WindowsPCでのiCloud Driveの使い方!ダウンロード/設定方法を解説!

WindowsPCでのiCloud Driveの使い方をApple IDの作り方から簡単なiCloud Driveの使い方まで丁寧に解説します。Windows 用 iCloud Driveを上手につかいこなすことで作業がスマートにこなすことができます。

WindowsPCでのiCloud Driveの使い方!ダウンロード/設定方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1WindowsでiCloud Driveを使うための事前設定
  2. iCloudを使うにはApple IDの用意を!
  3. アップル公式サイトからiCloudをダウンロード
  4. iCloud Driveを有効にする
  5. PCにiCloud Driveが表示される
  6. 2WindowsのiCloudの使い方
  7. Windowsのブラウザからアクセスして使う
  8. 写真をダウンロードして共有する
  9. メールやカレンダーの内容を同期する
  10. ファイルやフォルダを共有する
  11. 3WindowsのiCloud Driveが同期されない場合
  12. Windows用iCloudをアップロードする
  13. iCloudのシステム条件を満たしているか確認する
  14. 4WindowsでiCloud Driveを使ってみよう

WindowsでiCloud Driveを使うための事前設定

設定するときの画面

ここでは、WindowsのPCでのiCloud Driveのダウンロードのための事前設定から紹介していきます。ログインの仕方や、初心者の方向けのiCloud Driveの使い方なども順番に丁寧に解説するので、安心して読み進めていただけます。

iCloudを使うにはApple IDの用意を!

iCloud DriveはAppleが提供するサービスですので、ダウンロードするにも使うにもまずはApple ID が必要となります。下のリンクからAppleの公式サイトへ移動して、ログインのためのIDをお持ちでない方は新しく作成してください。

ここからApple IDを作成

Apple IDを取得することでiCloudの他にも、Appleが提供するiTunesやApple Storeといった数多くのサービスのログインや利用が可能となります。

アップル公式サイトからiCloudをダウンロード

Windows用iCloudをダウンロードすれば、ご自身で管理されているカレンダーや写真、ファイルなどの重要な情報をWindows PCからも管理できます。また、WindowsのPCでiCloud Driveをダウンロードし設定するにはWindows7/8が必要です。下のアップル公式サイトのリンクからダウンロードしてください。

Windows 用 iCloud をダウンロードする - Apple サポート

ダウンロード完了まで待ちます。

iCloudダウンロード終了の画面

iCloud Driveを有効にする

iCloudをダウンロードできたら、WindowsのPCのスタート画面から設定をしていきましょう。

適用画面

上の画像の①のところにチェックがされているか確認してください。ここにチェックを入れることでお使いのデバイスではこれからiCloud Driveの使用が可能となります。また「写真」や「メール、連絡先、カレンダー及びタスク」、「ブックマーク」にもチェックしておくと、iCloud Drive上でのそれらのデータの共有が可能となります。

PCにiCloud Driveが表示される

コントロールパネルの画面

Windows PCを再起動したのち、iCloud Driveの適応ダウンロードと設定が完了しましたら、スタート画面を再度開いてください。上の画像のようにiCloud Driveが新たに表示されています。これでいつでもログインが可能となります。

ファイルを開いた時の画面

Windows 用 iCloud Driveを開いていただくと、お使いの他のデバイスと共有されているデータが表示されます。iCloud Driveにファイルを追加すると、お使いのどのデバイスからでも共有されたファイルの中身の閲覧や確認作業が可能となるのでより効率的な仕事が期待できます。ここまででiCloud Driveのダウンロードと設定は完了です。

ThumbiCloud内のデータ整理方法!ストレージ容量を確保する手順を解説!
iPhoneやiPadのバックアップに欠かせないiCloudですが、ストレージ容量に制限があ...

WindowsのiCloudの使い方

共同作業の図

ここからはWindows 用 iCloudや iCloud Driveの使い方をわかりやすく紹介していきます。

Windowsのブラウザからアクセスして使う

iCloudをWindows PCで使うには、ブラウザからiCloud.comにアクセスしましょう。下のリンクから移動してください。Apple IDやパスワードを入力してログインします。

iCloudを利用

リンクから移動して、ログインが完了したら下の画面が表示されます。

iCloudのトップ画面

ログインして、上の画面からWindows 用 iCloudの実践的な利用が始まります。iCloud Drive上で共有できるデータを作成するにはPagesやNumbers、Keynoteといったアプリを使う必要があります。本来はこれらのアプリはMac向けのアプリなのですが、ブラウザ上ではWindows PCでも使うことができます。使い方は煩雑ではありません。

思考中の画像

Windows PCをお使いの方や、iCloudやiCloud Driveを使ったことのない方は、PagesやNumbers、Keynoteといったソフトの使い方、ましてやその存在にピンとこない方もいるかと思います。PagesやNumbers、KeynoteはそれぞれWord、Excel、PowerPointだと思っていただいて差し支えありません。

写真をダウンロードして共有する

iCloud フォトの開き方

写真をiCloud Drive上で共有したりするにはiCloud フォトを使う必要があります。まずお使いのWindows PCのiCloud フォトを開きます。

iCloud フォトの中身

iCloud フォトを開いていただくとまず上のような画面が表示されます。お使いのどのデバイスで撮影された新しい写真でも、iCloud フォトから自動でダウンロードされます。「ダウンロード」からはiCloud上の写真、「アップロード」からは写真のアップロードができ、「共有」からは共有したフォルダの確認ができます。

アルバムを共有する方法

iCloudフォトを開いた際にあった青線部の「新規共有アルバム」をクリックすることで簡単にiCloud Driveを使って写真の共有ができます。「宛先」には共有する相手のApple ID(メールアドレス)を入力し「名前」には共有するファイルの名前を入力してください。

メールやカレンダーの内容を同期する

カレンダー

メールやカレンダーの内容を同期するには、まずお使いの全てのデバイスでiCloudメールを設定しましょう。Windows  PCでは、Windows用iCloudを開いた後に「メール、連絡先、カレンダー及びタスク」をチェックします。この操作は、この記事に沿って操作をされていたらすでに完了しています。

スマートフォンを操作する人

また、iPhoneなどの端末では[設定]から[ユーザー名]に移動し[iCloud]から[メール]をオンにして、iCloudメールアドレスを作成しましょう。

iCloud.comを同期した後

iCloud.comを開いて、カレンダーの日付や連絡先などを見てしっかりとお使いのデバイスの情報と同期されているか確認してみましょう。

ファイルやフォルダを共有する

iCloud Driveの表示の確認

iCloud Driveを有効にするとエクスプローラー上に[iCloud Drive]と新しく表示されています。iCloudにiCloud.comなどを利用して作ったファイルやフォルダを保存することによって、iCloud Driveフォルダに自動的にダウンロードされます。自動で進むので使い方は簡単です。

ThumbiCloudのデータ/使用状況の容量を確認する方法!無料で使用できるのは5GBまで!
本記事ではiCloudストレージの使用状況確認方法を紹介します。iCloudはAppleデバ...

WindowsのiCloud Driveが同期されない場合

閃いたときの画像

Windows のiCloud Driveがうまく同期されるまでには少し時間をおいてログインするのも効果的ですが、それでもうまく同期されない場合の対処法を紹介します。

Windows用iCloudをアップロードする

Microsoftのイメージ

お使いのWindows PCのアップデートをすべて完了させてから、iCloudのアップデートがあるかどうかの確認をしましょう。Windows 用 iCloud 10をアップデートするにはMicrosoft Storeから可能です。Windows 用 iCloud 7.xをアップデートするには、Apple Software Updateを開き、アップデートがないか探しましょう。

思考回路の画像

それでもやはり難しいという方は、Apple公式サイトから最新バージョンのiCloudをダウンロードするのも方法の一つです。

iCloudのシステム条件を満たしているか確認する

まず、iCloudを快適に利用するにはApple ID、インターネット接続、最新バージョンのソフトウェアが必要となっています。iPhone、iPad、iPod touchではIOS 13とPages2.5とNumbers2.5、Keynote2.5が推奨されています。

作業中の画像

Windows PCではMicrosoft Windows 10やWindows用iCloud 7またはWindows用iCloud 10が推奨されます。また、iTunes 12.7とOutlook 2010 〜 Outlook 2016、Firefox 45 以降とデスクトップモードのみGoogle Chrome 54 以降と、Microsoft Edge、Operaも推奨されます。

チェックリスト

また、本記事で主に紹介した機能のiCloud DriveとiCloud 写真を利用するために推奨されるバージョンの紹介です。iPhoneなどの端末ではそれぞれIOS 8とIOS 8.3となっています。Windows PCではそれぞれ、Windows 7とWindows 用 iCloud 4.1、Windows 用 iCloud 5が推奨されています。

WindowsでiCloud Driveを使ってみよう

会合の画像

本記事ではiCloud Driveを紹介しました。iCloud Driveを使うことで複数人での作業を必要とされる社会人の方が会社外でもスマートに作業することを可能にします。ただ、それだけではなく友人たちと楽しいひと時を共有したりするのにもiCloud Driveは役立ちます。iCloud DriveをWindowsで利用して、よりスマートな生活をしてみましょう!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
村山禎也
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ