

Suicaアプリからの登録

登録するSuicaの名称を任意で入力し、登録するSuicaのチャージ方法を【Apple Pay】か【クレジットカード】から選び、右上「次へ」をタップしますクレジットカードを選んだら、クレジットカード情報を入力※します。※オートチャージ機能を使いたい場合は、ビューカードを登録します

Suicaアプリからの登録

チャージ方法にクレジットカードを選んだ場合、セキュリティコード入力画面が開くので、クレジットカードのセキュリティコードを入力し、右上の「完了」をタップします。

Suicaアプリからの登録

SFチャージ画面で「金額を選ぶ」をタップし、「チャージ金額」を選びます新規発行時には、最低1,000円のチャージが必要です

Suicaアプリからの登録

SFチャージ画面に戻るので、チャージ金額を確認し、「支払い方法」を登録したクレジットカードかApple Payから選びます

Suicaアプリからの登録

選択した支払い方法でチャージ金額を決済します。この例はApple Payでの決済画面で、事前にApple Payに設定したTouch IDかFace IDで認証し、決済を完了します

Suicaアプリからの登録

「Apple Payにカードを追加」の画面が開くので、残高などを確認し右上「次へ」で進みます。この時、操作中の端末以外にApple Payに対応している端末(Apple Watchなど)が表示されたら、操作中のiPhoneを選び進みます。

Suicaアプリからの登録

利用条件が開くので、確認して右下「同意する」をタップします

Suicaアプリからの登録

「エクスプレスカードに設定完了」と表示されたら、Apple Payを利用する際に通常必要な認証をせずに、ワンタッチで自動改札を利用できるようになります。右上「完了」をタップします

Suicaアプリからの登録

Walletの画面にSuicaが表示されたら、無事にApple PayにSuicaが登録されました。

Suicaアプリからの登録

Suicaアプリには、複数のSuicaを登録できます。さらにSuicaを追加登録する場合は、Suicaアプリを起動して、下の「Suicaアプリ」から追加登録しましょう。

別の方法でWalletからもSuicaカードが取り込める

Suicaアプリの「カード取り込み」で既存のSuicaカードを【登録】できますが、別の方法でWalletからもSuicaカードが取り込めます。また、Suicaアプリで発行した「My Suica」や「Suia定期券」も、Apple Payへの登録が済んでいなければ、Walletから取り込みも可能です

WalletからSuicaを取り込む

iPhoneのホーム画面にある「Wallet」アプリを起動します

WalletからSuicaを取り込む

右上「⊕」か「カードを追加」をタップします

WalletからSuicaを取り込む

右上「次へ」をタップします

WalletからSuicaを取り込む

カードの種類で「Suica」をタップします

WalletからSuicaを取り込む

Suicaを追加の画面で、カード番号の下4桁と、登録した生年月日を入力しますSuicaアプリで発行した「My Suica」や「Suica定期券」を追加する場合は、Suicaアプリに登録した生年月日を入れます

WalletからSuicaを取り込む

カード番号は、Suicaカード裏面の「JE」から始まる番号の下4桁を入力します

WalletからSuicaを取り込む

右上「次へ」をタップし、利用規約が表示されたら「同意する」をタップします

WalletからSuicaを取り込む

「カードを転送」が表示されたら、iPhoneの上部をSuicaカード中央の上に置きます

WalletからSuicaを取り込む

「転送中」と表示されるため、完了するまでそのまま待ちます

WalletからSuicaを取り込む

「残高の転送が完了しました。」と表示され、転送が完了したら右上「次へ」をタップします一度、Walletに追加したSuicaカードは利用できません。Suicaの使い方によってはWalletに追加しない方が良い場合もあるため、注意しましょう。

WalletからSuicaを取り込む

「エクスプレスカードに設定完了」と表示されたら、右上「完了」をタップして、WalletでのSuicaカードの取り込み完了です。Walletアプリを起動して、取り込んだSuicaがしっかり表示されるか確認しましょう。

WalletからSuicaを取り込む

Suica合体のクレジットカードは取り込めない

WalletによるSuicaの取り込みですが、Suica合体のクレジットカードは取り込めないので注意しましょう。JR東日本のWebサイトの「Apple PayのSuica」のページで、「取り込めるSuica種別」が紹介されています。

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaを始める
取り込めるSuicaの種別

つまり、iPhoneで取り込めるSuicaは、「My Suica(記名式)」「Suica定期券」「Suica(無記名)」の3種類のみで、クレジットカード一体型や社員証付のSuicaは対象外です。”JR東日本以外で発行されたSuica”とは、他のカード会社が発行しているクレジットカード一体型Suicaのことです。

そのため、クレジットカード一体型Suicaは、Apple Payに「クレジットカード」として登録できても、モバイルSuicaとして取り込めないので注意しましょう

iPhoneのSuicaをチャージする方法は?

次にご紹介する使い方は、入金(チャージ)方法です。iPhoneのSuicaをチャージする方法はどのような方法があるのでしょうか。

Suicaアプリはクレジットカードからチャージ!

Suicaアプリはクレジットカードからチャージします。JR東日本より、Suicaアプリで登録できるクレジットカードは次の通りです。
 

  • ビューカード(JR東日本グループのクレジットカード)
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JR東海エクスプレス・カード

ビューカードのみ、オートチャージに対応しています。ただし、同じクレジットカードを複数端末で登録できず、上記ブランドでもデビットカードやプリペイドカードは利用できません。また、Suicaアプリに登録できるクレジットカードでも、一部Apple Payに対応していないため注意が必要です

Suicaアプリでのチャージ

まずSuicaアプリを起動し、下部「入金(チャージ)」ボタンの「金額を選ぶ」をタップします

Suicaアプリでのチャージ

表示された金額か「その他」から他の金額を選びます。Suicaアプリでは、1,000円~10,000円まで1,000円単位でチャージでき、1枚のSuicaに合計20,000円まで入金可能です。

Suicaアプリでのチャージ

次に決済方法を選びます。クレジットカードをタップすると、Suicaアプリに登録したクレジットカードで決済され、Apple Payをタップすると、Apple Payに登録したクレジットカードを選択できます。最後に「入金(チャージ)」をタップすれば、チャージ完了です

Suicaアプリでのチャージ

Suicaアプリでチャージするためには、モバイルSuicaへの会員登録が必要ですモバイルSuica会員登録が済んでいない場合は、アプリを起動し「Suicaアプリ」から会員登録をしましょう

Walletアプリは1円でもチャージできる!

また、WalletアプリでもSuicaチャージは可能ですが、Walletアプリは1円でもチャージできるので便利です

Walletに登録できるクレジットカードは、Suicaアプリに登録できるカードと一致せずVISAカードやDinersカードなどはWallet(Apple Pay)に対応していないので注意しましょう

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元 - Apple サポート
WalletでのSuicaチャージ

まずWalletアプリを起動し、Suicaを選びますSuicaが開いたら、右下「i」か「…」をタップします。WalletでSuicaを選び「チャージ」が表示されるバージョンであれば、「チャージ」をタップして進みます。

WalletでのSuicaチャージ

次に「チャージ」をタップします

WalletでのSuicaチャージ

次にチャージ金額を選ぶか、数字キーで入力し、右上「チャージ」をタップしますWalletアプリでは、1円からチャージでき、1枚のSuicaに最高20,000円まで入金できます。注意点として、Suicaに残高が19,500円以上あるとチャージ出来ないため、19,500円未満になってから入金しましょう。

WalletでのSuicaチャージ

認証画面になるため、Apple Payに登録したTouch IDかFace IDで認証します

WalletでのSuicaチャージ

次に、右上の「完了」をタップします

WalletでのSuicaチャージ

Suicaのトップページに戻り、チャージ金額と合計残高が表示されるので、無事にチャージできたか確認しましょう。うまくチャージ出来ない場合は、通信環境や登録しているクレジットカードの利用状況などを確認してください。

Apple PayでSuicaの残高を確認

Apple PayでSuicaを開いていると残高が表示され、横の「チャージ」ボタンからもチャージが可能です

現金でのチャージはコンビニが対応!

また、現金でのチャージはコンビニが対応しています。現金でモバイルSuicaへチャージできる店舗は次の通りです。
 

  • NEWDAYS
  • サークルK・サンクス
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • イオンの一部店舗
  • ビックカメラ 等

上記店舗のレジにて、「モバイルSuicaに現金でチャージしたい」と依頼します。チャージ金額はコンビニによって違いますが、いずれも1枚のSuicaにチャージできる金額は20,000円までです。また、セブン-イレブンの一部店舗にある現金チャージ対応可能なセブン銀行ATMでも、現金でモバイルSuicaにチャージできます

セブン銀行

駅の現金チャージ付き券売機は多くない!

JR東日本の一部の駅では、モバイルSuicaに現金チャージできる専用の券売機がありますが、下記リンク先の一覧から分かるように、駅の現金チャージ付き券売機はそう多くありません

モバイル端末対応Suicaチャージ専用機設置駅|JR東日本
モバイル端末対応Suicaチャージ専用機

このように、通常の緑色の券売機と違い、ピンク色の「チャージ専用」と書かれた券売機で、モバイルSuicaの現金チャージができます。その際は、WalletのSuicaに現金でチャージします

駅の券売機で現金チャージする

駅の専用機でSuicaに現金チャージする際のポイントとして、Walletで「ヘルプモードをオンにする」設定が必要です。まずWalletアプリでSuicaを選び、右下「i」をタップしてこの画面を開きます。次に下部の「ヘルプモードをオンにする」をタップします

ヘルプモードとは、端末の不具合でSuica残高が正しく表示されない時や、読み取り機に未反応などエラーが発生した時に起動するモードで、通常より長い1分間Suicaの通信を有効にするモードです。駅の専用機でチャージする際、読み取りに時間がかかるため「ヘルプモード」にしてから実行します

駅の券売機で現金チャージする

Walletに認証が表示されたら、Apple Payに登録したTouch IDかFace IDで認証して「ヘルプモード」をオンにします

駅の券売機で現金チャージする

あとは、券売機の指示に従ってチャージすればOKです。モバイルSuicaの使い方で現金チャージを利用したい方は、お近くの駅に対応の専用機があれば、是非試してみましょう。

改札でiPhoneのSuicaが反応しないときは?

Suicaの代表的な使い方と言えば、交通系ICカードとしてチケットや定期券代わりの使い方ですが、改札でiPhoneのSuicaが反応しないときはどんな対処法があるのでしょうか。チャージ金額が足りない時は改札でブザーが鳴るので分かりますが、改札に反応さえしないときの対処法をご紹介します。

駅の改札でiPhoneのSuicaが反応しないとき

駅員に改札にある端末で対応してもらう

まずご紹介したいのは、駅員に改札にある端末で対応してもらう方法です。自分で様々な対処法を試してもうまくいかない場合に有効です。改札の駅員窓口には、モバイルSuicaが反応しにくい際にSuicaを読み取る特殊な端末があります。この改札窓口の端末でSuicaを読み取ってもらいましょう。

ポイントとして、その時はWalletでSuicaを「ヘルプモード」にして改札の駅員に渡しましょう。ヘルプモードとは、記述の通り、WalletのSuicaが反応しにくい時に起動するモードで通常時よりもSuicaを読み取りやすくするモードです。

WalletでSuicaのヘルプモードをオンに設定

WalletでSuicaの「ヘルプモードをオンにする」設定は、お伝えしたように、WalletでSuicaを選び右下「i」か「…」をタップ→下の「ヘルプモードをオンにする」をタップ→事前設定したTouch IDかFace IDで認証すればOKです

しかし、毎回改札窓口で駅員さんに読み取ってもらうのも手間で、モバイルSuicaのメリットがありません。窓口の端末で読み取った際に、駅員さんより原因を教えてもらえる場合もありますが、Apple CareやJR東日本のSuicaサポートデスク(050-2016-5005〔有料〕・年中無休・8時~22時)に相談しましょう

Suicaアプリケーションに関する問合せ先を知りたい。 | Suica Apple Pay よくあるご質問
JR東日本 Apple PayのSuica

iPhoneをかざす場所はandroidスマホと違う

androidスマホでモバイルSuicaを利用する際は、端末の裏側にFelicaのマークがあり、その部分を改札の読み取り機にかざす使い方をしますが、iPhoneをかざす場所はandroidスマホと違うので注意しましょう

こちらの動画は、自動販売機で電子マネーのiDを使った例ですが、androidスマホとiPhoneのFelicaの位置の違いを分かりやすく紹介しています。モバイルSuicaも同様で、iPhoneのFelica機能を使って決済します。動画にあるように、iPhoneのFelica位置は端末裏側の上部にあります

改札でSuicaが反応しない場合は、改札でiPhoneの上部をかざしてみてください。改札だけでなく、自動販売機や店舗などでWalletのSuicaを利用する際も、この上部をかざす使い方はポイントなのでおさえておきましょう。

iPhoneは端末の上部をかざす

ApplePay特有のエクスプレスカードへ登録の有無

次にご紹介する対処法は、Apple Pay特有の「エクスプレスカード」へ登録の有無を確認します。この「エクスプレスカード」設定とはTouch ID/Face IDの認証無しで、またスリープ状態(画面ロック中)でも駅の改札でSuicaが使えるApple Pay特有の設定です

改札を通る度に、ロック解除とTouch ID/Face ID認証するのは時間がかかり不便なため、通常はSuicaをiPhoneに登録時、またWalletに取り込む際に同時に「エクスプレスカード」設定もされますがiOSアップデートなどで「エクスプレスカード」設定が外れることがあります。その場合は、iPhoneの「設定」から「エクスプレスカード」を再設定します。

Apple Payのエクスプレスカード設定

Apple Payのエクスプレスカード設定を確認するためには、まずiPhoneの「設定」アプリを起動し、「WalletとApple Pay」をタップします

Apple Payのエクスプレスカード設定

次に「エクスプレスカード」を確認し、「なし」と表示されていたらエクスプレスカード設定が無いか外れているため、そこをタップします

Apple Payのエクスプレスカード設定

次に表示されたSuicaをタップし「✔」が付いたらエクスプレスカード設定の完了です。もし、複数のSuicaがあり、エクスプレスカードに設定したいSuicaを変更したい場合も、この設定方法で変更できます。

エクスプレスカード設定が完了したら、再度改札に通し反応するか確認します。それでも反応せず、他の要因もクリアしている場合は、Apple CareやSuicaサポートデスクに問い合わせましょう。

Apple Payのメインカードを素早く呼び出す

このエクスプレスカード設定は、現状Suicaのみ可能ですが、改札以外でSuicaを利用する時はエクスプレスカード設定をしていてもTouch IDやFace ID認証を求められることが多く、毎回iPhoneの画面ロック解除が面倒な時に便利な設定があります。

iPhoneの「設定」→「WalletとApple Pay」を開き「ホームボタンをダブルクリック」をオンにします。以降は、SuicaなどをApple Payで使う際にiPhoneのホームボタン(ホームボタンが無い端末はサイドボタン)をダブルクリックすると、すぐにApple Payが起動します。

スマホケースなしの使い方でタッチしてみる

次にご紹介する対処法は、スマホケースなしの使い方でタッチしてみる方法です。通常iPhone用のケースの多くは、ケースがあってもFelicaが反応する仕様になっていますが、もし改札でSuicaが反応しない時にケースを外して反応する場合は、そのスマホケースが原因のためケースなしで改札にタッチします

iPhone用スマホケースの例(手帳型)

また、このような手帳型のスマホケースを使っていてケース内にPASMOなど他のICカードを入れている場合は、その他のICカードが原因でSuicaがうまく反応しないこともあるため、Suicaを改札で利用するときは、他のICカードを外すか、ケースなしの使い方で試しましょう。

iPhone用スマホケースの例

手帳型ではないスマホケースであれば、他のICカードを入れずに使えるため、もしご利用のケースが原因で改札でSuicaが反応しない場合は、他のタイプのケースを検討しても良いでしょう。

本体のFeliCaまたは電源系故障を疑う

WalletのSuicaは、Felica機能で改札の読み取り機に反応し、またiPhoneの電源が入っている際に反応します。そのため、他の要因は問題がなく改札でSuicaが反応しない場合は、iPhone本体のFelicaまたは電源系故障を疑います

Felicaの利用例

最新のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRでは、本体の充電が必要な状態になっても「エクスプレスカード」に予備電力機能があるため、電源機能が故障していなければSuicaも使えます。しかし、iPhoneの充電があり、改札以外でもSuicaが反応しない場合は、本体のFelia機能や電源系の故障が原因の可能性が大いにあります

購入1年以内であればApple Careに、またAppleサポートやApple Store・Apple正規代理店に、原因調査と修理を依頼しましょう。

AppleCare+ - iPhone - Apple(日本)
Apple の修理と修理状況の確認 - Apple サポート 公式サイト
Apple Store

機種変更する場合の情報引き継ぎ方法は?

iPhoneのSuicaの使い方で問合せが多いのは、機種変更する場合の情報引き継ぎ方法です。iPhone同士で機種変更する場合と、androidからiPhoneに機種変更する場合とで必要な事前設定が変わります。機種変更を検討されている方は、是非参考にしてください。

機種変更で情報を引き継ぐにはiCloudが必要

まず、iPhone同士の機種変更で情報を引き継ぐにはiCloudが必要ですiCloudとは、iPhoneなどApple製端末で利用できるオンラインクラウドで、機種変更前にiPhoneのアプリやデータなど情報のバックアップを取り、新端末へ引き継ぎできます。つまり、別の端末間の情報引き継ぎにはiCloudが必要になります。

iCloudの設定が済んでいない場合はiPhoneの「設定」→「Apple ID」と進み、登録したApple IDでログインすればすぐiCloudは有効になります。iCloudの設定を確認するには、そのまま「iCloud」をタップするとiCloudの設定の確認や、iCloudでのバックアップを実行できます。

iPhoneのiCloud設定を確認

Apple IDとは、App StoreやiCloud、iTunesなどAppleの各種サービスを利用する際に必要なID・パスワードで、通常はiPhoneの初期設定で登録しています。App Storeを利用できれば設定済ですが、Apple IDやパスワードが不明の時は、iPhoneの「設定」→「Apple ID」で確認できます

機種変更の際に、iCloudで情報を引き継ぐためにもApple ID・パスワードは必要なので、機種変更前に確認しておきましょう。また、iCloudは基本的に無料のサービスのため、安心して利用してください。

iPhoneでApple IDの確認

旧本体からApple Payの情報を削除しておく

iPhone同士の機種変更でSuicaを引き継ぐ際のポイントとして、旧本体からApple Payの情報を削除しておきましょうモバイルSuicaの特徴として、同じSuicaを複数端末で利用できない規定があります(Suicaは同期できません)。そのため、旧本体でApple PayにSuicaが残っていると、新端末でSuicaの引き継ぎが出来ません

iCloudの設定・バックアップをとり、Apple IDの確認など必要な手続きを済ませたら、旧本体からApple Payの情報を削除しましょう。iPhone機種変更のモバイルSuicaの引き継ぎ手順については、下記リンク先を参照ください。

ThumbiPhone機種変更時のモバイルSuicaの残高引き継ぎ方法!
iPhoneの機種変更の時のモバイルSuicaの引継ぎ方法を紹介しています。移行準備や、Su...

また、androidやフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)のモバイルSuicaをiPhoneに引き継ぐ方法については、下記リンク先を参照ください。

【機種変更】フィーチャーフォン/Android端末から、iPhone/Apple WatchへSui | Suica Apple Pay よくあるご質問

iPhone版Suicaのメリットは?

iPhoneでSuicaを利用するにあたり、iPhone版Suicaのメリットはどんなものがあるのでしょうか。使い方のポイントにもなるため、参考にしてください。

チャージがいつでもどこでも可能になる

まずあげられるのは、チャージがいつでもどこでも可能になる点です。ビューカードのオートチャージを除き、Suicaカードでは駅の券売機やコンビニなど、対応機が無ければチャージできません。

iPhone版Suicaでは、通信環境があり登録クレジットカードが有効であれば、SuicaアプリやWalletから、いつでもどこでも簡単にチャージできるため、ストレスもなく大きなメリットです。

iPhone版Suicaのメリット

モバイルSuicaのお得なチケットが買える

次にあげられるのは、モバイルSuicaのお得なチケットが買える点です。カード型Suicaでは購入できない、モバイルSuicaだけのお得な新幹線のチケットが、「モバイルSuica特急券」です。事前にモバイルSuicaで予約・購入し駅の改札もチケットレスで通過できるだけでなく、紙の新幹線チケットよりもお得に利用できます。

紙の新幹線・自由席のチケットよりお得な料金で新幹線・指定席を利用できる「モバトク」と、さらにお得な料金で利用できる「スーパーモバトク」があります。

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaを使う>モバイルSuica特急券
モバイルSuica特急券

この「モバイルSuica特急券」ですが、乗車時間前・未使用(改札通過前)であれば、一定の手数料はかかりますが、駅に行かずともSuicaアプリの操作で「払い戻し」も可能です。注意点として、払い戻し前に別のモバイルSuica特急券を購入すると払い戻しが出来なくなるため、必ず先に払い戻し申請しましょう。

JR東日本より、この「モバイルSuica特急券」は、2019年度末に予定されている新たな新幹線IC乗車サービスの開始に合わせ、サービスの提供が終了される予定です。新たな新幹線IC乗車サービスの開始日や価格はまだ発表されていませんが、また同様な割引サービスが期待されます。

JR東日本|モバイルSuica一部サービスの変更および終了について
新たな新幹線IC乗車サービスのサービスイメージ(JR東日本)

iPhone1台で複数のSuicaが使える

さらに、iPhone1台で複数のSuicaが使える点も大きなメリットです。iPhone版Suicaには、2枚以上のSuicaを発行・登録でき、そのうち1枚だけをエクスプレスカードに設定できますiPhoneの利用者名義と同一名義、Walletに追加できるカード枚数上限以内であれば、同時利用は2枚までですが、複数のSuicaを利用できます

Walletに追加できるカードの上限枚数は、iPhone7・iPhone7 Plusであれば8枚、iPhone8以降であれば12枚まで追加可能です

iPhone版Suicaのメリット

プライベート用と仕事用など、複数のSuicaを登録して使い分けできるので便利です。改札で利用するSuicaの切り替えは、お伝えした手順で、iPhoneの「設定」→「WalletとApple Pay」→「エクスプレスカード」からSuicaを選び直せば良いだけです。

Walletの追加上限

iPhone版Suicaのデメリットは?

メリットをお伝えしたところで、iPhone版Suicaのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。SuicaアプリとWallet(Apple Pay)の両方にSuicaが登録されるiPhone版ならではの特徴もあるため、注意しましょう。

クレジットカードはApple Pay対応のものが少ないこと

まずあげるのは、登録できるクレジットカードはApple Pay対応のものが少ないことです。モバイルSuicaに登録できるクレジットカードでも、VISAやDinersのように、Apple Payに対応していないものがあり、注意が必要です

例えば、モバイルSuicaにVISAカードを登録しても、Apple PayでVISAカードでのチャージが出来ないため、VISAカードでSuicaにチャージをするには、Suicaアプリからチャージする必要があります。これは、Apple Payの厳しいセキュリティや規定が理由のため、今後は各社の努力でApple Payに対応するのを待ちましょう。

Apple Payに利用できるクレジットカード

こちらがApple Payに登録できるクレジットカードの例です(他にYahoo!カードやANAカードなどもあります)。下図のモバイルSuicaに登録できるクレジットカードにある、VISAやDiners Clubがありません。

モバイルSuicaで利用できるクレジットカード

android用モバイルSuicaと比べると設定が面倒

次にあげるのは、android用モバイルSuicaと比べると設定が面倒という点です。android用モバイルSuicaは、登録や設定もシンプルで分かりやすく、またFelicaを搭載したandroidスマホであれば、モバイルSuicaを設定したらすぐ利用でき、エクスプレスカード設定も不要で改札で端末のFelica部分をかざして使えます。

android用モバイルSuicaの登録画面とメニュー画面

iPhone版Suicaは、改札で認証なしで利用するには「エクスプレスカード」設定が必要で、Walletでの利用もApple Payの仕様からTouch IDやFace IDの設定が必要です。そのため、機種変更の手順もandroidに比べて少し面倒ですが、これはApple Payの高いセキュリティが理由のため、面倒な分、安心できます

iPhoneでSuicaを使ってみよう

今回は、iPhone版Suicaの使い方のまとめとして、iPhoneのSuicaの登録方法やチャージ方法、改札で反応しないときの対処法やメリット・デメリットなどをご紹介してきました。まだApple Payに対応するクレジットカードが少ないとはいえ、便利でお得なサービスが多く、iPhoneの高いセキュリティで守られたSuicaは安心して利用できます。

総合して、メリットの方が大きいと言えるでしょう。是非、この機会にiPhoneでSuicaを使ってみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
rico705
主婦業の傍らで奮闘中。クレカやスマホキャリアのコールセンター、生産管理や秘書などの経験も活かしつつ執筆しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ