AndroidからiPhoneに機種変更して後悔!乗り換えのメリットデメリットは?

AndroidからiPhoneへ乗り換えを検討している方は、機種を変えて後悔しないかと不安なことでしょう。不安は知識で解決できます。本本記事でAndroidとiPhoneの違いを確認し、AndroidからiPhoneに変更して後悔しないかを判断してください。

AndroidからiPhoneに機種変更して後悔!乗り換えのメリットデメリットは?のイメージ

目次

  1. 1AndroidからiPhoneに乗り換えると後悔する?
  2. 2AndroidからiPhoneに機種変更するメリット
  3. 3AndroidからiPhoneに乗り換えるとさらに良いことが!
  4. 4AndroidからiPhoneに機種変更するデメリット
  5. 5AndroidからiPhoneに変えても後悔しないのはこんな人
  6. 6AndroidからiPhoneの乗り換えで後悔しないデータ移行方法
  7. 7AndroidからiPhoneに機種変更しても後悔しない!

AndroidからiPhoneに乗り換えると後悔する?

スマホは、世界中で販売され、多くのユーザーに愛用されています。持っていない人の方が珍しいスマホは、現代社会の要となる重要な要素です。そんなスマホユーザーには、大きく分けてiPhoneユーザーとAndroidユーザーが存在します。片方しか使ったことがないという方や、どちらも利用したことがある方など、様々なユーザーがいることでしょう。

そんなスマホを使っていると必ずぶつかる一つのできごとがあります。それは機種変更です。使用していたスマホが壊れてしまった場合、心機一転新しい端末を手にしたい場合など、色々な理由で機種変更を行うことが多々あります。

ただの機種変更なら、iPhoneユーザーは新しいiPhoneを購入すればいいですし、Androidユーザーは新しいAndroidを購入すればいい話です。しかし、別の種類の端末に乗り換えるなら話は変わります。

例えばAndroidユーザーがiPhoneに乗り換えることを考えた場合、乗り換え時に起きるメリットとデメリットを把握しなければなりません。提供している会社が違いますし、もちろん中にあるOSも違います。使い勝手も大きく変わるため、考えなしにAndroidからiPhoneへ乗り換えるのはとても危険な行為です。

iPhoneのことを良く知らないために、Androidとのギャップに後悔するかもしれませんし、乗り換えた後では後悔だけが残ってしまいかねません。

しっかり比較して違いを知れば後悔しない!

では、AndroidからiPhoneに乗り換えるべきではないのかというと、そういうわけではありません。大切なのは、AndroidとiPhoneの両者の違いをはっきりさせ、比較したうえでメリットとデメリットを把握し、機種変更後のギャップを小さくすることです。

無知というのは大変恐ろしいことです。無知と後悔は非常に近しい間柄で、知らないゆえに後悔することはざらにあります。ですが、事前に知識を蓄えておくことで、後悔しないように対処することが可能です。むしろ、メリットなどをよく知ることで、機種変更後に満足感を得ることができます。

もしAndroidからiPhoneに乗り換えたいと思っている場合は、こちらの記事で機種変更のメリットとデメリットを確認してください。きっと後悔のない機種変更ができるはずです。

AndroidからiPhoneに機種変更するメリット

まずは、AndroidからiPhoneに機種変更する際のメリットを確認しましょう。AndroidにはAndroidの良さがありますが、同じようにiPhoneにはiPhoneの良さがあります。機種変更しても、満足感を得られるかしっかりと確認し、後悔のない選択をしましょう。

直感的に操作可能

iPhoneの強みと言えば、直感的な操作が可能という点です。直感的という言葉ではわかりにくいですが、操作がシンプルで使いやすい、と思っていただければわかりやすいでしょう。複雑な操作は必要なく、老若男女どんなユーザーでも使うことができます。

機種変更をした場合、iPhoneの初期設定をする必要がありますが、その初期設定の手順もiPhone内で分かりやすく説明してくれますし、操作も簡単なため、スマホ自体が初めての方でも安心して設定できます。

ユーザーを選ばないシンプルな操作性こそ、iPhoneの大きなメリットでしょう。

動作が早くてストレスフリー

Androidを使用していると、たまに動作がゆっくりすることや、反応速度が鈍くなるなど、動作速度の問題に直面することがあります。しかし、iPhoneではそんな問題と直面することはありません。精密な作りで高感度を可能にし、いつでも動作が早く、ストレスフリーで利用することができます。

セキュリティがしっかりしていて安心

セキュリティがしっかりしているのも、iPhoneの特徴です。iPhoneはAndroidと違い、そのすべてのセキュリティをApple社が管理しています。複数の会社がばらばらに管理しているAndroidと、一つの会社が統一して管理しているiPhoneでは、セキュリティ面に大きな違いがあるのは当然です。

またApple社は個人情報のセキュリティを非常に重要視しているため、情報を守る機能に余念がありません。さらにはアプリの審査も厳しく行い、悪質なアプリが間違ってダウンロードされないように対応していますし、もしもトラブルが発生したとしても、Apple社は迅速に対処し使用しているiPhoneを守ってくれます。

無駄のない強固なセキュリティのおかげで、iPhoneを安全に利用できるのです。

逆にAndroidは、iPhoneよりも自由度が高い代わりにセキュリティ面に少々難があります。iPhoneよりも利用できるアプリは多いですが、それはアプリの審査が甘いゆえに利用できるだけで、中には悪質な不正アプリも存在しています。

もしも安全性を強く望むのなら、AndroidからiPhoneへの乗り換えが賢明でしょう。

古い機種でもOSが常に最新

機種変更するからといって、最新機種を購入するかどうかはまた別の話です。端末価格やデザインなど諸々の情報を加味して、最新とは言えない機種を購入するかもしれません。

この場合、古い機種に変更しても問題がないのはiPhoneの方です。iPhoneはかなり旧式の機種であっても最新のOSが利用できるようになっています。Appleが常にOS内容を調整し、どの機種でもアップデートができるようにしているからです。

対してAndroidは、全ての機種が最新OSに対応しているわけではありません。OSを開発している企業と、端末を作成している企業が別なため、齟齬をきたしてしまいます。機種によってはOSのアップデート自体できないものもあるため、長期利用は困難になります。

最新OSによるセキュリティ面や、動作速度の面を考えれば、iPhoneはメリットの塊と言っても間違いはないでしょう。

内蔵ストレージでデータを一括管理OK

内蔵ストレージの面でも、iPhoneに軍配が上がります。単純な話ですが、容量が大きければそれだけ保存できるデータの容量も増えますし、できることは広がります。大は小を兼ねるとも言いますし、データを一括で管理したいなら、内蔵ストレージの大きな端末を選ぶのがベストです。

Androidは、機種によって内蔵ストレージの大きさがばらばらで、機種選びがとても難しいです。ですがiPhoneなら、一つの機種に三種類のストレージサイズが用意されているため、選択しやすいメリットがあります。

iPhone XSやiPhone XS Maxは「64GB」「256GB」「512GB」とストレージの品揃えが幅広く、「512GB」のストレージを選べばデータの一括管理も容易です。内蔵ストレージについて悩むのなら、iPhoneを選択し、ストレージ選択のストレスをなくしてしまいましょう。

データ移行が簡単

データ移行が簡単なところも、iPhoneのおすすめポイントです。AndroidとiPhoneのデータ移行法を比較すると、断然iPhoneの方が簡単でストレスなく移行できます。

理由は、iPhoneのデータ移行法が、Appleで用意されたiCloudを利用するためです。Appleのサービスなのでもちろん安全性や信頼性は高く、iCloudへのバックアップも数タップであっという間に終わってしまいます。新しいiPhoneにバックアップを移行するのも、同様に手間なく終えることができます。

しかしAndroidは、Googleアカウントの紐づけが必要だったり、アプリのインストールが必須になったりと、少し複雑です。スマホ慣れしていないユーザーにはあまり優しくない仕様でしょう。

データの移行はしっかり行いたいと言うなら、AndroidからiPhoneに乗り換え、iPhoneでデータを管理する方が効率的です。

バッテリーの持ちが良い

スマホを長時間利用するユーザーなら、バッテリーの持ちは非常に重要な選択要素です。iPhoneとAndroidのバッテリーを比較すると、iPhoneのバッテリーの方が長持ちしやすいとの声が多くありました。

バッテリーの持ちを重視するなら、AndroidからiPhoneに乗り換えるのは大きなメリットになるでしょう。

AndroidからiPhoneに乗り換えるとさらに良いことが!

AndroidからiPhoneに乗り換えると多くのメリットがあり、今後のスマホライフをさらに役立てることができます。もしも、上記のメリットだけではまだ決めかねる、というのであれば、そんな方に向けて朗報です。

実は、AndroidからiPhoneに乗り換えるメリットはこれだけではありません。乗り換え時のさらなるメリットを確認し、機種変更の参考にしてみましょう。

中古端末でも高く下取りしてもらえる

中古端末でもキャリアで高く下取りしてもらえるところもiPhoneの大きなメリットです。Androidと比較して下取り価格が高く、手元に戻ってくる金額を増やすことができます。

さらに嬉しいのは、画面割れなどの破損品であったとしても1万前後の下取り価格になる点です(機種によります)。下取りに出すキャリアによって値段は変わりますが、どこも高く下取りしてくれるため損をすることはありません。

キャリア別の比較と、iPhoneとAndroidの下取り価格の比較(2019/3現在)を確認してみましょう。

  • docomo iPhone  最大55,000円
  • docomo Android  最大35,000円

  • SoftBank iPhone    最大63,600円
  • SoftBank Android  最大9,600円

  • au iPhone   最大55,080ポイント
  • au Android 最大10,000ポイント

iPhoneとAndroidの下取り価格は雲泥の差です。最も下取り価格が高いのはSoftBankですが、全体的な下取り価格を見ればdocomoやauも負けてはいません。使い終わった後のメリットを考えるなら、AndroidよりiPhoneの方がお得でしょう。

スマホケースの種類が豊富

AndroidもiPhoneも、長く利用するなら自分好みにカスタマイズしたいと思うのは当然です。見た目を変える簡単な方法は専用のケースを付けることですが、iPhoneの場合専用ケースが豊富なところも強みの一つです。

プラスチックケース、シリコンケース、手帳型ケースなど、様々なものが販売されていて、そのどれもがおしゃれで遊び心のある作りになっています。有名なデザイナーが手がけたケースもあるため、デザイン性は非常に高く、さらに使いやすさも追及されているので、iPhoneの利用を考えているならiPhoneケースの購入をおすすめします。

Apple PayでモバイルSuicaが無料で使える

Apple PayのモバイルSuica公式画面

もしもSuicaを利用しているなら、iPhoneへ機種変更した方が断然良いでしょう。なぜならApple PayでモバイルSuicaが無料で使えるからです。

AndroidでもモバイルSuicaの利用はできますが、通常利用では年会費がかかってしまいますし、年会費が掛からない手段を取ると時間と手間がかかってしまうため、デメリットが大きいと言わざるを得ません。ストレスなくモバイルSuicaを利用するには、iPhoneを使用したほうが手っ取り早いのです。

Apple PayのSuica

AndroidからiPhoneに機種変更するデメリット

iPhoneの利用には多くのメリットがあります。ですが、もちろんメリットのみで構成されているわけではありません。デメリットが一切ない端末なら、ユーザーは皆AndroidではなくiPhoneを利用しているはずです。

端末のメリットとデメリットの両方を把握することで、初めて正しい目線で物を選ぶことができます。AndroidからiPhoneに機種変更する時どんなデメリットが発生するのか、一つずつ確認し比較してみましょう。

端末価格が高い

iPhoneを購入するべきか否か、悩んでいるユーザーの多くはこう話します。端末価格が高い。とてもシンプルな悩みですが、だからこそ無視できない大きなデメリットでもあります。

最新のAndroid端末と比較しても、iPhoneの端末は非常に高価です。現時点で最も高価なのはiPhone XS Maxと言われており、その値段はなんと164,800円(512G)にもなります。ちょっと機種変更してみようかな、と軽い気持ちで考えていたら痛い目をみてしまうような金額です。

しかし端末価格が高いからこそ、下取り価格も高くなるため、デメリットがメリットに切り替わることもあります。ただのデメリットと考えるには、少し難しい問題です。

Androidよりカスタマイズがしにくい

AndroidとiPhoneを比較した場合、カスタマイズのしやすさに大きな違いがあることは事実です。自分好みに端末をカスタムしたいと言う方には、残念ながらiPhoneは不向きです。Appleによる高い安全性と機能性を兼ね備えているiPhoneですが、その反面柔軟性が非常に低く、カスタマイズがしにくいというデメリットを抱えています。

対してAndroidは、ユーザーのやりたいように好きにいじることができます。デフォルトのフォント変更などの基本から、特定のファイルを起動させるアプリを指定する応用など、様々なカスタマイズが可能で自分だけのスマホを作ることができ、非常に高い自由度を誇ります。

Androidよりアプリ数が少ない

Androidと比較して、アプリ数が少ないのもiPhoneのデメリットでしょう。「AndroidからiPhoneに機種変更するメリット」「セキュリティがしっかりしていて安心」で紹介したように、Appleの厳正な審査によってiPhoneは使えるアプリが限られています。

安全性の高さと引き換えに、自由度が低くなっているのです。様々なアプリを利用しスマホをカスタマイズしたいのなら、Androidをおすすめします。

microSDが使えない

Androidユーザーにとってお馴染みのSDカードは、写真や動画、アプリの保存などに利用されています。しかし、iPhoneではSDカードを使うことはできません。情報漏洩しないよう、安全性を向上させるためという側面もあります。

理由は何しろ使うことはできないので、Androidの利用に慣れている方にとって、SDカードを使えないiPhoneに乗り換えるのは、大きな衝撃とデメリットに遭遇することになるでしょう。

AndroidからiPhoneに変えても後悔しないのはこんな人

AndroidとiPhoneの比較、キャリアごとの比較、メリットとデメリットの対比、様々なものを比べてみると、どちらがより自分に合っているか見えてきます。それでもまだ、AndroidからiPhoneへ乗り換えることに不安があると言うなら、乗り換えで後悔しないユーザータイプを確認し、自分のタイプと比較してみましょう。

画像や動画をスマホで見ることが多い人

画像や動画をスマホで見る回数が多い方は、動作速度が軽く、容量の大きい機種が選べるiPhoneが向いています。動作の速さはAndroidと比較する必要がないほどで、ストレスなく動画を見ることができます。

電子書籍やPDFをスマホで見ることが多い人

スマホで書籍を読むという方も、後悔なくiPhoneを利用できるでしょう。綺麗なディスプレイは文字を読むことに適していて、読みやすさは抜群です。

最新のオンラインゲームをスマホでする人

最新のオンラインゲームをするならそれこそiPhoneがおすすめです。iPhone XS Maxの512Gなど、大きいストレージのiPhoneは非常にゲーム向きの端末ですし、様々なゲームを安定してプレイできます。

AndroidとiPhoneの操作性の違いがストレスにならない人

一番後悔しないタイプは、AndroidとiPhoneを比較しても、その差がストレスにならないタイプでしょう。操作性などが違うのでどうしても、以前の端末とは違う、というストレスを感じてしまいがちです。ですが、そんな違いは些細なものだと思えるなら、あなたはどんな端末でも後悔せず利用できるはずです。

AndroidからiPhoneの乗り換えで後悔しないデータ移行方法

さて、AndroidからiPhoneへ乗り換える際にもっとも大切なことは、データをどうやって移行させるか、という点です。AndroidからAndroidへ、もしくは、iPhoneからiPhoneへデータを移行させる方法はもちろんありますが、AndroidからiPhoneへデータを移行させるというのはあまり聞いたことがないかもしれません。

提供している企業が違うため互換性がなく、通常の移行方法ではデータを移すことはできません。ですが、不可能というわけではありません。複数の引継ぎ方法があるため、自分にとって適している引継ぎ方法を利用し、データを安全に移行しましょう。

Appleの公式アプリを使う

Appleの公式アプリである「Move to iOS」を利用すれば、AndroidのデータをiPhoneへ移行させることができます。

Move to iOSの提供用画面

Androidは4.0以降、iPhoneは5以降であること、iPhoneに収まるデータ容量であること、Wi-Fi環境を用意することなど制限はありますが、こちらさえ守れば問題なくデータ移行が可能です。

新iPhoneの初期設定画面で「Appとデータ」を選択し、「Androidからデータ移行」を選んでコードを取得します。旧Androidでは「Move to iOS」をインストールし、取得したコードを入力して、「データを転送」を選びましょう。旧Androidで移行するデータを選択し、「次へ」を押して先に進んでいけば、データの移行ができます。

Move to iOS - Google Play のアプリ

キャリア提供のアプリを使う

AndroidからiPhoneへ乗り換える時、同じキャリア内で乗り換えるなら、キャリア提供アプリを利用してデータを移行することもできます。docomoなら「ドコモデータコピー」、SoftBankなら「あんしんバックアップ」、auなら「auバックアップアプリ」「au Cloudアプリ」「データお預かりアプリ」などを利用してください。

クラウドサービスで写真や動画などのファイルを共有

クラウドサービスを利用して、写真や動画やテキストのファイルを共有し移行する方法もおすすめの手段の一つです。Googleドライブなどを使い、データをファイル化させて共有すれば、手早く移行させられます。

アプリのIDやパスワードを控えてデータを引き継ぎ

勘違いしがちなのですが、全てのデータをまとめて移行させることはできません。利用しているアプリなどがあるなら、アプリごとにバックアップを取る必要があります。これはAndroidでも、iPhoneでも同じことです。アプリのIDやパスワードを控え、アプリ内で引継ぎ設定をしておきましょう。

AndroidからiPhoneに機種変更しても後悔しない!

結論として、AndroidからiPhoneに機種変更しても、iPhoneからAndroidに機種変更しても、あらかじめ違いを認識していれば後悔することはありません。事前知識もなく、その場の勢いで機種変更をしてしまうと、後悔してしまうのです。大切なのは、両者を比較し、どちらがより自分に合っているか見極めることです。

機種の乗り換えを検討しているなら、それぞれのメリットとデメリットを把握し、しっかりと理解したうえで購入しましょう。それが後悔しないための一番の近道です。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
大和みやび
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ